< 告知 > 「被害改善責任論」 全記事の最新版は本サイトで公開中!
  • 23 Mar
    • おすすめサイトについて

      目次 > リンク > おすすめサイト > Recommended_site, 2015/12/14, 2017/3/23, 評価:★★  集団ストーカー・テクノロジー犯罪は現在対処中の問題ですから内容のすべてが正しいという訳ではありませんが、私が知っているネット情報の中で特に優れたもの、価値があるもの、真相に近づく手掛かりになると思われるものをあげておきます。  これらの内容を知り、理解した人は、市井の集団ストーカー犯罪の専門家として、自分の被害だけでなく、問題全体の解決にもより貢献できるようになっていけることでしょう。  動画サイト、特にYouTubeの検索やおすすめ表示機能の活用も有効な情報を探すうえではおすすめです。  ここで扱っていないサイトでは、紹介している各サイト内のおすすめサイトもおすすめです。 個々の情報を探す場合は、Twitterの検索機能もおすすめです。  Yahooは在日勢力からの影響で情報の偏りが懸念されますが、GoogleやWikiPediaなども大きなくくりでは金融マフィア勢力の影響下にありますので偏りがあります。  上位の検索結果などは明らかに犯罪隠蔽を目的としたサイトがヒットすることがあります。 またWikiPediaでは集団ストーカーというページ自体が何度も削除されています。 WikiPediaに集団ストーカーページが掲載され、その内容が正しいものとなるころには、集団ストーカー問題も改善に向けて動き出していることでしょ う。 < 参考 > おすすめサイト まとめサイト - おすすめサイト   目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク   Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明   集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)   集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)   集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)   集団ストーカーまとめサイト (Wiki) Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.

      テーマ:
    • 電磁波防御理論2 : 科学的考察 2017/2/24

      目次 > 一般分析 電磁波被害と対策 > 電磁波被害と対策 > 電磁波防御 > 電磁波防御理論2 : 科学的考察 electromagnetic_wave_defense_theory_2_Scientific_consideration, 2016/8/13, 2017/3/23   < 目次 > 電磁波を防ぐ電波吸収体 鉄や銅を超える木炭の電磁波遮蔽能力  木炭シートが電磁波防御のセオリーとなるか 銅やアルミで電磁波の電気を吸収 鉄で電磁波の磁気を吸収 痛撃箇所の肌に直接金属を当てて被害軽減 鏡や鉛、ゴム(絶縁体)でも防御可能か 防御案 : 鉄と銅・アルミの二重板で防御             電磁波を防ぐ電波吸収体  電磁波、つまり電波を遮蔽するものは、電波吸収体といってステルス戦闘機などに使われているものと同じものが有効となるはずです。 電波吸収体にはゴムやカーボンが使われていて、カーボンは炭素ですから、木炭シートなどで代用できるはずす。  テクノロジー犯罪の電磁波防御には、電波吸収体による防御壁などををいかに安価に実現するかが課題となります。  鉄よりも炭素のほうが電波吸収、つまり電磁波遮蔽効果は高いのですが、木炭シートでは炭素の密度自体が低く、防御材としてはスカスカなイメージがありま すので、密度の高い鉄板を使ったほうが、確実な効果が期待できる可能性もあります。 このあたりは現在、調査中ですので分かり次第、情報公開します。 2017/2/24 < 参考 > 「電波吸収体 - Wikipedia」     鉄や銅を超える木炭の電磁波遮蔽能力 木炭シートが電磁波防御のセオリーとなるか  木材を高温で炭化した木炭が、鉄やアルミなどよりも、電磁波遮蔽効果が高く、さらにより広い周波数領域の電磁波を遮蔽することができることが分かっています。 2017/2/23 < 参考 > 防御方法|神戸市の闇 <集団ストーカー・いじめ・近隣の犯罪行為     銅やアルミで電磁波の電気を吸収  電磁波対策製品は一般向けや医療機関向けなどが作られています。 集団ストーカーのテクノロジー犯罪で使われる電磁波攻撃を専用で対処できる製品の性能を向上させていくのも有力な被害改善策となるでしょう。  電磁波に対処するにあたって、科学的な観点からどのようにすべきか検討します。  電磁波は電界と磁界の変化が波動として伝わるものです。 銅線などに電気が流れると、同時に磁場が発生しますが、これと似たことが空気中で起こっているという訳です。 空中を電気と磁気がいっしょに飛んでいるようなイメージになります。  物質の電気が流れやすさのことを電気伝導率、あるいは導電率と呼びます。 この伝導率の高い物質の上位は銀(64)、銅(63)、金(47)、アルミ(38)、カルシウム(25)、ベリリウム(24)の順でとなっています。 (括弧内の数値WikiPediaで使われていたは温度20度と0度の平均値、参照:電磁波 - Wikipedia)  導電率は銀と銅が高く同程度となっています。 金・銀・ベリリウムは貴金属で単価が高いため、電磁波防御に使うのであれば、銅かアルミを使うのが現実的でしょう。 現在の鉱物相場だとアルミが銅の半額以下と安く、さらにアルミのほうがさびにくいため、使いやすいでしょう。  銅はさびやすいですが、電気回路に使う訳ではありませんので、十円玉のようにさびても電磁波防御に使うにはあまり問題はないでしょう。 もさび止め加工もやればできます。  四角い箱型のヘルメットを作ってかぶるだけでも電磁波攻撃をする加害者は困るはずです。 銅で作ってアースで電気を逃がすようにすれば、さらに効率的に電気が流せるかもしれません。  ちなみに銀を使った電磁波防御製品も作られています。 実際に試してはいませんが、銀は導電率が高いのでなかなか有望な対策製品といってよいでしょう。 参考 : 電磁波シールドメッシュ(電磁波防止繊維素材)     鉄で電磁波の磁気を吸収  電磁波の磁気の防御には鉄が有望です。 磁束の吸収しやすさを透磁率といい、これが高いほど磁界を弱める性質があります。  この透磁率が高い物質が、鉄、コバルト、ニッケルなどです。 鉱物単価の安い鉄がおすすめ。 鉄は地球上で最も多く存在すると言われるだけあって安いです。  簡単な防御方法ですが、鉄板に磁石を付けておけくだけでも、電磁波攻撃の磁界に干渉することが予想されます。 2016/8/13     痛撃箇所の肌に直接金属を当てて被害軽減  テクノロジー犯罪の被害が悪化してくると、皮膚表面へ直接痛みを感じる被害を受けることがあります。 この痛みの感覚の送信を痛撃攻撃、痛覚攻撃などと呼びます。 これの対処法として痛みのある部分にアルミなどの金属を直接あてると被害がおさまる、という情報があります。 この説が正しい場合は、アルミ以外の鉄や銅などでも効果があるはずです。  残念なことに下記のあめんぼさんは偽被害者コメント記事でフリーメーソンを賛美していますので、情報の信頼性には疑問が持たれています。 そうとはいえ、正しい可能性もありますので、機会があるかたは念のため試してみてもよいでしょう。 被害が軽減するのであれば、情報源が何であるかはそれほど重要ではないでしょう。 < 参考 > テクノロジー犯罪を分析してみた その2|あめんぼの集団ストーカー周知活動ブログ  加害者はレーダーで皮膚表面を計測して、マイクロ波による痛撃電磁波攻撃をしているのではないかという予測がされています。 電磁波の照射ポイントを直接金属で防ぎ、電磁波を金属へ誘導し、最後には加害者に攻撃をあきらめさせる、ということが起きているのかもしれません。  仕組みとしてはありそうな話ではあります。 2017/2/23, 2017/3/23     鏡や鉛、ゴム(絶縁体)でも防御可能か  鏡や鉛でも電磁波攻撃の被害が軽減したという情報もあります。 鏡は電磁波の一種である光を反射することから、攻撃電磁波も反射する可能性があります。 鉛のほうはどういう仕組みで被害を軽減するかよく分かりませんので、現在、調査中となっています。  重金属が電気の流れを絶縁しているということかもしれません。 絶縁体で攻撃電磁波が防げるのであれば、水泳に使うゴム帽子などでも被害が軽減する可能性があるのかもしれません。 2016/8/13     防御案 : 鉄と銅・アルミの二重板で防御  まずはじめの注意としては、電磁波は電気を含んだような波動ですから、強い電磁波は感電する恐れがあるので、直接、体には触れないようにしたほうがよいでしょう。 2016.8.21  実際の検証はできていませんが、理論上は鉄板と銅板かアルミ板を重ねたヘルメットや壁を作るのが有望な電磁波対策となるのではないでしょうか。  金属の加工が難しい場合は、長方形の板を円錐状の笠や頭巾のような形に加工するという方法もあります。 視界を確保できれば自室であれば日常的に使うこともできるでしょう。 笠が重くなると首や肩がこりそうですが、ひどい電磁波攻撃を受けるよりはよいでしょう。 2016.8.14  その後の調査で、マイクロ波パルスの兵器利用は世界各国で行われていて、防御武装も開発されていることが分かりました。 めまいやてんかんを起こす兵器がすでに開発されていますが、これを防ぐ武装が、鉄カブトのような金属スクリーンで、頭部を電磁波から防御する仕組みになっ ています。  軍事武装と民間の電磁波防御とは目的が異なりますが、鉄・銅・アルミなどで壁を作るよりも、ヘルメット型のほうが、特に強い電磁波攻撃に対しては効果的なものが作りやすいということでしょう。  金属のヘルメットをかぶったまま生活するのもおかしな話ですが、被害を防ぐためには致し方ないでしょう。 大きめの帽子や髪の毛、マスク、サングラスなどをうまく使えば、外出時でもそれなりに目立たないようになるかもしれません。 2016.8.22  実際の防御効果については調査中です。 分かり次第公開していきます。 2016.8.14 < 参考 > 学者でなくてもできる庶民的な防御策  電磁波防御内の記事 2016.8.25   目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク   Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明   集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)   集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)   集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)   集団ストーカーまとめサイト (Wiki) Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.

      3
      2
      テーマ:
  • 20 Mar
    • 共謀罪成立から日本の戦争参加、円崩壊、敗戦、日本の奴隷支配強化、金融リセット、NWOなどへ

      目次 > 社会不正 > 共謀罪・組織犯罪処罰法 >   ユダヤ系金融資本グループの金融支配力の強化が真の目的か? Conspiracy_crime_formation_War_participation_and_Loss_Yen_collapse_Slave_rule_reinforcement_Financial_reset_NWO, 2017/3/20, 評価:★★★★ < 目次 > はじめに  共謀罪の成立で日本の戦争参加は防げなくなる 日本の戦争参加から敗戦  朝鮮南北戦争勃発、日中の介入、その後の米ロ、国連・BRICS陣営の干渉が順当な流れか 円崩壊が真の目的か?  円はIMFの国際基軸通貨から外され、必死に集めた裏金もすべて紙くずへ 日本の敗戦、国連敵国条項により国連軍が敵  国連軍を敵にまわすため日本軍は絶対に勝てない 日本の奴隷支配強化、敗戦の罪は借金でとらされる  崩壊した円は使えず、日本の資産はグローバリストにさらに奪われる 金融リセットの障害は円の強さ?  通貨システムを変更する金融リセットには既存通貨の問題発生が必要 通貨戦争が終わればNWO実現は近い  通貨が統一された未来では通貨発行権をもつ組織が絶対的な権力を持つので何も止められない     はじめに 共謀罪の成立で日本の戦争参加は防げなくなる  日本国内の犯罪を防ぐだけなら特定秘密法で強化された警察権力で、どうにでもなります。 オレオレ詐欺などの特殊詐欺なども暴力団の利権で、警察関係者への上納金となっているとみられています。 国内最大規模の暴力団山口組が分裂しても大抗争へと発展しないように、日本国内の治安維持体制は警察の秘密の監視力強化によって、ほぼ万全の体制となって います。  そこでオリンピックなどで海外からテロリストが侵入するのを防ぐためだ、などと政府は主張している訳ですが、外威に対応するのであれば日本は島国ですか ら空港や港の警備を強化すればよいだけです。 もしも本当に共謀罪が必要だというのでば、共謀罪のない今の日本はすでにテロリストの攻撃にさらされているということになります。 もちろんそんなことはありません。  共謀罪の前置きはこのくらいにして本題に入ります。 共謀罪が国内の防犯や治安維持などの目的で制定されるのではないことは明らかです。 何が目的かと言えば、みなさんご存知の通り、国民の団結や言論の弾圧、警察国家の強化、軍事国家化などです。 極右日本会議のメンバーが8割を占める安倍政権が日本を戦争参加へ誘導しようとしているのは、誰でも分かるような事実と言ってよいでしょう。  この日本の戦争参加、開戦への流れは、当然、国民が止めようとする訳ですが、それをさせないために共謀罪が悪用されることになります。 これも当たり前の話です。     日本の戦争参加から敗戦 朝鮮南北戦争勃発、日中の介入、その後の米ロ、国連・BRICS陣営の干渉が順当な流れか  日本だけではありませんが、戦争を開始するには大義名分が必要です。 これがないと侵略行為として国連軍やNATO、ロシア・BRICS軍などがすぐに介入してきますので、そもそも戦争にはならないでしょう。  この状況でどうやって戦争行為を正当化するかと言えば、国連のPKOなどでは他国の紛争を解決するという方法がとられています。 おそらく日本参戦もこのかたちをとることでしょう。 そうなると日本が参戦できそうなので、朝鮮戦争くらいしかありません。  その後はタイトルの副題に上げたような流れになることが予想されます。 超富裕層、グローバリスト、政財界のエリートネットワークの意図を考えると、今の世界では実力が大きくなりすぎた中国の力をそぐことを最重要課題と考えて いるでしょうから、朝鮮南北戦争への介入が日中の代理戦争というかたちへ発展させようとするでしょう。  日中がほどよく疲弊したところで、国連などを使い日本の責任を追及し、日本を実質的な敗戦国としてGNPの数倍程度の多額の賠償金を要求することになる でしょう。 これが円で支払えれば、パイパーインフレを起こすでしょうが、日銀が円を刷るだけ借金問題は解決します。 ただし、これはそのときまで円が今と同じ価値をもっていればの話です。 日本の軍事介入と同時に円の価値は一気に下落しますし、さらに円がIMFの国際基軸通貨から外されるような事態も起こりかねません。     円崩壊が真の目的か? 円はIMFの国際基軸通貨から外され、必死に集めた裏金もすべて紙くずへ  今の日本が借金を増大させ、さらに海外へ回収できる見込みのない投資や借金を続けている現状には、円崩壊が近いことをが予感させるものがあります。 日銀や日本政府が円を無駄使いしているのは、いずれ訪れる円崩壊を見越してのことなのではないでしょうか。  政府や日銀は、円はどうせ紙くずになるのだから、使えるうちに使っておこうと考えているようにもみえます。  裏金をたくさんもらっているので自分たちは大丈夫だ、自分たちの未来は明るい、などと勘違いしている超富裕層の作業奴隷のみなさんもこの記事を読んでい ることと思いますが、大丈夫ではありませんし、未来も暗いです。 円の価値がなくなるから、みなさんの手元に使いきれないほどの大金が転がり込んでいると考えれば、みなさんも納得できるのではないでしょうか。 グローバリストの傀儡、フリーメーソンの使い捨て要員とならないようにするには、戦争開始よりも現状維持のほうが望ましい状態のはずです。 共謀罪が成立すると、そもそも個人の財産など簡単に没収されてしまいます。 当然、避けるべきです。  円崩壊は、日本が戦争に突入し実質的な安全神話が崩れることによる暴落と、大義名分のない軍事介入を理由としたIMFの国際基軸通貨からの除外という二つのパターンが予想されます。  仮想通貨や金本位通貨はすでに導入されつつありますが、現状ではそれだけで円の価値が一気に下がるような要因とはなりえないでしょう。 しかし、まさにそのために超富裕層は日本の開戦を急いでいるのかもしれません。 円が強い価値を持ち続ける限り、金融再編や通貨リセットの障害になり続けるからです。     日本の敗戦、国連敵国条項により国連軍が敵 国連軍を敵にまわすため日本軍は絶対に勝てない  国連憲章には敵国条項というのがあって、今でも日本とドイツは名目上は国連の敵のままとなっています。 ドイツは除外される特例のようなものがありますので、実質的には日本だけが国連の敵ということになっています。  なぜ国際連合がいつまでも日本を敵視するのかというと、国連とはそもそも、第二次世界大戦時の連合国そのものだからです。 国連の英名がユナイテッド・ネイション(United Nations)となっているのを見れば分かるとおり、国連には国々の共同体といった意味しかありません。 本当に国際的な連合体であれば単なる結合を表すユナイテッドではなくインターナショナルやグローバルなどという言葉にすべきでしょう。  現在でもなぜそうしないかというと、国連の国連憲章はいまだに都合がよいルールなので維持されているということです。 国連あるかぎり日本は未来永劫、敗戦国扱いされる定めにあります。 この状態で戦争に介入しても勝ち目がないどころが、南北朝鮮や中国が正義で、日本だけが敵国とされてしまう可能性が非常に高くなっています。  超富裕層、グローバリスト、フリーメーソンなどの使い捨て要員となっている人たちは、日本が戦争に負けても、みさなんの財産や利権は守ってあげますよと いっていることでしょうが、そのような口約束は当然嘘です。 詐欺師は人をだましますが、だますためには信用されないといけませんので、何十年もかけてその信頼関係を築いてきただけにすぎません。  アメリカ大統領にまでなったブッシュ家と10年来の付き合いで、お互いの国にお互いの名前の空港などの施設を作っていた、サウジアラビアのウサマ・ビ ン・ラディンも父親と兄が殺され、自分はアルカイダというテログループのリーダー扱されたうえに殺されてしまいました。 ビン・ラディンは超富裕層に仲間として受け入れてもらった、と勘違いしているみなさんへのよい教訓として、今後も語り継がれていくことでしょう。 超富裕層は人々を利用するためなら何十年でもだまし続けるような長期的な視野をもっています。 何年友好関係を続けようと、いくら大金を積まれようと、信用できる相手ではありません。  それでも自分たちだけは別だと思うなら、彼らの言いなりになってもいいのかもしれませんが、明らかに勝ち目のないおろかな賭けとなることでしょう。     日本の奴隷支配強化、敗戦の罪は借金でとらされる 崩壊した円は使えず、日本の資産はグローバリストにさらに奪われる  先に説明してしまいましたが、戦争犯罪の手先となっている人たちが持っているお金はほとんどが円でしょうから、すべて価値を失うことになるでしょう。 円が使えなくなれば土地や貴金属を手放さなければ当面の生活費にも困るようになってしまうでしょう。  日本人が手放した資産は超富裕層がもれなく回収します。 電気や水道などのインフラ事業も取り上げられてしまうので、数十年単位で日本の貧困は続くことになるでしょう。  結局のところ、敗戦の借金と円崩壊のダブルパンチで日本経済は10年程度はどん底状態となり、日本もしばらくは貧困国家として世界から援助などを受ける ことになるでしょう。 そのとき今の日本の領土が、中華人民共和国の日本省となっているのか、アメリカ合衆国の日本州となっているのかも定かではありませんが、今の日本で暮らす 私たちの歴史がそこで終わる訳ではありません。 私たち日本人の課題は日本復興となり、次は日本再生のプランに力を注がなければならなくなります。 敗戦は大きな痛手となるでしょうが、日本人の未来が必ずしも暗いものになるとも限りません。 時間はかかるでしょうが、法令は変更できますので電気や水道などのインフラも取り戻し、もう一度、日本に安全神話を築くこともできるはずです。 高度経済復興や第三次ベビーブームからのやり直しが始まることでしょう。     金融リセットの障害は円の強さ? 通貨システムを変更する金融リセットには既存通貨の問題発生が必要  世界を支配する力とは何かと考えると、それが経済的な実力、つまりお金であることは誰のが疑う余地のない事実でしょう。 お金さえあれば、国内だけでなく世界中の価値のあるものをすべて手に入れられます。 企業を手に入れれば人々を支配できるようになり、軍需産業をおさえてしまえば莫大なら利益が転がり込んでくることでしょう。 マスコミを買収してしまえば自分が世界のトップスターになることも夢ではありません。 学校や研究機関を支配すれば、科学や統計情報など世界で真実をされている情報もコントロールできるようになり、大衆洗脳や世界支配もよりスムーズに進むこ とでしょう。  このようにお金が権力や世界支配のエネルギー源になっていることは、子供でも考え付くような単純な事実といってよいでしょう。 それではそのお金を一番持っているのは誰かというと、それは銀行家、金貸しということになります。 銀行家は自分の資産を担保にお金を貸すことでさらに資産を増やせます。 信用創造といいますが、元手となる資金の10倍くらいまで借金として貸し出せるので、その資産の増加率は恐るべきものがあります。 これが超富裕層の力の源泉にもなっています。  その銀行家たちを支配する真の超富裕層たちが、今やろうとしていることが、金融再編、通貨リセットです。 今出来上がっている通貨制度、金融システムを仕切りなおすには、それなりのきっかけが必要となります。 表面上はそれなりに安定している状態にあるので、多くの人は変える必要はないと考えているからです。  そのきっかけとて、円崩壊が利用される可能性があります。 円は日本で1000兆円という莫大な借金を作るほど、システム的に問題を抱えていますので、これを是正するのだ、などと主張すれば、日本以外の国からは賛 同がえられることでしょう。 日本経済の停滞は、日本以外の国の国益につながっているからです。  日本が超富裕層にどうしても逆らえないのは、この円のもつ国際基軸通貨としての地位をIMFがおびやかしているという背景があるのかもしれません。 IMFは銀行のなかの銀行といわれる銀行界の頂点に君臨する組織で、デル・バンコ家が支配しているとみられる、超富裕層のなかでもトップの支配組織です。 日本が一国で対処できるような相手ではありません。     通貨戦争が終わればNWO実現は近い 通貨が統一された未来では通貨発行権をもつ組織が絶対的な権力を持つので何も止められない  金融再編によって通貨が統一された場合、その時点で世界権力はひとつに統合された後になっている可能性が非常に高いとみてよいでしょう。 通貨発行権というのは、日本では日銀が持っていますが、通貨は銀行が貸し出すときに作られますので、実質的なお金を作成権にあたる強い権力のことです。  通貨発行権を得て、銀行を支配することで、金融全体ひいては社会全体に対して支配的な力を持つことができます。 通貨統一はこの権力体制が確立された証拠となるような大事件なのです。  この時点でおそらくNWOと呼ばれる世界統一政府の樹立は成功したも同然となるでしょう。 圧倒的な経済力の前には、何者も彼らのNWO計画を阻止することはできないでしょう。 私たち庶民からすると完全にゲームオーバー状態です。 もはや打つ手のすべてはむなしく空回りを続けるしかない状態です。 政府も警察が市民を弾圧することがあっても、助けてくれることはないでしょう。 今の世界でNWOの理想に近い国家は中国の共産党独裁政権だそうです。 さしあたり中国の共産党をひとことも批判できないような国家体制が築かれるということになるのかもしれません。 逆に考えると一般市民の完全支配が確立された状態では、支配者層に逆らうことはできなくなりますが、言うことさえ聞いていれば、水道に弱毒を入れられるよ うな社会毒問題や、警察の公権力犯罪などは起こらなくなる可能性があります。 その必要すらなくなるからです。 私たちは奴隷として奴隷作業を続けることになりますが、労働しか許されない機械人間のように人間を扱うと労働意欲を失い生産性が落ちてしまいます。 自殺者なども続出するでしょう。 支配層の目的は経済貴族としての永続的な権利の取得のようなことろにありますので、社会全体の停滞をさせるような問題にはむしろ自分たちから対処するよう になるでしょう。 結果的に、今と同じ、自由や義務といった大衆洗脳が続けられ、それなりに生きていける状態は維持されるのかもしれません。 世界統一通貨についても、逆に考えると、世界統一通貨さえ作らせず、複数の独自通貨が併用されている間はNWOという絶対王政のような共産主義生体は実現 できない、とも言えます。 今の日本にできることは、日本円を信頼を守るということになるでしょう。 IMFから国際基軸通貨認定を外されても、強く生きていける日本にするのがよいでしょう。 どのみちすでに日本円を日本人が管理できているとは言いがたい状態ですので、思ったほど大きな問題ともならない可能性もあります。 日本円が国際基軸通貨でなくなると、政府は借金が払えなくなるでしょうから、そのとき民間銀行、つまり私たちの貯金を没収するようなことをするでしょうか ら、日本全体が貧しくなってしまうことはさけられませんが、その後、ちゃんと復興できれば、今よりもよい社会を作れる可能性もあるでしょう。   目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク   Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明   集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)   集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)   集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)   集団ストーカーまとめサイト (Wiki) Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.

