ミニ四駆買取り専門! H.M.R.F 浜松鑑定団ホビー部ブログ

浜鑑ブログよりホビー部ブログが独立しました!ミニ四駆、プラモデルの最新入荷情報、買取情報はこちら!


テーマ:

皆さんこんばんは!浜鑑ホビー部です!


今日も店頭買取で素敵なマシン&パーツが入荷いたしました!





お売りいただいたお客様、本当にありがとうございます!

今後もばっちり買取強化していきますので今後とも


ミニ四駆買取は浜松鑑定団をご利用ください‼



しかし!


まだまだ数がたりません!本体、パーツともども買取をお待ちしておりますので、店頭及び通信買い取りをぜひご利用ください!


買取金額の情報はこちら!

http://e-hamakan.info/service/purchase/hobby/%e3%83%9f%e3%83%8b%e5%9b%9b%e9%a7%86%e8%b2%b7%e5%8f%96/


こちらのデータを参考に、「我こそは!」と思うレーサーの皆様、是非浜松鑑定団にお売りください!



さて。


6月5日はいよいよ公式レースですよ!


タミヤ公式戦:ステーションチャレンジROUND.1になります。

大会は当日午前10時半より受付開始、11時レーススタートとなります。


公式戦扱いとなりますので浜鑑の通常戦よりもレギュレーションは厳しくなります。使用電池やノーマルカーでのレギュレーションチェックは十分にご注意ください。


競技種目はジュニア、オープン、ノーマル、勝者にはすべてのクラスで「チケット進呈」(ノーマルカーチャレンジ勝者には「店舗推薦枠」チケットになります)です。皆様お誘いあわせの上、是非ご参加ください!


ノーマルカーチャレンジでのチケット獲得を目指しているお客様はレースレギュレーションをよくお読みになってご参加ください!




簡単に言うと、

①取説通りになってること。シールもちゃんと貼るべし!

②ボディに色を半分以上塗ったらシール貼らなくてもいいよ

③その他は一切ダメ

④電池は充電電池は使用不可、アルカリ、マンガンなら他社製ok

⑤マシンメンテナンスは大事!(ここ重要!レギュにも重要な一文が載ってるよ!)


てな感じです!


しかし、組み立てを丁寧に、メンテナンスをきっちりやれば、コースアウトしてしまうくらいスピードが出るノーマルカーチャレンジ、意外なほど奥が深いクラスとなっています。この機会にぜひ参加をご検討ください!


以上、浜鑑ホビー部でした!



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆さんこんばんは!浜鑑ホビー部です!


昨日は第42回「浜鑑ミニ四駆競技会」フライデーナイトトライアルが開催されました。

今大会が5月最後のラストレースで次回レースは6月5日、実はこの日が「ミニ四駆ステーショントライアル」になっています。そして事前にアナウンスした通り、6月のトライアルはこのコースをそのまま使うことになりますので、今大会はその前哨戦扱いとなり、非常に重要な大会となりました。その結果、今回は44名の選手、71エントリーを記録しました。有難うございました。


そしてナイトレースには必ず何かしでかす担当Tなのですが、事前アナウンス通り今回は何も行っていません。ただし、浜鑑の誇るお掃除スタッフによる入念なコース清掃のおかげで、かなりのグッドコンディション。






レース前のスナップ。ステージョンチャレンジ前哨戦だけあって、今回はいつにもましてマジモード。それでもナイトレース特有のふわっとした空気の中、和やかにレースが行われました。


オープンクラス

ナイトレースではいつもの通りジュニア混走となります。エントリーは担当含めて45名。

浜鑑サーキットはver6.0設営から数えて2カ月半経ってますからもう攻略ポイントは熟知しているようで、あとはどこまでスピードを追い求めるか?が焦点となります。ただし、前回の戦いで、あまりに速くし過ぎると完走できなくなることから、スピードを求めつつも今回の予選は皆さんかなり抑えて走っていた印象でした。ただし、これが予選2回目、3回目となっていくにつれて徐々にスピードアップ。予選3回目のアタックでは本選と比較しても全く引けを取らないマシン達ばかりで、全車予選通過にしてあげたかったほどです。一部のお客様からは「予選4回目~」という声が聞こえましたが、さすがに夜遅くなりすぎてしまうので、今回はなしで。


