ほぼ日刊ベースボール

野球選手の熱い過去や意外な背景を主な切り口に、野球への熱い想いを綴ります。


テーマ:


早稲田実業が優勝した。
組合せに恵まれた感はあるが、最後、駒大苫小牧を再試合で退けての
優勝は価値がある。

斎藤は安定した非常にいい投球だった。
あたかも西日本短大付属優勝時の鉄腕・森尾を見たようである。
安定感のあるストレート、鋭いスライダー、コントロールのよさ、マウンド度胸、
どれをとっても高校レベルでは高いところにあるだろう。

しかしこのフィーバー振り、マスコミはよほどネタに困っていたのだろう。
プロがかなり盛り下がっているために。。。
誰よりも困惑しているのが斎藤本人だと思う。
彼のことだから自分の実力は分かっているはず。
プロで大成するにはもっとレベルアップが必要なはずだが、
実力以上の報道が先行しすぎている。

実力に加え、早稲田というブランド、ルックスのよさ、意外と苦労もしているところ、
マスコミ的には格好の的だが、所詮は高校生、というようなクールな記事も
あっていいと思う。

いい試合を観ただけに、どうでもいい斎藤報道にかなり辟易してしまった。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

帝京

ベスト4が決定した。


駒大苫小牧×智弁和歌山
早稲田実×鹿児島工


駒大苫小牧は田中はピリッとしないながら、打線に粘りがある。
智弁和歌山は地力がある。予想していた八重山商工、帝京と退け、着実に勝ってきた。
早稲田実は斉藤がやはり好投手。しかし3回戦が清峰でなく福井商なのが助かった。
鹿児島工は、、、やはり投手はコントロール。


予想がつくのかつかないのか、最早まったく分からない展開に優勝校の予想は難しいが、言いだしっぺで駒大苫小牧がこのままいくのでは、と思う。


それにしても智弁対帝京はすごかった。
まさに総力戦。帝京は実力で見れば各下だが、信じるものがあるチームは強い。足を合言葉に、チームがまとまっていた。だから優勝候補に感じていた。9回、まさに捨て身で大田に代打を出した時点で投手がいなかった。そして逆転。最後は草野球になってしまったが、9回表までが帝京にとってすべてであり、すべてを出し切っての敗北は、もしかしたら優勝校の次にすっきりした終わりなのかもしれない。


横浜高校がいきなり大阪桐蔭に敗れ、その大阪桐蔭も敗れ、波乱といえば波乱の展開。しかし地方を見ても実力では上位の学校はいくらでもある。毎年優勝候補に挙げられながら、ベスト8あたりでころっと負ける地方強豪校はごまんとある。
どれだけチームを結束させられるか、この大切さを改めて思う。
その観点でみれば、今のところ頭ひとつ抜けているのは駒大苫小牧。田中におんぶに抱っこの印象のチームが、田中の不調をきっかけにまとまりつつある。青森山田戦はすごいゲームだった。


残すところあとわずか。スコアだけ見れば大味と言えば大味な試合が続くが、不思議とだれたゲームは少ない。けっこう面白かった。残り試合も好ゲームを期待したい。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

粗は多いが、はまったら強い、でもそれで勝ち抜けないのが甲子園。1回戦迎えるまでは八重山の優勝はなかった。沖縄人のイメージよろしく、、楽しくやる延長に甲子園があるようなその戦い方では勢いに乗ったときはいいが、そうでないと弱い。ベスト8、よくてベスト4というのが当初の評価だった。

しかし、金城長の一言がその評価を大きく変えることになる。

 

順に見ていきたい。

 

 投手の質

 

主戦の大嶺はプロ注目。ノッタときの投球は手がつけられない。そのレベルにおいては駒大苫小牧・田中と双璧だろう。何といってもストレートのキレがすさまじい。しかしながら八重山の投手力を支えるのは大嶺でなく金城長である。140キロ台のストレートもさることながら、高校生離れした老け顔と、非常に安定した投球ができる。大嶺がとばせるのも、彼がいるから。しかしエースとはプライドが高いもの。どんな相手であれ、まずは大嶺、この姿勢を崩さなければ確実に上位レベルの投手陣といえる。

 

 打線の質

 

センバツの横浜戦もそうだったが、いつでも集中して点を取ってくる怖さがある。あたかもそうしているようにも感じてしまうその様は、数字以上の怖さがあるのではないだろうか。まるで往年の名作「県立海空高校野球部員山下たろー君」のあわもり高校である。1回戦も5回までたったの2安打、それが延長含め残り5回で15安打。通常後半になるにつれ、負けているときは焦りからヒットが出にくくなるもの。そのようなゆるさ(単にマイペースなのかもしれないが)は特筆すべきものがある。

