ほぼ日刊ベースボール

野球選手の熱い過去や意外な背景を主な切り口に、野球への熱い想いを綴ります。


テーマ:

姫路工

好投手が目白押しの兵庫大会を制したのはノーシードの姫路工。
全国通していちばんの番狂わせだったのではないか。

決勝の相手は選抜ベスト4の神戸国際大付属。5回戦では、選抜出場の育英、準々決勝では春の近畿地区大会を制した社、準決勝では昨夏準優勝の市尼崎と対戦。組み合わせが不運といえば不運だったかもしれない。

が、姫路工も5回戦で滝川二・地神秀人投手、準決勝で洲本・三谷頼弘投手の2人の好投手を打ち崩してきた。打撃のチームとしての評判が高いようである。

が、いちばんの注目は投手であろう。

サイドスローの畑井宏之投手は8試合で先発し、7試合を投げきった。与四死球計7個と抜群の制球力で相手打線を翻弄した。決勝では、神戸国際大付・大西正樹投手が制球に苦しむのとは対照的に、強力打線を相手にテンポ良く低めを攻め続けた。

11年前に出場した時のエース水谷選手も同じようなタイプだった。確かあの時は甲子園でベスト8まで勝ち上がった。

高校生で勝ち上がれる投手は、えてして制球力に長けている。おそらく今年の姫路工もベスト16には入るのではないだろうか。1回戦で打線が爆発したらベスト8は固いと思う。楽しみなチームである。

 応援のクリックお願いします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

湯本

茨城県ネタが続くが、今大会注目の投手に藤代高校・湯本五十六投手を挙げたい。

決勝まで6試合全て投げ抜いた訳だが、決勝の投球も素晴らしいものだった。外角低目で簡単にストライクを取る制球力、140キロ近くの伸びのあるストレート、そして特に左打者の膝元へ鋭く食い込むスライダー、高校生の投手としては非常に完成された感のある投手である。

驚くべきはそのスタミナ。この春に水戸短大付に1-12の完敗を喫してから、ストレートに威力をつけるためにウエイトをアップさせたというが、それでも6試合すべてというのは至難の業である。

彼の非常にいいところは、投球フォームに無理が無い。まったく力みの無い投球動作から、リリースの瞬間だけ力が入る、まさにお手本のような投球フォームなのである。常総学院を封じ込めたのもうなずけるが、地方大会レベルで彼を打ち込むのはまず無理であろう。

夏は総合力なわけで、打線の弱い藤代が甲子園を勝ち抜くのは難しい。が、湯本投手自身は1試合でも多く見たい投手であるのに間違いはない。ちょっと楽しみである。


 応援のクリックお願いします。

AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:

茨城県代表が藤代高校に決まった。

常総学院の持丸監督は、前藤代監督。
2年前の夏の甲子園は、勇退する木内監督率いる常総学院の優勝で幕を閉じた。

その後、常総学院の監督になったのが前藤代高校監督の持丸監督である。
今年の茨城大会準々決勝 常総学院 vs 藤代高校。

持丸監督にしてみれば、1年間だが指導した生徒達。
選手の特徴から癖はもちろんどういった性格なのかも当然知っている中での
戦いだったのでないかと思う。

藤代高校の3年生の中には、持丸監督を慕って藤代高校に進学してきた生徒達も数多くいると
思う。
その中で、持丸監督が常総学院の監督に就任したときは
少なからずショックを受けたのではないかと思う。
持丸監督も色々な葛藤があったと思うが
藤代高校の部員にしてみれば、当然「裏切られた」という気持ちも
芽生えて当然だったのではないかと思う。

その生徒達が、持丸監督を越えて甲子園に出場できたことは
藤代高校の現3年生の今後につながることだと思う。

もし持丸監督率いる常総学院に敗れたりしていたら・・・
どこかすっきりしない気持ちが残っていたかもしれない。

負けたことを誰かのせい、他人のせいにしやすい環境を作りそこに
逃げてしまったかもしれない。

高校野球は、あくまで『人物形成の場』と考えるならば
甲子園で力一杯戦い、勝っても、負けても次のステージに進めるように
悔いのない試合をしてほしい。

藤代高校には注目していきたい!


