ミニ四駆買取り専門! H.M.R.F 浜松鑑定団ホビー部ブログ

浜鑑ブログよりホビー部ブログが独立しました!ミニ四駆、プラモデルの最新入荷情報、買取情報はこちら!


テーマ:

皆さんこんばんは!浜鑑ホビー部です!


今日は重要なお知らせです!


本来でしたら明日はミニ四駆イベントで


「フライデーナイトトライアル」なのですが諸事情により


6/25日開催「サタデーナイトトライアル」に変更になっております。


皆様ご注意くださいね!




みなさんに追加情報です!


今週末は浜松鑑定団恒例、月末セール開催なのですが


今回はなんと


中古ミニ四駆本体、パーツ限定で


10%OFF!


最近、ミニ四駆パーツの買取が多くなってきておりまして改めてお客様に恩返しがいたいと思いまして特別セールを企画いたしました!


この機会にぜひお買い求めください!


以上、浜松鑑定団ホビー部でした!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

続いての連投。こんばんは!浜松鑑定団 ホビー部、担当Tです!



「最近サバゲーやんないよね」


本ッッッッッ当にすみません!ちょっといろいろとバタバタしておりまして、なかなかに日程やらなんやらが調整がつかなくてずるずると6月まで引っ張ってしまいましたが


今日は新たな情報をお知らせいたします。


じつは、なぜ今までサバゲーができてなかったかというとですね・・・。


新たなフィールドを模索していたからなのです!


そんなわけで新フィールドをちょこっとだけご紹介。











先日、ホビー部先遣隊による調査が実施されました。結構緑が濃くていい感じ!


まだ細かい情報をお教えすることはできないのですが・・・


とりあえず日程!


9月!


その他未定!


詳細情報が確定したり、予約ができるようになったら改めてご報告いたします。皆様お楽しみに!


以上浜鑑ホビー部でした!





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆さんこんばんは!浜松鑑定団 ホビー部、担当Tです。


先日のレースリポートにもありましたが改めてご連絡!


次回はナイトレース「フライデーナイトトライアル」なのですが・・・



スミマセン!諸事情により日程変更になりました。




625日、土曜日です。


「サタデーナイトトライアル」1830より受付開始です!


競技種目はオープン+ノーマルの2種目です!


皆様お誘いあわせの上、是非ご参加ください!


以上浜鑑ホビー部でした!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆さんこんにちは!浜松鑑定団 ホビー部です!

6/12に第44回「浜鑑ミニ四駆競技会」が開催されました。本日は特にチケットがかかっていない通常戦でのイベントになりますが、年間チャンピオンシップのポイントがかかっていますので1年を通して考えた場合、なかなかに大事なイベントとなっております。

今回の浜鑑ミニ四駆競技会は、参加人数53、総エントリー数78での大会規模になりました。浜鑑を選んで遊びに来ていただいたお客様には本当に感謝しております。集まっていただいた選手の皆様、本当にありがとうございました!






大会開始前のスナップ。練習走行に余念がない選手の皆様。

それもそのはず、今回のコースは日が浅いにもかかわらず「浜鑑史上最高難度」と謳われるVer7.0!以前と比較してほぼ2倍になったストレートセクション、浜鑑名物ビックバンクは40度からさらに角度アップの60度、そしてこれまた浜鑑名物となった上りスロープから1枚ストレートを通過してからの右コーナー、さらにはMAつぶしと悪評名高い2段ステップダウンスロープ、さらにはインフィールド最後にはドラゴンバックと続くインフィールドセクション。全く速度差が異なる二つのセクションをつなげたコースとなっており、マシンセッティングだけでなくレーサー達の作戦立案力まで試されるコースとなっています。



オープンクラス

浜鑑のオープンクラスはジュニア混成イベント!53名のレーサーが集いました。コース変更からまだあまり時間が経っていないのでコース攻略情報など全くできっていない中でのレースイベントですのでマシンセッティンは皆さん超慎重です。

事前のお客様のコメントでは完全に完走狙いで他が落ちるのをも待つしかないかな、というコメントが出てくるくらいでした。ですので予選では皆さんスピードを押さえているようでした。

というのも、特にビックバンク下りからインフィールド突入までの右コーナーが鬼門でスピードを殺したくても殺しきれず、(下り角度が強烈で嫌でも加速してしまう)かといってブレーキをかけるとバンクが登らないというジレンマにセッティングの方向性がなかなか見いだせず、各選手、かなり大変な思いでマシンを調整したようです。

そしてレースでもそれは顕著に出ていまして予選からコースアウトが頻発!