      8
      テーマ:
  • 19 Mar
    • 政治関連記事への注意 特定の組織や政党だけを支持ないし非難する意図はありません

      目次 > 社会不正 > このサイトの記事に特定の組織や政党だけを支持ないし非難する意図はありません。 日本では官僚支配、世界全体ではカルト宗教支配などが政治腐敗の原因とみられています。       Attention_to_a_political_article, 2017/3/10, 2017/3/19, 評価:★★   < 普通の人の政治的立場は中立になるはず >  政治問題が語られている場面では、その内容と同時に、どうしてもその人の政治的立場が気になるものです。 どんなによいことを言っていても極右や極左の極端な思想を掲げている人たちの言葉は、何らかの思考誘導が含まれているのはないかと疑ってしまうのが、私た ちの持つ常識的なものの見方だといってよいでしょう。  それではこれを書いている私の立場はどうなのかというと、特定の思想や政党を支持していない中立的な立場の一般大衆のひとり、あるいは庶民の権利を優先 するという点からいわゆるポピュリストに属している、といってよいのではないかと思います。 ポピュリズムという言葉は必ずしもよい意味で使われるわけではありませんが、政治が腐敗した状態ではそれを正すことを優先しますので、今の日本や世界の状 況をみれば、私たち一般市民がとるべき当然の立場だといってよいでしょう。  国民の生活を守ることや日本人の権利などを主張する人たちのなかには、ポピュリストを偽装した右翼左翼の政治家や活動家も存在しますので、彼らには注意 しないといけません。 このように主張している私自身が、本当に中立的な立場から一般大衆の権利や不満を主張する代弁者であるかどうかということも、今後の一般人の世論による判 断をあおがなければならないのかもしれませんが。   < 政治的に中立だと政治問題にも是々非々となる >  私は特定の組織や政党などを支持しているということはありませんが、個々の問題に対しては是々非々で、よい部分はよい、悪い部分は悪いと批判していくべきだと考えています。  政治的な問題を根本的に改善するのが私の政治や国際情勢批判の目的であって、個々の批判はそのための手段にすぎません。 様々な批判を通じて、特に官僚・政府・警察・司法などによる公権力の不正や犯罪、腐敗などを改善していきたいと考えています。  日本の政治は官僚主権というべき、官僚主導状態が続いていて、どの政治やマスコミ関係者も強力な官僚(政府・警察・マスコミを含む)からの圧力の下で活動していますので、日本の政治で真に批判すべき問題は官僚主権体制ということになるでしょう。  世界全体では超富裕層がフリーメーソンを頂点とするような世界規模でのカルト宗教ネットワークが、政治・金融のエリート層を支配する世界ネットワークを すでに作り上げていて、自らの利権の維持拡大のため政治を腐敗させて、いろいろな事件や戦争まで起こしているとみられています。 < 参考 > 政治思想や政権争いが政治問題を改善するという大衆洗脳 社会的な不正や政治腐敗の仕組みの簡単な説明   目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク   Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明   集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)   集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)   集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)   集団ストーカーまとめサイト (Wiki) Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.

