ほぼ日刊ベースボール

野球選手の熱い過去や意外な背景を主な切り口に、野球への熱い想いを綴ります。


テーマ:



堀内 恒夫





記録の多寡に価値をつけるとなると、たいがいの場合、私情が挟まる。古くはロジャー・マリスの61本塁打記録に対するメディア、ファンの対応。もちろんベーブ・ルースの60本は古き良きアメリカの誇りであり、誇りを失う怖さがマリスを認めない風潮へと傾いたのかもしれない。

このように記録への思いは時として歪んだ理解を生み出す。しかし同じ名球会会員すら、正味のところでその203勝の価値の高さを大いに認められた投手がいる。堀内恒夫である。



堀内の全盛期はそのまま巨人のV9と重なる。

甲府市立甲府商業高等学校から1965年ドラフト1位で読売ジャイアンツに入団。1年目から一軍に定着し、新人記録である開幕13連勝を含む16勝をあげ、最優秀防御率、最高勝率、沢村賞、新人王のタイトルを獲得。以後1978年まで13年連続2桁勝利を挙げ、V9時代のエースとして活躍した。1年目は背番号21であったが、2年目よりエースナンバー18を背負う。



つまり1年目から巨人のエースとなったということは、どのカードでも常に相手の最高の投手がぶつけられる。常時エース対決。その戦いを勝ち抜いて重ねた203勝。数字こそ200勝をギリギリ超えたものではあるが、その価値は計り知れないものがあるというのが名球会会員の同じような見解である。



守備・打撃にも定評があり、守備ではダイヤモンドグラブ賞を創設年の1972年から7年連続で獲得。「世界の盗塁王」福本豊をして「全く癖が見抜けなかった」と言わしめた数少ない投手である。



打撃では1試合3本塁打を1度(ちなみに3打席連続。投手で唯一)、通算21本塁打を記録している。V9時代を含め、12回のリーグ優勝、9度の日本一に貢献した。1980年6月2日の対ヤクルト戦で200勝を達成。しかし、1981年藤田元司が監督に就任すると、江川卓、西本聖、定岡正二の台頭により登板が急激に減り、1982年に投手コーチ兼任となる。1983年限りで引退。引退試合で最終回の話は有名である。ベンチで堀内のために「最後の打席を回そう」という声が上がった。まず駒田が本塁打。その後、吉村禎章らがヒットでつなぎ、本当に堀内に打席を回してしまう。そして続く堀内は意気に感じたのだろう、なんとその現役最終打席、本塁打を放っている。



入団してからしばらくの間、門限破りの常習犯として知られていて、「鬼軍曹」と恐れられていた武宮敏明寮長(当時)の目を逃れるため風呂場の窓から入ったとか、待ち構えていた王貞治に涙を流しながら殴られた。これにより、堀内は改心したとも言われている。ちなみに「悪太郎」とあだ名されていた。



解説者・コーチ時代は明晰な解説で定評があったが、監督としては不遇であった。



体は小さいながらもまさに野球選手の塊。打撃のいい投手の系譜は西本、桑田、斎藤雅樹と引き継がれたが、現在その系譜を継ぐ投手がなく、寂しいところである。次代のエースの登場が待望される。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:



加藤 秀司





PL学園高校に進学、その後松下電器を経て、1969年ドラフト2位で阪急ブレーブスに入団。
1位指名がピッチャーの山田久志、2位が加藤、そして7位が松下電器でチームメイトだった福本豊という陣容だった。



3年目の1971年、一塁手のレギュラー定着。ヒザを深く曲げ、折りたたむように構える独特の打法で勝負強い打撃を買われ、1973年、打率.337で首位打者。1975年は32本塁打、97打点で打点王を獲得し、パ・リーグMVPに選出される。1979年には腰痛に苦しみながら打率.364で2度目の首位打者、104打点で二度目の打点王に加え35本塁打と自己最高の成績を残す。長く阪急の三番打者として活躍するも、1982年.235の成績に終わると、上田利治監督の若手切り替え方針にのっとり島谷金二らV4戦士の引退勧告とともに、1982年水谷実雄との大型トレードにより広島東洋カープに移籍するが、肝炎のため成績を残すことが出来ず。1年限りで近鉄バファローズへ移籍。



1986年読売ジャイアンツに移籍するも代打での出場が目立ち、同年オフ解雇される。

1987年、阪急時代の恩師西本幸雄の誘いで南海ホークスに移籍、5月7日にかつての同僚山田久志からの本塁打で念願の2000本安打を達成し、同年限りで引退。

1971年のオールスターゲームで、江夏豊が9連続奪三振記録を作ったときの9人目の打者(代打)。



本人曰く、非常に恵まれた三番バッターであった。福本がヒットや四球で出塁し盗塁、大熊の送りバントで1アウト三塁というケースが阪急の定番であったため、1アウト三塁で外野へ打つことさえ考えればよい状況が非常に多かったと本人は述懐している。事実打点王3回のほか、犠牲フライのリーグトップが6度もあった。



