< 告知 > 「被害改善責任論」 で全記事を公開中。 このブログの紹介はこちら
  • 25 May
    • 被害改善活動 進捗と展望

      目次 > 個別分析 進捗と展望 > progress170503, 2017/5/3, 2017/5/5, 評価:★★★★ < 目次 > 社会不正短観 進捗一覧 進捗の概要 今後の展望 その他の現在作成中の記事はトップページ下部の編集中に載せていました。 しかし、近頃は記事を直接編集するよう方針転換中であまり載せていません。 そのうち整理してこの項目はなくしてしまおうかと検討中です。     社会不正短観  < 共謀罪が実現した未来と2020年の改憲予定 > 共謀罪(テロ等準備罪、テロ特措法)は私たち一般市民の権利を厳しく制限する一方で政府や大企業の権利は制限しないように巧妙に仕組まれています。 共謀罪は戦前戦中の治安維持法を現代版にアレンジし適用範囲をほぼすべての市民活動に拡大し、民衆支配を完全なものへと変化させようとする独裁法案です。  共謀罪は治安維持法を悪化させた最悪の法案で、これが実現すると私たち市民があらゆる不正や犯罪を頭に思い浮かべただけでみなし犯罪とすることができ、未遂の罪も合法的に犯罪扱いにすることができるようになります。  あまりにもひどい法案なので政府・大企業は適用外というかたちことで政治家・企業化など日本の富裕層や特権ゴイムへ配慮されていますが、独裁体制ではいつでも法案を変更できますので富裕層の財産を奪えるような法令変更が行われる可能性も大いにあります。  共謀罪を海外からみると、日本政府自体がテロ首謀者となる条件を完全に満たしています。 そのため、国連のPKOが日本解放を掲げて自衛隊を攻撃してくるような危険があります。 海外メディアで安倍政権や日本会議が極右だという報道が繰り替えさえているのはこのための下準備という部分もあるでしょう。  国連憲章の敵国条件も依然として有効となっているので自衛隊に勝てる自信のある国であれば、どの国が日本に攻めてきても不思議はないという大変危険な状 態になってしまいます。 戦争を一番望んでいるのは戦争に勝って利益を得られる人たちですから、軍事力からすると日米戦争あたりが本命となるかもしれません。 その場合は、太平洋戦争のときのように負ける予定の戦争をまたさせられることになります。  最近、日本政府が、日本国内の監視にCIAのXKeyscoreという監視システムを導入することが分かりました。 これは日本政府が国民を監視するのに使うような表現がされていますが、実質的にはCIAが日本を直接監視するのに使われます。  日本語が非関税障壁だなどと主張し、日本文化を否定しているシオニストがいますが、CIAの監視でも言葉の壁は大きく日本支配には手を焼いているようで す。 そこで現地の日本人に情報収集をさせてCIAのシステムにデータ入力をやらせようという目論見となっているようです。  大赤字国家のアメリカですから、いずれはCIA職員も大量に日本の税金で雇うような形になっていくことでしょう。 現在の在日米軍が実質的に日本の税金で雇われているのと同じやり方です。  このあたりの日本敗戦による日本への破壊計画が一連の内閣人事局、特定秘密法、共謀罪、改憲などの目的とみるのが自然な流れでしょう。 支配層のシオニズムが日本で実現されつつあります。  それでも今の国際社会は戦争の無意味さ、あるいは戦争を正当化できないという事実をよく理解していますので、そう簡単には戦争に参加することはないでしょう。 今のネット社会では民衆をだまして戦争を正当化するということができなくなっているからです。  ネット社会になる前の人々はテレビ・新聞・ラジオなどに情報源が限られていましたので、支配層からの情報に簡単にだまされていました。 しかし今はだまされにくくなくなりつつあります。 特に戦争のような大事件では、その情報を知っている人が少なかったとしても、ネットを使わない人にも情報が広がってしまいますので、政府やマスコミがいく ら偽りの正当性を主張しても民衆は納得しないようになってきています。  