お茶っ子くらぶ

テーマ:

お茶っこくらぶ @追波川河川運動公園多目的広場集会所

私の参加するNGO、JIMNETでは、仮設住宅のサロン支援、お茶っこくらぶ を開始しました。
石巻の巻

お茶っこくらぶは、仮設住宅に住人がいる限り、住人が自ら続けていけるような息の長い「場」を作ることを目標としています。1つの集団としてのつながりや意識を持ち、健康で生活が出来るよう、文字、言葉、人とのふれあい、作業などを通して孤立を防ぎ、特に閉じこもりの危険の高い中高年男性を屋外へ誘い出すことを支援したいと思っています。これは、阪神大震災のときの教訓のようです。

今回は、追波川河川運動公園多目的広場にある仮設住宅の集会所で お茶っこくらぶ行いました。

いつでも好きなときに来てもらえるように、9時~17時まで開いています。

お名前・住所をお聞きし、血圧測定を行い、お茶っこ(お茶、コーヒー、紅茶、ハーブティーなど)をお出しし、ホットケーキやお菓子をつまみながらおしゃべりが始まります。

午前中は元ベテラン保健師さんの進行により、名前・自己紹介に始まり、体をほぐす体操、ゲームを混じえた健康教育。ゲームは「その人を色に例えると!」と、お互いの色の印象を伝えあいます。人の色って言われても難しいのですが、そこにいろんな理由が見え隠れしていて面白いです!
石巻の巻

合間には、以外や折り紙が好きな方が多く盛り上がりました。折り紙駒や、まり、色々折ってみたいと午前・午後の両方来てくださった方もいました。私の小学校のとき、良く3・6・12面体作ってたのがココで役立つとは!!

午後は、表札作り。こんな感じで、板にとのこ(細粒の木くず)で名前を書き、その後、バーナーで焼き目を付けるだけと、簡単に作ることが出来ます。作り出すと夢中になり、自宅の表札や親せきの分、会社の表札まで作っている方もいました。仮設住宅の作りは全部同じなので、そのお宅を表す表札はとても喜ばれました。
石巻の巻
石巻の巻


今回は、男性の来訪がなく引き出すことの難しさを実感しました。改善点や反省点はありますが何より、25人の方が来てくださり、笑顔であったことが良かったと思います。おじちゃんにはやっぱりパチンコか酒か、、、。

今後は、3カ所の仮設住宅のお茶っこくらぶを行っていきます!

小さな輪が、大きな輪につながりますように!!


AD




大川小学校近くの入釜谷地区。

津波は住宅地にはぎりぎり到達しなかったものの、しばらく孤立状態が続いた地区です。


ここに養鶏業を営むTさんのお宅があり、鶏舎のビニールハウスが流されました。
石巻の巻

ビニールハウスを再建し、震災後初めてお盆明けにひよこがやってきて、

さあこれからだ。という時に…
石巻の巻


Tさんのお話によれば、鶏舎を再建するための支援金はないとのこと。

漁師さんも同じように話していましたが、被災し仕事を再開する人々へ支援金が現在はないと知り驚きました。

私が募金した時は、そういった生活や仕事の再生に使ってほしいと思い募金したつもりでしたが、

必要としているところに行き届かないのかなと感じました。

AD

隙間!!

テーマ:

今回はNSとして石巻に戻りました。


介護保険が必要になったにも​関わらず、震災の影響で申請がおりるのが先になった人などに、訪​問看護・リハビリに加え草の根的援助、体調チェックや清拭、移送​、お話し相手、リハビリなど行ってます。


いわゆる隙間産業的なもの。

こうゆうのは法律に縛られにくいボランティアやNGOなどが活躍しやすい。フットワーク軽い。


市の保健師さんとも毎日連携して情報共有。この地域はかなり行き​届いていて、震災当初から注意の人をチェックし今も継続フォロー​中。田舎のコミュニティー力を実感。この体制作ったのがまたすご​い。


ニーズに応えられるってやりがいある!!!

AD

じゃーん

テーマ:
石巻の巻-__.JPG

ばんちゃんとサッカー本田選手のサイン


ばんちゃんは、被災した経験から
津波の恐ろしさと
命てんでんこを
伝承するために頑張ってます。

伝えるためならどこでも行くって!

それから、被災地や石巻を応援してくれる人がいなければ、ここまで立ち上がれなかったと『ありがとう』の言葉と笑顔をくれる現地の人です。

確信

テーマ:
ばんちゃんの夕べ以来、確信したことがある。

3.11 地震の後、連絡手段が寸断され、どうしようも無いなか、とにかく各避難所と思われるところを、なんの当ても無く、家族を探し回る日々。祈る日々。

ほとんどの人がそうだった。


その後は避難所生活が始まった。

避難所のリーダーさんは、
当初、人間の醜さはだいたい見た、辛いことも多かった。避難所内で、傷害事件もあったという。
水も食べ物もない。トイレも毛布もなく、寒くてしょうがない。

でも、
でも、避難所のみんなで助け合い、協力したこと。

各地から、みんなが集まって応援してくれたこと。

辛いこともあったけど、
嬉しいことの方が多かった。と。


被災者の方が利用する仮設のお風呂に入っている時、おばちゃんより、

あの家(1階が全壊)がぐちゃぐちゃで、
どうしようもなくて、住む気も生きる気も無かったとき、ボランティアが泥だしに来てくれた。たくさんの人が家の泥をすくい出してくれた。

泥がなくなった家を見て、もう一度頑張ろうと思えた。と。


全てに、人がいて、人が支えあって、人が繋がってる。絆。

確信した。

お金でも物でも無い、人とのつながりが笑顔や希望に繋がっている。

本当の意味はばんちゃんに話を聞いたり、震災後の生活、景色を見たりしなければわからないままだったと思う。

新たな価値感に確信をもった。

先ずは私の周りの人から!