この時点で予選突破は31名。そして今回予選を通過した選手の9割がポイント獲得選手ばかりで、さすがにこのあたりは浜鑑サーキットをみっちり走りこんでいる選手ばかりでした。そしてその本戦ではさらにキビシイレース展開で準決勝へコマを進めることができた選手は「タツヤ」選手、「ソウタ」選手、「シュウスケ」選手、そして久々上位進出、ジュニアの帝王「ユウヤ」選手のいずれもポイントランカー。

準決勝では「タツヤ」選手と「ソウタ」選手の組み合わせと「シュウスケ」選手と「ユウヤ」選手の組み合わせでそれぞれの組みの勝者が決勝進出となります。


さすがに準決勝にコマを進めた選手達だけあって、どのマシンも驚速。ストレート、ジャンプからの着地、インフィールドのデジタルとすべてのポイントで失速感のない見事な走りを披露していました。しかし、今回決勝にコマを進めることができたのは「タツヤ」選手と「ユウヤ」選手。3位ですが「シュウスケ」選手がコースアウトしてしまったため「ソウタ」選手が3位確定となっています。


決勝ですが今回絶好調の「タツヤ」選手に対して久々登場の「ユウヤ」選手となり決勝戦はかなりピリッとした空気の中でレースがスタートしました。どちらも浜鑑レースでは超強豪のお二人、特に「ユウヤ」選手はナイトレースのオープンクラスでは勝率5()をマークしています。さぁ。結果は?!


今回のオープンクラス、優勝は「ユウヤ」選手!「俺の居場所はここだ!」といわんばかりの豪快なレース運びで2戦ぶりの優勝!「タツヤ」選手も信じられないようなハイペースでコースを周回していたのですが、完全復調の「ユウヤ」選手に惜しくも追いつく事ができませんでした。それでも今回の結果で次戦のチケット戦ではさらに素晴らしいマシンに仕上げてくることでしょう!期待していますよ~ッ!






今回のレースで「ユウヤ」選手は完全に復調したようですね。予選1回目、2回目ではコースアウトしてしまっていましたが予選3回目ではセッティングを煮詰め、そのまま本選を勝ち上がってきた実力はやはりすさまじいの一言。しかも、コース脇のピットでは算数ドリル的な教材がおいてあって「マジカ・・・?」と思いました。遊びと勉強の両立を高次元で実践しているのでしょうね。



ノーマルカーチャレンジ

今回のノーマルカーチャレンジは26名の選手が参加。ナイトレースでは多いほうですね。やはり、次戦のステーションチャレンジで優勝者には「店舗推薦枠」のチケットが出るだけあって、今からマシンを仕上げてみよう!と思われた選手が多かったのでしょうね。参加人数が増えて担当Tとしては非常にうれしい出来事でした。今回だけに限らず、ノーマルカーチャレンジ独特の楽しさに触れてもらって、さらに参加人数が増えていったら、と思います。


ただね?


ノーマルカーチャレンジも頻繁に参加している人のマシンってやっぱり経験の差があって何か違うんですよね。特にビックバンクで顕著にその差が出まして、「なんで坂のぼれるんだよ~~?!」って声がちょこっとだけ聞こえてきました。まぁ、そりゃそうなるよね。

担当Tの考えとしては、「マシンを大切に、しっかりメンテしてれば勝手に速くなるよ?」くらいしかないっすね~。レギュレーションをしっかり熟読してマシンと向き合ってみてください。まだまだやれることはあると思いますよ。


で。


現在のコースではマシンによる有利不利はほとんどなくなりました。まぁ、さすがにTYPE3とかになっちゃうと厳しいとは思いますが、現行生産品のシャーシであればそれぞれの長所短所を考えれば何とでもなっちゃうようです。ですので参加者の皆さんは本当に思い思いに好きなボディで参加しているのが印象です。

ですがやっぱりレースですのでコースアウトや勝敗があるわけで…。

予選突破者は全部で17名。さらに決勝にコマを進めたのは、チームキタムラより「シュウマ」選手、浜鑑レースでは常連様で、遠征戦など広く活躍をしている強豪「スッスー」選手、そしてここへ、コースマーシャルかっていただいている「カツノリ」選手(いつも本当にありがとうございます!)3名に決勝戦開催となりました。