 

 指導者の質

 

いうまでもなく、一緒に野球をやっている長さが信頼関係の表れであろう。



金城長、大嶺ら練習で手を抜きがちな選手たちがここまでやってこれたのは小学生時代からの「貯金」が大きい。放課後は監督の自宅に集合してマシン打撃とティー打撃。金城長、大嶺、新垣哲平、羽地達洋、奥平結、船道良平、洲鎌長太郎、當山徳人、根間達之ら当時からの教え子たちはこれを小学校、中学校を通じて続けた。マシンやネットはもちろん監督が自費で購入したもの。その情熱の結果が2001年の八島マリンズ全国制覇、02年の八重山ポニー世界3位につながった。

 

その後、伊志嶺監督が八重山商工高監督に就任。明徳義塾高で甲子園に4度出場、2年春には本塁打も放った八島マリンズ出身の松原史典らを初め、今までなら沖縄尚学高や興南高など島外に出てしまっていた選手たちが、伊志嶺監督の存在で思いとどまった

「小学校2年からで10年ですから、もう親よりもうるさい存在ですよ」

金城長はそう憎まれ口をたたくが、必ずこの言葉をつけ加えることを忘れない。

「でも、監督がいなきゃ今の僕はないですね」

これは、大嶺も同じ。なんだかんだ言いながら、みんな監督が好きなのだ。

 

監督と生徒の信頼関係、実はこれほど難しいものはない。たった2年ちょっとの高校野球において、果たしてどれほどの信頼関係をつくれるだろうか。高校生にとって、なんだかんだ言って困った局面で頼れるのは監督。采配の力は正直未知数だが、選手の精神的支柱であることは確実である。八重山のもつアドバンテージは想像以上に大きい。

 

 選手個人としての無欲さ

 

このようなチームなので、監督へのロイヤリティは高いだろう。監督のために、と思っている選手は一人や二人ではない。しかし、そのようなチームなら他にもあるだろうし(八重山ほどの濃い関係はなかなかないが)、それだけで判断するのは難しい。しかも元々が気まぐれ軍団。調子がいいときはいいし、悪いときは悪い、そのむらっ気はなかなか解消できるものではないだろう。

 

しかし、打線の奮起で負けを免れた1回戦、「降板したときは、正直落ち込んだけどみんなが声を掛けて励ましてくれた」と大嶺はいう。3点を勝ち越した延長10回裏。中学の軟式野球「八重山ポニーズ」時代から2枚看板だった“戦友”金城長から「最後はお前が締めろ」と言われた大嶺。最後に再登板し、無失点で熱闘に終止符を打った。まったくいいところのなかった大嶺。その彼に対して檄とかそういうのでなく、一緒に勝利の輪に入って欲しいという心遣いをした金城長。大人な見方をしてしまえば、「粋」に感じずにはいられない投手心理をついた金城長の隠れた好プレーであるが、当の本人がそんな思いでいるわけがない。素でそう思っての行動だろうし、大嶺にとってその心遣いはきっと響いたはず。

いずれにせよ、大嶺は次のゲームから立ち直ると思う。球は来ていた。MAX151キロ。後は落ち着いて低めに投げるだけ。1回戦のカリは次から返す、そんな気持ちに大嶺がなっていたらとんでもない投球をするだろう。そして八重山商工を優勝候補筆頭に挙げたいのは、このきっかけがあったから。非常に楽しみである。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

従来、強打の帝京としてチーム作りされてきたが、今年のチームは「足」のチーム。春の大会まで打てないことに悩んだ結果、選手が導き出したのが「足」を使うこと。自分たちで生み出したものだけに、この武器は強い。元々アビリティは高い選手たち。今年はちょっと楽しみである。

投手の質

残念ながら試合を観ることができなかったので記録からの判断になるが、投手力は普通だろう。2年の大田が大型投手のようだが、ポイントは左腕の垣ヶ原だろう。守備は固いだけに彼がテンポよく試合を作れれば、強豪に対してもまったく遜色のないゲームができるのではないだろうか。前回全国優勝時の白木のように、大田が大化けしたら面白い

打線の質

機動力は評判の通り。それ以上にお家芸の強力打線としてのポテンシャルが怖い。本塁打が3本と例年に比較すれば物足りないが、むしろその方がいい。ポテンシャルが高いだけに足を絡めてつなぐ野球に徹すれば、投手としてはこれ以上の脅威はない。当人たちがどれだけ「足」を中心に攻撃を考え続けられるかが勝負の分かれ目、もし打つことに欲を出したら苦戦するだろう。

