すた☆ぶろ

総合ホビーサークルS.T.A.R.S.の愉快()なメンバーが日常の活動、大会レポート、どーでもいい日常などを書いていきます。

このブログは「芝浦工業大学総合ホビーサークルS.T.A.R.S.」のブログです。
はじめての方はこちら→総合ホビーサークルS.T.A.R.S.とは?
サークルメンバーは常に募集しています。気軽にご参加ください。学外の方も大歓迎です。
教室はTwitterアカウントでお知らせしています。→@hobby_stars
Gメール→hobbystarstcg@gmail.com

テーマ:

こんにちは。

最近プリヤの魅力に気づいてしまったハヤトです。

 

先日19日同じサークルのメンバーと一緒にデュエマのcsに参加してきました。

なぜcs参加するだけなのにわざわざ香川まで行ったのかというと、シャドーアート制作で友人になった人がこのcsを運営していて、その人からシャドーアートの展示とついでにcs参加してみない?と声をかけられたのがきっかけでした。

かなり遠いので悩んだのですが、サークルの友人もcsに参加したいと言っていたのと、香川のうどんを食べたかったので行くことに決めました。

 

 

使用デッキ

今回自分が使用したデッキは赤黒ドルマゲドンです。

 

レジェンドcsという成績優良者しか参加できないcsに参加していた方が考案したコントロール型のドルマゲドンです。

実はcsの一週間くらい前までは5cドラゴンが好きなのでずっと練っていたのですが、何度考えてもドルマゲドンを使用したデッキに勝てる気がしなかったので、二番目によく使ってた赤黒ドルマゲドンを使おうと決めました。

その中でもビート寄りのコントロールよりもかなりコントロールに寄せたビートのほうが個人的に使いやすかったので、従来のドルマゲドンとは違うコントロールドルマゲドンにしました。

 

 

大会結果

1回戦:ゴエモンキーループ○

初戦は全く相手したことないループ系でした。

早期決着をしようと自分がサイコデッゾで殴ったら相手がオチャッピィを出してきて、エウルブッカの龍解に成功したので死んだと思っていたのですが、大した展開はされず盤面処理されただけで終わり。

それならと返しにサイコデッゾの合わせで手札と盤面を全部処理して何もできなくしたあとにゆっくり封印を剥がしていってドルマゲドン出して無事勝利。

 

 

2回戦:ゴエモンキーループ○

2回戦も超次元がリンク城とエウルブッカしかない時点で察していましたがゴエモンキーループ。

相手が事故していたのかトレジャーマップもジャスミンも打たないので有利展開に持っていけた気がしました。

そのあとまたエウルブッカの龍解されそうになって死ぬかと思いましたが、トップからデッドゾーンを引けたおかげで盤面処理して龍解阻止。

返しの相手ターンではループができないのかサンマッドを並べて全力で殴ってきましたがトリガーでコマンドが捲れたのでドルマゲドン開放で勝ち。

終わってから運営の友人からさっきの相手、来週行われる今年の全国大会の出場決定している人だよ、と教えられて震えました。

一本先取だとしても強豪プレイヤーに勝ててとても嬉しかったです。

 

 

3回戦:ゴエモンキーループ☓

相手の超次元がリンク城とエウルブッカな時点でもうこりごりでした。

エウルブッカの龍解はデッドゾーンで阻止できましたが、返しにループが発動してララバイ出し入れでライブラリアウト負け。

4ターン目できれいなループが決まったのでビートのしようもなく負けました。

これも終わったあとに友人から聞いたのですが、相手は既に優勝賞品のヴィルヘルムを二枚取りしているプレイヤーだったそうでこの負けも納得してしまいました。

 

 

4回戦:モルネク剣☓

ここにきてようやく違うデッキタイプと当たれました。

いまでも悩むんですが4ターン目時点で息切れが見える手札だったため4ターン目チャージスキップのヴェイダーで多色を引かなければサイコを出せるという状況だったのですが引いた二枚がどちらも多色でサイコを出せなくなり、テンポを失いました。

そのあとはだらだら封印はずしてトリガーでコマンドをだせばドルマゲドン開放からの勝ちの所まで来たのですが、トリガーが出てこず負け。

正直ものすごく悔しかったです。

 

 

 