 応援のクリックお願いします。
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:

灼熱の夏に向けて
全国各地で熱戦が繰り広げられている中
徐々に出場校が決まってきている。

連続出場の強豪から初出場のチームなど様々な
顔をもつ高校が揃いつつある。

その中でも、懐かしい名前をよく目にする
佐賀商(8年ぶり13度目)
高陽東(9年ぶり2度目)
銚子商(10年ぶり12度目)
関西(10年ぶり6度目)

約10年前の甲子園を沸かしたチームである。
それぞれ高校名を見たときに、「えっ」という感覚を持った

自分が甲子園を生で見ていた時代から今年まで出場していないことに
驚きを感じた。

その当時、それぞれの高校に持っていたイメージ
佐賀商業-2年生エース峰を3年生が盛り立てるチームワークのチーム
高陽東-エース宗政を中心として打撃のチーム
銚子商業-超校高級スラッガー澤井を中心に添えたチーム選抜準優勝校
関西-鋭いカーブが持ち味の吉年率いる選抜ベスト4

選抜と夏の連続出場で、ポッと出のチームというより
強豪校というイメージがあった。

『栄枯盛衰』『群雄割拠』
どちらの名称がふさわしいかはわからないが、10年もすれば
全く違う勢力図になってしまう高校野球。

プロ注目の選手。
センス抜群の選手。
という個人に注目しながらも

甲子園での熱戦が
もしかしたら今後十年の出場校を
強豪校→甲子園常連校
甲子園常連校→強豪校
へと変化させる『きっかけ』になるかもしれないという
観ている側の勝手な想像を持ちながら今年の甲子園は注目してみていきたいと思う。

 応援のクリックお願いします。

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

大阪桐蔭・辻内が153キロ、12アウト中12奪三振ということで、登場早々周囲の度肝を抜いた。江夏二世の呼び声も高く、甲子園出場が期待される。しかし激戦区・大阪、順当に行けば大阪桐蔭だろうが、どうなるだろうか。変化球に課題があると聞くだけに「悪い時に悪いなりの投球が出来る」という好投手の条件を満たせていないような気がする。

左腕といえばカーブ、いいカーブを投げる左腕には好投手が多い。工藤など最たる例であろう。昔、ヤクルトにいた加藤というサウスポーも、大きく曲がり落ちるカーブ一本で巨人打線を翻弄していた。

そういった意味でいま一番と思われる選手がダイエー杉内である。
奪三振を除き、ほぼすべての成績が12球団トップ、この時代に1点台の防御率を継続しているのは圧巻である。ゆったりとしたフォームから切れのいいストレート、そして大きなカーブ、その2つを軸に制球よくまとめられたらちょっと打てそうにない。

鹿実時代、甲子園でもノーヒットノーランを達成、松坂世代のサウスポーでは同僚の和田毅と双璧を為す存在であろう。

実は鹿児島実業の杉内と、川内高校の木佐貫は、高校3年の夏に甲子園出場を賭けて鹿児島県大会決勝で投げ合っている。当時の新聞では木佐貫の方が取り扱いは大きかったと思う。実はその木佐貫、鹿児島実業へ進学する話があったらしい。もし木佐貫が鹿実だったら、もしかしたら当時の杉内の出番は少なく、当然甲子園の出番もなく、その先のプロの道もなかったかもしれない。

また杉内の母親は杉内がお腹の中にいるときに家を飛び出した。そんな家庭環境の中で、杉内は家族の将来が自分の肩にかかっていることをひしひしと感じ、プロを目指した。その背景が杉内の内省的な性格を生んだのかもしれない。結果、去年のベンチ殴打両手骨折事件にはつながってしまったのだろう。

そんな運と悲劇的な性格を持ち合わせた杉内。どこか不安定さが漂うが、実力は折り紙つき。今シーズンこのまま走って20勝を達成してもらいたい。


 応援のクリックお願いします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。