ほぼ日刊ベースボール

野球選手の熱い過去や意外な背景を主な切り口に、野球への熱い想いを綴ります。


テーマ:

大阪桐蔭・辻内が153キロ、12アウト中12奪三振ということで、登場早々周囲の度肝を抜いた。江夏二世の呼び声も高く、甲子園出場が期待される。しかし激戦区・大阪、順当に行けば大阪桐蔭だろうが、どうなるだろうか。変化球に課題があると聞くだけに「悪い時に悪いなりの投球が出来る」という好投手の条件を満たせていないような気がする。

左腕といえばカーブ、いいカーブを投げる左腕には好投手が多い。工藤など最たる例であろう。昔、ヤクルトにいた加藤というサウスポーも、大きく曲がり落ちるカーブ一本で巨人打線を翻弄していた。

そういった意味でいま一番と思われる選手がダイエー杉内である。
奪三振を除き、ほぼすべての成績が12球団トップ、この時代に1点台の防御率を継続しているのは圧巻である。ゆったりとしたフォームから切れのいいストレート、そして大きなカーブ、その2つを軸に制球よくまとめられたらちょっと打てそうにない。

鹿実時代、甲子園でもノーヒットノーランを達成、松坂世代のサウスポーでは同僚の和田毅と双璧を為す存在であろう。

実は鹿児島実業の杉内と、川内高校の木佐貫は、高校3年の夏に甲子園出場を賭けて鹿児島県大会決勝で投げ合っている。当時の新聞では木佐貫の方が取り扱いは大きかったと思う。実はその木佐貫、鹿児島実業へ進学する話があったらしい。もし木佐貫が鹿実だったら、もしかしたら当時の杉内の出番は少なく、当然甲子園の出番もなく、その先のプロの道もなかったかもしれない。

また杉内の母親は杉内がお腹の中にいるときに家を飛び出した。そんな家庭環境の中で、杉内は家族の将来が自分の肩にかかっていることをひしひしと感じ、プロを目指した。その背景が杉内の内省的な性格を生んだのかもしれない。結果、去年のベンチ殴打両手骨折事件にはつながってしまったのだろう。

そんな運と悲劇的な性格を持ち合わせた杉内。どこか不安定さが漂うが、実力は折り紙つき。今シーズンこのまま走って20勝を達成してもらいたい。


 応援のクリックお願いします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
第80回大会の甲子園でPL学園の主将だったのが
今年から楽天に加入した平石選手。

あの強烈な個性をもつ選手たちの中で
私が彼を覚えていたのは、あのPL学園で
控えながら主将を務めていたことだ。

私は野球部に所属していたわけではないので
体験したわけではないが
高校生の部活動で控え選手でありながら
主将というのは珍しいと思う。

人間性などが、プレー以外の部分で評価することは
高校生に求めることは難しい。
だからこそ、選手間も当然強化の基準がプレーになる。
しかも、野球集団であるPL学園で控え選手がチームを
まとめていくというのは、よほど何かすばらしいものを
もっていないと難しかったのではないかと思う。

あの試合を見ていて、率直に感じたのはPL学園のチームのまとまりの
すばらしさであり、同時に主将の平石選手の力だった。

その彼が、大学-社会人を経て楽天に入団する。
プロ野球は、技術だけではないと私は考えている
精神力、人間力もその選手の魅力だと思う。

正直彼のプレーを見たことはないが、
楽天でいい影響をチームに与えて
私の持論を証明してもらいたい!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
現在ソフトバンクホークスのエースに
成長した和田投手。

彼は、早稲田大学時代に球速が140km/hにあがってから
飛躍的に投球に幅が出たと雑誌のインタービューで答えていた。
当時の東京六大学にいた彼らの世代のピッチャーは
多田野(八千代松蔭-立教-インディアンス)
上重(PL-立教-日テレ)
土居(土佐高校-法政-横浜)
長田(鎌倉学園-慶応-西武)
などであった。

当然ライバル心もあったと思うが、当時の和田選手の球速は
130km/hがいいところ。
当然彼らはレベルの違う投手だったという認識だったと
インタビューでは答えていた。