      2
      1
      テーマ:
  • 18 Mar
    • ネット・パソコン被害 動かない、速度が遅い、SNSや動画などが見れないなど

      目次 > 個別の被害と対策 > Damage_to_a_PC, 2016/12/26, 2017/3/13 < 目次 > はじめに パソコンやネットが遅くなる被害、メモリ不足攻撃の疑い ネット速度が遅くなる被害 PC関連機器が壊れされる被害 対処法:パスワードの守り方 対処法:より安全なネットブラウザや検索サイトを使う 対処法:タスクマネージャから不要なアプリを終了させる 対処法:メモリ開放アプリを使う 対処法:心理戦、マインドゲーム セキュリティ(アンチウィルス)ソフトやOSがスパイウェアに悪用されている  ウィンドウズ10はスパイウェア、携帯・スマホも持ち歩かないほうがよい     はじめに  不法侵入して盗んだパスワードを使いパソコンに監視ソフトや監視設定、ウィルスなどを入れられる被害があります。 マイクロソフトなど世界的な監視インフラに協力している企業の製品、ウィンドウズなどは直接設定しなくてもインターネット上でパソコンへ裏口(バックド ア)から自由に進入して、色々な設定ができるとみられています。  ウィンドウズ10のアップデートが無料で行われたりして使用が推奨されているのは、世界的な監視インフラの強化もその目的のひとつとなっています。  パソコンに付属されているカメラもNSAなどの監視に利用されていて、NSAやCIAは人々のパソコンについているカメラを自由に使えるとみられています。 2016/9/29     パソコンやネットが遅くなる被害、メモリ不足攻撃の疑い  集団ストーカー被害にパソコンの動作が遅くなるというものがあります。  パソコン(PC)の世界では動作が遅くなることを、重くなるなどといいますが、これにはいくつか原因が考えられます。  原因は大きく分けて3つあります。 それは、PCの処理機能低下、PC内部の故障・機器のトラブル、ネットワーク速度自体の低下の3つです。  対処する場合は、どこに原因がるのか正しく見極めることが重要です。 3つすべての被害が同時に起こる可能性もありますので、原因の調査には十分な注意が必要となります。  一番被害者が受けやすい被害はメモリ被害です。  パソコンはプログラム(アプリ)が動作するときにメモリを使いますが、このメモリをすべて使い果たすとメモリ不足が起こります。 メモリ不足になるとハードディスクをメモリの代わりに使うようになり、動作を継続するように設計されています。 ハードディスクはデータ転送速度が遅いので、パソコン全体の処理速度が遅くなってしまうのです。  この仕組みは、メモリスワップや仮想メモリと呼ばれるアーキテクチャのことです。  加害者はこれを意図的に引き起こすために、ネットなどを経由して、メモリを無駄に使わせるアプリを被害者のPC上で起動させていきます。 このアプリはメモリを無駄に使い続けるよう設計されていますので、最後にはすべて使い果たし、PCが重くなってしまいます。     ネット速度が遅くなる被害  この原因は主に2つあります。 ひとつは、モデムやLAN、ネットワークカードなどPCや周辺機器で、もうひとつはNTTやプロバイダ側にある問題です。  プロバイダ(インターネット・サービスプロバイダ)が相談窓口を設けているはずですので、そこへ電話をすると、プロバイダの通信環境やレンタルモデムの動作が正常であるか確認できます。  通信速度の低下ではなく、そもそもケーブルが故意に切断されているようなこともありますので、あわせて確認しておいたほうがよいでしょう。  加害者がプロバイダ内で無断で通信速度が低下する障害を引き起こしているような場合は、電話で確認するだけで、速度が回復することもあります。  相談窓口で通信環境が正常に機能していることが確認できれば、問題は使っているPC環境にあるということになりますので、電源やケーブル、その他の操作が正しく行われているかもう一度確認しましょう。  集団ストーカー被害者は警察組織から、政治犯や精神病者などと扱われて、それらのリストに入れられていますので、公安などが勝手な判断で通信速度を落と していることが多いようです。 公安も加害行為が発覚するのを恐れているのか、どこにも原因がないというのが、被害者とプロバイダの間ではっきりしてしまった段階になると、通信速度が回 復する傾向があります。     PC関連機器が壊れされる被害  集団ストーカーを主に行っている公安は、被害者を生かさず殺さず苦しめて裏金を作る、というブラックビジネスを行っています。 そのため、物を直接壊すということは、あまり行いません。  公安を含めた警察組織は、主に人件費や謝礼・交通費・飲食代・宿泊代などで裏金を作りますので、普通は特に物を壊す必要はありません。  それでも的確に設置された電波妨害機の内部を破壊されるような被害は起こります。 また外付けのハードディスクを壊されるような被害も起こります。 これには監視による情報収集を妨害するものを排除するという意図があることが予想されます。  パソコンのネット経由で監視できない、家庭内サーバーなどを設置してしまうと、破壊されやすい傾向があります。  ただし、パソコンをいきなり壊すようなことはあまり行いません。 公安は市民のパソコンを簡単に監視できますので、普通は壊す必要がないのです。  またパソコンは被害者の個人情報を集めるための大切な道具でもありますので、パソコン自体を壊してしまうのは、公安にとっても情報取得ができないというデメリットがあるのです。  これらのことから、パソコン関連機器が直接壊されるということはあまり起こりませんので、速度低下の被害があった場合、故障かどうか調べるのは、後回しにしてもよいでしょう。  また機器が破壊された場合、中途半端に、ほどよく壊すということが難しいため、その部分がまったく動かなくなるという被害がでるはずです。 中途半端に通信速度だけ低下するような被害は、機器の破壊で行うのは難しいのです。  もし機器を使って通信速度を低下させるのでれば、ハブを低速の物に交換するという方法もあります。 しかし、10baseなどの低速のハブは現在はあまり製造されていませんので、手に入れるのが難しく、効率が悪いでしょう。  機器の一部を交換すると、証拠が残ってしまいますので、隠れて犯罪を行う公安の犯罪思想に反しています。 公安がどうしてもそれしか方法がないような場合でもなければ、機器へ被害を受けるということは、あまりないと考えてよいでしょう。  狂気のカルト宗教である創価学会員や、公安でも破壊や暴力行為が許可されているような加害者であれば、家の中を荒らしていくようなこともありますが、その場合、一目見れば分かるような、分かりやすい破壊活動などを行うでしょうから、これはまた別の問題になります。     対処法:パスワードの守り方  集団ストーカー・テクノロジー犯罪は24時間365日の監視被害があるのだから、パソコンやスマ、その他のパスワードも隠せるはずない、と思っている人 も多いでしょう。 しかし、実際にはいろいろと守る方法があります。 これらの方法をできるだけ取り入れることで、より安全にパスワードを守ることができるようになります。   < 入力時に文字を思い浮かべない >  普通の人は、ABCというパスワードを入力するときは、頭の中に「エー、ビー、シー」などと音声のイメージを浮かべてしまうことでしょう。 テクノロジー犯罪被害の拡大で、これ自体もかなり狙われてくることでしょうが、集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者は、ほぼ確実に思考盗聴されてい ますので、これでは犯罪者にパスワードが知られてしまいます。  どうすればよいかというと、頭の中でパスワードの音声イメージを浮かべないで入力するのが対策となります。 これは少し難しいのですが、「いち、にい、さん」などとイメージしながら入力すれば比較的やりやすいでしょう。 パソコンなどにキーロガーウィルスが入れられている場合は、この音声イメージのタイミングとキー入力のタイミングから、パスワードを予想できてしまうの で、ランダムな文字、たとえばアルファベット以外の平仮名などをランダムで思い浮かべればさらに保護効果が高まるでしょう。   < パスワード入力を隠す >  パスワードを入力するときに、スノーデンさんのように毛布をかぶってしまうという手もありますが、これは面倒ですから、手軽な方法としては、室内であれば、照明を豆電球や常夜灯だけにするだけでも、光学式カメラではパスワードを盗み取るのが難しくなります。   < ランダム打鍵をはさむ入力法 >  キーロガーはキーボードの入力情報や、入力時の電磁波から入力キーを割り出すという、なかなか強力なウィルスプログラムとなっています。 ただし、これにも弱点があり、基本的にはキー入力情報しか保存できないことです。 そのため、正しいパスワード文字入力の前後に関係ないキー入力をランダムではさんで入力してしまえば、ほぼパスワードを抜き取ることができなくります。 パスワード入力の仕様でこれができないこともありますが、できる場合は積極的に使っていくことでパスワード保護効果は飛躍的に上昇します。   < 本人も知らないパスワードをコピー&ペースト >  まずテキストファイルを用意して、そこへ文字をランダム打鍵(不規則な入力)します。 この内容は自分でも見ないようにするのがポイントです。 またテキストエディター自体を極小ウィンドウにして、入力された文字も見えないようにするとさらに保護効果が高まります。 パスワード入力が必要なときは、それぞれ1ファイル作っておき、これをコピー&ペーストすると、光学カメラからも、思考盗聴からも守ることができます。 これはキーロガー対策としても役に立ちます。 ただし、OSなど最初のログイン時には使えませんので、OS自体がハッキングされてしまった場合は、あまり効果がないでしょう。 2017/3/13     対処法:より安全なネットブラウザや検索サイトを使う  集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者のみなさんは、ネットでも監視・嫌がらせ被害があるでしょうが、DuckDuckGoという検索サイトを使えば検索ワードを追跡されにくくなります。  また表示速度は多少遅くなってしまうのですが、Tor Browserを使えば、ネットアクセス全体が追跡されにくくなります。 Tor Browserはクッキーなどの使用を強力に警戒しているので、見れないページがあったり、ブログが更新できなくなったりするので、これをメインで使う場 合は不都合がでるでしょうから、元のブラウザと併用するのがよいでしょう。  それ以外のブラウザでは、なるべくマイナーな海外製のブラウザのほうが、日本人へのネット被害は軽減する傾向にあります。 IE、Chrome、FireFox、OperaあたりはPRISMと呼ばれるネット監視プログラムに組み入れられているとみられていますので、監視され ていることを前提にして使ったほうがよいでしょう。  ネット監視は国だけではなく世界レベルで行われていますので、ささやかな抵抗ではありますが、何もしないよりはマシでしょう。 2017/2/23, 2017/3/13     対処法:タスクマネージャから不要なアプリを終了させる  対処法としては、PCにタクスマネージャというプログラム(アプリ)がついていますので、これを起動して、全プロセスを監視し、メモリ使用量が多いもの を終了させていくのがよいでしょう。 無駄なアプリが大量に起動されていても、ひとつずつ終了させていけば、少しずつメモリが開放されて、速度は元に戻っていきます。  ひがいがひどくなると、PCが動作するために必要な部分のメモリが壊されてしまうこともあります。 タスクマネージャからアプリを終了させても速度が回復しない場合や、そもそもタスクマネージァを開くことすらできない場合もありますので、その場合、PC を再起動させたほうがよいでしょう。  不正なアプリや操作は主にネット経由で行われますので、できれば再起動する前にPCからLANケーブルを抜いたり、無線LANなどの通信機能をオフにしてから、再起動したほうが安全でしょう。  無線LAN、WiFiなどの無線通信機器がPCに内臓されていて、ケーブルを抜きはずせない場合は、再起動後、すぐに停止するのがよいでしょう。 またタスクマネージャもなるべくはやく起動して、不要なアプリも終了させるようにしましょう。     対処法:メモリ開放アプリを使う  メモリ開放アプリというのがフリーソフトでありますので、これでメモリを開放するのも効果がある場合があります。 フリーソフトの質はまちまちですので、使いやすいものや、性能のよいものを探しましょう。     対処法:心理戦、マインドゲーム  心理戦として、早く攻撃をやめないと、次は監視されにくいマックのノートパソコンを買って、肌身離さず持ち歩くことで、いたずらできないようにしてやるぞ、などと伝えておくと、被害がおさまる場合もあります。  2016年にWindows10へ強制アップデートされるという事件が話題となりましたが、これは裏社会のパソコン監視能力を効果する意図があったのではないかともみられています。  これに対してiPhoneなどを作っているアップル社は、CIAからスマートフォンのパスワードロック解除を依頼されるほど、個人のプライバシーを守れ る製品を開発しています。 天下のCIAもフマートフォンのパスワードロックひとつ解除できないとなると、たいした技術力は持っていないのかもしれません。  あるいは日常的に、Windowsのバックドアを使う、安易な監視しか行っていないので、技術力が落ちてきているのかもしれません。  ここから先の数行は裏社会の話になってくるので、集団ストーカー被害者のかたは読み飛ばしてもよいのですが、一応説明しておきます。  Windowsはマイクロソフト、ビルゲイツがしかけたOSによるパソコン業界の支配計画だったわけですが、ビルゲイツはひとりで、アメリカの下位1億人の持つ資産と同じだけの資産を持つをいわれているような、支配勢力の代表のような人物です。  ビルゲイツは遺伝子組み換えやケムトレイルによる農地買収を行っていた米モンサント者の大株主で、モンサントの利益拡大ととに利益を得てきたような人物 です。 今となっては、ビルゲイツが何をやっても、私たち一般市民は疑いの目を向けて対処しなければならないような危険人物のひとりともいえます。     加害者との戦いは続く  被害者がメモリを無駄に使うアプリを停止させても、被害がすぐになくなるわけではありません。 加害者は、ネット経由で被害者のPCに同じ攻撃や、別の似たようなアプリを起動する攻撃を繰り返してきます。  対処法を正しく実行しても、加害者はしばらくの間は、似たようなPC動作遅延攻撃を繰り返してきます。  これは数週間くらい続き、このアプリ起動と終了が、被害者と加害者の間で繰り返されることになります。  しかし、さらに時間がたつにつれて、加害者は、この攻撃は防がれている、効果がないと判断するのようになりますので、PC動作遅延攻撃を行わないようになる傾向があります。  ほかに何もやることがないような加害者であれば、防がれて、効果がない攻撃でも続ける可能性はありますが、相手も人間ですから、いずれ無駄な努力はやめるようになる可能性が高いでしょう。  一度、PC動作の遅延被害が出てしまった以上、その後はタスクマネージャでのメモリ確認は常に行うようにしたほうがよいでしょう。 加害者はしばらくすると、思い出したように、PC遅延攻撃を行ってくることがあります。 2016/12/26     セキュリティ(アンチウィルス)ソフトやOSがスパイウェアに悪用されている ウィンドウズ10はスパイウェア、携帯・スマホも持ち歩かないほうがよい  セキュリティーソフトの実効性は50%程度だと、セキュリティーソフト会社の元社長のような人が話しています。 動作の遅いウィルスソフトを入れても、サイバー攻撃の半分しか防いでいないので、残りの半分にはまったく効果がないということです。  また、セキュリティーソフト経由でシステム(OS)のコアな部分にダメージを与えたり、システムを乗っ取るようなサイバー攻撃も確認されていますので、 セキュリティーソフト自体の信頼性は、私たちのようにテクノロジー犯罪被害者にとっては、あまり高いものとは言えないようです。  セキュリティソフト自体が動作が遅いのは、わざと遅くすることで、動画が速い新しいパソコンを購入させるためのコンピューター業界全体のビジネス戦略の ひとつとみられています。 ウィンドウズなどもバージョンアップするたびに格段に動作が遅くなります。 この遅さで顧客の購買意欲を刺激するという戦略です。  ウィンドウズ10にいたっては、それ自体がスパイウェア扱いされていて、使用を禁止している企業まであります。 ウィンドウズの10以降バージョンは、テクノロジー犯罪被害者だけでなく、一般の方も使わないほうが賢明でしょう。 それではアップル社製なら安心かというと、そうでもありません。 マイクロソフト社よりも多少はマシといった印象で、iPhoneなどはほぼ完全に運営会社や警察など公的監視機関がハッキングしているとみられています。  スマホのアンドロイド(Android)なら安心かというと、軍産複合体のGoogle社製ですから、マイクロソフトとあまり変わりません。 政府や警察関連機関への情報提供はよりスムーズに行われていることでしょう。 おそらく私たち日本人にとっても危険な被害を及ぼす可能性は高いしょう。 iPhoneとアンドロイドを比べると、iPhoneのほうが多少はマシなのではないか、といったイメージです。 性能は劣りますが、どちらも使っていないスマートフォン以外の携帯電話を使い続けるほうが、機能が劣る分だけ多少は安全でしょう。 携帯電話は各社が独自のOSを作っていたはずですので、安全性はこれを管理する政府への信頼性と同じくらいのものは期待できるはずです。  世界的なシェアからみるとiPhoneが15%、アンドロイドが80%(2014年度の情報)となっています。 アンドロイドのほうが安いので広まっている状態で、iPhoneは裕福な層の人気が集まっています。  スマホ・携帯端末については、GPS内臓の市民の移動監視システムの内臓されてしまっていますので、CIAが何も携帯していないように、集団ストー カー・テクノロジー犯罪の被害者も持ち歩かずに済ませるのが一番安全でしょう。 それでも使いたい場合は、GPSも通信ですから、金属ケースなどに入れて通信を妨害してしまえば、機能を実質的に停止させることもできます。  さらにOSの選択肢を広げ、Linux(リナックス)を使えば無料でハッキングされにくいのではないかと、とも思われますが、PC・スマホ向けアプリ・ ソフトはほとんどがマイクロソフトやアップルのプラットフォームで動作するので、不便であることはいなめないでしょう。 実際にはGUI(ウィンドウをマウスでクリックするような方式)が使え、ネットやメール・動画などメジャーなフォーマットはLinuxでも対応しているの で、普通に個人で使う分にはそれほど困らないだろうと思います。 しかし、ほかの人とデータやファイルをやり取りするとなると、急に方法が限られてしまうでしょうから、今のところは現実的な選択とはならないでしょう。  そうとはいえ、集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者が動作が遅く不便なウィンドウズ10などで作業をするのであれば、多少不便でもまともに動きそうなLinuxを使うというのは悪い選択ではないでしょう。  最終的にどうすればよいかというと、ウィンドウズOSは、今後、10以降のものしか手に入らなくなっていくでしょうから、ウィンドウズ10という監視 OSを使うリスクを考えれば、現実的にはアップル社製のパソコンに移行していくしかないでしょう。 STAP(スタップ)細胞の研究成果をアメリカに盗まれたとみられている小保方晴子さんが、パソコン上にあまり研究データを残していなかったという事実 も、これらの事情をよく理解していたということが原因だったのかもしれません。 2017/3/7, 2017/3/13   目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク   Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明   集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)   集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)   集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)   集団ストーカーまとめサイト (Wiki) Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.

      3
      テーマ:
  • 17 Mar
    • 生体解析技術 BMI/BCIなどの電磁波による脳波や精神状態などの生体解析技術

      目次 > テクノロジー犯罪 > 電磁波被害と対策 > biological_analysis_technology, 2015/12/29, 2017/2/26  人の心や体の状態の解析やそれらへの干渉は、思考盗聴というかたち悪用されることが多いですが、全体としてはテクノロジー犯罪、電磁波被害へと分類され ます。 被害者の思考イメージやその他の生体情報の読み取りと、音声イメージや痛み・かゆみ・頭痛・不快感などを被害者へ送信するという被害がこの技術の主な使わ れ方です。  1960年代に研究が進みスパイ分野で実用化されていましたが、1970年代に一般人向けには情報を隠蔽するような政策がとられるようになりました。 そのためテレビなどのマスコミでは、むしろ存在しない夢物語のように扱われるような、一般人への情報隠蔽がなされてきました。  実際の思考の送受信技術は映画やドラマなど物語に出てくる超能力やSFといった作り話などではなく、自衛隊のサイトでもテレパシー技術として公式な研究 対象ともなってような現実世界の科学的な研究分野です。 研究分野としてはレーダー測量や電波兵器の分野に属しています。 電磁波技術が民生利用されている例では、ネズミなどの害獣駆除用の電磁波機器や、老人福祉施設での入居者の睡眠状態や尿意などのモニタリング機器で実用化 されています。  技術的な詳細は参考にあげた「テクノロジー犯罪の技術関連リンク」の技術関連のほうで確認してください。  簡単に説明しておくと、人の体が電気的な信号で情報伝達を行っていることは、人が電気でしびれたり、感電したりすることからも、一般な科学的知識となっ ています。 脳も電気信号で情報を伝達しています。 人が何かを感じたり、考えたりするとき、脳内では電気信号が流れています。 この脳内の信号を科学的に分析し解読する技術が、テクノロジー犯罪、電磁波被害、思考盗聴などに悪用されています。 筋肉も体内の電気的な信号でコントロールされています。 肩こりをほぐすための電気マッサージ機などで、筋肉がビクッと動くのもそのためです。  今の段階では、BMIや思考送受信にあたる技術には、脳へ直接的に、脳が受け取る電気信号を偽装したものをマイクロ波で送信するような方法と、脳や神経系統の刺激の受け取り部分を超音波などで振動させて刺激を与えるという方法が知られています。  脳神経系統への人工的な干渉方法は、今後もいろいろな方法が開発されていく可能性がありますが、すでに特許などで知られている電波の輻射波を受け取る方法を紹介しておきます。  テクノロジー犯罪の分野では主にマイクロ波が使われているとみられていますが、マイクロ波は電磁波の一種で、電磁波というのは電気と磁気を帯びた波動の ことです。 電磁波はほかにもテレビ・ラジオ・携帯の電波から、光、低周波、高周波まで含むような広い分類となる空気中を移動する波動のことです。 電磁波は空中を移動しますのでテレビや携帯電話の電波と近いイメージになります。  その電波を複数本、脳へ送信・発射することで脳内の電気信号を増幅し、脳や体から出てくる輻射波(反射した電波)をアンテナで受信し、その電波を元に脳 の状態を解析するという仕組みになっています。 これが特許で知られているマイクロ波による脳波解析方法です。 2015/9/19, 2017/2/26 < 参考 > テクノロジー犯罪の技術関連リンク  BMI、電波(電磁波)、音波、洗脳、その他 「脳波でキーボード打つ」世界初の成功 個人の思考を読み取る「脳ハッキング」に成功:米大学実験|WIRED.jp 超音波を脳にあてて気分を操作|WIRED.jp   目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク   Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明   集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)   集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)   集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)   集団ストーカーまとめサイト (Wiki) Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.

      3
      テーマ:
    • 有名な事例 2017/3/17

      最新情報は次のリンク先で更新中有名な事例

      2
      テーマ:
  • 16 Mar
    • はじめに 政界名珍場面集という国民の政治参加プロセスの入り口 2017/2/25

      目次 > 社会不正 政治・経済(表社会) > 政界名珍場面集 > About_the_political_world_great_strange_scenic_collection, 2017/2/25  国民の政治参加と政治の健全化を考えると、まずは国民ひとりひとりに政治への関心を高めてもらう必要があります。 一般的な政治批評についてはすでに多くのジャーナリストが記事にしていますので、ここではもう少しのカジュアルな国会へアプローチを模索していきます。  日本も重税や労働・社会保障などの制度改悪が進み、今後は失業や貧困問題など生活を直撃する政治被害がさらに悪化する見込みですから、そうなる前に政治問題に対処できるような民意をいっしょに育てていけるよう、私のほうからも少しでも協力していきたいと考えています。  このような活動は本来であればテレビや新聞などの旧メディアが受け持つべき役割なのですが、実際には旧メディアは官僚に支配され政府迎合の偏向報道しか できない状態にあります。 まずはこの旧メディアの嘘をより多くの日本人が理解できるようになる、というのが最初の目標となることでしょう。 より多くの日本人が、今の旧メディアが戦前の大本営発表やプロパガンダ新聞と同じ、日本人を誘導するための支配ツールに成り下がっているという事実にいち はやく気付けるようになるよう手助けをしていく、というのが私のささやかな取り組みとなります。  また名珍場面集とはいえ、単にスキャンダラスな記事の羅列ではなく、政治に直接影響を与えるような説得力のある記事となることを目指していきます。 2017/2/25   目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク   Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明   集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)   集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)   集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)   集団ストーカーまとめサイト (Wiki) Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.

