みなさんこんばんわ。

ゲリラ豪雨の攻撃にもめげず、お元気でお過ごしでしょうか?

私はご機嫌に始めたウォーキング&ランニングで膝を故障してしまった不幸にもめげず、数年前に4日で挫折した、あの伝説の名作、

「ビリーズブートキャンプ」

に再挑戦しようと思っております!(爆)

数ヶ月後、皆さんに板チョコのように割れた腹筋をご披露できると思います。

乞うご期待!!

さて、本日のテーマ、なんか最近はやりの、商業主義に毒された出版物のタイトルみたいですね(苦笑)

※このブログで提案しているとおりに実行したからといって必ず結婚できるという保証はありません。
※この通りにやったことでかえって不快な思いをする可能性がありますが、苦情は受け付けませんw


これをご覧になっている方は既婚者の方が多いでしょうか。。。?

最近は価値観の多様化が進み、結婚しない人生を選択する人も増えています。
女性の社会進出が進み、経済力を持ったため男性に頼らなくても生きていけるという要素があるかもしれません。
また男性にとっても、生活家電の進化や生活関連サービスの普及・低価格化が進み、独身でも生活に不便を感じることがなくなったという要素があるかもしれません。


一方、婚活ブームの裏で、結婚したいのになかなかいい人に巡り会えない、という人も多いようです。

なぜ、

「結婚したいのに出来ない」

などと言うことが発生するのでしょうか。

東京都内の30代の女性のなんと半分が未婚だそうです。
このうち全てが望んで独身を選んでいるワケでは無いようです。

これは失業で言うところの非自発的失業ですよね。いうなれば非自発的未婚。


当事者にとっては切実で、笑い事ではありません。


これはあくまでも私見ですが(というかこのブログ自体が私見表明の場)、早い話が、

「結婚にとって選択肢が無限大である(と感じさせる)環境」

が一因であると思うのです。


インターネットで乱立する出会い系サイト、テレビで頻繁にCMを流す結婚紹介サービス、都内の至る所で繰り広げられるお見合いパーティー、婚活パーティ-。

そしてそれぞれが発信する成功事例の数々。。。。


私もその成功事例の一つに入れるに違いない。。。


そうです、商業主義、アメリカ型合理主義的資本主義(笑)の罠にまんまとはまってしまっているのです。


結婚相手に求める要素ってなんでしょうか。

・容姿
・性格
・職業
・年収
・学歴
・身長
・家柄
・賞罰(笑)

どれも程度が高い方が良いと感じてしまう、これが資本主義の罠です(そんな事は無いと反論されそうですが、以外と影響されてるかもしれませんよ^^)

でも、です。

結婚って、これから新しい家庭を作っていくんじゃないんですか?

いま「勝ち組」だからって、将来も勝ち組とは限りません。
身長が縮む事は無いにしても、容姿は衰えるだけで無く、3日で慣れ(飽き)ます(爆)

大切なのは、

「困難をともに乗り越えていく、人生観・価値観が共有できること」

ではないでしょうか。

おっと何かきれい事っぽい空気になってきました(苦笑)
当たり前すぎて拍子抜けしましたか?w

この、人生観・価値観が共有できる相手かどうか、ですが、

そんな1回や2回会っただけでわかりませんよね?
ましてや合コンで数時間酒飲んだだけの相手なんてなおさらです(笑)



ならば、どうするか。


既婚者のコミュニティに参加するのです。
既婚者の周りには、既婚者も多いですが、独身者の友人などもいます。


そして、友達同士や、同じ趣味で繋がっている仲間同士、定期的に交流をしている事が多いのです。


私の周りを見ても、この様に緩いコミュニティの中で関係を育んだ男女が幸せなゴールを迎えている確率が高いと感じます。

きっかけは、「友人の紹介」です。

友人の信頼関係を借りて、一気に距離を縮めます。一般的に人間関係を進展させるのに必要なプロセスのいくつかを省くことが出来ます。

こんなコミュニティに2、3かかわっていたら、その内意気投合する相手も出てくるでしょう。
出てこなかったら、そこは距離を置いて新しいコミュニティに参加する。

この繰り返しにより、出会うべき人に出会える確率が高まります!

これはマーケティングの手法でもあり、P-D-C-Aというマネジメントの手法でもあります!


いかがでしょう?

結婚したくても結婚できないと嘆いているあなた!
だまされたと思って試してみてはいかがですか?^^

えっ?おまえに何がわかる??

わかりますとも。

だって私、結婚は2回目ですから。

お後がよろしいようで♪<(_ _)>
AD

コメント(7)