話は変わるが、
彼は、島根県の浜田高校出身である。
浜田高校今でも覚えているのが、
和田投手が、2年の夏に現在ヤクルトの石川投手と投げあい
最終回に3点ひっくり返された試合だ。
最終的には、さよなら押し出しで和田投手は甲子園をさったのだが
その際に、左腕を疲労骨折していた。

当時の彼の心境を理解はできないが、自分の不甲斐なさには納得できなかったのでは
ないかと思う。
その思いをもって大学時代飛躍したのではないかと思う。

あと、大学1年時の彼に大きく影響を与えているのではないかということが
もう一つある。
それは、彼の高校の1年後輩である浜野投手が甲子園予選で右肩を骨折して
しまい、甲子園では投げらなかったということである。

怪我のつらさをしり、仲間の力になれなかったつらさを考えながら
大学時代練習に取り組んでいたのではないかと筆者は考える。

昨日、新聞をにぎわせたダルビッシュ有の喫煙問題
タバコをすうなとかそんなことをいうつもりはないのだが
彼の言動を見ていると、仲間・信頼などという言葉の
重要性を認識しているのかということを考えさせられてしまう。

精神論ではどうにもならないのはわかっているが、
精神的なものが全ての行動に直結することも事実だ。

ソフトバンク和田のように。
などというつもりもないが、もう少し考えて行動してほしい

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
松坂世代。
1980年4月~1981年3月生まれ
昭和55年4月~昭和56年3月生まれ
第80回大会(1998年=平成10年)で甲子園で熱闘を行った選手たちである。
前年度の大会と比較しても圧倒的にレベルが高かった。
2004年度までの松坂世代は
12球団合計で64名
12球団全体では818名なので7.82%を占める
ちなみに松坂世代より
四つ下の代(1984年生):34名(4.15%)
三つ下の代(1983年生):34名(4.15%)
二つ下の代(1982年生):39名(4.76%)
一つ下の代(1981年生):56名(6.84%
一つ上の代(1979年生):58名(7.09%
二つ上の代(1978年生):53名(6.47%)
三つ上の代(1977年生):53名(6.47%)
四つ上の代(1976年生):51名(6.23%)
働き世代とはいえ、かなり特出した数字である
今後のプロ野球界を引っ張っていく
彼らのこれまでの歴史を今後紐解いていきたいと思う。

現在のプロ野球に在籍している選手の一覧である。

読売ジャイアンツ
久保 裕也 投手 03年自由 沖学園高-東海大
木佐貫 洋 投手 03年自由 川内高-亜大
酒井 順也 投手 99年5位 矢上高
加藤 健 捕手 99年3位 新発田農高(甲)
矢野 謙次 外野手 03年6位 国学院久我山高-國学院大

ヤクルトスワローズ
館山 昌平 投手 03年3位 日大藤沢高(甲)-日大
小森 孝憲 投手 03年9位 横浜商大高-東農大生産学部
石堂 克利 投手 99年1位 愛工大名電(甲)
高橋 敏郎 捕手 03年7位 新庄東高-石巻専大
牧谷 宇佐美 外野手 99年2位 旭川実高

中日ドラゴンズ
小林 正人 投手 03年6位 桐生第一高(甲)-東海大
矢口 哲朗 投手 99年6位 大宮東高
川井  進 投手 04年3位 上田西-大東大-日本通運
小山 良男 捕手 04年7位 横浜[甲]-亜大-JR東日本

阪神タイガース
杉山 直久 投手 03年自由 東舞鶴高-龍谷大
江草 仁貴 投手 03年自由 盈進高-専大
久保田 智之 投手 03年5位 滑川高(甲)-常盤大
伊代野 貴照 投手 03年10位 沼津学園高-ローソン
藤川 球児 投手 99年1位 高知商高(甲)
橋本健太郎 投手 04年3位 久御山-東北福祉大-日本新薬

