テーマ:就活
2006-05-06 12:50:14

転職?

とうとう4月を超えてGW真っ最中です。

わたしはと言うと4月にめでたくとある会社に入社いたしまして初のお給料初の大型連休ということで
チマチマと時間を貪る日々を送っております。

入ってからは研修続きでまともに先輩や上司の方々とお話する機会がなく、こっちから出向いてお話しないと(偉そうな!)お会いする機会すらないといった状況で、今会社がどっち向きで何をやっているのか把握しきれていません。

まあ把握したところでペーペーの新入社員が何をできるわけでもないのですが。

さて会社にいざ入ってみて他の新入社員の方のお話を気いてみると、まだ何もやってないにも関わらず転職を考えている方が何名かいらっしゃってびっくりデス。
どこの職場でも通用するように、大型のプロジェクトに入る、もしくはツブシの利く部署に配属を狙う
と大まかにはこんな感じ。

これって具体的なようでなんとも曖昧な考えに聞こえます。
そもそもどこの職場でも通用する何らかの力てのは、どこの職場でも当たり前に行っていることとも取れますし、潰しが利く程度の実力ではスペシャリストではないとも言えそうです。

どういうのが身に付けたい理想的な実力かってのは、本人が何を目指すかによって大きく変わりそうなので、『潰しが利く』程度の志では身につけられるモノもその程度にしかならないような気がします。
やっぱり具体的に何になりたいのかといことは、あらかじめ自分の中で持っておいたほうがいいんじゃないかなと。むしろ就職してからよりも就職活動中にそういうことは大いに考えるべきだと思いますね。
私もそれなりに考えたものです。

就職活動中の皆さん(もう時期はずれかな?)は、手順はともかくそこを明確に出来てないと中々就職なんて難しいんじゃないでしょうか。でも今年度はどうも前年度以前の厳しさがないみたいなんで、難しく考えなくとも案外すんなりいくかもしれませんね。

まあおいらは今のとこ転職なんて考えられる余裕ありません!


AD
いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)
テーマ:就活
2006-03-17 12:20:52

他の国の就職状況

他の国でも就職活動は大変なようです。

「理由なく解雇」に仏各地で大学生ら24万人抗議活動 (YOMIURI ONLINE)

意外に、というより全く情報知らなかったんですが、フランスって若年層での失業率がすごいんですね。

日本はというと、
15~24歳失業率7.8%
25~34歳失業率5.2%

らしいです。 (労働力調査(速報)平成18年1月結果の概要  より)

多いのか少ないのか分かりませんが、
元記事にある”23%の高失業率に悩む若年層”と比較すると
えらく少ないといった感じでしょうか。

ここの資料 の下のほうで国別でトータルの失業率が比較されていますが(pdf注意!)
他の国比べるとNEETじゃなんじゃと騒いでる割には数字が低く、
特にヨーロッパの国と比べてなんだかマシに見えてきます。
(まあNEETの問題は数じゃなくてその性格にあるんですけど・・・。)

話は少しそれましたが、まあ2年でいきなり理由なしに解雇とか
そら抗議や立てこもりの一つや二つしたくもなりますわな。

仮に日本で同じような政策が実施されそうになったとしたら、
こんなに激しい抵抗が起こるんだろうかとか少し考えました。

自分なら面白くないと愚痴りつつ何もせずに日々過ごしてそうです。
こういうのが日本人気質って言うんですよね・・・。
う~ん。


人生戦略会議
ニート・フリーター革命 30歳へのスピード戦略―下流スパイラル脱出ミッション

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
テーマ:就活
2006-03-02 13:35:46

ニートが年収500万円の社員になる方法?

他ブログさんの記事紹介です。

無学歴、無職歴、無実力のニートが年収500万円の正社員になる方法  (分裂勘違い劇場 )

長いので簡単に要約すると、
バイトで滑り込んでサービス精神発揮しつつ知識と経験を積みましょうというお話。

そもそもニート働く気が無いからニートなわけで、これすらもニートには不可能な気がする・・・というのは無粋な突っ込みですな。

まあこういうのは知識産業な分野じゃなくても大学生がやるような普通のバイトでも通じる部分ありますよね。
のし上がる気があるならどんな場所だってそれなりにやりようはある。
ただ諸事情により入り込むのが難しいだけなんですよね・・・。

正攻法はダメってのは共感できますが、おいらみたいな中途半端な豊島には
正攻法でやるより他に手段が無いわけなのが痛いところです。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
テーマ:就活
2006-02-14 09:25:27

電機メーカの負け組み社員が質問に答えます

またしても他ブログさんの記事から。

電機メーカ負け組み社員が質問に答えます (京大生の就職活動 )

高学歴で大手電機に就職しても出世は運次第と言うお話。
大手電機メーカ目指してる方は一読の価値ありです。
会社に対してもそうですけど、自分もしっかりとした視野みたいなものを持ってないとだめなんですね。

どこも安心できる状況じゃないんだなあ・・・。
30までに身の振り方考えないといけないって話は年増にとっては身につまされるないようですね。

あと3年か・・・。

やべーなあ。

編集部
強い志望動機をつくる商品学入門 電機メーカー編〈2007年〉

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
テーマ:就活
2006-02-07 00:09:53

●人事課だけどなんか質問ある?