ちなみ今回は全員がARシャーシでした。


さぁ、レーススタート!一斉にコースを駆けだす3台。そして一斉にコースアウトしていく3台!まさか、ほぼほぼ同一周回で全員がいなくなるとは思いませんでした…。さすがに「今回は全員リタイヤです」っていうわけにいかないのでリレース扱いで決勝をやり直しました。こうなってくるとマシンの素性の良さが勝負の分かれ目となってきます。


なぜかって?


ノーマルチャレンジではオープンクラスマシンよりも、スピードに対してはるかにモーター、電池による影響が大きいのです。しかし、電池もモーターもノーマルですので負担をかければあっという間にタレてきます。ということは、最後はマシンの組み立て方の丁寧さによる負担の少なさが勝敗を決するわけですね。さぁ、リレースの結果、勝ったのは?!


優勝は「シュウマ」選手が悲願の初優勝!これによってノーマルカーチャレンジ夜の部でもポイントリーダーの座を奪取して単独トップ!2位には「スッスー」選手、3位に「カツノリ」選手がランクインいたしました!












金メッキのド派手なZウイング。ボディがメッキというだけで後方スタートというハンデがありながらの優勝は見事!その両脇を赤、青の2台のフレイムアスチュートが固めるという、表彰台自体も非常に絵になる一コマ。それにしても「シュウマ」選手の勝った瞬間の「うぉっしゃーァッ!」という雄叫びが忘れられません。本当にうれしそうでした!



次回浜鑑ミニ四駆競技会は6/5日「タミヤ公式戦 ステーションチャレンジ」 午前1030より参加受付開始となります。 公式戦扱いとなりますので浜鑑の通常戦よりもレギュレーションは厳しくなります。使用電池やノーマルカーでのレギュレーションチェックは十分にご注意ください。競技種目はジュニア、オープン、ノーマル、勝者にはすべてのクラスで「チケット進呈」(ノーマルカーチャレンジ勝者には「店舗推薦枠」チケットになります)です。皆様お誘いあわせの上、是非ご参加ください!


浜鑑ミニ四駆競技会

皆さんも浜鑑ミニ四駆競技会に参加してみませんか?実際、レースを見てしまうとあまりのレベルの高さに尻込みしてしまうこともあるかと思いますが、まずはキットを組み立ててて走らせてみましょう。とても奥深い世界が待っています!レース参加も「ノーマルカーチャレンジ」ならばお金もかからず気軽に楽しめます!工具の貸し出しサービスも継続しておりますので買ったその場で組み立て走行が可能です。ご希望のお客様はお気軽にお声かけください!浜鑑ミニ四駆サーキットは24時間休みなし!いつでも走行が可能です!皆様のご来店、心よりお待ち申し上げます!








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆さんこんにちは!浜鑑ホビー部です!


ついに5月最終イベント「フライデーナイトトライアル」まで3時間をきりました。


6月5日にはステーションチャレンジが控えていますのでその前哨戦ともいえるイベントが今日のナイトレースになります。


参加をご検討の皆さん、準備は万全ですか?


現在の予定ではコース変更はありません。6月のステーションチャレンジもコースメンテナンスのみにとどめる予定ですので、今日のイベントでしっかりセッティングを煮詰めて本番に生かしてくださいね!


とはいってもナイトレースはしっかり年間ポイントランキングにも影響しますのでご注意ください!


さてそんな気になる6月のイベントスケジュール、発表です。


今回は静岡鑑定団でステーションチャレンジが控えていますのでそちらの日程もご紹介!




こうやって見るとイベント盛りだくさんですね!

この機会にぜひ他の鑑定団のレースに参加してみてはいかがでしょう?いい結果が出たら担当Tまでご一報ください。


以上、浜鑑ホビー部でした!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆さんこんばんは!浜鑑ホビー部です!


先日、久しぶりにミニ四駆の買取告知を出したのですが早くも効果が?_




店頭買取で珍しいミニ四駆が入荷いたしました!本当にありがとうございます!