広島東洋カープ
永川 勝浩 投手 03年自由 新庄高-亜大
東出 輝裕 内野手 99年1位 敦賀気比高(甲)
井生 崇光 内野手 99年2位 東筑高(甲)
鞘師 智也 外野手 03年4位 報徳学園高(甲)-東海大
山崎 浩司 内野手 99年3位 大産大付高-オリックス

横浜ベイスターズ
土居龍太郎 投手 03年自由 高知高-法大
堤内 健 投手 03年9位 宮崎日大高(甲)-日大
村田 修一 内野手 03年自由 東福岡高(甲)-日大
古木 克明 内野手 99年1位 豊田大谷高(甲)
木村 昇吾 内野手 03年11位 尽誠学園高(甲)-愛知学院大
河野 友軌 外野手 03年8位 狭山清陵高-法大
小池 正晃 外野手 99年6位 横浜高(甲)

西武ライオンズ
小野寺 力 投手 03年4位 鴻巣高-常盤大
松坂 大輔 投手 99年1位 横浜高(甲)
長田 秀一郎 投手 03年自由 鎌倉学園高-慶大
上本 達之 捕手 03年6位 宇部商高(甲)-協和発酵
後藤 武敏 内野手 03年自由 横浜高(甲)-法大
水田 圭介 内野手 01年7位 大阪桐蔭高-プリンスホテル
赤田 将吾 外野手 99年2位 日南学園高(甲)

福岡ダイエーホークス
小椋 真介 投手 99年3位 福岡工大付高(甲)
新垣 渚 投手 03年自由 沖縄水産高(甲)-九州共立大
和田 毅 投手 03年自由 浜田高(甲)-早大
杉内 俊哉 投手 02年3位 鹿児島実高(甲)-三菱重工長崎
大野 立詞 捕手 03年5位 東福岡高(甲)-日大
吉本 龍生 内野手 99年1位 九州学院高(甲)
田中 瑞季 内野手 00年5位 柳川高-住友金属
稲嶺 誉 内野手 03年8位 沖縄水産高(甲)-東農大生産学部

千葉ロッテマリーンズ
久保 康友 投手 04年自由 関大一[甲]-松下電器
竹原 直隆 外野手 04年3位 関西-城西大-三菱自動車岡崎
寺本 四郎 外野手 99年4位 明徳義塾高(甲)

日本ハムファイターズ
実松 一成 捕手 99年1位 佐賀学園高(甲)
小谷野 栄一 内野手 03年5位 創価高(甲)-創価大
森本 稀哲 外野手 99年4位 帝京高(甲)
紺田 敏正 外野手 03年6位 高岡商高-国士舘大
工藤 隆人 外野手 04年8位 弘前実[甲]-青森大-JR東日本

オリックスブルーウェーブ
光原 逸裕 投手 04年2位 報徳学園[甲]-京産大-JR東海
加藤 大輔 投手 03年自由 九州国際大付高-神奈川大
大西 宏明 外野手 03年7位 PL学園高(甲)-近大

楽天イーグルス
平石 洋介 外野手 04年6位 PL学園[甲]-同大-トヨタ自動車
中島 俊哉 外野手 03年8位 福岡工大付高(甲)-九州国際大
藤崎 紘範 投手 99年5位 宮崎第一高
入野 久彦 捕手 03年7位 江の川高-福岡大-巨人

退団選手
高橋一正 投手 99年6位 明徳義塾-ヤクルト-02退団
石川 雅実 投手 02年4位 藤岡高-JR東日本-巨人-03年退団
松本 拓也 投手 99年6位 日本航空高(甲)-近鉄-03年退団
富樫 和大 投手 02年6位 新発田農高(甲)-川崎製鉄千葉-日ハム-04年退団
植 大輔 投手 03年4位 神港学園高(甲)-龍谷大-中日04年退団
福井 強 投手 01年8位 大阪桐蔭高-プリンスホテル-西武04年退団
矢野 修平 投手 99年3位 高鍋高(甲)-広島-04年退団
酒井 大輔 投手 99年7位 中部大春日丘高-広島-04年退団
湊川 誠隆 内野手 03年8位 東邦高-慶大-04年退団
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。