時事通信社の政治部記者だった森田一樹さん(当時36歳)が糖尿病の急激な悪化で死亡したのは過労のためとして、父一久さん(79)=岡山市=が国に労災認定を求めた訴訟の判決で、東京地裁(渡辺弘裁判長)は15日、「発症に業務起因性はない」として請求を棄却した。

 渡辺裁判長は、死亡前6カ月の時間外労働が月平均約134時間だったことなどから「精神的・身体的に著しく負荷の大きい仕事だった」と指摘した。一方で「糖尿病の急激な悪化とストレスの関係に、確立した医学的知見があるとは言えない」とし、因果関係を否定した。

 森田さんは84年入社。政治部首相官邸記者クラブ担当だった97年6月、腹痛や吐き気などを訴えて入院し、2日後に亡くなった。一久さんは99年に労災認定を申請したが却下された。

 判決後に会見した一久さんは「無念、残念でたまらない」と話した。【和田武士】

 ▽時事通信社社長室の話 国の処分を巡る判断でコメントは差し控える。社員の健康管理に十分気を配るよう努める。

【関連ニュース】
公務災害:教諭自殺の背景 生徒の暴力認定 大阪地裁
公務災害認定訴訟:「生徒暴力で教師自殺」認定--大阪地裁判決
公設派遣村:24歳男性、定時制入学 「最悪の人生変える」
働くナビ:働くことと自殺の関連性が、改めてクローズアップされています。
働くナビ:労働相談の受け手向けに、マニュアルができました。

<上関原発>反対派の島民 妨害禁止決定で広島高裁に抗告(毎日新聞)
西山元記者「超完勝だ」=判決に拍手-沖縄密約訴訟原告(時事通信)
「玻」は名前に使えず 両親の特別抗告を棄却 最高裁(産経新聞)
談志さんが高座に復帰=東京(時事通信)
川崎のマンションで火災、1人死亡2人重体(読売新聞)
AD