ほぼ日刊ベースボール

野球選手の熱い過去や意外な背景を主な切り口に、野球への熱い想いを綴ります。


テーマ:

佐賀商の劇的な優勝で幕を閉じたこの年は、九州勢の活躍が目立った年だった。そして中でも、近年の清峰並みの旋風を巻き起こした学校がある。

「県内有数の進学校」、「優勝候補を破ってのベスト8入り」、ユニフォームやスクールカラーから「青い旋風」と称された長崎北陽台である。




1回戦関東一高を2-0と完封勝ち、2回戦宿毛を4-1、3回戦中越を3-2、準々決勝でエースの松尾洋和が連投の疲れから樟南打線に捕まってボコボコに打たれて5-14で負けた。


関東一が相手をナメてかかっていたというのもあったかもしれない。小江主将がセンターへの大飛球を背面キャッチしてピンチを救った大ファインプレー。

全くの無名校がノーマークだった強豪校を破って快進撃だったが、打線は絶望的な貧打線。確かチーム打率が2割そこそこだった。

いかに松尾の力が大きかったか分かる。




準々決勝、樟南打線に打ち込まれて最後のマウンドに上がった松尾の天を見上げた笑顔は今でも忘れられない。「やるだけの事はやった」という感じの表情だった。




松尾はその後慶応大に推薦で入り、卒業後は社会人野球の大阪ガスへ。

何でも本人は九州大志望だったのが(九州六大学リーグで野球が出来る)、浪人する可能性もあったので監督の勧めもあって慶応大にしたのだという。

しかし慶応大ではエースと期待されながら思うほどの活躍をできず、社会人の名門、大阪ガスへ進む。




大阪ガスでは能見篤史投手が阪神に入団した穴を埋めるべく現在主戦級として活躍中。昨年の第76回都市対抗野球大会で補強選手に選ばれて2試合に先発した。

第57回JABA京都大会ではチームを優勝に導き最優秀選手にも選ばれている。

 

長崎北陽台の活躍を取り上げた本「青い旋風in甲子園―ドキュメンタリー’94 県立長崎北陽台高校野球部の熱い夏」に当時の様子は詳しい。

因みに長崎北陽台のメンバーは松尾投手以外全員国公立大に進学。これは甲子園出場校中新記録だったという。




余談だが、現在長崎北陽台ではベスト8入りした時の外野手で主将だった小江が長崎大学教育学部を卒業後、昨春から晴れて母校の監督に就任した。歴史がどう受け継がれるのか、楽しみである。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

1990年は春夏とも印象が薄い。夏は沖縄水産が準優勝、初めて優勝旗が沖縄に渡るか、ということで沸いたが、好選手も少なく、小粒な印象の大会だった。もっとも優勝の天理は南・谷口のツインタワー、やたらでかかったのを覚えている。


そんな中、豪腕といわれていたのが育英高校の戎信行である。育英高校を24年ぶりに甲子園に導き、140キロを超える重い速球で「怪腕」と騒がれている。

しかし、このときは後に阪神に入団する好投手中川を擁する秋田経法大付属に延長の上、サヨナラで初戦敗退している。

そして、1990年末のドラフト会議で地元オリックスの2位指名を受けて入団。背番号は30。オリックスは、あの当時から戎にかなりの評価を与えていたことが分かる。でも、そのときの1位が何と現在大リーグで活躍する長谷川滋利。長谷川は、一年目から12勝をあげて新人王に輝く。

対照的に戎は、一軍で登板することなく1年目を終わる。

 

次に戎が表舞台に現れたのが1994年。戎はその年のウエスタンリーグで8勝して最多勝のタイトルを獲得し、リーグ優勝にも大きく貢献。さらにジュニア選手権でMVPを獲得している。一軍初登板も果たしている。

だが、この年は、すい星のように現れたイチローが前人未到の210安打を放ち、一軍のオリックスもリーグ優勝。またも、その陰に隠れて注目を集めることはなかった。


悲運にもそれ以降、戎は一軍に上がってもすぐに二軍に落とされるという生活が続くことになる。もちろん、勝利をあげることはなかった。

いつしか気付けば、入団後、ほとんどが二軍生活のまま、9年がたっていた。知らないうちに戦力外選手として自由契約になっても仕方のない身。

それでも、転機の予感は確実に訪れていた。

1999年2月、オリックスは、イチロー、星野伸之、戎信行の3人を米国メジャーリーグのシアトル・マリナーズの春季キャンプに送りこんだ。イチローは言わずと知れた球界一の打者、星野も通算150勝以上(1998年終了時)の大投手である。その二人と一緒にプロ通算ゼロ勝の戎が選ばれていたのだ。