しかし!


まだまだ数がたりません!本体、パーツともども買取をお待ちしておりますので、店頭及び通信買い取をぜひご利用ください!


また、本日、買取リストの更新を行いました!

買取金額の情報はこちら!

http://e-hamakan.info/service/purchase/hobby/%e3%83%9f%e3%83%8b%e5%9b%9b%e9%a7%86%e8%b2%b7%e5%8f%96/


こちらのデータを参考に、「我こそは!」と思うレーサーの皆様、是非浜松鑑定団にお売りください!



さて。


来週の金曜日にいよいよ5月のラストレース、「フライデーナイトトライアル」が開催されます。


こちらはいつも通りの展開です。ナイトレースなんで予選開催中ならば、途中参加が可能!お仕事帰りにぜひお立ち寄りください!ちなみに途中参加に関してなのですが、ちょっと知られてないようなのでお知らせ。


例えば予選3回目開催中に途中参加した場合でも、予選3回分走れます!


どうです?結構緩いでしょ?せっかく遊びに来てもらったんですから、心置きなく遊んで帰ってもらわないと浜鑑でレースをやる意味がありません!

ちょっと間に合わないからやめとくかー…と思っていたお客様、是非、遊びに来てくださいね!


そして


6月にはいよいよ公式レース、「ステーションチャレンジ」開幕となり、浜松鑑定団では


6/5に開催されます。


ツイッターでもご連絡していますが、今回の店舗推薦枠は「ノーマルカーチャレンジ」優勝者に進呈いたします!


そこで!


あらためて、ノーマルカーチャレンジのレギュレーションを告知します!



簡単に言うと、

①取説通りになってること。シールもちゃんと貼るべし!

②ボディに色を半分以上塗ったらシール貼らなくてもいいよ

③その他は一切ダメ

④電池は充電電池は使用不可、アルカリ、マンガンなら他社製ok


てな感じです!


しかし、組み立てを丁寧に、メンテナンスをきっちりやれば、コースアウトしてしまうくらいスピードが出るノーマルカーチャレンジ、意外なほど奥が深いクラスとなっています。この機会にぜひ参加をご検討ください!


以上、浜鑑ホビー部でした!




いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆さんこんばんは!浜鑑ホビー部です!


ブログタイトルには買取専門とはなってますが実はあまり買取情報載せてなかったんですよね…反省。


実は・・・


浜鑑のミニ四駆買取金額が大幅に変わっています!


これらはちゃんと印刷してチラシにしたいところなのですが・・・


量が多すぎてチラシというよりも、もはや冊子に近い状態に!


ブログにもリストを載せたいのですが・・・みなさん見たいですか?


お経のように部品名と金額がずらっと並ぶところ・・・。


担当T的には面白いかなとは思ったんですが


やっぱり見づらいわッ!(ネタとしてはありですが)


うーん(´・ω・`)




(`・ω・´)これだ!


てなわけで思いついたのが


浜松鑑定団ホームページ!


よくよく考えたら浜鑑ネット部の担当Kさんがつくってくれてたじゃん!あれをつかおう!



てなわけで・・・


こいつが浜鑑ホビー部の買い取りリストだッ!


http://e-hamakan.info/service/purchase/hobby/%e3%83%9f%e3%83%8b%e5%9b%9b%e9%a7%86%e8%b2%b7%e5%8f%96/


浜鑑はカードや写真の通信買取が有名ですが


ちゃんとミニ四駆もやってます!


おうちにあるレアキットやレアパーツ、さらには使わなくなった通常パーツ、浜鑑がドバッチリ買い取ります!


もちろん、届いたパーツは担当T、誠心誠意査定をいたします!

古いパーツなどは多少パッケージが汚れていたりしますが、多少のことは目をつぶりましょう!


また、パッケージに入っていないようなノーマルパーツの余った物もちゃーーんと査定いたしますよッ!



ミニ四駆買取「日本一」を目指して頑張りますので、ぜひ通信買取をご利用ください!もちろん、店頭持ち込みも大歓迎です!


以上浜鑑ホビー部でした!




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆さんこんばんは!浜鑑ホビー部です!