さすがに今回のレイアウトで、さらにコース変更から4日目のレースでは相当に厳しかったようです!それでも浜鑑常連様はやっぱり違いますね。予選3回目までにはしっかり調整をしていましたし、特に上位ポイントランカーの方はある程度のセッティングとスピードの見極めができていたようです。

そしてこの荒れたレース展開は決勝ラウンドまで続きます。

事件は準決勝ラウンドで発生しました。この準決勝ラウンドにコマを進めた選手は、「カミヤ」選手、「イズミザワ」選手、「ソウタ」選手「タチバナ」選手の各4名、2名ずつのタイマン勝負で決勝進出の2名を決める予定でした。


この準決勝レース、完走できたのは「イズミザワ」選手ただ一人!他の選手は全員がCOという大波乱。何と決勝を行うことなく優勝が決定するという珍事。ですが、これは運ではありません。当然マシン自体も素晴らしいのですが、なにより、このコース特性を誰よりも早く読み切ったということですからね。浜鑑サーキットVer7.0初制覇は「イズミザワ」選手となりました。お見事!

そして2位、3位決定戦は「カミヤ」選手、「ソウタ」選手、「タチバナ」選手とのバトルとなり、実力拮抗状態の3者ですのでまったく先の読めないレースだったのですが・・・今回の2位は2015ナイトレース最速王「タチバナ」選手が2位ゲット、3位に「カミヤ」選手、4位に「ソウタ」選手となりました。

今回のレースは本当に難しいコースでの入賞になります。その中での上位入賞は本当にすごいと思います。次戦はさらに高ポイント目指して頑張ってください。





浜鑑オリジナル企画、ノーマルカーチャレンジ!

本当に走れるんかこれ?!

レース開始前からこんな空気が漂います。実際オープンクラスのレースを見ているとそんなことを考えずにはいられません。予選や練習走行では何台ものマシンがコースアウトしていきます。

「レース成立するんかな…?」

そんな不安が頭をよぎりましたがその予感は的中することになります。

全参加者26、そのうち予選突破は12名。あれ?いつもと変わらないじゃん?普通だと思うでしょ?

今回のノーマルカーチャレンジ、実は予選を4回行っているんです。ここまで増やさないとレースが不成立になりそうでした。それほどまでにノーマルカーチャレンジでは厳しいコースレイアウトです。

そして予選開始のアナウンスをするたびにそこかしこで響くモーター音。これ、電池減らしてパワーを下げてるんですよね。それでもコースアウトしていきますし、予選を行うごとに坂を上り切れないマシンもちらほら出てまして、ちょっと厳しすぎたようです。

次戦ではバンクのストレートを抜くなどで対策しますね。

ちなみに現在のオススメマシンですがスーパー1やXXといったフロントにゴムローラーを装備しているマシンが安定です。

しかし決勝ラウンドではMA大不利といわれるコースでMAシャシーを使用したジュニア選手「ジュンタ」選手が大活躍!これには参加者皆さんが驚いてましたね。

二段ステップダウンヒルがあるとやっぱりMAってどうしてもひっくり返ってしまうのですがそんな様子は全く見せることなく、MAの持つスピードを生かして、それどころか、ノーマルMAとは思えないようなスピードでコースを周回、勝ち上がっていきます。MAって逆にもっとスピードを上げることで安定するのでしょうか?ちょっと試したくなりました。しかし「ジュンタ」選手も準決勝で惜しくもコースアウト、しかしコースアウトした場所がレーンチェンジでインフィールドエリアとは全く関係ない部分。ちょっとだけスピードが乗りすぎてしまったようです。次戦に期待!

