竹酢液とは

テーマ:

竹酢液(ちくさくえき)とは、 を蒸し焼きにして炭化 するときに煙突から出る排気ガスを採取し、それを冷却することで液化させ収集したもの。木酢液 の類型のひとつ。


竹酢液を作るときに竹炭 を焼く窯の温度は、一般的に100℃~400℃程度までで焼くものが良いとされる。100℃以上で集めると黄褐色の液体が採取され、その中には200種類以上のポリフェノール 類や酢酸蟻酸アルコール 類などの化学物質が含まれている。400℃を超えると比重の重いタール 分が出てくる。


竹酢液の効果については現在研究が進められており、消臭や殺菌・防菌・防虫効果などがあるとされる。水虫やアトピーにも効いたという報告もあるが、逆効果だったという報告もある。科学的に検証されていない点もあり、体質も関係するだろうと予測される。


天然ミネラルを含む130種類以上もの有益な成分から構成され、殺虫・殺菌効果の高いフェノール・クレゾールを豊富に含有し、ポリフェノール(ワインに含まれる成分で、かゆみの元となるヒスタミンの放出を抑える作用がある)を含むため、抗酸化作用も期待されています。
竹酢液が消毒・殺菌・消炎作用の強い液体であることは、古くから知られていますが、細菌・カビに対しても非常に効力があるとされています。


竹酢液には炭素粒子が多く含まれているため、皮膚を若返らせる効果があります。アトピーや水虫、乾燥性皮膚炎などに効果があるほか、美肌成分として化粧品の素材としても利用されています。


酢液には腸管内の善玉菌を増やす効能があり、腸内細菌のバランスを整えて腸の健康に役立つことが分かっています。免疫力の向上および疲労回復も期待できます。


竹酢液は、まず、頭皮の皮脂を増やすマラセチア真菌などを殺菌する効果があるため、頭皮の健康を維持する効能が期待できます。


また、男性の場合や季節が夏など暑い日の場合、アルカリ性に傾きやすい皮膚が雑菌の繁殖の原因となり、これが頭皮においては脱毛を促進させてしまいます。しかし、竹酢液をリンス代わりに用いることで、アルカリ性の皮膚を弱酸性にする効果があります。


石鹸シャンプーを行う人は、石鹸によるアルカリ性の中和のためにクエン酸 リンスを普通使いますが、こちらの竹酢液を使ってもかまいません。


また、竹酢液は角質を柔らかくする効果があるため、古い角質が剥がれずに毛穴を塞ぎ脱毛の原因となる恐れを無くすことができます。


北九州市森林組合

http://homepage3.nifty.com/kitakyu-shinrin/products.html


竹酢液っていろいろ効果があるんです。

人に使う ワンちゃんに使う 

ネコちゃんに使う いろいろ使えます。

AD

佐賀シェルター

テーマ:

佐賀シェルター:武雄のNPO運営、佐賀に保護施設 /佐賀

犬や猫の保護、里親探しに取り組むNPO法人「アニマルウイング」(武雄市)が、佐賀市大和町久池井に「佐賀シェルター」を開いて県中心部での活動を本格化させている。欧米の民間保護施設を参考にボランティアらで運営。責任者の家田明子さんは「ボランティアで連携して動物の殺処分を減らしていきたい」と話している。

 飼えなくなったり拾われたりした犬や猫を引き取り、避妊去勢・ワクチン接種をして里親に結びつけることが主な取り組み。主に武雄市で活動してきたが、県中心部の活動拠点として佐賀シェルターを9月13日に開いた。

 「保護者としての責任を持ってほしい」との思いから、里親には手術費用など(子犬5000円、子猫3000円)を負担してもらう。犬や猫を常時各5、6頭は保護できるが、猫の受け入れが困難なほど引き取り要望が続いているという。賛同者からの寄付なども受け付け中。

問い合わせは佐賀シェルター0952・97・7223

AD
♪捨てないで…/行かないで…。捨て犬や捨て猫の殺処分をなくそうと、オリジナル曲を作り、各地でコンサートを開いている福岡市のシンガー・ソングライター染矢あつ子さんが企画する「ワンワンライブ」が12日、同市・天神のイムズホールで開かれる。犬猫の殺処分件数が全国でワーストといわれる福岡県。染矢さんは「飼い主から捨てられ処分される命を一つでも救いたい」との願いを込めて歌う。

 染矢さんは、20年前に歌手活動を始めて以来、生きる喜びや命の尊さを歌にしてきた。「人と動物との共生」を目指し、ワンワンライブを始めたのは7年前。同市の動物管理センターで殺処分される犬や猫の現実を知ったからだった。

 センターを訪ねると、柵の中で処分を待つ1匹の茶色い犬がいた。おびえる姿に衝撃を受け、何とか助けたいと引き取り手を探したが見つからない。結局、犬の命を救えなかった。

 「捨てる人がいなくならなければ現状は変わらない。あなたは歌で伝えてください」。センター職員の言葉を胸に作ったのが、「茶色」という歌だった。

 ♪使い捨てのおもちゃじゃないよ/黄色い首輪つけた日を/どうか…/思い出して

 以来、毎年、福岡市で殺処分を減らすためのライブを開いてきた。今回は、茶色い犬の写真をスクリーンに映し、「茶色」を含むオリジナル曲をキーボードで弾き語りする。染矢さんに共感する3組のシンガーやバンドも出演する。染矢さんは「ペットを飼った時の喜びや優しさを思い出してもらえるようなライブにしたい」と来場を呼び掛けている。

 午後1時半の開演。前売りは高校生以上3千円(当日3500円)、小中学生1500円(同2千円)。未就学児は保護者と同席なら無料。

( 西日本新聞朝刊 )

AD