さらに戦争では実際に戦った兵士本人が証人となりますので、彼らから戦争という名目で行われた非道な行為の真実が民衆に知れ渡ってしまいます。 国連軍やNATO軍に参加した兵士たちは今でも戦争の非道を指摘し平和を訴えています。 今も続いている中東のテロでは主に傭兵が雇われて戦っていますが、これも戦争で関連の犯罪情報が私たち一般人へ広がるのを防ぐという意味もあるのでしょ う。  特に日米戦争となる場合は、アメリカに利益のほぼすべてが取られてしまうことが目に見えていますので、国連軍などで参戦するとしてもアメリカ以外の国が主力部隊を投入することや、核ミサイルを自ら進んで打ち込んでくるようなことはないでしょう。  所詮は利益の出ない付き合い程度の参戦となるはずです。 そうなってくるとはじめから日米だけでシナリオ通りにやりあってほしいと世界中が考えるようになるでしょう。 そのため、シオニストが望んでいる第三次世界大戦などは、遠い夢物語となっていることでしょう。  共謀罪の話に戻りますが、まだ今のところは共謀罪自体にも大きな弱点があります。 それは憲法違反である点です。 明らかな違憲立法ですから本来は無効です。  共謀罪の施行後に、私たち一般人が政府警察などにたまたま狙われてしまった場合は、逮捕自体は警察の捜査権などで自由に行われるのであきらめるしかない でしょうが、逮捕後は違憲立法を主張し、裁判に持ち込めば最高裁にいくまでには、共謀罪の違憲性やその他の問題点から自分の権利と名誉を守れる可能性もあ ります。 私たち一般市民が個人で戦う場合はこの方法くらいしか日本を救う方法はないかもしれません。  私たち民衆が政治腐敗と戦うには、より正しい批判をより多くの人に伝えるというのが基本戦術となるでしょう。 独裁政権が市民弾圧や言論弾圧を徹底的に行うのは、それが一番危険なものだと理解しているからです。 独裁者は独裁への批判をもっとも恐れています。 独裁者へ対してもっとも効果のある行動はより多くの人によるより正しい政府批判なのです。  独裁者も悪いことをしていることは理解していますのでそこを攻め続けるのが重要です。 これは未来永劫変わることのない真実ですが、共謀罪成立後にどこまで出来るのかはしばらく様子をみる必要があるでしょう。 中国共産党のように、独裁政党の話題はほめることしか許さない、というひどい状態になるのは少なくとも2020年以降となるはずです。 それまではまだまだチャンスがあります。  共謀罪が違憲立法で本来は無効だという弱点に対する政府の対応は、当然、改憲となります。 安倍首相からは2020年改憲予定だと発表されてます。 安倍首相の発言は矛盾率にとらわれない自由なもので、国会議事録から不都合な発言を削除するなど、まるで子供のような自由さがあります。 そのため、2020年改憲予定発言も、また何かあれば簡単にくつがえす可能性もあります。  2020年となると首相も小池百合子などに入れ替わっているでしょうが、彼らも改憲や独裁体制の先にあるものが、日本社会の破壊であることを理解できるようになったら、独裁や戦争犯罪の実行をあきらめさせるチャンスもやってくるでしょう。  政府や天皇の独裁をあきらめさせるには、独裁体制はあくまで過程にすぎず、その先にある本当の目的は日本からすべてを奪うような富の収奪が行われるとい うことを理解させるのがよいでしょう。 メーソン(シオニスト程度の意味)のルールであるシオニズムでは必要であればメーソンはメーソンを殺してもよいということになっていますので、メーソンの 話などはメーソン同士であっても信用できるものではないはずです。  トランプ大統領が選挙で勝ったときも日本政府もマスコミも結果を知らされていなかったように、日本のメーソンなどはメーソン社会ではいくらだまして利用 してもよい下等な存在であることを理解させていきましょう。 裏切られることが分かりきっている計画に協力するのはとても愚かなことです。  安倍さんの自分だけ国家戦略特区の公金還流利益を得続けるというはかない夢は、日本が平和である場合にのみ有効な状態ですから、日本の敗戦後にはそんな利権は維持できません。 敗戦しなくても独裁体制となれば天皇などに没収されるのが目に見えています。  