もう枕詞になりつつあるので久しぶりだウンダラカンダラは言いません。
今は修士論文締め切り間近ということもあり忙しくしています.

もう早くホント終わりたい・・・。

でそんな中なんで久しぶりにエントリーしたかと言うとちょっと面白い記事を見つけたからです.

●人事課だけどなんか質問ある?

知ってる人は知ってるニャー速 という
『馬鹿なことやについてものすごいハイテンションで語り合掲示板』
のまとめサイトをしてらっしゃるところです.

いつも楽しく拝見しております。

その中の一記事なんですが、
就活経験者や胡散臭い就活カウンセラーの言葉より内容のある書き込みがあり、
さすが人事課と思うほど。
就活諸君や特に年増な方々にはホント役に立ちそうなお言葉がヅラリです。ズラリか?

一読をお勧めいたします。

短いですが今日はこの辺で。



いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
テーマ:就活
2005-09-27 19:18:17

過去の自分にアドバイスするとしたら?

ものすごい久々エントリー。

そろそろ秋の気配も色濃くなりいよいよ年末な雰囲気を醸し出してきました。
今私は卒業論文に取り組んでいて忙しくしております。

就活が終わらなければもっと大変になっていただろうことを考えるともうガクブルもんです。

そろそろ内定式の時期がやってきました。
ココのところ就職活動というものから身を引いていたため、内定式などと言われても何かこうピンとこなかったのですが、
時期が近づくにつれ去年末以降から初夏まで続けてた
あのなんともいえない就職活動の空気を思い出します。

さて、ここ読んでくれてる人(いるのか?(笑))は就活中の自分に一言だけアドバイスするとしたら
どんなアドバイスを送りますか?


私が就活中のあの当時考えてたことと言えば、「年増なんて採用する企業なんてあるのか」とか「どこでもイイから引っかかってくれ!」といったことなどなどです。

今思えばホント浅はかだなーと思うことしきりです。

年増の焦りもあったのでしょうが、どこでもイイから引っかかってくれ!」的な気持ちで続けてたらホント負のスパイラルに陥り、やばかったと思います。
負のスパイラルというのは、
興味の無い(受かってもいく気の無い滑り止め的な)企業を受ける

いく気が無いので面接で突っ込まれても上手く返せない。

あぼーん

以下ループ

といったものです。
もうちょっと速いタイミングで冷静になれていれば、落としたあの面接ももっと上手くいけたかなーとか思ってしまいます。

ほんと周りの見えない状態になっているときは自分がそうだとは思いませんからね・・・。
ということで、もし過去の自分に一言アドバイスするなら「冷静になれ!」とか言ってたと思います。

でも冷静になれっって一言で言われてもなかなか難しいもんですよね・・。
次のエントリでそこらへんの事についても書いてみたいと思います。

では。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:就活
2005-05-16 10:59:33

占いで自己P?


今日は時期的にあれなのですが、自己PRとかで悩んだ時に私が採った方法の一つを紹介します。

自己PRとかどんな風に自分を表していいか、かなり悩んだ方なのですがそういう時は、「俺ってこんな人間のはずだ」と思いつく限りの理想像を箇条書きでも文章でもガンガン書き出していきました。

その後人に見てもらって添削してもらうのがベストなんですが、うまく人がつかまらない時や時間がない時なんかは占いサイトなんかを利用して、その結果を参考にしつつ書いたりしたこともありました。

占いサイトのいいところは、自分じゃ思いつかない表現や言葉を使って人物像や性格を表現してくれるところです。国語が苦手でボキャブラリーが貧困な私はそういう面で助かりました。
また、占いサイトは結果として”当らずとも遠からず”といった表現や”誰でも当てはまりそうな表現”をうまくその人なりにカスタマイズして表現してくれますし、また過去を軽く振り返る材料にもなったりと就活とは無縁そうでいて割と使えます。

私が利用したものの内いくつか紹介したいと思います。

他人鑑定
恋愛能力指数テスト

右脳派左脳派どっち
適性・適職診断
恋愛成績表
・エゴグラムの結果による性格診断(http://www.egogram-f.jp/seikaku/)
こころの翼


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
テーマ:就活
2005-05-12 14:19:04

留年生の心構え


昨日深夜に記事を書いててアップロードしようと思ったらメンテ中だそうで、直に入力欄に記事に書き込んでたものですから、一気に内容を消失してしまいました・・・。

オノレ!アメブロめ!

