ほぼ日刊ベースボール

野球選手の熱い過去や意外な背景を主な切り口に、野球への熱い想いを綴ります。


テーマ:



マック
 







好調巨人にあって、ホリンズが5番を打っている。



巨人というと自前での外国人選手獲得の下手くそさは有名であり、その割にはがんばっているようである。しかし成績自体は並。李、二岡が離脱しているために5番を打っているようなもので、やはりイマイチ感は否めない。



そんな巨人にあって、過去、来日前から非常に楽しみだった選手がいた。シェーン・マックである。亡くなったカービー・パケットと共にツインズの主力をはり、当時、えげつないシンカーで脅威の奪三振、話題をさらっていたスコット・エリクソン、エース、ジャック・モリスらと、1991年のワールドシリーズにチームを導いた選手である。

ナショナルリーグからアトランタ・ブレーブスがしており、ワールドシリーズ史上初めてとなる前年最下位チーム同士の対戦で非常に注目していたシリーズだった。



マック自身はカリフォルニア州立大では1984年にロサンゼルス五輪に出場した。1985年のドラフト1位でパドレスに入団。1990年にツインズに移籍。1992年には、日米野球のMLB選抜で来日している。



1995年に読売ジャイアンツに入団(背番号12)。打走守の三拍子揃ったプレーでメジャーリーガーの実力を発揮した。非常に真面目な選手であった。肩は弱肩だったものの、その守備力は非常に優れており、数々のファインプレでチームの危機を何度も救った。

巨人が自前で取ってきて、失敗しなかった数少ない外国人選手と言える。

ちなみに、マックが退団してから今年に至るまで、自前で獲得した外国人選手は全員失敗に終わっている。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

モスビー






ロイド・モスビー




 巨人の助っ人外国人はハズレが極端に多い。他球団で活躍するもわざわざ大金を積んで引っ張ってくると途端に全く活躍しないということが常である。巨人に来た助っ人外国人で最強と呼び声高いのがクロマティである。数年前「魁!!クロマティ高校」の作者を名前を無断で使用されたとして訴えたことがあったが、あれからどうなっているのだろうか。




 クロマティの次に活躍した選手といえば、モスビーであると思う。92年に目立った補強もなくシーズン開幕を迎えようとしていた。表向きはファーストに原を、ライトに駒田をコンバートしたぐらいで、外国人はケアリー、ペレスの刺身のツマのような新外国人と、性格だけで残留が決まったゴンザレスという助っ人外国人がいただけでだった。レフトを守る予定だったゴンザレスが中学生並みの低レベルの守備を見せつけ、外野手の補強は必須となった。そこで白羽の矢が立ったのが、メジャー169本の本塁打、280盗塁の実績を持つバリバリの大リーガー・モスビーであった。




 この補強は急遽決まったことではなく、キャンプ中から獲得に向けての調査が行われていた。しかし、モスビーサイドの代理人はあのランディ・バースの代理人として悪名を馳せたミロ・サンド。巨人側が潤沢な資金を持っているのにもかかわらず、金をせびられるのをビビり獲得が遅れたと言われている。




だ が、モスビーは「優勝を狙えるチームに行きたい」と巨人入りを希望し、開幕後になってようやく巨人との契約が成立。晴れて巨人の一員となった。何を考えているの分からないくらいクニャクニャした身のこなしが独特であった。その陽気さと相まって、ブラッドリー以来性格重視の外国人選びに奔走していた巨人にとっては願ってもない逸材だった。その陽気さの点でクロマティ2世とも呼ばれた。




 モスビーは来日直後から順調に打ちまくり、最下位に沈むチームの大黒柱として活躍した。一部では「モスビー効果」なんていう言葉も聞かれた。チームは6月になると今までBクラスにだったのが嘘の様に大躍進を見せた。一時は首位にも届くばかりの勢いであった。このチームの大躍進とは逆にモスビーはホームシックにかかって、来日当初の打撃は鳴りを潜め、打率は2割4分台にまで落ち込んだ。そして、巨人はこの92年において阪神、ヤクルトと三つ巴の大激戦を来る広げたが、大久保の化けの皮がはがれるのと軌を一にしてモスビーのバットも調子を取り戻す。きっかけは、家族の来日だった。初年度は勝負強い印象を首脳陣に与えた。




 首脳陣は早々に契約延長も決め、さらにはブルージェイズ時代の同僚バーフィールドも来日した。相乗効果でどれだけ打つのかと期待されたが、モスビーは開幕戦で右足の親指を痛めると長期離脱となってしまった。この年は原や岡崎、駒田も絶不調に陥ったため、いつまでも湿っている打線の起爆剤として、まだ充分に回復していないまま一軍にモスビーは呼ばれた。案の定、6月には故障が悪化し帰国してしまうなど痛めた右足親指はいっこうに快方に向かわなかった。結局、93年シーズン打率246、本塁打4本とまったく期待はずれに終わり、シーズン終了を待たずして帰国となった。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日はヒルマンのダメッぷりを綴ったが、今回は打者に焦点を当てた。