安倍さんだけでなく他の大半の富裕層も自分の財産を維持することは難しいでしょう。 大企業の株などはすでにグローバル企業に半分以上が奪われてしまっていますが、今の体制が続くとこれから先も奪われ続けることになります。  シオニストが掲げている日本破壊というのはあらゆる支配権と富の収奪を目的としています。 そうなった世界で安倍首相のような日和見政治家が生き残れる場所があるかどうかは、あまり期待できないでしょう。 安倍首相の主な仕事である台本読み上げなどは、誰でもできるような作業にすぎないからです。 安倍首相の存在価値は、最後に責任をとらせることくらいしかないでしょう。  安倍さんには今の現実が、自分がうまく国民を誘導しているように映っているのかもしれませんが、実際には、まんまとシオニストに富を奪われているだけだということを理解させてあげましょう。   < トランプ政権はシオニスト政権 >  トランプ政権は軍事政権だと言われていますが、さらに強固なシオニスト政権であることが分かってきました。 当のアメリカでは大統領選挙前の大統領候補だったトランプ大統領が、イスラエルにある米国大使館をエルサレムに移転すると発表した時点で、多くの人がシオ ニストだと気付いていたそうです。  私がそれほどトランプ大統領に関心を持っていなかったせいか、気付きませんでしたがほぼ全員がシオニストでトランプさん自信も高位フリーメーソンだとみられているそうです。  私が近頃、仕方なく調べているシオニズムから見てもトランプ大統領はマニュアル通りの活動を続けています。 シオニズムという彼らの支配洗脳マニュアルには次のようなものがあります。 トランプ大統領にだけあてはまるものでもありませんが紹介しておきます。 「大統領には過去に古傷のある候補者を選ぶ」  政治経験のないトランプさんであれば、政治家としては好ましくない行いもいろいろとやってきてしまっていることでしょう。 納税の詳細を発表しないことや、幼児性愛の証拠を押さえられているなど、すでにいろいろと弱みを握られているとみられています。 大統領になってしばらくの間はその強力な権威を楽しませ、後から汚職などの古傷をなぞって脅すと大統領個人をより強力に支配できるとシオニズムマニュアル に書かれています。 「飲酒で馬鹿になりアルコール漬けになった動物どもを見よ。自由がかれらに節度なき飲酒の権利をもたらしたのである。それはわれわれやわれわれ一族の歩む道ではない。」  動物とはゴイムのことでシオニスト以外の私たち一般人のことを表しています。 トランプ大統領の長所とされている禁酒主義ですが、メーソンも飲酒を禁止されています。 アメリカの禁酒令も二日酔いなどで労働者の生産性が落ちることを防ぐ目的がありましたが、支配洗脳奴隷であるメーソンにも飲酒は禁止されているようです。 末端の自称メーソンのような人たちはお酒を飲んでしまっているようですが、彼らは管理作業用のゴイムにすぎないということなのでしょう。 安倍友・寿司友などの宴会仲間はみなシオニストゴイムということになるでしょう。 「仮借ない厳しさだけが、国家の強さを見せつける最大の力である。」  シリアへのミサイル攻撃がこれにあたります。 ミサイル攻撃はアメリカによるシリアと北朝鮮への示威行為だったとみられています。 59発というミサイルの弾数は50発でも59発でも印象があまり変わらないということを知っていたトランプ大統領の機転で決定されたのでしょう。 商人気質を表しているこのエピソードは返ってトランプ大統領を小さな人物だという悪い印象につながってしまいました。 「われわれが立てた大統領に全責任を負わせないためには、大統領周辺の大臣や高官を教唆して、かれらが自分たちの裁量でやったことであり、かれらを身代りにして責任を取らせることで、大統領の責任を回避させる」  シリアへのミサイル攻撃もトランプ大統領は責任者であるのに責任をとっていません。 毒ガスが使われたという話も証拠がないでっちあげ話でしたので、国際情勢からみると逃げようがありませんので、本来なら誤解だったと謝罪すべきところで す。 日本では秘書の責任にするのが流行ったことがありますが、基本路線は同じです。  