結果

ダブルエリミネーションだったのでここで予選落ちになりました。

64位ラインのホネンビープロモが手に入ったので一応最低ラインを達成できたことに安心しました。

 

次回cs出る機会があれば自分の好きなデッキをもっと練って出たいと思いました。

次の環境はイーヴィルヒートとブラックサイコを始めとした理不尽パワーカードが軒並み殿堂行きになり、今までに活躍できなかった強デッキがまた復活しそうなのがとても楽しみです。

 

 

この機会にデュエマに復帰したい、遊んでみたいという方は是非、総合ホビーサークルstarsへ(ダイレクトマーケティング)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

やる相手がいないのにベイブレードにハマっているハヤトです。

 

先日11/18にポケットモンスターサンムーンが発売されました。

サンムーンはXYに次ぐ、約3年越しとなるポケットモンスターの新シリーズでこの日を待ちわびた人はとても多いと思います。

実際、自分も開店と同時に買おう(予約受取)とビッグカメラに早朝向かったのですが軽い人の列が形成されて驚きました。

都内では大行列ですごかったと話題にもなっていました。

 

 

さて今作サンムーンですが、先程殿堂入りすることができましたので、この場を借りて感想を書きたいと思います。

 

自分は基本的にゲームをクリアしたときはああよかったなとツイッターとかでつぶやいて終わったりするのですが、今作は今までのポケモンシリーズになかった良さが非常に多く、前例のない異なるストーリーのよさに感動しました。

その感動を多くの人に知ってもらいたいと思い、ここにまとめることにしました。

 

 

・豊富な出現ポケモン

今作は過去作も含めた多くの種類のポケモンが序盤の草むらから登場します。

昔のシリーズでお世話になっていたポケモンを捕まえてまた一緒に冒険する楽しさをより深く味わえるのは個人的にすごいいいと思いました。

また、昔から出てくる一部のポケモンもタイプや覚える技が変化して登場してくるので目新しさもあってポケモンとの出会いの新鮮さはストーリーの最後まで続きます。

 

 

・秘伝技撤廃

今作から空を飛ぶや波乗りと言った秘伝技が撤廃されて、そのかわりを担うライドポケモンといういつでもフィールドに呼べるポケモンが登場しました。

つまるところ、毎作手持ちに1,2匹入れていた秘伝要員というものが今作から必要なくなりました。

これは大きな改善だと個人的には思います。

無くなったと言っても、わざマシンとしては未だに存在はいるのでご安心を(秘伝技の中でもバトルで使う技は限られますが)。

 

 

 

 

・ストーリーのよさ

 

*****

ネタバレ注意です

*****

 

BWのストーリーはNがプラズマ団幹部に踊らされていてわちゃわちゃしてたら解決してアデクというよくわからんおっさんチャンピオンとの決戦、XYのストーリーはフラダリが理想とする世界を作ろうとして世界やばい、でもワチャワチャしてたら解決からのスワンバレーみたいなチャンピオンとの決戦。

 

個人的な前作2つのイメージはこんな感じのひどい印象しかありませんでした。

ポケモンシリーズは基本、バッジを集めながら悪党と対峙、ボスや伝説のポケモンとの決戦、最終決戦と言った大まかな段取りが決まっています。

 

ですが今回は大きく違います。

今作からストーリーのひとつの区切りとなるバッジ収集が撤廃されて、各島巡りと試練を通して成長するといったぼんやりとした目標になっています。ただその島巡りがよくできていて、その地域の中ボスポケモン、それをすべて倒すことで島のボスと戦えると言った新たな進行になっています。

最初は微妙じゃねと思ってたものの、中盤になる頃には何回も熱くなれいいじゃんこのシステムと感動してしまいました。

 

また、主人公が悪党と対峙するという前作からの筋書きもあるのですが、中盤で本当の悪党は正義の味方だったという事実が判明、それを悪党だと思っていた敵とともに戦うというテンプレですが熱くなるという展開になっています。

 

 

今作の伝説のポケモンは前作と違い敵対(ぼんやりとした関係)ではなく、明らかな主人公の味方です。

特筆すべき最後の捕獲イベントでは、このポケモンを手持ちに入れてエンディングを見たいという気持ちにさせれらる素晴らしいイベントとなっています。

この演出は今までのシリーズにはなく、特に感動的でした。

 