今日はホビーショー タミヤ編になります。ミニ四駆は初日で紹介いたしましたので今日はミニ四駆以外です!






























































以上タミヤ編でした!


さて、次回は今回のホビーショーで担当Tが特に気になったものをメーカーを超えてピックアップしていきます!おたのしみに!


以上浜鑑ホビー部でした!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆さんこんばんは!浜鑑ホビー部です!


本日は静岡ホビーショー、プラッツ編になります。






























































次回は一応最終回、タミヤ編です。おたのしみに!

以上浜鑑ホビー部でした!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


皆さんこんばんは!浜鑑ホビー部です!

今日はホビーショ見学アオシマ編をお送りいたします!
















































































































ここからはこのランボルギーニを組み立てたい方に送る、担当Tからのプレゼント。実車のデティール部分の写真です。細かい色分けや彫刻の再現にお使いください。

























次回はプラッツ、ファインモールド編をお届けします!

以上浜鑑ホビー部でした!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆さんこんばんは!浜鑑ホビー部です!

本日は第41回「浜鑑ミニ四駆競技会」が開催されました。

いつも通りであれば、M&Dとなるのですが前回のコース改修の結果、馬は走行困難な状態になってしまいまして・・・。というわけで今回はオープンクラスとノーマルカーチャレンジの2種目開催となりました。

今日はホビーショー最終日ということもあってさすがに今日ばかりは集まらないかなと思っていたのですがそんな予想を裏切り、参加者52人、総エントリー85を記録いたしました。浜鑑を選んで遊びに来ていただいたお客様に感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

後でお話を聞いたところ、なんと岐阜県から遠征に来ていていたお客様もいらっしゃったようでこれには本当にびっくりしてしまいました。レース後感想をお伺いしたところとても楽しんでもらえたようでして本当に何よりです。是非また遊びに来てくださいね!



大会開始前の風景。今日は午後2時からの大会開催。早い方は午前中からしっかり走りこんでいた方もいらっしゃったようです。





オープンクラス

浜鑑のオープンクラスもジュニア混走。いつも通りの内容です。しかし、マシンのスピードを見ていると過去にないほどのハイペース。現在の浜鑑サーキットVer6.1はインフィールド内に追加されたバンクによってさらに高速化しており、はっきり言ってコース内でmcやってるときはいつマシンがこっちに飛んでくるか、ひやひやしてましたw。ご存知の通り浜鑑サーキットのコース施設内は土足禁止となってまして、もしマシンが飛んで来たら靴下越しにマシンがぶつかるわけで…。ちょっとしたスリルを味わえます。


しかし、浜鑑サーキットを主戦場にしておられる方はただ速いだけのマシンを持ってくるはずがなく、安定性もばっちり!このあたりはさすがです。そんなオープンクラス、今回は52名の選手が参加しました。




気になるレース内容はというと今回は予選からとんでもないスピードでコースを疾走するマシンが続出し、予選から全く気の抜けないレースとなりました。そういえば、コースにあるタイム自慢、とうとう16秒台に突入していましたがはっきり言って今日のレースではこの16秒台を切るマシンが多かったのではないでしょうか?今までレース運営に携わってきてこれほどまでに速いマシンは正直見たことがありません。しかしスピードを出し過ぎてインフィールド突入前の上りスロープで飛んでいくマシンが多いこと多いこと…。スピードを稼ぐためにほとんどのマシンがノーブレーキでしたからね。やはりリスクが高かったようです。そんな予選もマシンスピードが速かったせいであっという間に終了、規定タイムをクリアしてエクストララウンド開催。しかしこれも早く終わってしまったため、さらにスーパーエクストララウンドを開催!浜鑑レースでは初の4回予選を経て決勝ラウンドが開催されました。



結果、39名の選手が予選を突破、本選へと進みます。それにしても決勝ラウンドに勝ち上がってきたマシンはどれも素晴らしいマシンばかりで、本当に目が追い付いていかなくなりました。浜鑑サーキットVer3の時よりもさらに高速化したver6.1。ここへ集まったマシンはどれもこれも超高速です。ただしここから勝ち上がってくるには速いマシン作りのほかにもいかに減速しないマシンを作るか、そのうえでどのようにして安定性を増やすかまで気を使っていかないと勝ち上がることが難しいレースとなりました。