以上のようにいろいろとシオニズムが当てはまってしまうトランプさんですが、一応、表向きは公正さを保っていますので、21世紀のアメリカ・ファーストの実現を目指すのであれば、古い方針を改めるれば挽回のチャンスも生まれてくるかもしれません。   < 社会的な不正や犯罪はほぼすべてシオニズムで説明できる >  知っている人は知っていたのでしょうが政治・経済・社会システムなどの不正や犯罪のほぼすべてはシオニズムのマニュアルに沿った形で実現されています。 いわゆるNWO、世界統一政府、ワンワールド思想のことです。 NWOというと焦点があいまいになる部分がありますが、シオニズムにはより具体化されたマニュアルがあります。  シオニズムマニュアルには下のリンクであげているほかにはタルムードや世界革命行動計画などがあります。 さらに解釈を拡大すれば国連関連機構の文書や映画・ドラマの内容なども一般メーソン向けのマニュアルとなっていることがあります。  私たち大衆は社会の様々な不正や犯罪を目の当たりにすると怒りや不満を感じますが、その本当の理由や仕組みが分かれば心を落ち着かせ、問題解決に向けて 冷静に対処できるようになるでしょう。 そのためにはシオニズムのマニュアルを理解することが大きな助けとなります。 さらに、問題に隠されたの本当の目的や方向性などを理解することから、次に起こるであろう事態もより正しく予測できるようになるでしょう。  社会問題を考えるうえでは、まずはシオニズムへの理解が推奨されます。 それほどまでにシオニストによる社会支配が実際に進んでしまっています。  下のリンクは私のほうで少しまとめているものです。 まだ中途半端ですがよければ参考にしてください。  シオニズム犯罪をごく単純化すると、私たち一般大衆をだまして富を奪うのがシオニストやメーソンで、シオニストをだまして富を奪っているのが支配層と呼ばれる超権力者です。  この支配層がシオニストを詐欺奴隷として洗脳するためシオニスト自身に信じ込ませている洗脳マニュアルがシオニズムマニュアルということになります。 私の今のところの予想では、シオニストのモラルを改善させるというのがひとつの解決策となるだろうとみています。  安倍さんのような末端のシオニストが頑張ってしまうのは、支配や秘密行動を行うことへの優越感や自尊心の充足、リーダーズ・ハイのような指導者の高揚感 などによるもののようです。 安倍さんは潰瘍性大腸炎という難病を患っているそうですが、シオニストの沈黙の兵器であるテクノロジー犯罪を使えば、電磁波で大腸の痛みを感じさせるとこ もできますので、これでおどされている可能性もあります。  公安などの元特務機関員からは、違法であっても特殊な活動を行っていることにプライドを刺激され犯罪がやめられなくなっているという告白もあります。 < 参考 > 超富裕層や裏社会の詐欺支配理念の批判  シオン長老の議定書、イルミナティアジェンダ、ユダヤ・プロトコルなどにみる詐欺マニュアルの矛盾など   < シオニスト、金融マフィアのハザール起源説は説得力が弱い >  シオニスト、ユダヤ金融資本などへの批判で出てくるハザールマフィアですが、この説はかなり説得力が弱いことが分かりました。 理由は簡単で言語体系が違うからです。  古代中世のシオニスト社会はイスラエルやユダヤ人から始まっていてインディッシュ語系統の言語が使われていますが、ハザール人はテュルク語系統の言語を 使っていました。 ハザール人がシオニスト社会を支配していた場合、彼らが自分たちの言語を捨ててしまうようなことはしないはずです。 自分たちの言語が主要な言語になるようにシオニスト社会を変化させているはずです。 そのためハザール人はシオニストに合流した一民族にすぎないとみたほうが自然でしょう。  シオニストに合流したハザール人が何世紀もかけてシオニスト社会を支配したという可能性もなくはないでしょうが、そういった長期計画はシオニストが元々 得意としてきた手法であって、後から入った当時は末端の作業奴隷であったであろうハザール人が実行できるようなものではないでしょう。 ハザール起源説はやはり有力な説とは言えません。  