決勝では「セキミヤ」選手と何とここであの帝王「ユウヤ」選手がここまで上り詰めてきました。「セキミヤ」選手はノーマルカー常連で上位ポイントランカー、対して「ユウヤ」選手ですが、ジュニア、オープンではポイントランカー&リーダーなのですが、実は今まであまりノーマルカー出場してなかったんですね。もしかしたらハットトリック、全クラス制覇を目指し始めたか?!今後の動向に期待です!

しかしノーマルカーチャレンジはやっぱり厳しいようで「セキミヤ」選手が過去レースの経験を生かし、見事なスピードと安定性で勝利をもぎ取りました。しかし「ユウヤ」選手も2位はお見事。

3位ですが準決勝ラウンドで「ジュンタ」選手がコースアウトしているため、同じく準決勝ラウンドで完走している「アチラ」選手が3位確定となっています。





次回はナイトレース「フライデーナイトトライアル」なのですが・・・

スミマセン!諸事情により日程変更になりました。

625日、土曜日です。「サタデーナイトトライアル」1830より受付開始です!

浜鑑ミニ四駆競技会

皆さんも浜鑑ミニ四駆競技会に参加してみませんか?実際、レースを見てしまうとあまりのレベルの高さに尻込みしてしまうこともあるかと思いますが、まずはキットを組み立ててて走らせてみましょう。とても奥深い世界が待っています!レース参加も「ノーマルカーチャレンジ」ならばお金もかからず気軽に楽しめます!工具の貸し出しサービスも継続しておりますので買ったその場で組み立て走行が可能です。ご希望のお客様はお気軽にお声かけください!浜鑑ミニ四駆サーキットは24時間休みなし!いつでも走行が可能です!皆様のご来店、心よりお待ち申し上げます!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆さんこんばんは!浜松鑑定団ホビー部です!


明日は浜鑑ミニ四駆競技会6月レースです!


新しくなったサーキットVer7.0での初レース!今日の夕方、サーキットを見に行ったところ、たくさんの熱心なお客様がセッティング作業にいそしんでおられました!




↑新しいサーキット。見た目以上に高難度。




実際、常連様に聞いたところ、


「今度のサーキットは難しい」


と口をそろえておっしゃられます。


浜鑑史上最難関コースを一番最初に制するのは誰なのか?!


浜鑑ミニ四駆競技会は明日の午後2時より受付開始です!


そして今日はもう一つ、買取情報!




ホビーショーで注目の的だった「頑張れ熊本 くまモンミニ四駆」がついに発売されました!

浜松鑑定団では発売を記念して


「頑張れ熊本 くまモンミニ四駆」買取強化イベント開催!


先着100台限定一台1000円買取です!


店頭買取&通信買取、どちらでもカウントいたします!この機会にぜひお売りください!


以上、浜松鑑定団ホビー部でした!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆さんおはようございます。浜松鑑定団 ホビー部です!


昨日、ミニ四駆サーキットの改修作業が行われ、Ver7.0へとアップデートされました。


お手伝いをしていただいたお客様には本当に感謝!ありがとうございます。

ちなみにサーキット設営後の走行テストで不具合が見つかりましていくつか微調整をしております。一番の変更点は


バンク角80度→60度へ


ここですかね。やはり3レーン用のバンクパーツ4連直結では角度がきついようでかなーり厳しかったのでここは60度まで角度を寝かせました。それでもVer6.1に比べて20度アップです。


また、ノーマルカーでも登れるようにバンク前のストレートはドラゴンバックを排除、スタートラインからバンクまではストレート2本とコーナー一か所のみでスピードが乗るようにしています。これにより、ノーマルカーでも登れました。


それではコースレビュー、行ってみましょう!


と、そのまえに・・・。


ここで注意事項です!


初めてVer7.0を走らせる方は、


ノーマルモーター、


もしくは使用済へたれ電池を使


にかくパワーを下げて走らせてください!



今回のサーキットはVer6.1のセッティングはほぼ使えない状態です。マシンを壊さないように安全運転から始めてください!