      テーマ:
  • 15 Mar
    • 情報分野の健全化 ネット発言の妨害を防ぎ、メディア・学問など情報分野の嘘をなくす

      目次 > 被害改善ガイドライン > Salutary_change_of_the_information_field, 2017/2/24  世界規模でのいろいろな被害の改善を考えると、どうしても正しい情報の周知や情報交換が必要となります。 どんなよい情報でもほかの人に知られなければ意味がありません。  今の世界で情報分野に支配的な影響力を持っているのが、テレビ・新聞などの旧メディアや学術雑誌・大学・研究所・ノーベル財団などの学術関連からの情報 です。 残念なことですが、メディアも学術機関も超富裕層に支配され、彼らの都合のよい情報や、市民を洗脳するかのような情報が世界中にばらまかれているのが、今 の世界の現状です。  この旧メディアや学術部門への支配は強固な状態となっていて、今までは市民の力では手も足もでない状態でしたが、インターネットの普及をはじめとするIT革命が、この閉塞された情報分野に風穴をあけることに成功しつつあります。  しかしながら、旧メディアや学術部門を支配していた超富裕層も、これを黙って見逃すようなことはなく、ネットメディアへの工作や情報発信妨害などを続け ています。 これが成功してしまうと、世界はまた元の嘘があふれた状態に戻ってしまいますので、これはなんとか食い止めなければなりません。  ネット発言の妨害を防ぎ、メディア・学問など情報分野の嘘をなくすためには、ネット情報発信の安全性を高めるのが有効な対策となるでしょう。 真実を伝えようとする私たち市民やネットジャーナリストなどが、人々に伝えようとした情報が、正しく伝わる状態を維持することができるかがポイントとなり ます。  私たちの発信する情報は、具体的には、SNSが利用されていますので、SNSの安全性の確保が重要な課題となるでしょう。 今のSNS事情は、日本では、いろいろな社会的な問題や被害を訴える情報が、アカウントごと削除されてしまったり、使用停止やアカウントの乗っ取りなどの 被害にあっていて、情報発信の安全性が確保されているとは言いがたい状態にあります。  私が調査したところでは、日本国内のサービスのほうが原発などの社会問題への批判が妨害されやすい傾向にあることがわかっています。 これも残念な話ですが、日本人がネットで情報発信する場合、日本のSNSよりも外国のSNSを使ったほうが、言論妨害にあいにくくなっています。 これは外国でもおおむね同じ状況で、どの国でも自国の政府や社会問題などへの批判は、自国のSNSよりも外国のSNSのほうが妨害されにくくなっているそ うです。  社会的な不正は特に先進各国では同じパターンで行われていて、天下りなども日本的な悪い文化のように思えるかもしれませんが、外国でも似たような状態に あります。 アメリカでも役人を辞めた人へ、役所関連の仕事を斡旋したり、役所からの下請け業務を優先的に受注できるようとりはからうなど、日本の天下りと似た役人へ の支配構造が存在しています。 この構造がアメリカでも「amakudari」などと呼ばれている場合は、この構造が日本発信である可能性もありますが。  それはさておき、ネット言論の妨害状態をどう対処すべきかというと、さしあたりは、外国のSNSを有効活用するのが無難な対応となります。  さいわい今はアメリカのトランプ大統領誕生をきっかけに、世界が健全な方向へ進んでいますので、この流れにのって、トランプ大統領やプーチン大統領に活 躍してもらって、一気にSNSなどネット情報発信の妨害対策などの安全なネット情報発信に向けた世界規模での相互補完的な情報インフラ整備に力をいれてほ しいところです。 今、世界は完全にトランプムーブメントの中で動いている感がありますので、アメリカの国益と公正な世界の実現に向けて、次から次へと対策を発表しているト ランプさんであれば、ネットインフラの安定化に向けた政策を打ち出してくれるだろうと期待しています。  何を隠そう旧メディアの嘘報道で最も被害を受けている代表がトランプさん自身であって、すでに重要な政策はテレビや新聞などの旧メディアではなくネットのSNSで発表すると言って、実際に旧メディアを解体するような勢いで対処しています。  そのようなトランプさんですから、私もフォローしていますが、トランプさんのツィッターからの情報発信が妨害されるようなことがあっては一大事となって しまう可能性があることはよく理解しているはずです。 トランプさんのアカウント乗っ取られて、ツィッターで嘘や悪口が大量に発信されてしまっては、大事件となってしまうかもしれません。  ツィッターは日本で使えるメジャーなSNSのなかでは比較的安全な部類に入りますが、それでも2016年の東京都知事選では、三宅洋平候補の「一票一揆」発言が妨害されるなど、政治的な妨害が行われています。  ツィッター社はGoogle系の資本が入っています。 Googleは、いわゆる軍産複合体の一部であるですから、超富裕層の影響下にあるということでしょう。 ツィッター社自体の独立性が保てれば、ツィッターを使ううえでの妨害も減らすことができるかもしれません。  既存のSNSの独立性の強化とともに、各国や各地域で安全性の高い独立したSNSを使えるようにするのもよいでしょう。 国連のような中央集権的なワンワールドを目指すかのような組織だと、超富裕層からの支配工作に屈した場合、世界全体が被害にあってしまうので、ここは各地 域に同じシステムで連携できるようなSNSを分散運用して、健全な状態が維持されているものをみんなで使えるような形にしていくのがよいのではないかと思 います。  SNSを具体的に考えると、今現在の情報交換に向いているツィッターのよなリアルタイム系SNS、個人の意見を発表するブログやサイト、複数の人たちが 共有できるWikiのようなコミュニティサイトの3種類のSNSを、世界の各地域で運営して、それがお互いに連動できれば、かなり使いやすいものができる のではないかと思います。  世界共通の仕様を決めるのは大変でしょうが、工業規格の基準のようにネットの世界でも標準仕様がいろいろと策定されていますので、一定のフォーマットを決めてしまえば、実現するのはそれほど難しくはないでしょう。  これらのSNSの運営が軌道に乗ってくれば、いずれは広告分野でもメインストリームとなり広告収入だけでも、一大産業となっていくことでしょう。  世界各地のSNSと連携することで、ユーザーが自分のサイトのデータを丸ごとほかのSNSへ移動できるようにしてしまえば、情報発信の妨害や嘘の情報を 発信している地域のSNSサービスでは利用者が減り、広告収入が減ることで、自然と健全化されていくような流れになることも期待できます。  具体的な方法はいろいろと考えられるのでしょうが、世界の情報分野を健全化するには、IT革命後の今が最もよい時期となるでしょうから、優先して取り組んでいくべき課題だと言ってよいでしょう。 2017/2/24   目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク   Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明   集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)   集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)   集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)   集団ストーカーまとめサイト (Wiki) Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.

      1
      テーマ:
  • 14 Mar
    • 被害対策を始める前に 集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害対策を始めるにあたっての注意

      目次 > 一般分析 全般的な被害と対策 >   Before_a_damage_countermeasure_is_begun, 2017/2/23, 2017/3/14 < 目次 > 技術・人数ともに不利な状態から始まる被害対策 冷静に対処して、モラルに反する行為をさける 被害へ対処すると一時的に被害が悪化する 周囲の人への説得  冷静に誤解を解いていくこと 集団ストーカー・テクノロジー犯罪は被害の種類も犯罪の目的もいろいろある 被害者団体について < 参考 > おすすめサイト  若干の否定的な説も出ているサイトや個人                         技術・人数ともに不利な状態から始まる被害対策  集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害では、人為的なローテク犯罪、テクノロジーを使ったハイテク犯罪ともに、加害者側のほうが手法や技術、経験、ま た人数などの組織力の面でも、優位に立った状態で行われています。 そのため被害に対処する場合は、基本的にかなり不利な状況からの戦いとなることをよく理解しておいてください。                         冷静に対処して、モラルに反する行為をさける  あくまで冷静に落ち着いて対処することと、悪口や暴力的な行為などのモラル・公序良俗に反する行為は極力さけるように気を付けてください。 特にモラルに反する言動は、加害者が望んでいる行為そのものですので、敵に塩を贈るに等しい愚行だと注意して我慢してください。 加害者は被害者のことを、何らかの悪者だと周囲の人に言いふらしていますので、その嘘が結果的に真実となってしまうことになり、被害者の立場はより悪い状 態になってしまいます。  いくら被害がつらくもて、自分自身があくまで常識的で健全な人間であるということは、周囲に対して示し続けていくべきでしょう。 そうすることで、自分自身への被害の軽減や問題全体の解決へもより近づいていくことができるでしょう。                         被害へ対処すると一時的に被害が悪化する  完全に加害者を黙らせるような効果的な対処ができれば、文字通り加害者の嫌がらせ犯罪を沈静化させることもできるはずです。 しかし、そのような対処をするのはなかなか難しいのが現実です。  具体的な被害への対処は、初めのうちは、ローテク犯罪の嫌がらせを防ぐことも、ハイテク犯罪の攻撃から身を守ることも、加害者側からすると想定内の悪あ がきのようにあしらわれることが多くなっています。 加害者は被害者のことを、万引き反のような子悪党や性犯罪者、狼少年のような嘘つき、罠にはまった頭の悪い素人犯罪者などのように、つまらない犯罪者予備 軍のようにみている傾向があります。  この状況では、被害者がいくら的確に被害に対処をしても、加害者のくだらないプライドを刺激し、かえって被害が悪化してしまうこともあります。 そのため、被害へ対処する場合は、一時的に被害が悪化することを覚悟しながらも、効果の期待できる対処を少しずつ試していくのがよいでしょう。  ある程度まで活動を続けていくと、一時的な被害の悪化は、敵の弱点を見事に突いてた結果であり、効果的な活動が出来たのだと判断して、一時的に被害が悪化するたびに、その活動をあえて繰り返すという強気なベテラン被害者もいます。  一時的な被害の悪化も加害者の弱点などを分析する助けとなる訳です。 このあたりまで心に余裕が出てきたら、被害対策や問題全体への改善活動も軌道にのってきたと判断してよいでしょう。                         周囲の人への説得 冷静に誤解を解いていくこと  周囲の人たちへの言葉による説明は特に注意が必要で、安易に監視や集団ストーカー・テクノロジー犯罪などの言葉を使って説明してしまうと、すぐに妄想や 精神異常者として誘導されてしまう傾向があります。 周囲の人に説明する場合は、ちゃんと信頼関係を築いたうえで、集団ストーカー・テクノロジー犯罪という言葉は使わずに、被害や犯罪を説明できるよう、なる べく客観的な説明や証拠をあげていくようにするとよいでしょう。  実際には、被害者の周囲の人たちには、被害者が被害を説明するときには、すでに、加害者側の人間からの情報操作や被害者を精神病者へ誘導するような工作 が行われている可能性が非常に高くなっています。 つまり、周囲の人に説明する前に、彼らは被害者の監視や情報操作された情報を手に入れていて、被害者に対して疑いを持つように仕向けられた状態になってい ると考えておいたほうがよいでしょう。 周囲の人たちへの説明は、この状態から始めなければならないと理解しておいてください。  被害者が周囲の人へ説明するということは、加害者に思考誘導され、だまされた状態の相手へ説明するということになるのです。 周囲の人たちは、被初めのうちは被害者の説明を、精神病者の妄想や詐欺師の言い訳を聞くような態度で聞いていることが多くなっていますので、そのあたりの 誤解を解くことから説明を始めるのがよいでしょう。                         集団ストーカー・テクノロジー犯罪は被害の種類も犯罪の目的もいろいろある  集団ストーカー・テクノロジー犯罪は、ひとつの同じ被害のように扱われる傾向がありますが、加害者やその目的はいろいろな種類がり、監視や嫌がらせ犯罪 のやり方もそれぞれ異なる場合があります。 そのため被害者同士でも、被害者の訴えを否定してしまったり、加害者が誰なのかといった予想を否定してしまうようなことが起こります。 これについては加害者が偽被害者となって行っていることもありますが、本当の被害者が特に悪気もなく本気で言っていることもありますので、注意が必要で す。  それでも、被害や犯罪の目的などの全体としては、いくつかの種類に分類できるような傾向がありますので、加害者の種類を見極めて、より的確な対処ができるように心がけましょう。                         被害者団体について  被害者団体については、有益な周知活動をしている反面、偽被害者ではないかと疑われる人たちが混ざっているのではないかという批判もあります。 加害勢力、特に公安警察は市民デモなどを監視するのが日常的な業務のひとつとなっていますので、集団ストーカー関連の集会やデモ、ポスティング活動など も、通常業務として監視しています。 公安調査庁はこの公安警察の調査を元に情報を分析しています。 このようなことから、被害者団体には2・3割程度は公安や創価学会など加害勢力の人間が入り込んでしまっているとみられています。 このあたりはほかの市民活動、たとえば反原発運動などでも同じような状態にありますので、致し方ないところでしょう。  偽被害者や工作員の割合については諸説ありますが、多い説だとネット上の被害者の9割が偽者だという分析もあります。 被害者団体についても、会員だけでなく、主催者側もほとんどがフリーメーソンや在日ユダヤ・朝鮮・中国人、右翼・左翼などの活動家や彼らの協力者だという 説もあります。  諸説あるとはいえ、被害者団体の活動も情報周知などに有効な部分もあります。 しかし、リスクも考えないといけませんので、対処するのが難しい問題も抱えているということです。  被害対策全体としては、加害者団体に加入したからといってもすぐに被害がなくなる訳でもありませんので、加入した後の団体活動はそれはそれとしてよく話 し合って進めてもらうとして、それと並行して自分の被害を改善するための活動も続けていくのがよいでしょう。 残念なことですが、被害者団体に加入してから被害が悪化したという例もありますので、団体への加入は事前調査など慎重な対応が必要となるでしょう。  公安や自衛隊などのように仕事として、被害者からみると監視や嫌がらせにあたる活動をしている人たちもいますので、偽被害者や工作員たちへのリスクがな くなるということはないでしょう。 このあたりは、しばらくの間は、その都度、各自の判断で、個人活動と団体活動のそれぞれよい部分を活かしていければよいでしょう。  今のところは、いずれ全国的な被害者連合や、世界的な被害者同盟などが作れるようになるまでの、準備期間と考えておけばよいでしょう。 2017/2/23, 2017/3/14 < 参考 > おすすめサイト  若干の否定的な説も出ているサイトや個人                       目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク   Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明   集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)   集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)   集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)   集団ストーカーまとめサイト (Wiki) Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.  

      4
      テーマ:
  • 13 Mar
    • まずはネット検索 ほとんどのことはすでに誰かが書いている 2017/3/13

      目次 > 社会批評 > Net_search, 2017/2/23, 2017/3/13  ウォーカーさんがネット検索のコツを紹介しています。 ネット検索を使いこなし、みんなで真実を探しましょう。  今回は、私を含め、ブログなどを書いている人たちには特に注意が必要な話です。 人というのは同じ種類の生き物ですから、だいたい似たような感覚をもっています。 そのため、誰が同じような状況を見たり経験したりしても、誰もが同じように感じたり反応したりするようになっています。 ここに人々が互いに分かり合える可能性があるとも言えます。  このような理由で、ネットで情報発信している私たちがブログなどに何か書くときも、たいていのことはすでに誰かが書いている可能性があります。 実際に検索することで見つかるいろいろな意見や説明は、むしろ自分で考えたものよりも、よりよいものであったということも多いでしょう。 この事実がネットで情報発信している多くの人たちを、後から微妙に困らせています。 後から考えると、「自分で書かなくてもよりよい意見や説明がネット上にすでにあったことに気付いた」、というのはよくある話です。  これはパソコンやスマホで使うアプリの世界でも同じで、誰かがほしいと思うようなアプリはたいていほかの誰かが作っていて、すでに公開しているというこ とがよくあります。 アプリの世界でも、ほしいアプリや使いたい機能を検索するだけで、その便利さにありつけるという訳です。  これがネット世界の現状ですから、ネット検索情報をまとめて書いていくことの多いウォーカーさんのブログのスタイルが、今後のネット情報発信のスタン ダードとなっていくのかもしれません。 もう少し時間がたてば、すべてのネットユーザーを新聞記者やネットジャーナリストに変えた、というのがIT革命の大きな特徴だと言われる日がくるのかもし れません。  これに対して、検索ばかりしていては自分の意見が何も書けないではないか、と思う人もいるでしょう。 そのようなものは各自でほどよいところでおさめておけばよい訳ですが、発信する情報の質を考えると、検索をないがしろにする訳にもいかないでしょう。 検索と執筆のバランスに悩まされるというのが、IT革命後のネットジャーナリスト化した私たちの課題といってもいいのかもしれません。 < 参考 > 検索の仕方を覚えて、みんなで資料を集めましょう♪|ウォーカーのブログ ネット・パソコン被害  動かない、速度が遅い、SNSや動画などが見れないなど   目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク   Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明   集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)   集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)   集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)   集団ストーカーまとめサイト (Wiki) Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.