それでは何故ハザール起源説が今の陰謀論世界で有力になっているのでしょうか。 その答えはズバリ、有名陰謀論者が広めているからです。 ベンジャミンさんもハザール起源説をよく説明していますが、これはシオニスト側の責任転嫁の一種でしょう。 真の犯罪者を隠すための思考誘導です。  日本ではお昼のテレビ番組の名前がバイキングとなっていて、バイキングのような強盗殺人集団のイメージアップ工作が行われていますが、バイキングもシオ ニストの責任転嫁に利用されているとみたほうがよいでしょう。 アメリカでもヒラリー・クリントンが挿絵ではバイキングのヘルメットをかぶっていたりします。   < 集団ストーカーと共謀罪と敗戦 >  4月は集スト対策があまり進んでいませんが、どこまで進めるべきかは判断が難しいところです。 共謀罪が実現した未来の民衆には、今の集スト被害者の姿が含まれていることでしょう。 今は共謀罪が仮決定の状態にあるので集スト被害者はフライング共謀罪のような被害の悪化に苦しんでいる人もいます。  共謀罪制定後は、まず政治家や企業家が利益追求のために、集ストの手法を今よりもさらに悪用するようになるでしょう。 おどしや圧力全般の強化、政治的ライバルの排除、企業や不動産の買収工作などに警察が協力する態勢が強化されるはずです。  警察が監視で弱みを握り脅すというパターンが常態化する見込みです。 すでにそうなっている部分もありますが。  共謀罪の施行後は、政府警察などの都合での一般人の多くが被害にあうようになるでしょう。 改憲から独裁体制が成立するまでは、主に言論統制に利用されるでしょうから、マスコミが陰謀論者を大げさに非難し続けたりするでしょう。 そうすることで、「あれは犯罪」、「これも犯罪」、といったように、共謀罪支配下における警察監視国家の新しい常識が敷設されていくことになります。  そのときに被害を受けた人たちは、自分の受けている被害を集団ストーカー・テクノロジー犯罪だと理解するようになるでしょう。 そのときのための理解方針や対処法などは、私を含む多くの被害者がすでに説明しているので大混乱にはならないのではないかと思います。  共謀罪はいかなる人民も犯罪者に仕立て上げる完全無欠で問答無用な市民弾圧ルールです。 そのため、これが完全に悪用された場合、市民レベルでは対処のしようがありません。 どこまで日本社会が腐敗するかは分かりません。  そのとき生贄としてマスコミにつるし上げられるのは、宣伝効果から考えるとテレビや政治家の有名人になるのではないでしょうか。 必ず共謀罪下での常識変更が行われますが、その主な役割を果たすのがマスコミですから、マスコミの情報に注意して慎重に対処していくしかないでしょう。  そうとはいえ日本から民主主義がすぐになくなってしまう訳ではありません。 しかし、日本人の人権の敗北は確定的となるので注意が必要です。 そうなってしまった場合は、一時的な恥をしのんでも生き抜くことを優先してほしいと思います。 腐敗した政治はすぐに問題を起こしますので改善のチャンスはやってきます。 日本が敗戦しても日本がなくなる訳ではありませんので、よく状況を把握して、タイミングをよく見極めてうまく対処していきましょう。  市民弾圧を行う目的は、弾圧しないと出来ないことをするためです。 シオニストは民衆の反乱を恐れています。 反乱を抑えるために市民弾圧法を作り、警察や自衛隊員を増やし、市民弾圧技術を開発しています。  戦争というのはシリアへのミサイル攻撃からも分かるように、攻撃されても反撃しないことには発生しません。 私の大局的な予想では、アメリカ、日本、朝鮮、中国のパワーバランスは固定的で、戦わずとも結果が見えていますので、どこかの国が他国を攻撃しても戦争に も紛争にもならないのではないかと期待してます。  一番危ないのは独裁化が進んでいる日本ですが、平和憲法や国連憲章がある限り、勝ち目のない戦争をはじめる可能性は低いでしょう。  予想は難しいところですが、戦争になるとすれば、日本に朝鮮、台湾を支配させ、十分甘い汁を吸わせた後に、米中で日本を攻撃するといった形になるのでは ないでしょうか。 