というのも今回のVer7.0のコンセプトは

①ジャパンカップのレイアウトを意識しつつ

②高速セクションとインフィールドセクションのスピードレンジの格差化

としていまして、図面を起こし設置、微調整をした結果


浜鑑サーキット過去最高難易度


を誇っております。あまりに難易度が高いため「デジタルカーブの設置」は完全に見送るレベルになっていしまい、さらにはノーマルカーチャレンジでの使用モーター制限を特例措置で一時撤廃しようかと本気で考えたくらいです。(最終的にノーマルでも登れることがわかったのでモーター制限はそのままになりました)


ただ、全く走れないというわけではなくて設置後、浜鑑常連様による試走ではきっちり走り切ってなおかついいタイムを出していられた方もいらっしゃいました。


始めて走行される方はくれぐれも注意してください。


ではコースレビューです!



スタートラインは今まで通り、右回りです。スタート直後、4枚のストレートと右カーブ、そして7枚のストレート。ストレートの長さも浜鑑サーキット過去最長です。




浜鑑名物ビックバンクがさらに成長。60度へと進化。しっかりメンテされたノーマルカーなら登れます。しかし、ここでの注意点はのぼりよりも下り。

異様にスピードが伸びる部分で、ここでスピードが出過ぎてしまうと・・・



次の上りから始まるインフィールドエリアで飛んでいきます。また下り2段でも着地後のストレートが一枚なのでマシンの安定性、着地後の振動吸収がキモになります。



立体交差を抜けた後はドラゴンバック、ストレート2枚を経て180度ターン、ウェーブをぬけてレーンチェンジ。マシンに大きな揺さぶりがあった直後のレーンチェンジですので不安定なマシンはここで大きく減速します。そしてこれで一周です。


さっそくこのレイアウトで週末はレースです!皆さんコース攻略を期待していますよ~!!!


以上、浜松鑑定団 ホビー部でした!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆さんこんばんは!浜鑑ホビー部です!



本日は第43回「浜鑑ミニ四駆競技会」が開催されました。また本日はチケットがかかったステーションチャレンジの第1戦目。今日はローズアリーナでもミニ四駆の大会があって、そちらもチケット戦だったとのことなのですが、あとでお客様から聞いたところ、静岡から遠征で来ていたお客様がいらっしゃったとのこと。目いっぱい楽しんで行ってもらってたらうれしいです。



そして今回は久しぶりのチケット戦。やはりチケットパワーはすさまじく、今回の浜鑑ミニ四駆競技会は、参加人数65、総エントリー数111での大会規模になりました。浜鑑を選んで遊びに来ていただいたお客様には本当に感謝しております。集まっていただいた選手の皆様、本当にありがとうございました!







大会開始前直前くらいのスナップ。練習走行に余念がない選手の皆様。



練習走行は当然マジモード。担当T、9時くらいに出勤したのですが、すでに常連さんによる作戦会議が開かれているし、いつもよりさらに気合が入っています。これはガチンコバトルの予感!



ジュニアクラス

ジュニアクラスは今回は13名による戦いとなりました。ジュニアに関してはご新規のお客様はなく、今回は顔見知りのメンバーでのバトル。ということはお互いの手の内やマシンスピード、実力などは熟知していますので、マシンセッティングのほかにも作戦面にも気を使わなければ上位進出の難しい頭脳戦となっていたようです。

事実、予選では皆さんかなりスピードを押さえていたようです。MCやっていても結構しゃべれましたしね。ですので、「あれ?浜鑑ジュニア勢ってこんなんだっけ・・・?」とちょっと???な感じになっていたのですがやっぱり予選通過を第一に考えていたようです。

そして本戦なのですがここからみんなエンジン全開!予選は一体何だったんや?!まるで別物のスピードでマシンがサーキットを駆け抜けます。



しかしここに魔物が住んでいました・・・。



浜鑑サーキットVer6.1、長く使ってきているのでそこかしこにゆがみが出ているんですよね。ですのでこれに気付かずスピードを出してしまうと・・・



そう!突如として始まったコースアウト祭り‼なんと本選トーナメントに進出した選手9名中6名がコースアウト!本選第2ヒート勝者「タクマ」選手と本選第3ヒート勝者「レオン」選手による決勝となりました。なお、予選第3ヒート2位の「トモヤ」選手がこの時点で3位確定しています。

