ほぼ日刊ベースボール

野球選手の熱い過去や意外な背景を主な切り口に、野球への熱い想いを綴ります。


テーマ:

石井弘寿




巨人に入団した辻内が歴代アマ最速左腕。それならプロ最速左腕は誰か。

それはメジャー入りを目指す石井弘寿である。




そんな石井が“プロ”と出合ったのは、東京学館高校(印旛郡酒々井町)時代。野球部の一年先輩に、後に横浜ベイスターズに入団した相川亮二捕手がいた。プロ球団から注目を集めた相川のもとには、数多くのスカウトが訪れた。ある日、相川めがけて素晴らしい球を投げる二年生ピッチャーがスカウトたちの目に留まった。それが石井弘寿だった。

PL学園の福留が注目された一九九五年のドラフト。「場合によれば指名はないかも」と冷めた気持ちでいた石井に届いた知らせは、“ヤクルト四位指名”。在京球団だったこともあり、石井は迷わず入団を決めた。




プロ一年目、石井は早くも一軍で十三試合に登板し一勝。防御率三・三八を記録し、高卒ルーキーとしては上々といっていいスタートを切った。しかし、続く二年目の登板はわずか一試合、三年目はひじの故障もあり登板はなし。四年目は二十五試合を投げるも未勝利で防御率六・二八という、不本意な成績を残す結果になった。


そんな彼に、野手転向が示唆されたのは、五年目のシーズン開幕前だった。バッティング練習とピッチング練習を並行して行うというつらい日々を送ることになったが、そんな逆境が、石井の心にある変化をもたらしたという。いわゆる「がけっぷち」の境地だろう。この1球に込める思いが石井を変えた。




ピッチャーとしての危機を迎えていた石井は、二〇〇〇年シーズンの開幕に向けて再び調子を取り戻していく

先輩選手の一言も石井を大いに励ました。二〇〇〇年のオープン戦も残り二試合というときになって、ようやく一軍のオープン戦に呼ばれた。ここで良い結果を出さなければ、石井の開幕一軍入りはなくなる。試合前のブルペンで、古田捕手が久しぶりに石井のボールを受けてくれた。

「投げ込みを終えると、“おお、ええ感じやん”って古田さんが言ってくれたんです。その言葉で自信が持てて、その日は良いピッチングができました」

 ぎりぎりで開幕一軍に滑り込んだ石井は、その年、百五十キロを超す速球と安定した制球力で四十五試合に登板。四勝、防御率三・三〇という好成績を残して、勝ち試合に不可欠なセットアッパーとして大きな信頼を得たのだった。




そしてその後、五十嵐とロケットボーイズを結成し、セットアッパーとしての地位を確立。今年は37セーブを上げ豪腕ストッパーとして活躍した。




そんな石井もいよいよメジャー挑戦。同じ剛球左腕ワグナーに似たその左腕が、メジャーの猛者たちをきりきり舞いにさせるのが楽しみである。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
藤井秀悟
 



各地区秋季大会も終わって、いよいよ来年のセンバツが楽しみになってきた。

春は投手力とはよく言ったもので、好投手の活躍が例年目に付く。そんな中、筆者にとって忘れられない選手がいる。




それはヤクルト・藤井秀悟。今でこそ球のキレで勝負するタイプの投手だが、当時は「伊予の怪腕」と呼ばれ、MAX144kmのストレートが武器の豪腕投手だった。震災後の95年春の甲子園、大会前から大会ナンバー1投手と騒がれたまだ見ぬ好投手に胸が躍った覚えがある。


大会が始まり、今治西の初戦は富山商。そこに現れた藤井には心底驚いた。投手体型とは程遠い、ずんぐりした体型、ローカットのストッキングゆえにさらに強調される太すぎるふくらはぎ、力感はあるが、想像とは違う姿に驚いた。




そしてプレイボール。全身をフルに使って投げる力投型のフォームから繰り出されるストレートは、球速はそれほどでもない印象で、ちょっと拍子抜けした。それでも完封勝利、2回戦も4-2で広島工を破り、続く神港学園戦、確か8回まで抑え勝利目前のところで藤井の左腕に異変が起こった。ブチッという音とともに筋断裂を起こしたのである。投げることがままならなくなった藤井はそのまま降板、この怪我が元で藤井の高校野球は幕を閉じた。




しかし本調子から遠いながらも3試合連続で二桁奪三振、強気に攻めるその姿勢は投手として非常に魅力的な選手だった。その身体から大学までの選手かと思ったが、怪我も克服し、キレで勝負する投手としてプロの世界で活躍していることはうれしい限りである。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


西本聖
 




現在30~40代の人はシュートと言えば、平松政次だと思う。伝家の宝刀カミソリシュートは弱小大洋にいながら200勝した事実を考えれば、相当な球であったことが予想される。




20代後半の人間にとっては、シュートと言えば、西本聖である。


巨人時代は江川との2本柱で活躍。ただ、そのプレースタイルは実に泥臭く、その練習量の多さは伝説になっている。人付き合いを一切断り、電車ではいつもつま先だけで立ち、ランニングでは他人以上の距離を走るためにグラウンドの一番外側を走り、集合練習が終わってからもただ1人練習を続ける、という徹底ぶりだったそうだ。




89年に中日のキャッチャー中尾孝義とトレードされ、西本は古巣巨人を相手に20勝したことは記憶に新しい。西本が中日の絶対的なエースに君臨したと同時に、トレードで巨人に入った中尾が平成の大エース斎藤正樹を育てたことは、なんとも皮肉である。