何故かセリーグでは全く活躍できず、それが加藤の知名度の低さにつながったり、どこか損な役回りの感を受けるが、実力は折り紙付き。長打が打て、確実性も高いその打撃スタイルは見るものを魅了して止まなかっただろう。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

鈴木 啓示



時としてその投球フォームだけで見るものを魅了する選手がいる。美しい投球フォームは、つまり無理がない。無理がないということは故障につながらない。




「草魂」を胸に投げ続け、317勝を挙げた不滅の名サウスポー、鈴木啓示。万年Bクラスの近鉄一筋でのこの記録はまさに不滅の数字であろう。無四球完投が歴代1位の78試合、通算被本塁打が560でこれまた歴代1位。コントロールのよさもさることながら、逃げずに勝負の彼の投球姿勢がうかがえる。


育英高等学校から1965年ドラフト2位で近鉄バファローズに入団。当初は阪神タイガースの1位指名が有力とされていたが、阪神は鈴木を指名しなかった。新人の年にオールスターに出場し、同じ左腕で先輩の金田正一にカーブの投げ方を習おうとしたら、「教えて欲しければ銭もってこい」と言われて、それまでの尊敬心から一転して敵愾心を燃やすようになる。後に金田がロッテの監督になったとき、ロッテ相手に勝ち星を稼ぎロッテキラーとなる。




入団1年目に10勝。翌年から5年連続20勝をあげエースに。1968年8月8日の対東映戦(日生球場)でノーヒットノーランを達成。1969年に24勝で最多勝。1971年9月9日対西鉄戦(日生球場)で2度目のノーヒットノーラン。速球派投手らしく1967年から1972年まで6年連続で最多奪三振に輝くが、1972年頃から奪三振数が半減し、投球内容の質も低下。




その後、1974年に就任した西本幸雄監督の指導により、力任せの直球主体の投球を改め制球・配球を重視する頭脳的なピッチングを構築していく。1975年、4年ぶりに20勝以上をあげ防御率も2.26。奪三振数は減少したが無駄な四球と失点も減少。1977年200勝達成、20勝で最多勝。翌1978年も25勝で2年連続最多勝、防御率2.02で最優秀防御率にも輝いた。同年に10試合連続完投勝利も記録。この年は見事な投球で往年の剛球が蘇り最多奪三振も記録。1979年・1980年にチームのリーグ優勝に貢献した。


投球のすばらしさもさることながら、牽制球の技術に優れ、盗塁王の福本豊が神部年男と並んでもっとも苦手にしていた投手である。福本は8mmフィルムによる投手の研究に力を入れたが、そのきっかけは鈴木、神部対策だった。




往年の監督としての評価は誰もが知るところ。野茂が彼を嫌ってドジャースへ飛び立ったのは有名な話である。自らの実績への自負と、これがあったからこそ現役時代を支えた自己主張の強さが、監督として選手をサポートする役割を超えてしまったのかもしれない。また当時は野球界におけるトレーニング方法の変革期でもあり、走り込み、投げ込み中心の旧来のトレーニング信奉者の彼にとってタイミングの悪い時期だったのかもしれない。




監督としての失敗が彼のイメージを損なってしまったが、そうはいっても現役時代の輝きは褪せるものではない。歴代で美しい投球フォームの持ち主は誰か聞かれたとき、必ず脳裏に浮かぶ投手である。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:



高木守道



アライバで鉄壁を誇る中日の二遊間。現在の日本でナンバー1の二遊間であることは誰もが認めるところであろう。しかし中日のセカンドというと高木守道。これは誰もが認めるところではないだろうか。華麗なるバックトスとグラブトスはまさに芸術品。プロの職人とはこのような名手のことを言うのかと実感させられる選手であった。2006年、野球殿堂入りも果たす。



1960年中日に入団。同年5月7日対大洋ホエールズ戦で初打席初本塁打デビュー。1963年に二塁のレギュラー奪取。この年50盗塁を記録し盗塁王。以後1965年、1973年と3度の盗塁王に輝く俊足に加えて、1969年に24本塁打するなど通算236本塁打とホームランもよく打った。1974年にはチームの20年ぶりの優勝に大きく貢献した。二塁手でベストナイン7度は史上最多。1980年限りで引退。シーズン終了後にナゴヤ球場で行なわれたセ・リーグオールスター東西対抗では同年引退した王貞治とともに記念のセレモニーが行なわれた。