      4
      テーマ:
  • 12 Mar
    • 共謀罪・組織犯罪処罰法 自衛隊が共謀罪で売国政権を逮捕? 2017/2/25

      目次 > 社会不正 > Conspiracy_crime, 2017/2/25 < 目次 > はじめに 共謀罪成立からの流れ 市民が立ち上がるには、スローキリングの周知が必要 共謀罪成立後は自衛隊で売国政権を制圧するのがスマートな対処法か 安倍政権が再び通常国会で提出しようとしている 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪)とは?|ウォーカーのブログ 2017/2/25     はじめに  2017年2月現在、国会で一番の問題となっているのが共謀罪、テロ等組織犯罪処罰法関連の改正です。 法案成立を防げないまでも、その後の対応などは検討しておいたほうがよいでしょう。  サブタイトルにあるように、最悪、自衛隊を使ってでも、政治の腐敗を止めていきたいところです。 私としては、自衛隊による不正選挙の監視強化による不正選挙防止が、一番平和的な政治の健全化策となるのではないかと考えています。  選挙会場を管理する選管や警察官の個人それぞれに行動の善悪を問いただし、彼らの言動をネット公開するなどして、健全化させることができれば、さらに平 和的な解決策となるのでしょうが、役人は天下りや内部の裏金、上位者からの監視などがありますので、これはこれでなかなか難しいものがあります。 2017/2/21     市民が立ち上がるには、スローキリングの周知が必要  今の日本は、超富裕層の医療・保険利権戦略で、長い時間をかけて社会毒が蔓延する社会に作り変えられてしまっています。 私たちの口にするものや肌に触れるものの多くには、発がん性物質や不妊、精神病を悪化させる成分が含まれています。  病気に対処するという建前で使われているワクチンにまで毒物が含まれていて、実際にワクチンの薬害は大きな問題となりつつあります。 アメリカではトランプ大統領がワクチン問題について言及していますので、世界的には解決に向かっていますが、日本で対処するにはしばらく時間がかかること でしょう。  私たちの健康をむしばむ社会毒とこれを使った、真綿で首をしめるようなスローキリングの影響は、すでに表面化しいて、癌の発生率も先進国で唯一、日本だ けが悪化していて、癌の発病率だけでみると5年間で2倍に跳ね上がるほど悪化しています。 これはこれで対処しなければいけませんが、政治腐敗問題も同じような、知らない間に破滅へと後押しされているようなスローキリング状態にあります。  政治の腐敗、重税と外国への支援による日本の富の流出という売国政治が、今の日本では続いています。 日本の政治はかなり悪い状況にあるのですが、一般の人たちは、自分の生活に支障が出るまでは、なかなか政治に関心を向けるようにはなりません。  そのため不正選挙を防止するにも、それを実際にしようとする人が少ないのが現状です。 このような政治に関心の低い人たちの関心を政治に向けさせることは、残念ですが、多くの人たちが実際の生活で貧困などの問題が起こるまでは難しいでしょう。  多くの人たちが悪政による市民のスローキリング状態に気付き動き始めるのが早いか、売国政権が日本を敗戦へと叩き落すのが早いか、これが勝負の分かれ道となるでしょう。  日本は平和憲法があるのに、どうして南スーダンへ自衛隊を派兵しているのか、といったことは日本人であれば、みな不思議に思ってはいるのですが、それが 実際の政治への関心や、さらにその先にある政治活動にまで結びつくにはいたっていません。 この先、人々の関心が政治に向くかというと、日本人はわりと用心深いところがあって、貯蓄などもしていますので、すぐに貧困におちいってしまうような人以 外で、日本の危機に気付ける人は少ないかもしれません。  実のところ、日本の未来はあまり明るくありません。 少しずつ富を奪われていくのと、一気に奪われるのと、どちらがよいのかは何とも言えません。 持久戦で耐え抜くのがよいのか、破綻させてからなるべく早く再生するのがよいのか、難しいところです。 私個人としては、一旦破綻してしまうと、そのタイミングで超富裕層、海外投資家から日本の富の大半が奪われてしまうでしょうから、よくないのですが、すで に企業などの大部分は奪われているので、この視点はあまり意味がないような気もします。  逆に考えると、日本はすでに海外資本に富を奪われてしまっている状態にあるので、日本を敗戦させて損をするのも、海外資本、つまり超富裕層ということに なります。 超富裕層はその他の一般人は強烈に支配しようとするものの、彼ら同士の間では実力主義となっている部分があるので、日本の敗戦で不利益をこうむる勢力が頑 張れば、その間に平和的な日本政治の健全化を行うこともできるという可能性もあります。 2017/2/21     共謀罪成立からの流れ  今の安倍・黒田不正選挙クーデータ内閣では、正常な政治的判断からくる抑止力はまったく期待できない状態にあります。 官僚に支配された政府が共謀罪を成立させるのだと主張すれば、誰も止めることはできないだろうと思います。 もしも、成立を止めることができるとすれば、それは官僚自身や政府自身が不利益になるなどとして、彼ら自身が取りやめる判断を下したときだけでしょう。  官僚や政治家自身に共謀罪の危険性を理解させるということでも日本の破綻は防げるはずですが、彼らはどちらかというと日本滅亡を望む主犯者に近い人間が 多いと見られていますので、あまり期待できないでしょう。 彼らは日本の国益や国民の生活ではなく、超富裕層の利益のために悪事を働く、超富裕層の代理人であるということです。  共謀罪は実質的には、戦時中の治安維持法と同じ、国民への弾圧を目的とした法案です。 山本太郎議員も指摘していましたが、オリンピック誘致の際は、日本は世界一安全だと主張し、誘致成功後はテロの危険があるのでテロ防止法として共謀罪を成立させようとしています。  戦時中の治安維持法のときも、今とまったく同じように国民を監視・弾圧するものではなく、市民デモなども対象外だと、政府は発表していて、当時の新聞記 事からもこの内容は確認できます。 ところが実際に起きたのは、完全な市民の弾圧で、共産主義者や共産主義思想などの強烈な弾圧が行われ、マルクスの本を持っていただけの学生までもが逮捕監 禁され、帰らぬ人となっています。 当時の政府は、反戦など、政府の主張に反対する市民をすべて逮捕監禁して、死ぬまで牢屋につないでいたというのが実情だったということです。  2017年、現在では、ここまでひどいことにはならないでしょうが、政府を批判するあらゆるものが弾圧の対象になるでしょう。 元々、そのために作られた法案ですから、この点はまず間違いないでしょう。 実際には、まず初めに、今はまだ自由な発言ができるネットに対して、強力な検閲がかかることになるでしょう。 それがしばらく続くと、最終的には、あらゆる政府批判は、官僚、あるいは官僚に支配された政府が許可したものだけが、テレビ・新聞などの旧メディアから発 信されるだけという状態になるでしょう。  そこまでの状態となると、市民もさすがに事態の異常さに気付き、不正選挙への監視などを強め、政治の健全化に乗り出すことになるでしょう。 ちょうど、2016年のアメリカ大統領選のようなことが起こるでしょう。 嘘ばかり放送し続ける旧メディアに対して、市民は誰もが強い疑いの目を向け、信じなくなり、ついに立ち上がることでしょう。  市民が立ち上がるまでには、経済格差もさらに拡大し、人々は一部の富裕層と貧困層にほぼ完全に分断され、日常生活にも支障をきたすような状態になってい るはずです。 そこでどうしてこんなことになってしまったのかと、市民も考えるようになり、不正選挙を打ち破るような活動が盛んになるという流れになるはずです。  政治権力の強化というのは、結局のところ、権力者への富の集中を目的としていますので、強大な政治権力が成立すれば、確実に市民を苦しめることになります。  政治の健全化をもっと速く進めるには、アメリカのように軍部、つまり自衛隊による実質的なクーデーターが行われるのが、スマートな政治の健全化法となるでしょう。  これらの官僚と市民の戦いは、東京オリンピックの行われる2020年がターニングポイントになるでしょう。 日本が戦争に突入するのであれば、2020年までが特に危険なのではないかと見られています。 そのため、それまでに、改憲や天皇主権への移行などが完了してしまうか、それらを防げるかが、勝負の別れどころとなるでしょう。  官僚主導の国家に作り変えることで一番利益を得ているような超富裕層が、日本の政治腐敗の一番の原因とみて間違いないでしょうが、彼らの社会的な詐欺犯 罪は、詐欺師である彼らの計画でも、いつかはバレてしまうことが計画に入っています。 そのため、稼げるだけ稼いだら計画が破綻しても、次の計画に移行するだけですから、それほど大きな問題にはならないようです。 被害を受ける私たちとしては、大きな問題になりますので、被害をなるべくはやく食い止められるようにしたいところです。  ロシアのプーチン大統領やアメリカのトランプ大統領など、世界のリーダーたちもこの程度のことは当然、理解していますので、確実に対処してくることで しょう。 そのため、2020年までには、日本が天皇主権国家になったところで、そのころには日本に戦争を引き起こすだけの世界における相対的な実力はなくなってい るかもしれません。 それはそれで情けない話ですが。 2017/2/21     共謀罪成立後は自衛隊で売国政権を制圧するのがスマートな対処法か  今の政権は重税と外国への支援を強化する完全な売国政権ですから、政権自体が共謀罪の適応対象として、まさにふさわしいものとなります。 そのため、自衛隊が直接国会を制圧するような可能性もないことはないでしょう。  そうとはいえ、今の時代、軍部が直接的に実力行使してしまうのは、さすがに国際情勢上、外聞が悪すぎます。 そこで、アメリカのように、軍部が不正選挙を監視するといったくらいの対処が、無難な政治の健全化策となるでしょう。 アメリカでは成功していますので、日本の自衛隊を動かすのも、それほど難しくはないかもしれません。  アメリカ人というと、Noと言えない日本人と比べると、はっきりと言いたいことを言っているイメージがありますが、愛国法などの言論弾圧が厳しかったの で、アメリカ国民はトランプ支持者であることを普段は隠しておき、選挙当日にはみなで黙ってトランプさんに投票したという話です。 日本も似たような状況になるかもしれません。  共謀罪成立後の超格差社会に突入しているであろう日本に住む人々が、選挙で現行の政権を支持することはありません。 今の政府も不正選挙クーデーター政権ですので、支持されていないのに支持率を偽っているだけで、実際に支持されている訳ではありませんが。  共謀罪成立後は、政府が市民の敵であることは、みな理解できるようになっていることでしょう。 すでに稲田防衛大臣などは、「国民の生活のための政治など間違っている」などと、主権者である国民を無視した発言を繰り返していますが、稲田さんは特別ひ どい軍国主義者なので、長く政治活動を続けることはできないでしょう。 稲田さんは防衛大臣としての知識も未熟で、子供大臣と呼ばれています。 日本の大臣は原稿を読むだけの政治役者が多いので、大臣としては、みな無知な子供大臣のようなものですが。  不正選挙を防ぐ自衛隊の役割は、実際には、選挙会場での投票や集計の監視をするだけで済むはずです。 これくらいであれば、軍事クーデターというほどでもありませんので、どうにか平和的に政治を健全化させることができるでしょう。  もしも自衛隊がすっかり官僚に支配されてしまっている場合は、官僚と警察で不正選挙が続けられ、市民では手が出せなくなってしまうでしょう。 しかし、それでも市民が政治を取り戻すために戦うことはできます。 その方法のひとつが、私の提案している不正選挙への完全監視です。  完全監視には2つの方法があり、それは選挙会場への完全な出口前調査と、投票後に各家庭を直接訪問して投票結果を確認する完全訪問調査です。 この2つは政治に危機感をかかえる市民が全人口の0.1%くらい動く程度でも実現できるでしょうから、かなり実現しやすい平和的な方法のひとつとなるはず です。 日本だけでなく、格差社会や政府の圧制に苦しむ世界中の民主国家の人々に活用してほしい対策法です。  アメリカ大統領選では、選管も政治被害者として、不正選挙の防止に協力したということですから、アメリカ市民はなかなか健全な人が多かったようです。 あるいは、それだけ圧制に苦しめられていたと言うべきかもしれません。 2017/2/21 < 参考 > 完全出口調査・完全訪問調査で不正を証明 不正選挙改善策  民間の高精度な事後調査で不正の証明は可能   目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク   Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明   集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)   集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)   集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)   集団ストーカーまとめサイト (Wiki) Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.

      2
      テーマ:
  • 11 Mar
    • 官僚とNHKによる秘密国会戦術 NHKの重大な放送法違反、NHK受信料の支払いは即刻停止

      目次 > 社会不正 政治・経済(表社会) > HKS国会対策室 > Secret_Diet_tactics_by_bureaucracy_and_NHK, 2017/2/19, 評価:C  2014年11月に国会中継を中止し、ドラマのスペシャル番組の再放送を流したことで、一躍有名になったNHKの国会隠蔽ですが、私が調査し始めた 2017年2月では、国会開催が1日から3日、6日から9日、14日から17日となっていますが、NHKテレビで放送されたのは、今のところ7日と14日 だけです。 国会中継を放送しないという重大な放送法違反を、NHKは敢行しています。  すでに国会中継は一部しかテレビ放送しないという隠蔽スタイルが定着しているようです。  これだけでも憲法の知る権利や、民主主義の理念に反する違法行為ですので、NHKに公正な放送メディアとして与えられている放送権を停止されても、やむをえないほどの大きな罪があります。  すぐに対処するのは難しいでしょうが、さしあたり、国民のみなさんも、不正なNHKには決して受信料を払わないように注意してください。 NHKのせいで失われている国益を考えれば、そもそもNHK受信料を払うこと自体が間違った行為だったのです。  国会中継は、一応、ネットで見られるようになっていますので、私たちはこちらに注目するしかありません。 当然、テレビでは言えない質疑が展開される可能性があります。 むしろ、興味深くチェックすべきでしょう。 政府系サイト(※1)のネット配信されています。  実際にサイトを見てみましたが、配信設定のWindowsMedia用の動画は見ることができました。 FlashPlayer用の配信は見られませんでしたので、アプリのバージョンなどに問題があったのかもしれません。 さしたり配信設定はWindows版を選んでおいたほうがよさそうです。 低速回線用の配信を確認しましたが、画質が悪いのはともかく、音質もかなり悪いので、音質だけは何とかしてほしいところです。 この質の悪さで国会中継が国民に見られるのを妨害しているということかもしれません。 そうとはいえ、国会内容が確認できるだけの公正さはまだ残されているのが救いともいえます。 しかしながら、多いつきでは毎日開かれ合計で20回近くにまでなってしまうので、ひとりですべての内容を確認するというのは不可能に近いでしょう。 旧メディアは何の力にもなりませんので、市民による国会監視グループなどで手分けして確認するのがよいでしょうが、すでにやっている人たちもいるかもしれ ません。  低速回線用の配信だと、画像が荒いので文字の説明はほぼ読めません。 これが政府の国会中継隠蔽工作のメインとなっているのかもしれません。 ちなみに、私の使っているネット環境が低速なせいか高速回線用の配信内容は、まだ確認できていません。 低速回線用の配信動画しか、元から作られていないような可能性も疑われます。 < 訂正予定 > 衆参ともに高画質の中継が見られることが確認できました。この記事は近日修正します。 日本もそこまでは腐敗していなかったのか、あるいは国会中継など官僚主権や秘密保護法の前では意味がないのか、ともかくちゃんとみれてよかったです。 2017/2/19  旧メディア、テレビやラジオでは一部しか中継されないため、現状ではネット中継に頼るしかありません。 ネット中継を継続し品質向上できるか、さらに視聴妨害されるかで、今後の日本の行く末も見てくることでしょう。  結局のところ国会の内容を確認するのであれば、議事録検索が無難なようです。 その時々の細かい空気感は分かりませんが、一応は聞き取れる範囲でヤジも記載されていますので、それなりに雰囲気も分かるようになっています。 発言内容の全文はおおむね確認できるようです。 しかし、これは公開されるまでに時間がかかりますので、公開されることには審議が終わっているということにもなりかねませんので、どの程度使いものになる かは疑わしいところです。 私の記事のように編集中で誤字脱字を含め精査途中のものもでも途中で公開してくれると助かるのですが、お役所仕事としては難しいかもしれません。 文章化できたらすぐに公開してしまい、内容確認は公開後に行うくらいの柔軟な対応が期待されます。 そうでもしないことには今現在の情報としては、実質的にはあまり価値がないものとなってしまいます。 今日が2月19日で、公開されているのが1月26日分までですから、実質的に1ヶ月弱のタイムラグがあるようです。 また、近頃は修正が入ることがありますので、内容は早め確認しておいたほうがよいでしょう。  今の通信事情を考えると、個人所有のビデオカメラでもスマートフォンでも国会中継は可能ですから、官僚やNHKににそれができないというのであれば、民 間人が代行したほうがマシでしょう。 国会中継の民営化、これは今後の日本の政治健全化に向けた対策のひとつとしてすすめてもよいでしょう。 国会では一部非公開の会議がありますが、それ以外は公開が原則のはずですから、マナーさえ守れば、民間人が中継を代行しても何ら問題ないでしょう。 < 注意:画質は調査中 >  近日、調査しますが、参議院の中継は綺麗な画像が確認できましたので、衆議院のほうも高画質で見られる可能性があります。 画質については、この記事の情報をうのみにしないで、各自で確認してみくてださい。 2017/2/19 (※1)衆議院インターネット審議中継 < 参考 > 参議院インターネット審議中継  衆議院のほうは綺麗な映像が確認できました 国会会議録検索システム 国会インターネット審議中継   目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク   Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明   集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)   集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)   集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)   集団ストーカーまとめサイト (Wiki) Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.