仰木監督を始めとするオリックスの首脳陣は、確かに戎の秘められた力に注目していた。この事実は、今から考えるとオリックス首脳陣の驚異の眼力を認めざるを得ない。


そして、運命は10年目を迎えた2000年に一気に動いた。

シーズン当初は、敗戦処理をするだけの役割だった。背番号も以前の30ではなく65になっていた。

しかし、序盤は首位を独走し、磐石の投手陣と思われたものの、エースの小林、若い杉本友が不調に陥り、さらにブロウズ、カルロスといった外国人投手も次第に打ちこまれるようになる。そして、ローテの一角を担っていた金田、川越が相次いで故障でチームから離脱する。

 地道に敗戦処理で好投していた戎は、皮肉にもチーム内部の投手陣崩壊から先発投手に昇格し、またたく間に3連勝。プロ9年間で1勝もできなかった戎はエース格になった。

幸運はそれだけで収まらなかった。故障でオールスター辞退を余儀なくされた同僚の川越に代わって初出場。プロ10年目にして新人賞を獲得する。おそらくこれは新人賞最年長記録ではなかろうか。

オールスター後も、順調に勝ち続けた戎は、最終的に8勝2敗を記録という記録を残した。

10月13日の最終戦では6イニングを投げ終えて、ついにシーズンの規定投球回に到達。防御率は3.27で1位に踊り出た。

プロ9年間、2軍でくすぶりつづけた戎が10年目に最優秀防御率のビッグタイトルを手にした瞬間だった。


確か高校時代の時点で、戎の右ひじは真っ直ぐ伸びることがなかったという。当時は高校野球にトレーニング革命が起こる直前、次の年の沖縄水産・大野同様、肩肘を壊してまでも投げ続ける投手が後を絶たなかった。剛球投手として生きることから加藤伸一にシュートを学び、一瞬かもしれないが輝いた戎の野球人生は、タイトル奪取を境にまた下降線をたどる。


できれば豪腕で鳴らしてほしかった投手であった。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

1989年夏の甲子園、決勝は帝京対仙台育英。初めて優勝旗が白川の関を越えるか、といわれた時である。帝京は現・楽天の吉岡、仙台育英は大越。今でも語り草のゲームであった。

この大会、上記2人の他に東邦・山田、尽誠学園・宮地、1年生エース、秋田経法大付属・中川など、サウスポーの好投手が目白押しの大会でもあった。


その中でスマートな印象ながらも、大会前から評判の豪腕投手がいた。

佐野日大の麦倉洋一である。


中学時代に当時の人気番組「ビートたけしのスポーツ大将」に出演し、たけし軍団と野球対決し注目を集める。確か1安打完封だった。


高校48イニング連続無失点 栃木県予選で全試合無失点 エースで甲子園出場。細身ながらも美しいフォームから142キロの切れのあるストレートが印象的だった。
開幕試合の近大福山との試合で決勝ホームランと完封勝ちの活躍を見せるも、二回戦で福井商に1点差で敗退。


ドラフト3位 オリックス(高橋功一)と競合したが抽選で阪神タイガースに入団。この時の5位が新庄剛志である。

プロ入り後も、2軍では調子がよければバットにあたる気がしなかった。3年目に肩を故障して投げられなくなり、2回の手術を行ったが復帰できなかった。


まとまりがよかったが故に一軍に上げやすかったのか、当時の阪神の育成の悪さが悔やまれる。


現在はスポーツ用品の「デサント」勤務 営業部 タイガース担当。


実働1年 登板12試合 勝利2 敗戦4 投球回39.1 奪三振18 防御率4.81
(ウエスタン 登板11試合 勝利1 敗戦4 投球回48 奪三振30 四死球24 防御率4.88)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



白井ヘッド




 「将来はチームに残って指導者に」。白井は日ハムでの現役当時、漠然とそう思い描いていた。ところが95年に予期せぬ戦力外通告を受け退団。しかもオリックスに移り、プレーを続ける選択をする。約束されていると信じていた道は閉ざされたかに見えた。

 しかし翌年、引退を表明した直後に古巣から「戻って来ないか」と声がかかった。といっても、1年前に解雇の断を下した監督は在任し、現場のスタッフに加われるはずはない。そこで白井は米国でのコーチ研修に送り出される。派遣先は球団が業務提携しているヤンキース。秘めていた念願がかなった。当時、共に汗を流した僚友に後に一緒に日本一を経験するヒルマンがいた。

 監督交代に合わせ、00年に2軍総合コーチとして現場復帰。01年から2年間、2軍監督を務めた。子供の頃、野球選手と同じくらい教師に憧れていた白井は両方の夢が一緒にできると心を弾ませた。

 

