荒井聡国家戦略・消費者担当相の政治団体が事務所実態のない都内の知人宅を「主たる事務所」として総務省に届け出ていたとされる問題。荒井氏は9日午後、東京・霞が関の内閣府で新旧大臣の「挨拶式」で職員に訓辞したが、問題については語らなかった。

 荒井氏は、菅直人首相の「政治主導とは官僚の排除ではない」との話をひきながら、「みなさんと一緒に、活力ある成長と消費者が安心して暮らせる日本をつくるため、頑張っていこうではありませんか」と呼びかけた。あいさつ終了後は、無言で足早に立ち去った。

 荒井氏は9日未明の初の閣議後会見で、政治とカネの問題について、「入るお金がちゃんと計上されているか、出ているお金が適正に使われているかどうか、偽りがないかが一番大事ではないかと思う」と述べていた。

【関連記事】
荒井氏の事務所費問題「罷免に値する」 野党、一斉に批判 
仙谷官房長官、公務員改革は「放り出し」
仙谷官房長官、公務員改革の熱意どこへ…大言壮語“放りだし”
野党4党が「政治とカネ」集中審議要求で一致
「政治とカネ」の小林議員にヤジ 「菅さん頑張って」と石川議員
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

<菅首相>小沢氏辞任で「けじめ」 政倫審に慎重(毎日新聞)
<中国大使>丹羽氏起用で調整 伊藤忠商事相談役(毎日新聞)
在宅サービスの充実を強調―再任会見で長妻厚労相(医療介護CBニュース)
新幹線点検基地の地図見返り、パー券購入を依頼(読売新聞)
結婚、新居……成人した子どもを支援したことはありますか(Business Media 誠)
AD