      2
      テーマ:
  • 10 Mar
    • ルール無用の論点はぐらかし言い訳戦術に対抗するにはヤジ戦術がよいか 2017/3/7

      目次 > 社会不正 政治・経済(表社会) > HKS国会対策室 > Would_you_like_hooting_tactics_for_a_rule_to_oppose_unnecessary_point_in_dispute_evasion_excuse_tactics, 2017/2/17, 2017/3/7, 評価:B < 目次 > はじめに タイミングや声の大きさなどの細かい部分 国会で言うならこんなヤジ 質疑でも言う勇気があるならこんな一言     はじめに  議論のルールを破っているのは安倍首相のほうですから、こちらがまじめにルールを守っていては、相手の思う壺です。 そんなことでは戦いになりません。 そうとはいえ、ルールを無視した戦術にでるほど、野党側の政治家も力を持っていないのが現状です。  それでは黙って、おかしな言い訳を聞き続けなくてはならないのかというと、そうでもありません。  今のところ、安倍首相の論点はぐらかし戦術にかろうじて対抗しているのは、浜田委員長(進行役、議長のような立場の人)の首相答弁の前に言う「総理、短 めに」の一言くらいでしょうか。 この言葉には、当然、「時間がないのでつまらないいい訳は」、短めにお願いします、という意味が隠されているはずだと、私は予想していますが、実際に本人 も似たようなことを思っていることでしょう。  私が国会中継を見たかぎりでは、浜田委員長がかろうじて善戦していますが、ほかの政治家は何もできずに我慢しているのが現状のようです。 国会中継はまがりなりにもテレビに映るので、地元の支持者や所属政党からの期待もあり、政治家のみなさんは悔しい思いをしていることでしょう。  このような状態となっては致し方ありませんので、政治腐敗と戦うためには、ヤジを使うというのも、これまた致し方ないことでしょう。 あまりよい戦術ではありませんが、何もできないので仕方ありません。 安倍首相になるべく大きなダメージを与え、かつ、自分には個人攻撃の矛先が向かないように注意して、みんなでヤジを飛ばしましょう。  実際に、ヤジをみんなで言ってしまえば、犯人探しが始まっても、後は言った言わないの水掛け論になりますので、裁判でも勝負がつかないことからもわかるように、かなり安全な批判方法のひとつです。  国会でのヤジはどんなものが適切か、あまり調査が進んでいませんが、私なりに考えてみましたので参考にしてください。 当然、罵詈雑言を浴びせるようなことや、個人のプライバシーに関わるような悪口は、ただの悪口であって批判ではないので、効果がありません。 なるべく正しい批判となるように心がけなくてはなりません。  ヤジとはいえ、言い訳答弁に圧力をかけ、正しい道へと導くのが目的ですから、くれぐれも個人への非難などにならないように注意しましょう。 2017/2/17, 2017/2/18     タイミングや声の大きさなどの細かい部分  ヤジを差し込んでいく場合には、答弁の開始前、答弁中、終了後と大きく3パターンのタイミングあります。 会場全体でヒートアップしてくると委員長が止めに入りますので、それまでが勝負となります。 1時間くらいたつと会場もすっかり落ち着いたりしますので、ヤジを再開するチャンスです。  集団ストーカーでも悪用されている嫌がらせ犯罪にほのめかしというのがありますが、日本にすむ人々のためです。 緊急事態ですので、この際、いたし方ありませんので、ほのめかしであっても限定定期に容認されるべきでしょう。  たとえば、安倍総理が嫌がっている「詐欺」という言葉であれば、質問のときに、「さ、ぎろんを再開しましょう」などとして、「サギ」と連想させるのもよ いでしょう。 何度もしつこく続けることで、安倍総理の深層心理にまで、詐欺がバレているということを理解させてあげましょう。  小さな声で、「お、言い訳答弁が始まるぞ」、あるいは、言い訳答弁の部分を、理想論詐欺、説明するする詐欺、調査・追及するする詐欺、などと言い換える のも効果的でしょう。 我が世の春と誤解して、言い訳答弁を続ける詐欺行為を旨とする安倍総理ですが、ヤジはよく聞いていて、ヤジに対しても返答していましたので、国民の思いは 必ずや受け止めてくれることでしょう。  大きな声でのヤジは委員長などに止められてしまうので、あまり大きな声でヤジを言うのは得策ではないでしょう。 繰り返しになりますが、ヤジとはいえ、言い訳答弁に圧力をかけ、正しい道へと導くのが目的ですから、くれぐれも個人への非難などにならないように注意しま しょう。  政権与党側のほうが人数が多いので、政権側には大き目の声で威圧してくる、おどし担当の議員もいますが、これはそれが仕事ですので、相手にせずに、「お 静かに」などと、正論で抑えるのがよいでしょう。 口げんかを受けてたつという、用心棒的な役割の議員ですから、その手には乗らずに受け流すのが賢い対処法となるでしょう。 相手の得意分野、相手の土俵で戦う必要はありません。 2017/2/18     国会で言うならこんなヤジ 時間の無駄  これは言っている人もいたかと思いますが、安倍総理の発言中はいつでも使えます。 実際に安倍総理の発言にこれといった意味はありませんので、本当に時間の無駄です。 どんどん言ってあげたほうが逆に親切だと言えるでしょう。 居眠り、1回、100万円  回数や値段は調査が済み次第、正しい数値に置き換えてください。 調査結果が出るまでは、予測値でよいでしょう。 起きろ・寝るな・動け・目を開けろ  居眠り全般に対して有効。 みんなで言えば怖くない? 総理の居眠り、バレてますよ  なかなか親切な一言ですね。 反省を促してあげましょう。 毎晩の豪遊で眠いなあ  居眠り大臣の気持ちを代弁してあげましょう。 相手の気持ちを察する能力も政治家とって大切な能力です。 総理の言い訳、効果ないね  ネット動画で少し流行っていた言い回しです。 少し古いですが、ちょうど選挙権を得てから数年立ったくらいのヤングアダルト層くらいになっている人もいるでしょうから、逆に、若者からの人気が多少上が るかもしれません。 正しく使わないと逆効果になりますので、上級者向けといったところでしょう。 (最後のしめに)そんなに言い訳ばかりして、いいわけ? でしょうか?  この言い回しには女性議員の活躍が期待されます。 うまく決まれば議員としての人気もあがり、流行語大賞にもノミネートくらいはされるかもしれません。 こういう言い回しは、先に言ったもの勝ちなのですが、下手に連呼するよりは、あせらずにチャンスを待ったほうがよいでしょう。 単純な駄洒落なので、すでに言っている人がいるそうな気もしますが、その場合は、あまり得意がらずに普通に繰り返すのがよいでしょう。 2017/2/17, 2017/2/18     質疑でも言う勇気があるならこんな一言 調査結果待ちで審議不能、よって予算未定のため予算は出しません  まだ詳しく調べていませんので、今の予算委員会が再来年度の予算であれば意味がありませんが、来年度、つまり次の4月からの予算だとすると、次のようなことが起こる可能性があります。 むしろ、積極的に起こしてほしいところです。  文科省の天下り問題の調査結果が出るのが3月末となっているので、予算審議には間に合わないようです。 そうなると予算未定のためお金は出せないということになるので、まともな議会だと審議も予算配分も止まり、税金が予算として一円たりとも使えないという状 態になります。 今の政府は世界的に税金の無駄使いが多く、政府機能が停止したスペインなどは、むしろ景気が上昇したということです。 悪いことしかしない政府であれば、機能を停止してしまうのが、国民のためというものです。 質問にあえて答えない態度は変わらないでしょうが、(一応)、誰々さんにお伺いします  言い逃れをする側からすると、言い逃れというのは、うまく相手を誤魔化して、逃げ切ったのだという肯定的な評価を自ら下しているものです。 バレているのにそれでもするのか、といった意味の一言を付け加えるだけで精神的なプレッシャーをかけていくことができます。 総理の理想論は省略してください(結構です)  省略シリーズなら毎回言っても問題ないでしょう。 総理の論点はぐらかし戦術は、基本的には、理想論・説明予定・調査追及予定の3つくらいしかありません。 すべて無駄なことだと分かるまで根気強く説明してあげましょう。 総理の説明するする詐欺は省略してください(結構です)  省略シリーズですね。 説明する、あるいは、理解を求めると言うだけ言って何もしないのが与党流の論点はぐらかし戦術ですね。 総理の追求(調査など)するする詐欺は省略してください(結構です)  省略シリーズですね。 責任追及や調査をするといって何もしないのが自公や官僚の基本戦術です。 論点はぐらかしは時間の無駄ですから、すぐ本題に入ってください  これくらいなら、すでに誰かが言っているかもしれません。 省略シリーズのまとめですね。 総理・副総理とも居眠りにお忙しいようですが  国会中継の見せ場となる、最初の一言にこれが言えるとすれば、その政治家はなかなかのつわものとして人気を集めることでしょう。 その後の圧力はうまくかわしてもらうしかないでしょうが。 上位者が配下の者に頭が上がらないとはどういうことでしょうか  ノリ弁当こと、黒塗りの証拠資料の隠蔽部分を隠す言い訳に、配下の調査担当者の意図をくんだなどと、たわけたことを言っている官僚がいたので、そういう ときの質問ではこのあたりが妥当でしょう。 部下が隠せと言っているから仕方ないとは、文部科学省の官僚もあまり頭がよくないようですね。 国会の証人喚問で役所のたらいまわし戦術が使える訳ないでしょう。 政治家のみなさんも安易な言い訳にだまわれないようにしましょう。 (最後のしめに)そんなに言い訳ばかりして、いいわけでしょうか?  ヤジと同じですが、質疑で使う場合は、何度も使い続けるというのもよいかもしれません。 ボクシングのボディーブローのように、じわじわと後から効いてくるはずです。 こちらもすでに言っている人がいそうな気もしますが。 2017/2/17, 2017/3/7   目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク   Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明   集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)   集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)   集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)   集団ストーカーまとめサイト (Wiki) Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.

      テーマ:
  • 07 Mar
    • はじめに - HKS国会対策室 国会は戦場、多数決で負けても、議論で負けるな 2017/2/17

      目次 > 社会不正 政治・経済(表社会) > HKS国会対策室 > about_HKS_diet_countermeasure_room, 2017/2/17, 評価:B  特定秘密保護法の成立以来、日本社会はすっかり国民主権から官僚主権へと切り替わってしまい、安保改正、共謀罪、改憲、女系天皇擁立、戦争へと続く超富裕層の敷いたレールに乗せられ、敗戦から、主権を失った借金まみれの戦後の復興へと向かいひた走っている感があります。  日本が破滅に向かっているのは現場の官僚や政治家・ジャーナリスト・マスコミ関係者であれば、薄々と理解しているか、あるいは、はっきりと確信している ことでしょう。 この日本社会の緊急事態を前に私たち市民や政治家は、何もせずに指をくわえていることしかできないのでしょうか。  そんなことはありません。 私たち日本人には国会があります。 幸い中国のような強烈な検閲や言論統制、市民弾圧体制は、日本ではまだ実現されていません。 政治家だろうが天皇だろうが、何でも批判できます。  私たち日本人が自分と自分たちの社会を守るためにすべきことのひとつが国会での議論です。 今の日本では、官僚主導の政治腐敗が進み、マスコミへの官僚支配も完成の域に近づいていて、テレビも新聞も真実を伝えることはなくなりました。  それでも私たちには国会があります。 民主主義と国民主権を信じて戦うとすれば、国会がそのための重要な戦場のひとつとなります。  このサイトで対処している集団ストーカー問題では、主犯格とみられる官僚や実行犯とみれている公安は、まったく表に姿を現しません。 仮に姿を見せても、公安警察官が本当の自分の氏名や所属・階級などを明かすことはありません。 そのため、集団ストーカー犯罪との戦いは、限りなく苦戦を強いられる、不利な戦いが続いています。  それに比べれば、国会などはテレビ中継され、議事録も残り、議論している人も明らかになっていますので、とても戦いやすい議論の場だと言えます。  実際の国会では、首相が質問に答えず、ひたすら論点をすり替えては、理想論や説明予定、調査予定などの中身のない返答を繰り返してはいますが、これが民 主主義を冒涜した卑怯な態度であることは明らかです。 これを批判するだけでも、堕落した官僚や政治家たちが不利になるような方向へと、状況を変化させることができるはずです。  国会は議論の場であり、議論で勝つのは正しい主張です。 いくら誤魔化しても、正しい主張の正しさは否定できるものではありません。 官僚や権力者などの支配者ではなく国民のために日本を変えたいと思う政治家がひとりでもいるのであれば、国民のため、社会のために、正しいものは正しい、 間違っているものは間違っていると、堂々と主張しなくてはいけません。  そういった努力の積み重ねが、日本社会の様々な不正や犯罪を解決する土台となっていきます。  今、日本では明らかな不正選挙が行われているのに、誰もこの不正を改めることができずにいます。 しかし、国会で正しい主張を続けるなど、国会で戦い、何が正しいのか、どうすべきなのか、国会で説明し、国民に理解を求めていくことで、本当に悪いことが 行われているのであれば、それを正せる社会へと動かす、あるいは動かすきっかけやその土台を作ることができるはずです。  日本の国会というのは、選挙への立候補時の政策説明とともに、日本のテレビ・新聞などの旧メディアのなかで、、公正な発言が許された唯一といっていいほ どの場です。 さらにこれらが、日本の人々に何が正しいのか知らせ、どうすべきなのか伝えることができる、最も強い情報発信媒体ともなっています。  これを利用しない手はないでしょう。 国会では与党の多数決による強行採決がありますので、立法機能自体を健全化することは、すぐにはできないでしょう。 しかし、国会を軸にした日本社会の健全化やその準備であれば、十分にすることができるはずです。  私たち日本社会に住む人々がひとりでも多く、国会を見て、不正選挙の事実を知るだけでも、選挙会場への監視や、不正選挙の実行犯となる選挙管理委員会、警察官の妨害などを食い止められるようになる可能性は高まります。  私が国会で質疑応答をする訳にはいきませんが、それができる権利を得た政治家のみなさんは、多数決で負けることがあっても、議論で負けることがないよう、社会のために力を尽くしてほしいと思います。  ここではその具体的な方法について検討していきます。 正義は国民の側にありますので、攻め続ければ、戦い続けることができれば、いずれ勝利することもできるはずです。 そのための対策を、私の案を参考に、みなさんもよく考えて、よい案が浮かんだらより多くの人に知らせるようにしてください。 2017/2/17   目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク   Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明   集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)   集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)   集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)   集団ストーカーまとめサイト (Wiki) Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.

      テーマ:
    • 居眠りが国会での大臣仕事か  安倍・麻生、そのひと眠りにいくらの税金が支払われていることか

      目次 > 社会不正 政治・経済(表社会) > HKS国会対策室 > Is_a_doze_minister_work_by_the_Diet, 2017/2/17, 評価:C  私のほうでも、遅ればせながら、国会中継の監視を強化しています。 一見すると、何を質問しても、論点はぐらかして質問には応じないという、無敵の説法というのでしょうか、安倍首相の議論しない戦術は強力で、この戦術の前 には、多くの政治家が、話しにならないとあきらめてさじを投げてきました。  質問をいい加減な態度で受け流すという安倍戦術は議論はおろか、基礎論理学からもはずれていて、何も答えていないに等しいのですが、無敵の説法を会得した安倍首相は、油断して、普段は椅子に座ったまま居眠りをするのが仕事となっています。  私が今、検証している「2017年2月7日 NHK 国会中継「衆議院予算委員会質疑」~衆議院第一第1委員室から中継~(午前) 」の放送内容では、安倍首相は最初から居眠りをしています。 これはギリギリ議論開始前の出来事ということで、見逃してしてもよいのですが、隣のベテラン麻生副総理はちゃんと起きているのに、しっかりしてほしいとこ ろです。  質疑が始まると、安倍首相は応答が始まるので、すぐに目を覚まして、いつもの論点はぐらかし言い訳答弁を得意そうに続けていました。 これが30分もたつと、居眠りの立場は逆転し、今度は麻生副総理が目を閉じたままです。 その後も、一切、目を開く素振りは見せませんでしたが、腕を動かしたり、足を組み替えるなど、なんとなく起きているというアピールだけは繰り返しえいまし た。 起きているなら目を開いて、資料のひとつも目を通すべきところですが、麻生財閥、フランス・フリーメーソンの流れをくむ麻生さんからすれば、こんなつまら ない議論などには興味はないのでしょう。  麻生副総理の居眠りは毎度のことなのか誰もとがめる様子はありません。 しいていうと、自民党員が気を利かせたのか、居眠り副総理が国会中継のテレビに映らないように、カメラマンに指示を出していたようでした。  その、見ざる、言わざる、聞かざる、で居眠りを満喫していた麻生副総理が、2時間後くらいでしょうか、突如として姿をくらましてしまいます。 いったい何が起きたのか、美人秘書軍団、噂の麻生喜び組と10時のおやつかな、とも思いましたが、どうやら答弁の予定となっていたらしく、打ち合わせをし ていたようです。 (※あまり興味がないので調べませんが、喜び組は安倍さんのほうだったかもしれません。 二人ともそれにあたる女性たちがいてもおかしくありませんね。)  その後、戻った麻生副総裁は、マイクの前にたち、完全に下を向いきながら、不機嫌そうな低い声でボソボソと答弁書を読んでいました。 麻生さんの姿は、不良学生が恥ずかしそうに自分の書いた感想文を読むような、少し周りを拒絶するような印象がありました。  麻生さんはすでに亡くなった可能性が極めて高いとみられているジョージ・ソロスと対談し、「あんなにお金を持っているのに、まだ金儲けをしようとするの はすごい」といったような、子供の夏休みの絵日記のような感想を述べていたのが印象的です。 ソロスが亡くなっているとうのは、ほぼ定説となっていて、写真でみても明らかに若返った自称ジョージ・ソロスが写されていました。 麻生さんが会談したソロスも偽者、あるいは2代目ソロスなのですが、生まれながらの権力者であり麻生財閥の流れにあるので、それくらいの裏社会事情は理解 しているだろうとは思います。  麻生副総理の子供の感想文のような感想は、麻生節として、麻生さんらしい率直な意見ということに、旧メディアでは扱っているようです。 中身といいますか、自分の意見がほとんど含まれていないので、何の役にも立ちませんが、特に悪い影響もありません。 まさに毒にも薬にもならないとはこのことでしょう。  麻生副総理の居眠りは、さながら不良のリーダーのようになっていて、たまに咳払いして周囲を威圧したり、たまに体を動かしては、何となく起きているような雰囲気をかもしだしていました。  安倍首相も自分の関わる質疑の文書の読み上げが終わると、安心したのか、居眠りが本業なのか、居眠りを始めました。  国会中継の午前の部は、自分たちは関係ないとばかりに、その後は、安倍首相と麻生副総裁は仲良く居眠りを続けたまま、幕を閉じます。  午後の部でも二人は豪快に居眠りを続け、まさに余人を追随を許さないとはこのことでしょう。 政党助成金などの税金を無駄使いしては、毎日、豪遊している二人は、国会の議論など聞く暇はないということでしょうか。 二人は交通費の請求額も尋常ではなく、菅さんあたりも地球5週分くらいでしょうか、何十万キロの移動した計算になる請求を出しては、税金を無駄使いしてい ます。  大物政治家の居眠りがどうしたのだ、当たり前の話ではないかと、思うかもしれませんが、国会という議論の場には、当然、ふさわしくない行為です。 麻生副総理の咳払いに、咳払いで応じるほど勇気のある人というのも、さすがにいないかもしれませんが、この非道を国民に伝えるため、いきなり想定外の質問 をしては、「居眠りしていたようなので、もう一度、説明します」などと、切り返すこともできるでしょう。 要はやり方の問題です。 やり方次第では、ほかにも居眠り大臣たちを批判する方法もあるはずです。  その方法のひとつとして、スマートな方法となるのが、居眠り時間の計測です。 居眠りの総時間数を調べて、国会ので彼らが目覚めている時間を分母とすれば、居眠り時間比率が分かります。 彼らの年収にその比率をかけて計算すれば、居眠りのために税金がいくら無駄になったかという客観的なデータを示すこともできます。 居眠り批判としては、今のところは、このあたりが現実的な対策となるのではないでしょうか。  さらに過去の国会中継も調査すれば、よりよい調査結果となり、政治腐敗へと人々への関心を向けるよいきっかけになることも期待できます。 政治に興味のない普通の人たちには、まず興味を持ってもらうことが大切です。 興味を持ってもらってから、いかに政治が腐敗しているか、官僚主権で政治家やマスコミなどが支配されてしまっている現実を説明すれば、政治に関心の薄い人 たちでも、スムーズに政治への参加するよう導くことができるでしょう。  政治や社会を健全化するには、より多くの人の協力が必要となりますので、普通の人でも興味が沸きやすい居眠りというのは、なかなか強力な武器となるのではないでしょうか。  なぜ普通の人たちが会議や仕事中の居眠りに興味があるかというと、日本社会は道徳意識の高い社会ですから、一般的に、その会議やその場でのトップにでも ならないかぎりは、居眠りなどは一瞬たりとも許されず、その場は見逃されたとしても、後々まで居眠りをした事実を非難されることになるからです。  普通の人たちがやたらと非難される居眠りを、毎回、さらに長時間続けた上に、その居眠りに何百万から何千万という大金を、私たちの税金から支払っている訳ですから、納税者としては、到底許せるものではありません。  社会とは、普通の人たちの小さな不満や怒りが集まって、それが大きな力となることで変わっていくものです。 2017/2/17   目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク   Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明   集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)   集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)   集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)   集団ストーカーまとめサイト (Wiki) Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.