そして決勝!決勝では「シュウスケ」選手と久々登場、帝王「ユウヤ」選手の一騎打ちとなりました!ちなみに3位ですがカズヤ」選手が「セキミヤ」選手を下し3位確定となっています。



決勝レース、スタート同時に一気にトップスピードまで持っていく2台。それにしても速い!これは会場が静まりましたね。それほどのスピードで2台がサーキットを駆けまわります。本当にどちらが勝ってもおかしくない、素晴らしいレースでしたがあいにく勝者は一人のみ。今回の勝者は…。


今季初優勝「シュウスケ」選手!そして2位には最近調子を崩していましたが、「ユウヤ」選手が見事復活!帝王の名に恥じないマシンで2位入賞です!






ノーマルカーチャレンジ


オープンクラスの興奮冷めやらぬ中、ノーマルカーチャレンジがスタートしました。今回の参加者は全部で34名。


このノーマルカーチャレンジ、本当に先が見えなくなってきてますね。というのもマシンの素性と組み立て方がモロにスピードに直結してしまうため、どれが有利、不利が全く分かりません。本当に些細なことを積み重ねることによってマシンスピードを稼いでいかなければならない、しかし早くしすぎると「飛ぶ」という、ある意味、オープンクラスよりもシビアなクラスになりつつあります。


そんなノーマルカーチャレンジですが決勝ラウンドは大混戦!20人の選手が勝ちあがりましたが、準々決勝からレースが大荒れの展開となり、決勝に進む2名を除いて他の選手はすべてCO、完走するか飛んでくかという両極端な結果で3位決定戦がトーナメント化してしまうという事態が発生。これは浜鑑レース始まって以来初めてじゃないですかね?これもノーマルカーで「限界」を目指した結果であり、ノーマルカーでも組み立て方次第でいくらでも速いミニ四駆ができることを証明してくれた、非常に有意義なレースになりました。



そんな3位決定戦トーナメントですが浜鑑ミニ四駆競技会、参加2回目にして3位入賞「アチラ」選手がランクイン!これは本当に素晴らしい結果、お見事です!


そして決勝はダービークラスの強豪「トシキ」選手とマシン作成だけでなく塗装技術も素晴らしい技巧派「タカオカ」選手の一騎打ちとなりました。



結果は「タカオカ」選手がCO!「トシキ」選手が見事優勝となりました。



それにしても今日の決勝レース、両者のアプローチが正反対で面白かったですね。タカオカ選手は鬼の驚速!トルクチューンかなんか積んでるんじゃないの?!っていうくらいのスピードを持っていて、完走していればもしかしたら周回遅れにできるのでは?というくらいのマシン完成度。たいして「トシキ」選手は浜鑑名物ビックバンクをぎりぎりのぼり切るスピードで完全に完走狙いの安全運転。両者の作戦の差がこれほどまでに出るレースも珍しい。しかし、今回はトシキ選手の作戦勝ちで幕を下ろしました。





次回レースは5/27日金曜日、フライデーナイトトライアルです!

18:30受付開始、19:00スタートです。またナイトレースは予選開催中ならば途中参加OK!

オープンクラス、ノーマルカーチャレンジの2クラス開催です!

浜鑑ミニ四駆競技会

皆さんも浜鑑ミニ四駆競技会に参加してみませんか?実際、レースを見てしまうとあまりのレベルの高さに尻込みしてしまうこともあるかと思いますが、まずはキットを組み立ててて走らせてみましょう。とても奥深い世界が待っています!レース参加も「ノーマルカーチャレンジ」ならばお金もかからず気軽に楽しめます!工具の貸し出しサービスも継続しておりますので買ったその場で組み立て走行が可能です。ご希望のお客様はお気軽にお声かけください!浜鑑ミニ四駆サーキットは24時間休みなし!いつでも走行が可能です!皆様のご来店、心よりお待ち申し上げます!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

そうそう!明日はミニ四駆イベントです!


午後2時から受付開始、オープンクラスとノーマルカーチャレンジです。


皆様お誘いあわせの上、ぜひ遊びに来てくださいね!


以上浜鑑ホビー部でした!


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。