県立岐阜商業高校時代に立教大学四年ですでに大学球界のスターであった長嶋茂雄がコーチとしてやって来た際に、長嶋はまだ一年だった高木の才能を見抜き、監督に高木をレギュラーとして使うように薦め、その結果、高木はすぐにレギュラーを取りチームの中核となった。



守備の人と思われがちだが、四打席連続本塁打を放っていたり、ミートに関しては隠れた天才であった。現役時代、監督と起用法をめぐって対立し、抗議の意思を込めて次の試合で全打席初球ピッチャーゴロを宣言、実行した。これに監督も折れ、高木と和解したという。2000本安打も達成、守備の人としての印象が強い中、名球会入りも果たしている。



また非常に義理堅く、礼節をわきまえていた。1974年、巨人のV10を阻止して中日の優勝に貢献。優勝決定翌日の10月13日に予定されていたこのシーズンの後楽園の巨人×中日最終戦は長嶋茂雄引退試合であったが、降雨で14日に順延してしまい、この結果中日の優勝パレードと日程が重なってしまった。このため、大島康徳などの若手・準レギュラー級選手のみを出場させ、中日レギュラー選手は同日の中日優勝セレモニーのために欠場するように球団に言い渡された。この通達に高木は「偉大なる選手になんて失礼なことを」と大いに憤慨し、球団にその通達の撤回とそれが無理ならばせめて自分だけでも出場させるように抗議した。しかし、その願いは聞き入れられず、高木は優勝セレモニーで終始ぶ然とした表情をしていたという。高木はのちに長嶋に電話し謝罪したという。



引退後、監督としても活躍。監督としての力量及び評価は非常に高く、2003年オフには中日の監督候補に再び彼の名前が挙がっている。結果的に落合博満が就任したが、高木の采配の下で2年間(1992年~1993年)プレーした落合は、高木の采配を非常に参考にしているといわれる。高木自身も、落合支持派が少ないとされる中日OBにあって、杉下茂、中利夫、権藤博らとともに、落合支持派の1人である。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



土井正博





通算465本の本塁打のうち、ライト方向がたった3本。プロ野球史上、これほどのプルヒッターがかつて存在した。その名は土井正博。




プルヒッターというと例えばブライアント。三振の多さが売りなのが定説だろう。しかし土井は違った。三振数の打数に対する割合が.089と1割を切っている。この「三振率1割未満」は400本塁打以上を打ったスラッガーの中では張本勲、長嶋茂雄と土井だけの記録であり、長距離打者として異例とも言える三振の少なさも特筆すべき特徴である。そこから察するに、広角に打てなかったのでなく、豪快に引っ張ることをよしとするその打撃スタイルが、土井自身の美学だったのかもしれない。




そのバッティングは天性のものとも言え、入団2年目には18歳で4番を打っている。ちなみにこの時入団2年目。大鉄高等学校(現・阪南大学高等学校)を2年で中退して1961年近鉄に入団。1年目は2軍暮らしであったが、別当薫監督のもと、2年目よりレギュラーとなった。




打撃フォームは上半身を捻った独特なものであった。最初はカッコだけではじめたものだったが、これが意外にも余分な力が抜け、また成績も上昇したため定着させていった。水島新司の漫画「あぶさん」の主人公、景浦安武は作中で「土井さんは俺のフォームの師匠だ。」と語っている。




しかし残念なのはその実力にもかかわらず、世間での認知度がかなり低いことである。メディアに露出度の高いセリーグと低いパリーグの差であり、常勝チームと弱小チームの差でもある。それゆえに、土井は、残した実績の高さに比べ、世間の評価は低く、今でもメディアに取り上げられることもほとんどない。しかし、土井が残した記録は、彼がプロ野球史上に残る大打者であったことを雄弁に物語っている。




実際、土井の通算成績は、打率.282、465本塁打、1400打点、2452安打とどれをとっても超一流である。同じ頃、セリーグで活躍した長嶋茂雄は、打率.305、444本塁打、1522打点、2471安打である。打率こそ長嶋に劣るものの、それ以外はほぼ遜色ないと言っていいだろう。土井は、長嶋と同じ背番号3の右打者だったため、「パの長嶋」という異名さえあったという。




また指導者としても一流で、かの清原の師匠でもある。

1989年シーズン中に賭博に絡んでいたことが発覚し、強制捜査で現行犯逮捕され解任された。その後、清原の技術が停滞し、1990年代に死球禍などに苦しんだことについては、「清原に1軍で勝つための技術だけしか身に付けさせられなかった」としている。つまり死球をよける技術を2軍で学ばせることができなかった。




選手としても指導者としてもこれほどの実力をもちながら、メディアにとり上げられないが故に注目度が低いのはなんともやるせない。このような選手にこそ、きちんと光を当てるのが後世に残す伝統として相応しい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。