ほぼ日刊ベースボール

野球選手の熱い過去や意外な背景を主な切り口に、野球への熱い想いを綴ります。


テーマ:



横山竜士






北京の失敗のひとつは中継ぎ専任投手の不在。



エース級だから何でもできるというわけではなく、中継ぎには中継ぎの準備の仕方、心持ちがある。中継ぎのプロフェッショナルをベンチに入れておくことが、先発の気を楽にし、抑えへのセットアップがしっかりなされるという点で必要だろう。




国際大会でもあるので、やはり変則投手が効果的。古くは広島の清川、永射保。このあたりはいたら心強い。今であれば変則とは言わないが、西武の星野あたり面白いだろう。




ほぼ初めての相手ばかりなのだから、基本的に打ちにくい投手が選考されるべき。となると、広島の横山や梅津などは防御率が低く、適任だろう。ヤクルトの松岡健一も面白い。巨人の山口も期待大だが、如何せんルーキー。勤続疲労も考えれば、今回は選ばないのが監督である原の選択肢かもしれないが、元々はアメリカで投げていた。その経験を買うと面白い。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

hobo-nikkanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。