そして決勝。「タクマ」選手と「レオン」選手による一騎打ちに勝負となり、ジュニアクラスは「レオン」選手が優勝、ジュニア選手による頭脳戦を見事制覇しました。「タクマ」選手が第2位をゲット。「タクマ」選手も安定した速さでコースを駆け抜けていましたが惜しくも敗れました。しかし「タクマ」選手、この後にさらにすごいことをやり遂げます。それは後述。








オープンクラス

浜鑑のオープンクラスはジュニア混成イベント!チケットがかかっていようがなんだろうが、このあたりは絶対ぶれないのが浜鑑クオリティ。だって、せっかく遊びに来てるんだからやっぱり走らせるようにしないとね。ってなわけでオープンクラスはジュニアを含めて61名による戦いとなりました。



しかし今日のような頭脳戦になるとジュニア勢にはかなり厳しいコンディションになることが予想されたのですがその予想を裏切り、なんとジュニアクラスレースで本戦へ出場した選手は全員がオープンクラスでも予選を突破!これには正直驚きました・・・。

しかし、オープンクラスでもジュニア戦に続き頭脳戦が展開されていたようで、やはり本選から各車スピードアップ。そこから勝ち上がっていくにのは相当に難しい状態でした。しかし準決勝あたりになってくると、あれた路面に合わせてばっちりセッティングを決め込んだマシン達によるスピードバトルが展開され、鬼のようなスピードでレースが展開していきます。このあたりから徐々に担当Tの仕事が少なくなってくるのですが、しゃべるのが難しいことに加え、マシンのスピードが速すぎていつどこへ飛んでいくかわからないという、非常にスリリングなレース展開ばかりでした。本当にどのレースも素晴らしいの一言につきます。

そして見どころは準決勝第2ヒート。ここまで勝ち進んだ選手は浜鑑ではおなじみの選手達ばかり。「スッスー」選手、「タカオカ」選手。そしてここへジュニア2位の「タクマ」選手が割って入る大健闘!そしてこのレースでは「スッスー」選手がまさかのコースアウト!そして勝ち上がったのは「タカオカ」選手でした。ただしここで「タクマ」選手が完走したため、オープンクラス3位が確定!ジュニアレースに続きダブル入賞を果たしました。お見事!



決勝では先ほどの「タカオカ」選手と「シュウスケ」選手による一騎打ちで勝敗が決するという、いやがうえにも盛り上がる展開で決勝戦がスタート。やはり決勝戦は見ているだけでも緊張しますね。実際に走る選手達は笑顔なんですが、周りで見ているギャラリーのほうが緊張した視線でコースを見つめます。



気になる決勝の結果は、「タカオカ」選手が見事トップゴール、「シュウスケ」選手2位という結果になりました。それにしても今日の決勝進出マシンは速かったなぁ・・・。







浜鑑オリジナル企画、ノーマルカーチャレンジ!

今回のノーマルでは店舗推薦枠チケットが出るため35名のエントリー。やっぱりチケットほしいんですねw。



ですが、浜鑑のノーマルカーチャレンジは・・・



そんなに甘くないですよぉ~ww



レギュレーションもそうですがやはりノーマルカーならではのマシン作りが必要で、この部分をしっかり把握して形にしていかないと、浜鑑ビックバンクの攻略はほぼ不可能になります。実際、常にノーマルに出ている選手と今回から参加の選手のマシンではバンクのスピードがまるで違います。組み立て方次第でこんなにも差が出るノーマルカーチャレンジ、本当に奥が深いです。ぜひチャレンジしてみてください。

しかし

やはり浜鑑を主戦場にしているお客様はレベルが高くてですね・・・

さすが!と思わせるようなマシンが出てくるわけです。久しぶりに「本当にこれノーマルかよ?!」と思わせるマシンが出てきて本当にびっくりです!