太平洋戦争と同じパターンですがシオニストは何度でも同じ手を使いますので、このあたりが妥当な戦争予想となるでしょう。  そう考えると台湾の企業を使って日本企業を買収しているのも、台湾への敵対心を煽る工作となっている可能性があります。 台湾を占領すると中国の参戦も正当化されますので、北朝鮮と合わせて日本に占領させるというのが、いかにもありそうなパターンでしょう。 北朝鮮の脅威と韓国へのヘイト思想の育成は、今まで政府とマスコミで盛んに行われてきましたが、目的は日本と朝鮮の分断と対立を煽ることです。  結局のところ戦争とはならずに独裁国家となり、市民弾圧が続くというのが現実的なところでしょうか。 いざ極東戦争となればロシアが止めてくれるだろうとは思いますが、ロシアにもシオニストはたくさんいるでしょうから、予想は難しいところです。  たとえばシオニスト政権であるトランプ政権にも親ロシア派の人物がいるように、シオニストの世界支配でも公正な国家、正義のようにみえる国家としてロシ アを残して保険をかけておいた、という単なる支配戦略にすぎない可能性もあります。 シオニスト国家がすべて滅んでしまった場合の逃げ道のようなものです。 とはいえ、このあたりはシオニストが秘密結社のかたちで情報を隠してしまっているので、単なる予想にすぎません。   < アメリカの経済破綻はシオニスト史の既定路線 >  破綻が目前と言われてからすでに10年くらい持ちこたえているアメリカですが、覇権国家の経済破綻はシオニストの歴史では既定路線となっていて、500年前から続けられていることが分かりました。  シオニストは覇権国家を作っては軍事力やその他の国力を背景に借金をさせて利益や支配権を拡大し、借金が限界を超えるとデフォルトなどで破綻させて次の覇権国家へ権力を移動する、ということを時には数百年単位の時間をかけて繰り返してきています。   覇権国家の歴史は過去にスペイン、オランダ、イギリスなどと続いてきていて、今役割を終えようとしているのがアメリカということになります。 次の覇権国家は中国(中ロ共同説もあり)となる予定で、ロスチャイルドが資本の9割を中国に移動して中国支配を進めているそうです。  支配層はアメリカの負債を返済するつもりは毛頭ありませんので、次の覇権国家がどこになってもそれほど困らないようにいろいろと手を回しながら、いろいろな国々を争わせて利益をえているようです。  トランプさんは不動産王とはいっても人生で三度も破産しているそうです。 これをシオニズム的に考えると、信用を利用した計画破産の可能性もあります。 借金というのはなるべくたくさんしてから返さないというのが一番儲かりますから、覇権国家の破産のように自己破産を繰り返していた可能性もあるかもしれま せん。  アメリカという国に対しても信用をもう少し高めてからより大きく破産するようなやり方が隠されているかもしれません。 そうなった場合の未来の歴史ではドナルド・トランプという人物は破産王などと称されることになるのかもしれません。  トランプさんの大統領としての役目は、自分の属するシオニスト内の大イスラエル帝国を目指すグループで、不要になるアメリカにまだ利用価値があるとみて運営を引き受けているようなかたちにもなっているようです。  イスラエルはシオニズムとしては重要な地域ですが、世界的には先進国ではなく文化的なもの、特に市民のモラルが発達していないように思えます。 バスの乗車位置を限定されるような二級市民がいて、実質的な身分差別がいまだに存在しています。 そのあたり大雑把なところが、いきなりシリアにミサイル攻撃するような極端な行動を後押ししているのではないでしょうか。  アメリカもCIAの監視システムを日本に導入させ日本から資金調達する道筋を整えたり、北朝鮮の脅威を利用した日本型の軍事ビジネスを強化するなど、ア メリカ・ファーストを基調にした建て直し戦略を進めていますので、うまくすれば借金返済の目途も立ちそうにみえます。 北の脅威に備えて、対EMP攻撃の国土強靭化インフラ整備でしばらくは経済をまわしていくようですから、意外と冷静な戦略が取られている部分もありますの で、しばらくは持ちこたえるかもしれません。  