ダメ外国人として頂点を極め、今も野球ファンの心に残り続けているのが元巨人ルイス・サントス。来日時の触れ込みは何と「台湾のイチロー」。台湾プロ野球界で3年連続で.350以上で首位打者を獲得し、鳴り物入りで巨人入団をしたルイスはこう呼ばれて期待された。

ところがシーズンが始まるやいなや、「常にバントシフト並に前で守る」「ジャストミートした打球がやっと内野の頭を超える」という理解不能の助っ人ぶりを披露。打てない、守れない、走れないで、「走攻守」の何も持ち合わせず、イチローの正反対を地でいった選手だった。

結局97年に39試合に出場、27安打、打率.237、本塁打ゼロ。三振15と三振が外国人の割りに少なかったのが、唯一の「イチローばり」だった。その後、全プロ野球ファンの苦笑を受けながら退団となった。

 退団後は台湾球界に戻り、以前のように大活躍。さらには、韓国球界でも活躍しているようである。


 応援のクリックお願いします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ヒルマン
 



サウスポーが続いたので、また一人、思い出のサウスポーを綴りたい。

その名はエリック・ヒルマン。




第一期バレンタイン政権の時、伊良部、小宮山と並び左のエースとして活躍。背が高いが、星野伸之のような軟投派。確か2mくらい身長があったのではないだろうか。とにかく外国人投手としては珍しいタイプだった。ロッテでは2年間で26勝、防御率も2点台と安定した成績を残した。96年にはベストナインにも輝いている。しかし金銭面での折り合いがつかず2億5000万で巨人へトレードとなった。




巨人では「肩に違和感がある」等、逃げ文句を多用してサボり続け全く働かなかった。

氏の残したサボり文句「肩に小錦が乗っているようだ」は名言。

二軍落ちしたあとも練習も適当に切り上げ、昼には帰宅していた事から、「昼マン」とも呼ばれたという。

結局巨人では2年間で6イニングしか投げず解雇。




使ってみないと分からないのが外国人選手の定説だが、実績を挙げていた選手がまさかこのようなことになろうとは・・・。外国人獲得が下手な巨人のフロントだけでなく、プロ野球関係者、ファン、多くの人が驚くまさに事件であった。





 応援のクリックお願いします。
 


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

絶好調か絶不調か。普通という状態を知らない打者も、球界にはいるのである。打ち出したら、手が付けられないが、ちょっと狂うと、たちまち扇風機に早変わり。三振か本塁打かという打撃スタイルを含め、ランスとは極端な助っ人外国人選手であった。首脳陣が求めた「信頼」の二文字とは対極にあったが、そのバットには、いつも不思議な魅力が宿っていた。

 

来日前から、これほど、大きな重圧をかけられた外国人選手もいないであろう。長年にわたって広島の四番を守ってきた山本浩二の引退を受け、球団が三年ぶりに獲得した外国人選手が、ランスである。「伝説的な人物の穴を完全に埋められる選手はいないだろう。自分なりのベストを尽くす。それが本塁打だ」。ピストル打線と揶揄された球団は、その長打力に、「ポスト浩二」の重責と重量打線復活の夢を託したのである。

 

体のぶれが激しく、なかなか球がバットに当たらないが、しんに当たれば、打球は文字通りピンポン球。そんな危うい期待感は、開幕するとすぐにファンをとりこにした。開幕3連戦でわずか1安打に終わりながら、中日1回戦(ナゴヤ・4月14日)で来日初本塁打を放つと、あっという間に4試合連続本塁打。あまりの派手な打ちっぷりに、阪神2回戦(広島・4月23日)では、野手が極端に右に寄るランスシフトまで登場する。しかし、そのバットはシフトを無視するかのように、右翼席に第7号をたたき込んだ。

 

まさに猛打。しかし、途端に打てなくなるのもまた、ランスである。5月に入り、打率が急降下。打撃30傑からも名前が消えた。普通ならばスタメン落ちのところだが、ランスが植え付けた強烈なイメージは、首脳陣の決断を遅らせた。そして六月、衣笠祥雄の連続試合出場の世界記録が球界の話題を独占していた時、ひっそりと2度目の爆発が始まる。九日の大洋7回戦(広島)を皮切りに、史上七人目となる7試合連続本塁打を記録。そのバットがもたらした何とも不可思議な現象は、「好不調」という言葉で表現できる域を明らかに超えていた。

 

爆発と静寂を繰り返したシーズン。史上最低打率(2割1分8厘)での本塁打王(39本塁打)は、いかにもランスらしいといえよう。しかし2年目、意外性よりも確実性を求めた首脳陣と対立。不振もあって、九月に途中退団する。「おれはホームラン打者。だからこれでいい」。決して、自分のスタイルは妥協しない。悲しい結末を招いたこの頑固さこそ、ランスの持つ「極性」の原点であったのかもしれない。

 

どの球団の首脳陣も堅実なバッティングをする外国人が基本的には好きだが、プロ野球ファンの一人としては、ランスの様な無茶苦茶な助っ人外国人選手もたまには見たいものである。

 応援のクリックお願いします。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。