      6
      テーマ:
  • 05 Mar
    • 社会的な不正や政治腐敗の仕組みの簡単な説明 2017/2/21

      目次 > 社会不正 > The_easy_explanation_of_social_injustice_and_mechanism_of_political_corruption, 2017/2/16, 2017/2/21  日本の社会的な不正や政治腐敗の原因をたどっていくとおおむね次のようになります。(腐敗内容によっては、順番が多少入れ替わります) (結果) 社会的な不正・政治腐敗 … 官僚主導の重税、売国政治、人権侵害  ↑ 不正選挙・マスコミの偏向報道 … 民意を無視する官僚主権国家作り  ↑ 政府・政治家 … 従順な演説家しか選ばない血統主義、裏金作り  ↑ 検察 … 不正・犯罪の隠蔽、裏金作り  ↑ 警察 … 官僚・公安の手伝い、裏金作り  ↑ 公安・自衛隊 … 不正・犯罪の実行、裏金作り  ↑ 官僚 … 裏金作りのための不正・犯罪とその隠蔽作戦の立案と実行  ↑ 大企業 … ワイロで政治・国家を支配、金融・軍事・エネルギー・医療産業など  ↑ 宗教 … 創価学会・統一教会・神道・ユダヤ悪魔教などのカルト宗教  ↑ 軍事同盟・国際機関 … NATO・日米同盟、国連・BIS・WHO・ユニセフなど  ↑ 超富裕層 … 金儲けのため国家支配や戦争・民族対立などの首謀者 (原因)  結論からいうと、昔から続いている、金持ちの悪だくみが、今でも続いているということです。 外国の金持ちの代理人や仲介人が、日本へ大量に入り込んで悪いことをしています。 また、これは世界的に行われているので、ほかの国もだいたい同じ状態にあります。(国民が主権を持っているのはロシアくらい?)  日本では表の警察と秘密警察である公安警察を一体化させた組織とすることで、秘密警察の腐敗を正せない仕組みになっています。 また、検察が警察組織を捜査できる立場にあるのですが、検察が日常的な活動に必要となる情報の多くを警察に管理させることで、警察が検察を組織的に支配で きるようにもなっています。 そのため警察組織は実質的に法の上に存在し、強力な権力組織となっています。  法の上に存在するからといって警察が日本のすべてを支配しているという訳でもなく、警察の予算などの権限を持つ都道府県議会があったり、さらに議会への強い権限を持つ官僚などが存在し、警察を支配しています。  この警察を上位から支配するのが官僚組織で、官僚はこの警察権力によるおどしと組織力で政治家や政府自体を支配しています。 この官僚を天下りなどの後渡し式の時間差ワイロで支配しているのが海外投資家、いわゆる超富裕層と呼ばれる人たちで、日本の官僚の主要ポストはすでに超富 裕層の代理人たちに支配されてしまっています。  その結果として日本の政治は重税・売国政治が行われる、人権侵害がひどい警察・監視国家となってしまっています。  ちなみに超富裕層というのは、王族などの流れをくむ家族グループや巨大銀行グループ、財閥など他国の企業や土地まで買収しているようなグローバル投資家 と呼ばれる巨大資産家たちのこことです。 彼らはお金や経済支配を基本としているので金融マフィアとも呼ばれています。 世界人口のは0.01%程度にすぎない超富裕層が世界の富の大半を持っているという超格差状態が問題となっています。 2017/2/16, 2017/2/21 < 参考 > 国際(世界)金融マフィアとは? 日本系金融マフィアとは?   目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク   Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明   集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)   集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)   集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)   集団ストーカーまとめサイト (Wiki) Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.

      2
      テーマ:
  • 03 Mar
    • 被害改善活動 進捗と展望 2017年3月2日

      目次 > 個別分析 進捗と展望 > progress170302, 2017/3/2, 2017/3/3, 評価:B < 目次 > 社会不正短観 進捗一覧 進捗の概要 今後の展望 その他の現在作成中の記事はトップページ下部の編集中をご覧ください。     社会不正短観  < 日本が裏社会の重要拠点へ > 数年前から出ていた情報ですが、三菱地所がいろいろな宗教施設を一箇所に集めた統合宗教施設のようなものを作っているという情報が、現場の作業員などから漏れています。 世界各国の首脳などのが日本へ訪れると、まず最初にその統合宗教施設に足を運ぶそうです。  ほかにはリニアモーターカーをパリから日本までつなげて、パリ・日本間を4時間で移動する計画や、ビル・ゲイツが軽井沢に巨大な地下施設を作り、その地下には300人規模の人間が暮らせる施設になっているなどの情報があります。  これらをの情報から、どうやら超富裕層は世界一安全な日本を隠れ家、もしくは活動拠点にする計画なのではないか、という説が出ています。  世界の政治の舞台からグローバリストが姿を消すなか、日本の政治家だけがのうのうと悪政を続けていられるのも、裏社会の有力者が日本へ集まって指揮を とっているせいかもしれません。 超富裕層は、いざとなったら南極に逃げるのではないかとみられていますが、南極は寒いし不便ですから、とりあえず安全な日本へ移住してきたということでは ないでしょうか。 日本はユダヤの民にとっても遥か東の楽園となる場所に位置していますので、割とスムーズに日本への移住計画が進んだのかもしれません。  彼らが日本へ集まってきてしまうということは、日本人としては日本が核攻撃の標的ともなってしまっている危険な状態にあるとも言えますので、彼らには早く出て行ってほしいところです。 2017/3/2   < BFともお別れか >  BFとは有名陰謀論者のベンジャミン・フルフォードさんのことで、彼は陰謀論の世界ではBFと略されるほどの有名人です。 JRPの国家非常事態宣言という動画番組に出演していたのが、2016年2月4日の動画を最後に出演しなくなり、安否が気遣われていたところです。  そのベンジャミンさんが2016年12月1日の動画から、JRPに復帰したまではよかったのですが、久しぶりに見る彼の顔は人相が悪くなっていて、さぞやご苦労されたのだろうと思っていました。  その後もベンジャミンさんの人相の悪さは相変わらずで、何が起きているのかと思いましたが、2月ごろになると急に論調を強め、安倍政権に1兆円支払うよ うに迫ったり、強硬な態度に出るようになっていました。安倍さんに対しては以前から、「逮捕されるぞ」などと言っていたので、彼の論調の範囲にあるといえ ば、かろうじてそうとも言えますが、強硬な姿勢がさらに強まっていたことは事実です。  このあたりからネットの論調も、BFともそろそろさよならする時が近付いているのではないかという風に変わってきていました。 私個人から見ても、ベンジャミンさんの中国ひいきは明らかで、たとえば、中国人スポーツ選手が、卓球で不正をしていると日本人が訴えている問題でも、ベン ジャミンさんはそんな小さなことは関係ないと言い切っていました。  この中国選手の卓球ラケット違反は、世界情勢から考えると、たしかに何の影響力もない小さなルール違反にすぎないことでしょう。 しかし、日本人にとっては小さな問題にはならないのです。 明らかなルール違反を国を挙げて行っているような中国のことを、日本人の正義感は許せないのです。 単なるスポーツの国際試合とはいえ、やっている選手は人生をかけて取り組んでいます。 本当に小さな問題であるのなら、そんなつまらない不正はやる必要はない、というのが日本人の考え方なのです。  明らかな不正を国が行い、日本チームが訴えても主催者側が対処しないという状況が許せないのです。 これは日本が被害にあっているのがきっかけで注目された事件ですが、たとえ別の国が被害にあっていても、逆に日本側のよく分からない在日スポーツ選手団が 行ってたようなことであっても、日本社会では許されることではありません。 去年あたりもバドミントンの選手が賭博問題で出場停止に追い込まれているように、日本国籍の人間が不正をしても、同じように許せない訳です。  ベンジャミンさんには、一言、「それはよくない」といってほしかったのです。 悪いことを悪いと言えないような人が信用を得るのは難しいでしょう。  こういった感覚の分からないベンジャミンさんがいつまでも青い目のサムライとして日本人に受け入れら続けるかは、あまり期待できないでしょう。  裏社会のつながりを考えてみても、ベンジャミンさんが以前務めていたフォーブスというのは、裏社会の真の実力者ともみられているキャボット家の資本で作 られた雑誌で、フォーブスのアジア支局はアジア侵略の情報収集や情報操作を担当している部署とみられています。 大学の学生秘密結社として作られた組織に、ラッセル家がエール大学で作ったブッシュなどが所属しているスカルアンドボーンズとキャボット家がハーバード大 学に作ったポーセリアン・クラブというのがあります。 これらについてはベンジャミンさんくらいなれば当然知っているはずですが、非難するのはスカルアンドボーンズばかりで、キャボット系のポーセリアン・クラ ブはあまりふれていません。(これにはポーセリアン・クラブが裏社会でそれほど目立っていないだけかもしれませんが)  裏社会を大局的にみると、キャボットはロスチャイルドにもプーチンさんにも融資していて、丁半両賭け、ルーレットの白黒両方に賭けるような資金繰りをし ているそうです。 全体の流れからするとベンジャミンさんの役割は彼の言う白竜会というアジアの王族の秘密結社の代理人というよりは、中国の利権拡大の代理人に近いような雰 囲気もあります。 私としてはベンジャミンさんに対して、すっかり興味を失ってしまったので、彼の話の内容はあまり確認していないのですが、元々、私からするとあまり興味の ない海外情報が多かったような気もします。  さらにその後の話ですが、ベンジャミンさんもジャーナリストですから、そのあたりの日本人の機微を感じ取ったのか、近頃はまた少し人気を取り戻しつつあ るようです。 私としてはスポーツの不正とはいえ、不正を簡単に見逃してしまうような価値観の人の話には、相変わらずあまり興味が沸きませんが、ベンジャミンさんが今 後、信用を取り戻していく可能性もないことはないでしょう。  私としてもみんなから信頼されるようなジャーナリストであり続けてほしいとは思っています。   < グローバリストの敗北は確定的 >  いまさらですが、ヒラリーを大統領にできなかった、あるいはトランプさんの大統領就任を阻止できなかった時点でグローバリストたちは、すでにその信用の 多くを失っていることでしょう。 世界の支配者などと自称していたのはすでに過去の話であって、今では単なる金持ちの詐欺集団にすぎなかったことを、世界の誰もが理解し始めています。  世界の支配者ではなく単なるお金持ちの集団であれば、彼らに対してそれほど気を使う必要はありません。 ビジネス相手としてはよいのでしょうが、それ以外の不正や犯罪部分については彼らの命令に従う必要はなくなりつつあります。 残念なことですが、これを一番理解できていないのが日本のの有力者、政財界人ということになるのでしょう。  グローバリストや超富裕層と言えば聞こえはよいですが、実際には利益のためなら不正や犯罪、暴力や殺人などまで厭わない利益至上主義の詐欺犯罪集団のよ うなものです。 そのため、彼らはすぐに人をだましたりおどしてきますが、実際にはそれほどたいした実力は持っていなかったのです。 これには世界中がうっかりだまされてしまっていました。  おそらく金融ユダヤの本質というのは人をだますのが得意なだけで、それ以外は特に大した力はないように思えます。 ゴイム(ユダヤ人以外の人のこと)をだますよう努力しなさい、というのが金融ユダヤ人たちが子供のころから教えれる教育内容だそうです。 ほかには自分のこと以外信じるなという教えもあります。 アメリカ人なども金融ユダヤ系の人たちと付き合わせると性格が悪くなるので、自分の娘は金融ユダヤ系女性のグループには近づけさせないなどと気を遣ってい るそうです。  日本でいうと金融ユダヤ人に分類できるかどうかは分かりませんが、台湾からの帰化人である民進党党首のレンホウさんなども感情に訴える演説を得意として いるようですが、ああいったスキル自体はすごいものですが、それを人をだますために利用しているとすれば、やはり問題です。     進捗の概要  < 2月のおすすめ記事 > 近頃のネット情報はサイトよりもブログが多いせいか、作者のみなさん本人がどの記事を特にすすめているのかよく分かりません。 気にしている人は、「重要」と書いたりや星マークを付けたりしているのですが、私のサイトでは何も書いていないので、今後は、記事の自己評価を付けてみて も面白いのではないかと思っています。  さしあたり2月のおすすめ記事、より多くの人に読んでほしい記事は、次の記事です。(ブログには3月中にはアップされると思います) 情報分野の健全化  ネット発言の妨害を防ぎ、メディア・学問など情報分野の嘘をなくす   < 政界名珍場面集スタート >  世の中の不正を改善するには、法的な手続きが必要になります。 この手続きは政治的なもので、主に国会で行います。 そのため、日本をよくするためには、日本人に政治についてもっと関心を持ってもらう必要があります。 そのためのカジュアルなアプローチとしては、より多くの日本人が政治に興味を持てるよう願って、政界名珍場面集として政治や外交の事件を編集公開していく ことにしました。  日本の政治を憂う心は多くの日本人のなかにあったのか、この動きと呼応するかのように、今年の2月は安倍総理への学校・国有地横流しスキャンダルへの批 判がヒートアップしました。 私のほうでも、麻生さんは麻生財閥があり子供もいるので使い捨てとも言い切れませんが、安倍さんのほうは子供もなく、本人が亡くなってしまえば何も残らな い使い捨ての政治役者にすぎないと批判していたので、多少は影響を与えたのかもしれません。(一連のスキャンダルのきっけかが、安倍晋三記念小学校とい う、いかにも安倍さんの名声(実際は悪評)が後世に伝えられそうな小学校であったならばの話ですが)  安倍さんのグローバリストに対しても、反グローバリストに対してもよい顔をしてその場をとりつくろうようないい加減な態度が、双方から反感を買い、結局 のところ誰も助けてくれない状態になってしまっているようです。 問題が大きくなってきたので、安倍さんはいつもの言い訳作戦で、学校側に責任を押し付けたものの、学校側も責任を取らされすべてを失う訳にはいきませんの で、安倍さんが悪いと真っ向勝負の構えです。  安倍さんは毎晩、マスコミ関係者を高級料亭に呼び出しては、報道しないように頼み込んでいるそうです。  3月には勝負がつくのか、安倍さんがゆるゆると逃げ切るのか、どうなるかは分かりませんが、今回のよかった点は、政治家たちがギラギラするような安倍批 判を繰り広げ、政治腐敗と戦おうという姿勢を見せ始めたことです。 実際に国会議員が、今の国会はギラギラとした熱気に包まれていると言っていますので、日本再生も思うほど遠い未来の話しという訳でもないのかもしれませ ん。 きっかけさえあれば一気によい方向へ向かうかもしれません。   < 音声動画シリーズ「聞く道徳教育」スタート >  社会的な不正は結局のところ政治を健全化しないといけませんが、それまでの間の被害軽減策として、現場の加害者ひとりひとりの道徳意識を高めることで不 正や犯罪を抑止しようと考えています。 その活動として音声動画による聞く道徳教育シリーズの作成を開始しました。 感動的な話しや泣ける話を音声化しています。 実はすでに限定的に、あまり質はよくないですが全体を音声化したものを公開していますので、今回のちゃんと編集した「聞く道徳教育」のほうは、少しずつ進 めるのでよいかと思っています。  実際には、加害者へ聞かせる道徳教育と言ったほうが正しい表現になります。 私のところでは、加害者が「やめろっ」などといって苦しんでしましたので、ほかの被害者の人たちにもそれなりに効果があるだろうと期待しています。  弱点としては長期的に同じ話を聞かせ続けると、加害者もあきてしまうでしょうから、効果が低くなってしまうであろうことです。 この点は今後、検討していかなければなりません。   < ネット上の偽被害者 >  まだあまり記事には書いていませんが、ネット上には被害者を名乗る偽被害者がいて、被害者を直接的に誘導したり、被害者同士の離間工作をしています。  彼らの主張をよく確認すれば、犯罪の隠蔽や対策をあきらめさせるなど、明らかに加害者側の都合で行われているネット発言であることは、見抜くことができ ます。 ただし、それをすることには時間と労力がかかり、さらに悪いことに被害者には特にメリットはありませんので、いかに無視できるかがポイントとなってくるで しょう。  私のところにも偽被害者本人や、偽被害者からの被害を受けている被害者からの情報が入ってきています。 いろいろな偽被害者がいますが、明らかに同じアカウントを複数の人間で使いまわしているようなチーム型の犯罪グループも混ざっています。 私個人へネット発言してくる偽被害者は同じチームの犯罪者が複数のアカウントを使い分けて送ってきているようです。 発言内容に一貫性がないのですぐに加害者だと分かりますが、何ヶ月も泳がせて情報を分析したりもしています。 さすがに加害者も泳がされていることに気付いていますので、このお互いが気付いている茶番劇がいつまで続くか、私としても放置ぎみに見守っています。  偽被害者のネット発言でも繰り返すことで、被害者のネット発言全体に対する信頼性を下げ、被害者同士のコミュニケーションを妨害できるなどと、加害者はのん気に考えているのかもしれません。  たいていの被害者は集スト被害のせいで、かなり用心深くなっていますので、偽被害者にだまされるような人は少ないだろうと思います。 また信頼関係のない相手に一方的にコメントしてきたり、相談を持ちかけてくるような人に、それが偽被害者であろうがなかろうが、あまり相手にされないこと でしょう。 そのため実際はほとんど被害は出ていないだろうと思います。 偽被害者の工作活動はほとんど効果がない無駄な努力となっているはずです。  被害者の多くは、偽被害者に対しては、気付いていても黙って相手にしない、というのが現状のようです。 このあたりは普通の人間関係と同じで、怪しい人とはかかわりたくないという理由もあるでしょう。  公安警察というのは犯罪者として利用するために毎日犯罪の訓練をさせられています。 集団ストーカーという理由のない冤罪違法監視犯罪も、その犯罪者としての調教のひとつとなっていることでしょう。  しかし、公安にもまともな考え方のできる人もいて、公安がエリート警察ではなく犯罪実行犯として調教されている犯罪奴隷であるという事実に気付くことが あるようです。 そういう人たちは犯罪調教を続けているような公安からは離れていきますので、頭の悪い犯罪奴隷だけが残り、結果として頭の悪いネット発言を繰り返すことし かできないという現状を作り上げているのでしょう。  あのような低レベルのことしかできない加害者が公安などの超法規的な立場で特権を乱用しているとなると、日本の警察も相当に質が悪いと言わざるを得ませ ん。 警察組織は透明化して、人員も3分の1くらいにすべきでしょう。 公安や自衛隊もCIAの下部組織としての機能もありますので、規模を小さくして実力を抑えれば抑えるほど、日本は平和に近付くことになるでしょう。     今後の展望  日本は国民主権ではなく官僚主権の腐敗状態ですから、官僚批判をもっと的確に行い、官僚の不正をひとつでも多く防いでいきたいと思っています。  集スト関連記事は日々、質が上がってきていますので、これはこのまま継続していきます。 集団スト-カー教程というおすすめサイトがあるのですが、この内容を私のサイトにも反映させようか、リンクを張って済まそうか、すこし迷っている感はあり ます。 いずれは結果的に反映されることになるのでしょうが、意識的に行うか、音声動画化のペースに合わせるか、といったところです。  検討事項や懸案事項ファイルによる新記事の管理も少しずつ進めています。 世の中の多くの人たちのアイディアと同じように、この被害改善責任論の記事となる予定のアイディアも、考え出したときはインパクトを感じていたのに、後か らみると、それほどたいしたインパクトのない普通の観点の記事に見えてしまい、アイディアの風化感に一抹の寂しさを感じています。  何度も書いている気がしますが、このサイトも拡大よりも内容を充実させる時期に入っているということでしょう。  次が予定・継続案件になっています。 あまり進んでいないような気もしますが、検討中の案件です。 2017/3/3 ・政界名珍場面集 2017/3/2 ・官僚の弱点などの調査、ひとりひとりの悪事をネットにさらすか、正式に罷免する方法もあるか? 2017/2/1 ・社会洗脳の方法となる詐欺や詐欺師の分析 2016.10.1 ・被害改善ガイドラインの提示 2016.9.18 ・個々の被害者への支援 2016.10.1 ・医療不正の改善(特に精神医療) ・不正選挙の防止(アンチガスライティングによる被監視拡散活動中) 2016.10.1 ・環境利権、エコビジネスの社会洗脳詐欺(地球温暖化も海面上昇も本当は起こらない) 2017/2/2 ・金融債起動に向けた世界統一電子通貨案の検証(すでに検討されているであろう内容の調査など) ・社会不正の構成図作成(社会不正全体、情報マスコミ、日本やアジア、政治・宗教関連) ・社会不正、裏社会の導入記事作成(社会不正の理解を広めるため記事、説明サイトの紹介など) 2016.6.4 ・元NSA職員、カレン・スチュアート裁判 2017/1/1 ・モラルが低く稚拙にみえる朝鮮人の歴史的な反モラル独立戦略、嫌われることで侵略を防ぐニダ 2016.6.8 ・人口削減計画を阻止するための食品・日用品の危険性周知 2016.7.3 ・ASKA事件の検証 2016.7.3 ・スポーツの電磁波被害を防ぐ 2016.7.3 ・電磁波対策の製品や生活環境の調査、対策グッズと統合予定 2016/8/2, 2017/2/2 ・集団ストーカー被害の具体策の検討 2016.9.18 ・集団ストーカー犯罪の流れの図解 2016/11/5 ・裏社会と人類史(世界版・日本版)のまとめ 2016/11/5 次は、保留的に継続中の案件です。 ・集団ストーカー、強制尾行犯罪の利権構造図作成(集団ストーカー、在日利権ネット) 最後が、保留中の案件です。 ・集団ストーカー被害者団結活動  被害者の団結はいずれは必要となりますが、時期尚早という印象があります。 なぜなら公安など加害者側の妨害が激しいからです。 どうなるにせよ団結は、険しい道のりが予想される難しい問題ます。 せめて共謀罪の様子をみたり、ネット検閲やネット妨害のある現状を先に改善すべきだろうと思います。 「やったほうがいいが、まだはやい」というと、郵政民営化のときの知識人たちの見解のようになってしまいますが、被害者に負けが見えている戦いをけしかけ るようなことになってもよくありませんので、致し方ありません。 先に戦える状況を作るべきだといったイメージでみています。 2016/6/4, 2017/3/3     < 番外:ミナティも結局テク犯被害ネコだった? >  真冬に木に登り3日も降りてこないので、とても心配な我が家の飼い猫ミナティですが、どうやらテク犯被害で木に登らされていた可能性が濃厚になってきました。  真冬でも木から下りられないのではかわいそうですから、私はミナティに木から下りる練習をさせていました。 しかし、相手はネコですから、これがうまくいったようには思えません。 それにもかかわらず、木に登っても無理に降ろさずに放置しておくことにしたら、いつの間にか降りてくるようになっていたのです。 悪いことではないのですが、初めからネコが怖がる音声送信や不快感を与える電磁波送信の被害で、木に登らされていただけなのではないかという可能性が出て きました。  我が家には南東と北西の方角に公安らしき犯罪者のアジトがあり、南西側には監視塔のような、行楽地などにある監視カメラとライト、音声放送ができるス ピーカーが内臓された電信柱のような施設が設置されています。 どこからでも監視できる体制になっているので、公安らしきの子供じみた犯罪者が悪ふざけでネコをいじめては、監視して喜んでいたといったところでしょう。 公安らしき犯罪者も普段はスマホをいじっているだけで、全然働いていないのですが、せめて動物虐待くらいはしないでおいてほしいものです。 2017/3/2   目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク   Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明   集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)   集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)   集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)   集団ストーカーまとめサイト (Wiki) Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.