ただし、シリアへのミサイル攻撃で軍事閣僚がトランプ政権を支配していることが確定的となっています。 軍事閣僚の戦争強行路線もありますので、軍部は戦争特需などを期待していることでしょう。  それ以上に問題となっているようにみえるのが、ミサイルパフォーマンスによって世界がアメリカへの評価を堕落した軍事政権とみている可能性がある点です。 トランプ大統領自体も正論を語るだけで実権のない傀儡だというイメージが浮き彫りになっているようにみえます。  この状態ではアメリカの国威や信頼は低下しているはずですから、外交や貿易はうまくいかなくなっていることでしょう。 実験を持たない傀儡の権力者などがまともに相手にされるはずありません。 力と偽善を合言葉とするシオニズム的な戦略を続けようというのであれば、そろそろ路線変更したほうが無難だろうと思いますが、奴隷洗脳されたメーソンには そんな理性は残っていないのでしょうか。  メーソンの精神性についてはもう少し調べてみないとよく分かりませんが、小さな子供のころから詐欺奴隷として洗脳教育されて大人になるので、シオニズムをそのまま信じているメーソンも結構いるようです。  シオニズムマニュアルは詐欺支配方針とともに、かなりしつこい思考誘導がされていますので、よく読めばそれが洗脳マニュアルあることも気付きそうなものですが、何故こんな簡単なことに気付かないのかは謎です。  マニュアルを説明するたびに、最後にこれは奴隷メーソン向けの教えで、ここに集まったわれわれ真のメーソンはメーソンすら支配しているのだ、などと説明していたのかもしれません。     進捗の概要  < 4月のおすすめ記事 > 4月はAIについて説明しています。 AIは目的や範囲が限定されている物理的な作業であれば、ビッグデータ解析やディープラーニングでどんどん効率化していくことでしょう。 しかし私たちの誰もが行っているような価値判断は苦手でほとんど役に立ちません。  シオニストが望んでいるすべての答えを教えてくれるような人格型のAIの実現は計画の方向性すら分からないような状態にあるはずです。 世界を滅ぼすと判断するような物語に出てくるAIはシオニストの願いであっても実現性は今のところ皆無に等しいでしょう。  それはそれとして、現在の私たちの仕事がAIに奪われるのではないかという危険性が指摘されているという問題があります。 しかしこれもシオニストが広めている印象操作、つまり嘘だという可能性が高いでしょう。  人格を持った高度な判断ができるAIの実現は不可能に近いですから、AIは当面、今ある機会やコンピューターの延長上に位置する便利なツールとなりま す。 仕事が楽になっても、仕事のすべてを奪われるような可能性はかなり低くなっていますのでこの点はそれほど不安になる必要はありません。  ただし、仕事が楽になるということは、生産性が向上するということですから、労働力自体は余る傾向となります。 仕事の種類にもよりますが、少人数で多くの仕事ができるようになります。 労働者としてはAI搭載の機械やコンピューター、いわゆるIoT機器を使う機会が増えてくるでしょうから、パソコン嫌いや機械恐怖症などは治しておいたほ うがよいでしょう。  どんな仕事なら安心して続けられるかというと、死ぬまで安心できるような仕事はおそらくないことでしょう。 共謀罪から改憲、敗戦などを考えると日本社会は大きな変化を迎えますので、今の価値観で判断してもあまり意味がないでしょう。  そうとはいえどんな仕事がよいかというと、社会における仕事の需要というのは単純に給料や報酬でも判断できますので、個人ではなく職種全体の平均年収が 高い仕事が有利ということになります。 ただしこれも単にシオニズム貢献業種が高給取りになっているだけということもありますので見極めるには注意が必要です。  未来予想は難しいですから、どんな社会になっても対応していけるような柔軟な姿勢と努力を継続することが無難な対処法となるでしょう。 自分の職歴や文系理系などの学歴で自分という人間を判断している人が多いかと思いますが、これはシオニズムの罠です。 