特に本戦準々決勝第2ヒート。驚速ノーマルカー使い「セキミヤ」選手とオープンクラス第2位の「シュウスケ」選手のバトルは本当にびっくりしました。普段から「セキミヤ」選手のノーマルカーはトンデモスピードを発揮するマシンなのですが祖のマシンをじりじりと引き離しにかかる「シュウスケ」選手のメタリック鮫。これには会場がどよめきました。しかしここで経験が出てくるんですね。あまり速くしてしまうと限界を超えるのも早い、ということを身をもって知っている「セキミヤ」選手が勝利しました。それにしても「シュウスケ」選手のマシンはヤバかったですね~・・・。これでノーマルカーならではのコツみたいなものを手に入れたら手が付けられなくなるんじゃないでしょうか?今後の活躍は大注目です!



決勝ではノーマルカーならではの波乱もありました。準決勝第1ヒート、先ほどご紹介の「セキミヤ」選手はポリッシュマスター(ピカールおじさん)「ナカノ」選手との組み合わせ。どちらが勝ってもおかしくないぎりぎりバトルが予想されたのですがなんと「セキミヤ」選手のマシンが逆走!そして接触!無条件リタイヤとなり、準決勝第2ヒート出場選手2名を加えて決勝戦へと繰り上がりました。その決勝は「ナカノ」選手、「シゲキ」選手、「イイダ」選手という、ノーマルカーチャレンジ大ベテランによる決勝レースとなりました。



どのマシンも素晴らしいスピードを披露してコースを疾走しますが、今回は「シゲキ」選手が今季初優勝!第2位に「イイダ」選手、第3位に「ナカノ」選手という着順となりました。特に「シゲキ」選手はポイントを大きく獲得したことでポイントランキングで単独2位まで浮上、トップまで2ポイント差まで詰め寄りました。今後の展開が非常に楽しみです!








そして今回の担当T的MVP



久しぶりのMVPのコーナー。今回は・・・コレだッ!!








うひょっほ~重雷装巡洋艦「木曾」!担当T以外に艦これ痛車を作ってきたお客様がいらっしゃいました!次回のナイトレース、是非ご参加ください。コラボしましょう!







次回は612日、「M&D」となります。・・・・・が!



緊急告知!



6/7午後からミニ四駆コースは全面改修、Ver7.0となります!午後3時より解体を開始しますので、それより以降、改修完了まで走行ができませんのでご注意ください!

ちなみに次回コースではジャパンカップの「アレ」を模したものを設置します。こうご期待!







浜鑑ミニ四駆競技会

皆さんも浜鑑ミニ四駆競技会に参加してみませんか?実際、レースを見てしまうとあまりのレベルの高さに尻込みしてしまうこともあるかと思いますが、まずはキットを組み立ててて走らせてみましょう。とても奥深い世界が待っています!レース参加も「ノーマルカーチャレンジ」ならばお金もかからず気軽に楽しめます!工具の貸し出しサービスも継続しておりますので買ったその場で組み立て走行が可能です。ご希望のお客様はお気軽にお声かけください!浜鑑ミニ四駆サーキットは24時間休みなし!いつでも走行が可能です!皆様のご来店、心よりお待ち申し上げます!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は連投です!


ミニ四駆レーサーのみんな。


待たせたな!


6月5日はいよいよ公式レースですよ!


タミヤ公式戦:ステーションチャレンジROUND.1になります。

大会は当日午前10時半より受付開始、11時レーススタートとなります。


公式戦扱いとなりますので浜鑑の通常戦よりもレギュレーションは厳しくなります。使用電池やノーマルカーでのレギュレーションチェックは十分にご注意ください。


特に!


タミヤの公式ルール、よく読んでおいてくださいね。浜鑑レースでも多いのですが、トップゴールを決めていても、

ゴールラインを割る前にマシンを触ってしまいリタイヤとなる選手が多いです!

この部分は特に注意してくださいね!