指導者の質

前田監督というとスパルタで厳しいだけの印象がある。ましてや野球学校として名高い帝京の監督。あまりいい印象を当初持っていなかった。

しかし前回優勝したときの男泣きを見て、非常に人間味あふれる人なんだなと思った記憶がある。

彼には、「自分だけの方法としての不動のものができて、はじめて優勝できる」という信念がある。蔦監督率いる池田高校と対戦した時、前田は蔦氏の人格に圧倒されたという。そして自分の野球を確立しなければ勝てないことを実感した。

行きついたところは、「高校野球の監督というのは、自分の野球理論、考え、思春期の男子の生理と心理について不動の哲学がないと勝てないと思うのですね。ひとつの流派を立てていないと通用しない」という境地である。

人まねや借りものでは通用しないのである。ひとつの流派を立てるところまで、独自の理論や哲学を持つことが必要なのである。

そして今年のチームは自分たちで「足」という信念を生み出した。そして帝京歴代でも弱い部類のチームが一戦ごとに成長した。監督の信念と選手の信念がマッチしたのが今年のチームであり、それが例年にない帝京高評価への元となっている。

選手個人としての無欲さ

足を強みにしたところが、もしかしたら帝京に大きく弾みをつけるかもしれない。守りもそうだが、攻めにも拠り所があると強い。センバツ優勝時の愛工大名電のように「バント」という拠り所、あれは攻められる方にしてみれば非常に嫌なものだった。強力な武器があればそこに対して一心になれる。そして今年の帝京は「足」。足にスランプはないという言葉があるとおり、足のパフォーマンスに調子の波はない。速いはずが遅かった、ということがないだけに、敵にとっては常に脅威になる。今年の傾向として点の取り合いが続く。伝統的に打撃はいいだけに、投手が1試合ごとに育ち、足でかき回し続けたら・・・。監督の経験値も含め、一気に優勝候補に躍り出るだろう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

地方大会を安泰で乗り切ってしまった、「夏」の経験の浅さ、それからなんぼ言っても田中しか投げてこなかった投手陣、そして昨年の林のような絶対的存在の不在、これらが駒苫不安材料である。それでも圧倒的な戦力であることに代わりはない。固くいくと誓った方針通り、不安材料がありながらも2番手として挙げておきたい。

投手の質

1回戦を見る限り、田中は昨年の方がよかった。球が高めに浮き、制球も悪く、マウンドでの姿も何となくだらしない。態度がなめている、というかもしかしたら天狗になっているのか。といっても宝刀のスライダーは健在で、あの球を高校生で打つのはかなり難しい。投手にとって拠り所になる球があるのは心強く、よって田中一人だったとしても、あのスライダーがために投手陣の質は高いといわざるを得ない。

また日程の利がある。他の優勝候補がいないブロックで2回戦から登場。徐々に上げていけるのは現在の田中にとって助かるスケジュールだろう。

打線の質

鷲谷ですら春にはメンバー落ちする分厚い選手層が強み。2連覇のチームにあって、割と若いときからゲームに出ているため経験も豊富。常に追われる立場で勝ち続けてきたという自負もあるだろう。決して強力打線とは言いがたいがソツがない印象が強い。ただ軸となる打者がいないのも事実。昨年の林のように、相手が震え上がるような選手が出てこなければ、意外と怖さはないもの。地方大会も万遍なく点を取ってきたようだが、爆発力は見られなかった。北照の植村のようないい投手には、案の定そのまま抑えられてしまう。良くも悪くも計算がついてしまうのが強みであり弱みか。


指導者の質

佐賀商が全国制覇した94年、香田はコーチとしてチームを支えていた。その経験は非常に大きいだろう。ましてやこの年の佐賀商が優勝するとは当の監督ですら思っていなかった。勝ち上がるとはどういうことか、佐賀商という1回戦勝てれば御の字のチームが勝ち上がっていく様子をコーチという立場から半ば冷静に見て、何が必要か実感できたのだろう。そうでなければ地区1回戦負けが常の駒大苫小牧をたった2年で甲子園出場までもってくるのは無理な話である。どうすれば選手のモチベーションが上がり、想像以上の力を発揮するのかを心得ているように思う。という点で、まだ30歳代ながら非常に目の肥えた監督といえる。

選手個人としての無欲さ

昨年の全国制覇後の部長の不祥事、そして今春を前にしての3年生部員の不祥事、世間は不祥事という壁から乗り越えた駒苫という印象をもつ。しかしながら、狭く見れば事件を起こしたのは選手の中からではない。つまり当事者意識は薄い。さらにマイナスの感情から勝ちたいという強い意識は生まれない。知る限りでは「よーし、やってやる!」とモチベーションが上がるようなエピソードは聞いていない。駒苫を評価するに当たっていまいちピンとこないのはそのせいである。ということでどうも優勝候補には推し切れない

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。