そして最後の四天王戦も今までにはない再び本気を出したとある人との対決、チャンピオン戦も今までにない衝撃の展開と最後まで驚きながら熱くなれました。

 

 

今作のストーリーはBWからのストーリーで飽々していた人たちも、びっくりするほどの完成度の高いストーリーとなっていて非常に満足しています。

ポケモンに触れていない人でもストーリーの完成度からRPGに近いものとして楽しめる良作品となっていると感じました。

 

 

 

 

・登場キャラの良さ

これも非常に良い点でした。

まずメインヒロインとなるリーリエがとてもかわいいです。

 

 

リーリエはストーリーの根幹となるキャラなので最後まで関わっていきます。

見た目が可愛いのはもちろんのことストーリーが進むに連れ変わろうと努力したり、主人公といい感じになったり、これまた今までのシリーズにないテイストのヒロインキャラとなっています。(そもそも今までのシリーズにヒロインキャラがいたかは怪しいですが)

こんなキャラポケモンらしくないといえばそこで片付けられてしまいますが、個人的にはかわいいキャラと終盤まで関わっていくポケモンもいいものだなと感じました。(ギャルゲーっぽい)

 

その他にも悪党のスカル団も小物感が今までにないゆるさを生み出してていい感じですし、グラジオという敵キャラも最後の最後でいい奴イベントを起こしたりしてかっこいいキャラだなと感じたりしました。

 

リーリエ以外にもアセロラやマオ、スイレンといったかわいい女の子もたくさん出てきてます。

ここまで可愛いキャラがたくさん出てくるシリーズがなかったので、新鮮さがありました。

こうして今の小学生たちは新たな扉を開いていくのかな、と思ったりもしました。

 

 

 

・BGMのよさが開始から終盤にかけてシリーズ随一

BGMは過去作品を踏襲しつつも南国、POPと言ったアレンジがされていててどこか聞き覚えのある、でも新しくていい曲と感じるものが多くありました。

自分は毎シリーズのなかでも必ず1つや2つほど好きになれないBGMがあるのですが今作はそれが全くなかったです。

 

BGMは人の好みで評価が大きく異なりますが、個人的には今作のBGMは全体的にいい曲だと思います。

特にスカル団の下っ端戦は今までの下っ端戦とは違うとてもかっこいい曲になっていたのが印象に残っています。

最後のチャンピオン戦もポケモンシリーズのOPをアレンジしたとても熱くなる曲となっています。

 

 

 

 

大まかに書いていきましたが感動した点は以上になります。

ムービーが多くてテンポが悪いと言った少し気になった点もありましたが、それを差し置いても非常にいい作品だと思います。

 

今までのシステム、制度を大きく変えるという新たなポケモンの取り組みは大成功、BW、XYという谷底を超えた新たなポケモンの始まりだと自分は感じました。

 

特にストーリーは今までとは違う熱さと感動があるのでポケモンシリーズをやったことがない人にもぜひともやってほしいです。

 

 以上になります。ありがとうございました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。
WIXXOS3期が意外と面白くて毎週楽しみにしているハヤトです。

先月10/22にデュエマで「輝けデュエデミー賞」という新パックが発売されました。

このパックは現在でも多くの場面で活躍する強力なカードや面白い効果を持った新カードが多数収録されています。
自分も2箱近く購入しましたが、収録内容が半分くらいもってていいものだったので剥くのもとても楽しかったです。
デュエマをこれから始めてみようと思う人や汎用を集めたいという人にはおすすめできますので是非買ってみて楽しんでください。

 

宣伝はこれくらいにして今回は新規のとあるカードを利用した最強のデッキを思いついてしまったので紹介しようと思います。

 


クイーンアマテラス


場に出たらデッキから6コスト以下のクリーチャーではないカードを使用できるという未来しか感じないカードです。
巷ではヘブンズゲートとかいろんなループ系のデッキに組みこむ、オールフォーワンでシンカイサーチャーと合わせて強いカードだすとか色々アイデアが出ています。

ですが自分はそんな難しいことを考える前にたった一つの答えにたどり着いてしまいました。

使うカードなんてこれ一択しかありえません。

 

 

 

 

ホーガン・ブラスター

 