一般的に右投手のシュートはテレビではほとんど曲がっていることは確認できない。ただ、西本のシュートはありえないくらい曲がっていることがテレビでも確認できた。実は彼は被安打が多い。ただ勝ち星を重ねられたのは、シュートで内野ゴロに打ち取ることができたからである。そのためダブルプレーが実に多かった。




彼のシュートはもちろん凄いが、本当に凄いのは彼をささえた努力そのものである。ドラフト外で入団した選手が、あの天才江川と共に巨人のローテーションを守り、トレードされた後も年間20勝を上げ、椎間板ヘルニアからも復活した。その努力、精神力は賞賛に値あうると思う。あのシュートをもう一度見たい。




--------------------------------

松山商業高校から75年にドラフト外で巨人入り。1年目は1軍に上がれなかったものの、76年にイースタンリーグで最多勝を獲得して1軍昇格。77年に8勝5敗4セーブと先発・中継ぎでフル回転し、頭角を現した。80年に14勝を挙げてエースに成長。翌年には18勝12敗、防御率2.58の好成績で沢村賞を受賞している。巨人もリーグ優勝を果たし、日本ハムとの日本シリーズも4勝2敗で制した。このシリーズで2勝を挙げた西本はシリーズMVPに選ばれている。83年には5完封を含む15勝10敗という成績を残して巨人のリーグ優勝に大きく貢献している。87年にも8勝を挙げてチームのリーグ優勝に貢献した。しかし、もう1人のエース江川卓が引退していなくなった88年に不振に陥り、4勝に終わると89年、中尾孝義とのトレードで中日に移籍。いきなり20勝6敗、防御率2.44という自己最高の成績を残して最多勝を獲得した。カムバック賞も受賞し、最高勝率のタイトルも手にしている。中日でエースとして活躍していた1991年、椎間板ヘルニアで戦線離脱し、大手術を受ける。92年に復帰して勝利を挙げたものの、以前のような活躍はできず、93年にオリックスに移籍。オリックスでは先発として5勝を挙げる。しかし、西本は自ら自由契約を申請し、巨人のテストを受けて94年は巨人へ復帰。その年限りで現役を引退した。

沢村栄治のように足を高々と上げて投げ込む球は、絶妙にコントロールされて打者のバットの芯を外した。宝刀のシュートは、右打者の懐深くに鋭く食い込んでいく切れ味があった。また、守備にも定評があり、ゴールデングラブ賞の常連となった。


--------------------------------

通算成績(現役20年・実働18年):165勝128敗17S、防御率3.20、1239奪三振。最多勝1回(89)最高勝率1回(89)沢村賞1回(81)カムバック賞1回(89)ゴールデングラブ賞8回(79~85・89)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

門田博光




プロ野球選手はいつの時代も子供達の憧れの職業である。運動神経抜群、顔は男前であってほしい。現役選手なら、高橋由伸や新庄剛のような選手だ。そんな中、典型的ダメな日本のお父さんの様な風貌で、通産本塁打記録単独第3位、「中年の星」と言われる伝説のホームランバッターが存在した。その豪快なスイングは見た目のマイナス面を吹き飛ばすほどカッコよく、存在感があった。


あまり派手なことは好まず、頑固で融通が利かない選手で有名であった。中学~高校時代もそれほど注目を集めていたわけではない。ただボールを遠くへ飛ばすことの魅力にとりつかれ、それにこだわった選手であった。野球選手としては決して大きい方ではない。アキレス腱切断のアクシデントにも見舞われたこともあった。そんな中で、この記録とタイトルの数は血のにじむ努力を連想させる。




天理高校から社会人を経て70年にドラフト2位で南海ホークスに入団。2年目に素質を野村克也監督に認められて3番に座り、打率.300、31本塁打、120打点で打点王を獲得し、南海の中心打者となる。南海では野村の後継者としてコンスタントな活躍を見せる。しかし、10年目の79年2月のキャンプ練習中にアキレス腱断裂の大怪我を負い、3ヶ月の入院。その年のほとんどをリハビリに費やした。それでも、翌80年には自己最多の41本塁打を放って完全復活、翌81年には7月に月間16本塁打の日本記録を作って、シーズン44本塁打で初の本塁打王に輝いている。さらに83年には40本で2度目の本塁打王となる。40歳を迎えた88年には打率.311、44本塁打、125打点で2冠王に輝き、「不惑のアーチスト」「中年の星」と賞賛された。そして、89年にオリックスに移籍。89・90年に33・31本塁打と2年連続30本塁打以上を放っている。翌年は再び古巣のダイエーに戻って2年間プレーし、92年に目の衰えを理由に44歳で現役引退。




左打席で豪快にバットを力いっぱいボールに叩きつける打ち方は、常に本塁打を意識したフルスイングで、普通なら体力が衰える40代になっても豪快な本塁打を放ち続けた。40歳を超えてからの本塁打数が133本は奇跡に近い記録である。




通算成績:打率.289、567本塁打(歴代3位)、1678打点(歴代3位)、2566安打(歴代4位)、通算三振1520(歴代3位)、本塁打王3回(81・83・88)、打点王2回(71・88)、最高出塁率3回(81・87・88)、シーズンMVP1回(88)。ベストナイン7回(71・76・77・81・83・88・89)

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。