競技種目はジュニア、オープン、ノーマル、勝者にはすべてのクラスで「チケット進呈」(ノーマルカーチャレンジ勝者には「店舗推薦枠」チケットになります)です。皆様お誘いあわせの上、是非ご参加ください!


ノーマルカーチャレンジでのチケット獲得を目指しているお客様はレースレギュレーションをよくお読みになってご参加ください!




簡単に言うと、

①取説通りになってること。シールもちゃんと貼るべし!

②ボディに色を半分以上塗ったらシール貼らなくてもいいよ

③その他は一切ダメ

④電池は充電電池は使用不可、アルカリ、マンガンなら他社製ok

⑤マシンメンテナンスは大事!(ここ重要!レギュにも重要な一文が載ってるよ!)


てな感じです!


組み立てを丁寧に、メンテナンスをきっちりやれば、コースアウトしてしまうくらいスピードが出るノーマルカーチャレンジ、意外なほど奥が深いクラスとなっています。この機会にぜひ参加をご検討ください!


以上、浜鑑ホビー部でした!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆さんこんばんは!浜鑑ホビー部です!


先日、ミニ四駆の買取情報をアップしました。いろいろご質問が多く来ていまして大変うれしい限りです!


本当にありがとうございます!


しかしながら、いちいちネットにつなげないと今のチラシって見れないので・・・




こーんな感じにしてみました!





全部の合体版を作ろうと思ったのですが、就職情報誌並みの厚みになってしまいましたので、ポケットのたくさんある棚を持ってきてそれぞれ分割した状態にしておいてあります。これなら興味のある部分だけ持っていけますね!


ちなみいくつか金額設定が変わっていますのでご注意ください。それとFRP,カーボンなども在庫量を見て価格調整中です。こちらも近日公開予定です!


ミニ四駆を売るなら浜松鑑定団をぜひご利用ください!


以上浜鑑ホビー部でした!



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆さんこんばんは!浜鑑ホビー部です!


今日も店頭買取で素敵なマシン&パーツが入荷いたしました!





お売りいただいたお客様、本当にありがとうございます!

今後もばっちり買取強化していきますので今後とも


ミニ四駆買取は浜松鑑定団をご利用ください‼



しかし!


まだまだ数がたりません!本体、パーツともども買取をお待ちしておりますので、店頭及び通信買い取りをぜひご利用ください!


買取金額の情報はこちら!

http://e-hamakan.info/service/purchase/hobby/%e3%83%9f%e3%83%8b%e5%9b%9b%e9%a7%86%e8%b2%b7%e5%8f%96/


こちらのデータを参考に、「我こそは!」と思うレーサーの皆様、是非浜松鑑定団にお売りください!



さて。


6月5日はいよいよ公式レースですよ!


タミヤ公式戦:ステーションチャレンジROUND.1になります。

大会は当日午前10時半より受付開始、11時レーススタートとなります。


公式戦扱いとなりますので浜鑑の通常戦よりもレギュレーションは厳しくなります。使用電池やノーマルカーでのレギュレーションチェックは十分にご注意ください。


競技種目はジュニア、オープン、ノーマル、勝者にはすべてのクラスで「チケット進呈」(ノーマルカーチャレンジ勝者には「店舗推薦枠」チケットになります)です。皆様お誘いあわせの上、是非ご参加ください!


ノーマルカーチャレンジでのチケット獲得を目指しているお客様はレースレギュレーションをよくお読みになってご参加ください!




簡単に言うと、

①取説通りになってること。シールもちゃんと貼るべし!

②ボディに色を半分以上塗ったらシール貼らなくてもいいよ

③その他は一切ダメ

④電池は充電電池は使用不可、アルカリ、マンガンなら他社製ok

⑤マシンメンテナンスは大事!(ここ重要!レギュにも重要な一文が載ってるよ!)


てな感じです!


しかし、組み立てを丁寧に、メンテナンスをきっちりやれば、コースアウトしてしまうくらいスピードが出るノーマルカーチャレンジ、意外なほど奥が深いクラスとなっています。この機会にぜひ参加をご検討ください!


以上、浜鑑ホビー部でした!



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。