デッキトップのカードのコストを踏み倒す最強ST呪文。

このカードでデッキにある最強カードを降臨させる意外ありえないですね。

しかし殿堂カードであるので一枚しか積めません…どうすれば…

今回紹介するアマテラスはその問題を解決するカードです。

 


龍素知新

 

墓地の7コスト以下の呪文を唱えてそのカードをデッキ下に戻すカードです。

単体で使う分には唱えたあと手札に回収できるスペルサイクリカが優先されがちですが今回はこのカードでなければならないのです。


最強ムーブ

ホーガン・ブラスターを打って最強カードを出す

クイーンアマテラスを出して龍素知新を唱えてホーガン・ブラスターを打ちながらデッキに

クイーンアマテラスを出してホーガン・ブラスターを打って最強カードを出す

クイーンアマテラスを出して龍素知新を唱えてホーガン・ブラスターを打ちながらデッキに

 


あのホーガン・ブラスターがループをしている…天才か…

 


パックを剥いていたらこんな電波を受信して、速攻でデッキを組みました。

 

 

このレシピは何回か回して迷走中ですのでまだ完成形ではないです。

 

最強カード達の一部を紹介します

勝利宣言鬼丸「覇」
効果:ゲームに勝利する
デュエマ=覇

 

偽りの名・ヴィルヘルム
踏み倒すと最強なカード筆頭。
クリーチャー破壊、ランデス、マナブエンジンと言った3つの役割を果たすというチカラしか感じないカード。

 

超絶奇跡 綺羅丸
出せば勝てる。強い。相棒だから抜けない。

 

界王類絶対目 ワルドブラッキオ
召喚時トリガー能力を無力化するワールドブレイカー。

雑に出して雑に盾を吹き飛ばして雑に勝とう。

 

「修羅」の頂 VAN・ベートーベン
刺さる相手には刺さる。大好きなカードなので抜けない。

 

偽りの名・モーツァルト
召喚時ドラゴン以外を吹き飛ばす。ホーガン・ブラスターから飛ばすと雑な強さが再確認できる。

 

偽りの名・ナンバーナイン
呪文を唱えるデッキを完封するカード。貴重な白の強カード。

 

ボルメテウス・サファイア・ドラゴン
SA持ちの盾3枚焼却カード。殿堂であり雑に強いから積むことを強いられている。

 

龍世界 ドラゴ大王
ドラゴン以外のカードを使うデッキを完封するカード。刺さるデッキに投げると勝手に死んでいく。

 

ミステリー・キューブ
ホーガン・ブラスターの親戚の殿堂カード。度々ホーガンの劣化と言うカードだが一概に劣化とも言えないよくわからないカード。
でもトップをめくるから実質ホーガン・ブラスター。

 

斬隠オロチ
覇を積極的に捲れるカード。守りにも使えるのが評価ポイント。

 

トップオブロマネスク
龍仙ロマネスク
場に出るとマナを伸ばす。捲れないなら素出しすればいいじゃない。

 

クイーンアマテラス
ホーガン・ブラスターと龍素知新を唱えるカード。メインエンジン。
魔天降臨を打つのも強いらしいけどそんなものは知らない。
男は黙ってホーガン・ブラスター

 

龍素記号Sr スペルサイクリカ
強い。ホーガン・ブラスターを雑に唱えて回収。
知新と役割がかぶるため1。

 

ドンドン吸い込むナウ
邪魔なカードをどかしたり、ホーガン・ブラスターを探しに行ったり、シールドからめくって防御札になったり。
幅広い仕事をする強カード。

 

欠点
シャフで5と宣言されたり、マグナムとかオリオティスを立てられたりすると基本的にドン吸いとかでどかしたりしない限りなにもできなくなる。
なんという欠陥構築なんだ
遅いデッキかつ最強カードに枚数を割いてトリガーが薄いためビートには弱いです。

でもマナ伸ばして覇出せばゲームに勝てるから些細な問題でしかないです。デュエマは簡単だった…


回してみた感想ですがすごい楽しいです。ただただそれだけです。
雑に出したヴィルヘルムでリソース差を圧倒的につけたり、覇出して勝ったり、サファイアで盾を吹き飛ばしたり。
相手に意味不明な理不尽を突きつけて勝てるデュエマは最高ですね。

以上です。

これがデュエルマスターズ!!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。