ということで、昨日書こうと思っていたことをぼちぼち思い出しながら書きます。

つーことでココ最近週活らしい話題が無かったと言うことで就活日記らしいものを書いてみたいと思います。

今日は就活のメンタル面で私が気をつけた事なんか書いてみたいと思います。
やはり多浪多留生にとって留年は自分にも他人にもなんとも引け目を感じてしまいがちです。私も一浪二留と言うこともあり就活当初は他に引け目を感じていて内心焦りまくっておりました。しかし、留年という負い目を感じていたまま自分を売り込んでも到底他人からは認めてもらえないと感じ、まず自分の留年に対する意識を変えようと試みてみました。

具体的にやったことは
1浪2留であることを研究室の先輩や同期、先生などに知らしめること
留年時代は博士前期過程の留年コースに在籍していたと思い込むこと

1つ目は、他に広く知ってもらうことで他の人に対して引け目を感じなくなりました。また知ってくれた上で周りからアドバイスや同情(苦笑)をいただけるので、「現役の奴らはいいよなー」なんてひがみ根性丸出しの発言も出なくなります(笑)。最初は自分が多留であることを言うことにかなり抵抗があったのですが、そこは根性出して乗り切りました。意外だったのは思ったほど周囲は浪人や留年と言うものに対してなんとも思ってないようです。

2つ目は、留年を留年と思い込まないことです。
他とは違って留年コースに在籍しそこでなんらかの学習をしていたの思い込みました。こう思い込むためには少し工夫が必要で、まず自分が留年時代にやっていたことや、やってみたいなと空想していたことなんかを書き出します。でそれを通して学んだことや得たことをどんな些細なことでもいいのでガンガン書いていきます。でその中で色々な要素を組み合わせたり、まとめたりして、確実に留年コースでコレは学習できたなと思えることをまとめます。たいしたことでないこともまとめて書いたりしました。
あとはそれに対して自分が自信を持つようにしました。

だいたい以上2つを実行したことであまり留年にコンプレックスを感じなくなりました。
面接などでの突破法としては、留年理由を聞かれてもまるで留年コースで力をいれたことについて留年を話すようにしました。
やってはいけないのは「後悔しています」や「反省しています」などの留年時代を否定するような発言をすること。コンプレックスなのがバレバレです。就活最初の方に一度これをやってしまい、ただでさえ空気の悪かった面接が更に不穏な空気に変貌し、ことさら厳しい質問を次々と頂くはめになりました・・・。

長々と書きましたがメンタル面で気をつけたことはだいたいコレくらいです。実際、あらゆる対策のなかで一番コレが重要だったのではないかと今では思っています。

他の多浪多留生の参考になれば幸いです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:就活
2005-05-01 23:13:54

必勝?就活本

昨日の記事で就活本の悪口しか書いてなかったので、今度は逆にいいと思ったものを紹介。
著者: キャリアデザインプロジェクト
タイトル: 内定勝者2006「私たちはこう言った!こう書いた!」合格実例集&セオリー エントリーシート、履歴書、面接、志望動機、自己PR

これは他の本と違って、何をアピールすればいいか、何を書けばいいか、がすっきり記述してあり、また例も豊富で面接やESの”見せ方”が良くわかり納得できます。

ESや面接で何で落とされているか分からないといった時に読むといいのかもしれません。
現役・年増問わず読んでおいて損はない本だと思います。

ただ方法論に陥りがちな部分もあったりするので、やはり”自分らしさ”みたいなのはしっかり持ってないと厳しいかもしれません。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:就活
2005-04-30 22:57:36

必勝!?就活本


昔から本を読むのが苦手で、小説なら活字にさえ慣れれば何とかなるんですが、「かしこく生きるための本」とか「いい女の条件」系の、余計なお世話且つ無駄に人の心理を揺さぶってくる本てのが内容的に大の苦手でして、そういう本が本屋に並んでいるのを見るたびに『なんで勝手に生き方を”かしこい”なんておかしな修飾詞つけてムリヤリ良し悪しの判断しようとしてるの?』とか『お前の価値観押しつけんじゃねーよ』みたいな妙な反発を覚えたりするわけですが、いわゆる一部の就活本てのも例に漏れず苦手な部類に入ってきます。

特にヤバイのが”本当の自分がわかる”とか書いてあるいわゆる自己分析系の就活本。
過去を顧みることはダメとは言いませんが、就活において必ずしも必要なことのように思われませんし、そういう内省的な作業を就活のセオリーみたいに書いてしまっていること自体に抵抗を覚えます。
そういう本に限って、自己分析自体も型にはまってしまって、本当に自己分析といえるのかどうか怪しいし、そもそもそれやってビジネスの世界に役に立つんかいなって感じです。

結論をいうと金出して買うもんじゃないです。

私も焦って色んな本買ってしまったのですが、今考えれば別に買わなくてもいけたなと思います。

ほんとあこぎな商売だなぁ。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。