      11
      テーマ:
  • 01 Mar
    • 居眠りで3千万円稼ぐ居眠り番長、ニート大臣、国会では目を閉じるのが仕事? 麻生太郎

      目次 > 社会不正 政治・経済(表社会) > 政界名珍場面集 > 麻生太郎 > Doze_minister_Aso_Taro, 2017/3/1  国会で居眠りをしている大臣というのは昔からよくいる訳ですが、麻生太郎財務大臣(旧大蔵大臣)の目を閉じる速さと、目を開けるまでの時間については歴代大臣の中でも郡を抜いているのではないでしょうか。  2017年2月の7日と14日、NHKの国会テレビ中継では、映像で確認できたかぎりではおそらく半分以上、詳しくしらべみないとわかりませんが場合によっては9割程度は目を閉じた状態が続いていたのではないかというほどの居眠りっぷりでした。  国会では両日ともに予算委員会が行われていて、これは予算管理の責任者である財務大臣にとって最も重要な審議の場であるはずです。 それがこともあろうか財務大臣が居眠りし放題の状態でした。  普通の庶民が職場で居眠りをしようものなら、強烈な監視体制が敷かれたり、仕事を大量に押し付けられるなど大問題に発展することもあるのですが、麻生さんほどの実力者となると関係ないようですね。  麻生さんの大臣報酬は2千万円くらいで、政務調査費700万円、交通費が地球4周分くらいでしたか(?)、そのほかにもいろいろな経費受け取りや収入に あたるものがありますので、実質的には5千万円くらいの税金が麻生さんの銀行口座へ移動しているそうです。 その7割が居眠りを元に稼いでいるとすると、3千5百万円くらいは居眠りひとつで稼ぎ出している計算になります。 財務大臣にとって最も重要な審議であろう国会の予算委員会で、よりにもよってNHKで放送されているときに7割くらいは居眠りをしているくらいですから、 通常の国会ではもっとひどいかもしれません。 おそらく麻生さんの居眠りの自給は普段はもっと高いのでしょう。  麻生さんといえばコンクリート会社や派遣会社、ニコニコ動画などまで運営する麻生財閥がついていますので、国会議員のなかに恐れる相手などはいないということかもしれません。 さしずめ、働いたら負けだという信条の日本でいうところのニート大臣といった雰囲気でした。  居眠りが仕事のようになっている麻生大臣ですが、たまに官僚に渡された台本を読んでいる場面も見受けられました。 下を向き、低い小さめの声で周囲を威圧しながらも、少し恥ずかしそうに返答台本を読み上げる姿は、中学生の不良少年が読書感想文でも読まされているかのよ うでした。 その姿にタイトルとつけると、居眠り番町、台本を読む、などとするのが適切でしょう。 麻生さんが、ごくたまに咳払いをして周囲の国会議員を威圧する姿も、自分が番長格であることを堂々と主張しているようにも見えました。  安倍総理は職務上、質問に答える場面が多いので、麻生さんほどは居眠りはしていませんでしたが、国会審議中全体の半分くらいの時間は居眠りをしていた印象があります。 両日の予算委員会の中継を見た限りでは、麻生・安倍が居眠りのツートップとなっていました。  お二方とも天皇の親戚筋で天皇グループの代表ですから、彼らからすれば国会程度のつまらないものにはあまり興味がないのかもしれません。 政治に使われるはずの税金も交際費として毎晩高級料亭などでばらまき使い続けているそうですから、麻生・稲田・安倍のお三方あたりは夜の仕事のほうが重要 なのだということかもしれません。  安倍総理は子供がなく、昭恵婦人も家庭内野党などといって夫に批判的な立場をとっては、婦人もむしろ喜んでいるような雰囲気があります。 安倍さんが亡くなるとこの婦人が財産をすべて引き継ぐでしょうから、この世にはほとんど何も残せないということになるでしょう。 もう少しのところで、安倍晋三記念小学校がこの世に残せそうなところまでいきましたが、これは裏金問題から取り消されてしまいました。 そのため安倍さんは、歴史年表の歴代総理欄に名前が残るくらいで、ほかには何も残せないのかもしれません。  それに引き換え、麻生さんのほうは子供も麻生財閥の企業の要職につき、日本にしっかりと地盤を築いていますので、また子供たちが政界入りし、大臣や総理 大臣になる可能性もあることでしょう。 麻生さんはフランス・フリーメーソンの流れをくんでいて、裏社会でもまずますの実力があるようです。 日本のフリーメーソンでは森元総理がトップなのではないかという話もありますが、力関係はよく分かりません。  安倍総理も使い捨ての政治役者としてみると、自業自得とはいえ、少し哀れな部分もあります。 2017/3/1   目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク   Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明   集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)   集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)   集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)   集団ストーカーまとめサイト (Wiki) Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.

      9
      テーマ:
  • 28 Feb
    • 無敵の言い訳説法、するする詐欺 安部晋三 - 政界名珍場面集 2017/2/27

      目次 > 社会不正 政治・経済(表社会) > 政界名珍場面集 > 安倍晋三 > 無敵の言い訳説法、するする詐欺 安部晋三 - 政界名珍場面集   The_cheat_it_s_expected_to_handle, 2017/2/27  2016年の安保関連法案の改正のときは、国民に説明し理解を求めていく、というような台詞を繰り返すだけで、中身は何も説明しなかかった安倍総理です が、その結果何が起こったかといえば、自衛隊の南スーダン派遣や日本の武器輸出解禁など軍事産業の利益拡大です。 三菱など軍需関連企業でも年収1億円を超える役員が続出しました。  世界レベルからすると中途半端な日本の軍事力強化や自衛隊の海外派遣は、世界から特に評価される訳でもなく、自衛隊は南スーダンで地元の少年兵まで撃退 するようなことを繰り返しています。 自衛隊は銃を持った子供まで銃殺してしまっているとみられていますので、こんなことをしていては慰安婦問題のように長年、主に韓国などから非難されかねま せん。  ちなみに内戦であれば、どの勢力もいつかは武器も兵士も底をつき戦いは自然と終わるものです。 それを長引かせてしまっているのが、外国からの支援という名の武器その他の援助物資です。 南スーダンで起こっているのは政府軍と反政府軍に分かれての内戦ですから、本来、外国が手を出すべきではない問題です。  この明らかな戦争という悲劇を助長しているのが、安倍総理のするする詐欺です。 するすると言ってやらないのは、説明だけでなく、国会でも何か指摘されれば事実関係を調査するといい、問題が起これば責任を追求するといい、とにかく対処 します、頑張りますという台詞だけを繰り返しては何も対処していません。  今では調査結果待ちとなっている案件がいくつあるか分からないほどにまでなっています。 さらに、2017年の天下り問題の審議では5年前の件まで調査中だといって事実を隠蔽するようなひどい状態にあります。  政治を国会の現場で監視できる野党議員のみなさんは、特にこの安倍総理のするする詐欺そのものについて追求しなければなりません。するすると言うだけで 何もしないという事実を指摘し、説明させないことには、国会の質疑を繰り返しても日本の未来を明るい方向へ進めることはできないでしょう。  日本の政治は官僚主導で、日本は官僚主権国家とまで言われています。 するする詐欺も政治家の質疑応答も官僚が仕組んだシナリオ通りの政治劇にすぎないのでしょう。 政治家は官僚が用意した質問と答えを読み上げ、野党は問題を追及しているふり、与党は問題に対処するふりを繰り返している訳です。  それでも国会には日本人の代表として日本人のために心ある政治を行いたいと思っている議員の方も、与野党問わずいるはずですから、ぜひ頑張ってほしいところです。 政治腐敗に対しては、言論だけでもまだまだ戦える余地があります。 2017/2/27   目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク   Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明   集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)   集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)   集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)   集団ストーカーまとめサイト (Wiki) Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.

      2
      テーマ:
AD
「大丈夫です。 勝つまでやれば、勝てます。」

 不正や犯罪が悪いことであり、悪い人がやっているということが分かっている以上は、それらを改善できる可能性があります。 あきらめずに頑張り続ければ、いつかは理不尽な境遇や不本意な状況を改善し、よりよい状態へと変化させることができます。それをあらわしたのがこの「大丈夫です。 勝つまでやれば、勝てます。」という言葉の意味です。 これは、より多くの人たちに、まだ勝ち目の残っている戦いを無闇にあきらめないようにしてもらうための私からのささやかなエールでもあります。


 70歳以上の人たちを対象にした、人生で後悔したこと質問したアンケート調査では、私たちの未来の姿である高齢者が年を取って思う後悔の第一位は、できる可能性があったのに挑戦せずにあきらめてしまったこと、できるチャンスがあったのにチャレンジしなかったこととなっていました。

 心理学的にみると質問自体が暗にこの答えへと誘導している印象も少しありますが、やってしまって失敗したことではなく、やらなかったことを後悔するというのが普通の人が感じる普通の印象だったということはおおむね事実です。

 夢や希望に向かって突き進んでいる人たちも、スランプや挫折におちいることはよくあることでしょう。 スランプや挫折というものは、そもそも努力の数だけ存在するような、乗り越えたいハードルそのものと言ってもよいかもしれません。 そんなスランプや挫折と向き合っている人たちにも、この「大丈夫です。 勝つまでやれば、勝てます。」という言葉を思い出しで、少しでも後悔の少ない人生を送ってほしいと願っています。


 このブログは世の中のいろいろな不正や犯罪が原因となる被害を改善していき、最終的な集団ストーカー・テクノロジー犯罪問題の解決を実現するための情報公開の場として作りました。 この活動自体が私にとっての後悔を少しでも減らすための、人生の改善努力と言ってもよいでしょう。

 このブログには主に下記のメイン・ミラーサイトで公開している内容を転載しています。 こちらのブログにすべての最新の内容が掲載されている訳ではありませんので、最新情報はメイン・ミラーサイトでご確認ください。

・main site
http://hksssyk.web.fc2.com//hksssyk/index.html

・mirror site
http://www.geocities.jp/hksssyk/index.html

・wiki
https://sites.google.com/site/gangstalkinghksssyk/

・twitter
https://twitter.com/hkskns20150904



ランキング

総合ランキング
114059 位
総合月間
78881 位
公務員
82 位
裏情報
152 位

ランキングトップへ

AD

プロフィール

hksssyk

性別:
男性

読者になる

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。