ほぼ日刊ベースボール

野球選手の熱い過去や意外な背景を主な切り口に、野球への熱い想いを綴ります。


テーマ:
アライバが入れ替わる。

印象からすれば何で、となるが、井端の故障を考えれば、落合の判断は至って正しいと思う。

それ以上に二人を脅かす存在が出てきていない方が多分問題。悩み所はそこだろう。



さて印象となると先日決まったゴールデングラブ賞、例年のことながら議論が起こる。カブレラが受賞したがそれって本当?とか、記者の投票だけに印象に左右されての投票は非常に多いと思う。守備だったらロッテ福浦の方が数段上だろう。



カブレラや中村の評価で最近よく聞いたのが、ハンドリングが上手い、ということ。裏を返せば守備範囲内を上手く捌いているだけ、という見方もできる。昔の中村は生で観て上手いな、と思ったこともあるが、カブレラに関しては上手さを感じた時はない。



2005年に負傷で満足に出場していないながらも満票で賞を手にした新庄は、

「来年からは、印象ではなく数字で選んで欲しい。そうでないとこの素晴らしい賞の価値がなくなってしまう」

とコメントしたが、本当に守備を大事にする選手であれば同じ気持ちであろう。



パのショートも中島でなく上手さは金子だよなぁとか、色々思うところがあるが、この人なら間違いないよな、と誰もが思う人が受賞されるような賞になるべきに思う。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
JOCが北京五輪の日本選手団報告書を公表した。以下ニュースから引用。



メダルを逃して4位に終わった野球の日本代表監督を務めた星野仙一氏は、敗因として選手の精神面の弱さと国際試合の経験の少なさを挙げた。



報告書の総評と反省で星野氏は、金メダルを獲得した韓国と比較し「気持ちの面で、弱い面が出た。選手たちは気を抜いて戦ったわけではもちろんないが、気持ちの部分で差があったかもしれないとも思う」と指摘。



さらに「国際試合を多く経験する場を作ることで国際大会でも動揺することなく本来の実力が発揮できるような経験を積ませることが重要かと感じている」と記した。



今後に向けては「この敗戦を糧に、次の国際大会では選手が奮起してくれることを期待している」とし、来春に行われる国・地域別対抗戦の第2回WBCへの期待もうかがわせた。



最後の最後も徹底的に選手のせい。



気持ちの差という根本的に解決の余地が見えないところに原因を置き、「国際大会でも動揺することなく本来の実力が発揮できるような経験を積ませることが重要かと感じている」と、それって他の国の選手も条件は同じじゃないの?というような意味のない解決策を唱える。



結局、野球界の発展のためとか言っておきながら、何も見えていない。WBCは星野が監督にならず本当によかったと改めて思った。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
HONDAの長野久義がロッテへの入団を拒否しそうな雲行きである。

大学出で社会人を2年、既に若くない域になりつつあるところでまたも拒否となると、ちょっともったいない気がする。



元々プロに注目されたのは大学4年の時。3年まではパッとしない選手だったが、4年の時に2季連続で首位打者となり、プロへの道が開いた。指導によってはまだまだ伸びしろが感じられるが、せっかくプロにいける素材が何年もプロ入りを先送りすることにあまりメリットは感じられない。



それに巨人の外野はライバルがひしめき合っている。打力が弱い日本ハムだったり、今回のロッテで選手としての経験を重要視した方が、将来的には有益ではないのか。



周囲の人はどのようなアドバイスをしているのだろう。何かちょっと心配な気持ちになる、長野の入団拒否だった。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
レッドソックスにほぼ確定ということで落ち着きそうな田沢。

どこまで活躍できるかが楽しみだが、156キロ右腕という言葉が先行している感も強い。



先日のJR東海戦も、9番打者に決勝タイムリー。勝ち運とかあるピッチャーなら絶対抑えるんだよな、という根拠のない記憶とともに、田沢が騒がれているほど活躍できるかちょっと疑問視してしまう。



パワーピッチャーとしては球が軽い感じがするし、ましてやスピードではもっと速いのがゴロゴロいる。となると育成重視で獲得を打診しているレッドソックスは、あくまで素材としてしか田沢を見ていないということか。



フォークを出し入れできる、若い時の上原のようなピッチャーに育てば面白いと思う。とにかくコントロール。レッドソックスがいいピッチャーを育てているという印象は薄いが、とにかくしっかりとしたプログラムの下、力をつけていってほしい。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近、推薦入試が多くなったのか、公立高校でも強い高校が増えてきたように感じる。

そんな中、私立で大躍進を見せているのが慶応高校。

圧倒的な戦力で関東大会、明治神宮大会と制覇した。



聞けば高校ながらもOA入試とか、野球部に入るためのハードルが低くなったとか。別に暗記力一本の受験勉強にプライオリティを求めるわけではないが、普通の野球学校になってしまうのかな、とちょっと残念である。

現西武の佐藤友亮が2年で神奈川大会決勝にいったときは血湧き肉躍る感覚を覚えた。佐藤もまともに受験で入学したというのだから二度驚きである。

そんな寄せ集めかもしれないチームが見せる快進撃が楽しいところで、慶応高校の野球部にはそんな姿を求めていたような気がする。



普通の野球私学へとなっていく慶応高校に寂しさを覚えつつ、とはいってもエースの白村は素晴らしい球筋のストレートを投げる。来春が楽しみである。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。