 自分の経験を振りかざす指導者にはなりたくなかった。選手が監督の顔色を伺いながらやっていたら、能力を発揮できないという持論があったからだ。そのため声を荒らげて命令したり、ミスを叱責することはしない。十分な準備をし、全力を尽くしての失敗は構わない、学ぶことがたくさんあという余裕のある指導を目指した。




 従来の常識にとらわれない選手育成は奏功し、白井が就任してからの2軍はイースタンリーグで最下位から2位へと躍進。監督に最もやりやすい環境をつくるとともに、監督の考えを選手に分かりやすく伝えることが自分に与えられた役割と割り切った。




 実はヒルマンの招聘は白井が球団に強く推薦して実現したと言われる。ヤンキース傘下のマイナー監督としてジーター、ソリアーノらを育てた手腕には定評があり、指導方針にも共鳴する部分が多かった。同時に自身も補佐役のヘッドコーチに就任する。


 新体制による改革は日本式の球団経営に風穴を開けると注目された。当時、米流を持ち込むのでなく、日本のいい部分と融合して新しいスタイルをつくり上げるとともに3年、5年したら、球界全体を変えていくことを長期的な目標にした。


 日ハムは04年から本拠地を札幌に移す。リーグ優勝から20年以上遠ざかり、観客動員も頭打ちのチームを再生する「最高のチャンス」と受け止めた。




 ヒルマン政権の来期続投が決定した。時期監督の有力候補の1人が白井であることは間違いないと思われる。「監督は最終のゴールでも何でもない。ヘッドコーチとしてはみじんも考えてはいけない」。立場を踏まえ、きっぱりと打ち消しながらも「野球人として魅力がないと言えばうそになる」と意欲も本人は否定はしない。「たとえ将来そういう時期がきても、やれる自信はあるし、そのための準備もしてきている」と言い切っている。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:






白井一幸
 


 94年に2塁手として連続守備機会無失策のパリーグ記録を更新し、シーズンの2塁手最高守備率もマーク。連続守備機会無失策「545」の金字塔は現在も破られていない。ただ、選手生活晩年は持病のひざ痛が響き、打撃成績は精彩を欠いた。




 日ハム以外のユニホームを着た白井一幸を、どれくらいの人が覚えているだろう。95年、32試合の出場に終わった。中心選手として活躍したのも過去ではあったが、引き際は自分で決めさせてくれるはずだと思っていた。再起をかけて参加していた秋季キャンプ。練習中、球団職員に呼び出された先で待っていたのは、まさかの戦力外通告だった。84年にドラフト1位で入団してから、長年にわたってレギュラーを張り、選手会長も務めた。しかし、球団は功労者に花道を用意しなかったことが相当悔しかったようである。




 95年に大沢親分から次の監督に替わり、チーム改革が始まっていた。若手への世代交代が必要ということも分かっていた。だが、生え抜きのベテランに対する非情な対応が許せなかった。功労者に対する配慮の無さが許せなかった。


通常であれば、本拠地での最終戦に一塁側スタンドには家族や恩師、お世話になった関係者がそろい、最後の勇姿を目に焼き付けようと一挙手一投足に注目している。そして花束を手に、応援してくれたファンへのあいさつ…。中心選手の引退には、そんな「儀式」がふさわしいし、白井も有終の美を飾りたかったはずだ。

引退してもおかしくない状況で、96年オリックスへ意地の移籍をした。この年、オリックスは2年連続優勝に向けて序盤からひた走ったが、彼自身はもう心に燃えるもの、勝ちたいという情熱がないことに気づいていた。「やはり自分は日本ハムが好きなんだ」。古巣への愛着があらためて身に染みた。優勝争いが佳境に入った夏場には、この年限りでの引退を決めていた。

 

 しかし、オリックスで過ごした現役最後の1年間は、決して無為の日々ではなかった。

 同郷の先輩、中西太コーチと巡り合い、理想の指導者像をかいま見た。初めての2軍生活、いつの日かカクテル光線を浴びてプレーするのを目標に、黙々と汗を流す若手に思いを重ねた日々。そして天才イチローとの出会い。いずれも日ハムで花道を飾っていたなら経験できなかった経験を積んだ。


 戦力外通告という理不尽を恨んだこともあったが、指導者となった現在を支えているのはあの時の挫折だと言う。「感謝はできないけれど、最高の挫折だった」とコメントしている。


 「練習はうそをつかない」と信じ、寝る前の素振りを日課にしていた。中学時代から一日も欠かしたことはない。いくら深酒をしてもバットを振ってから寝た。引退する前日の夜もバットを振ったと言われる。


 出場1187試合、打率.246厘、49本塁打、334打点、168盗塁。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。