私たちの思考を職歴や学歴で制限することで支配しやすく洗脳するというシオニズムの手法が社会で行われてきたせい今のようになっています。  私たちが本当に持っている可能性は無限大であって、学歴や職歴で限定されるようなものではありません。  社会の変革期では職歴や学歴などにはとらわれず、自分から新しい得意分野を作っていけるような積極性が未来を切り開いていくことでしょう。 誰でも苦手なことは苦手でしょうが、それに大きな劣等感を感じる必要はありません。 そもそも人間の能力というものは基本的にはそれほど大きな違いはありませんので、自分の得意分野や自分で出来そうだと思えるようなことは、出来るようにな るまで続けてみるのがよいでしょう。  今後の世界を生き抜く鍵はシオニズムへの思想と歴史的な理解が鍵となることでしょう。 これが分からないといつまでもシオニズム支配の枠の中で洗脳され続けることになってしまいます。  世界では犯罪のための犯罪が無限に繰り返されています。 シオニストによる様々な犯罪の究極目的は世界の完全なる支配です。 その手段が知識や技術・経験などの知の集積であるノウハウ全般です。 シオニストは支配に関するノウハウの集積と進化で世界支配を実現しようとしています。  世界を統一し、未来永劫貴族のような特権階級者として支配者として世界に君臨しようとしているのがシオニストです。 これらのシオニズムを理解せずには現代を理解することも、未来を予想することも難しいでしょう。   < ネット上の偽被害者団体 >  偽被害者の団体が何を目的にしているのかと考えると、本当の被害者の団結を妨害しているふしがあります。 本当の被害者が団体を頼っても、あまりよい対応をされないことが分かっています。 私が集スト問題の解決策などを質問してみても、被害者団体側から期待したような答えが返ってくることはあまりありませんでした。  これでは被害者同士の団結を目指そうという人も腰が重くなってしまうことでしょう。 これは被害者の団結をあきらめさせるというシオニズムの手法で、問題を解決させないための手法として意図的に行われている可能性があります。 被害者に対して、被害を訴える相手を分からせずに、やるべき団体活動もさせないという状態に追い込むという戦略です。  もしもこの分析が正しいとすると、そのような被害者団体は偽者ということになりますので、なるべく関わらずに本当の被害者を探して団結するのがよいでしょう (・v・)     今後の展望  集団ストーカー被害者やその他の日本人が置かれている状況は、戦争被害者の状況と似ています。 私たちが望まなくても敵は戦いを仕掛けてきます。 敵の攻撃が続いているというのは、すでに戦争に巻き込まれている状態だと言えます。 現在の社会は暗黙の戦争状態にあると理解しておくべきでしょう。  戦時中の世界を生きるには戦略を練ることが有効です。 戦略といえば、孫子の兵法などがありますが、その有名な一節に「敵を知り己をしれば百戦しても危うからず」という重要な基本戦略が記されています。 これは情報収集や分析の重要さを説いたもので、敵と自分の状況や能力を把握すれば、勝てるときは戦い、そうでないときは静観するなど、安全な戦い方ができ るという分析です。  これを現代社会にあてはめると、世界の敵とはシオニストということになります。 シオニストと彼らの支配ノウハウとなっているシオニズムへの理解は、現代人にとって最も重要な知識のひとつということになるでしょう。 そこで私も仕方なくシオニズム自体の理解を進めているところです。  シオニズムなどは単なる不快な文章だと思っていましたが、犯罪者分析やプロファイリングとしては読んでみるとなかなか趣き深いものがあります。 思いのほか役に立っていますので、より多くの人がシオニズムという犯罪思想の分析を進めておくことをおすすめします。 その助けとなるとともに、私自身の理解を深めるために、私のほうでも、本質的な部分をまとめていきたいと思っています。 上のほうでも紹介していますが、下のリンクがまとめ中の記事です。 < 参考 > 超富裕層や裏社会の詐欺支配理念の批判  シオン長老の議定書、イルミナティアジェンダ、ユダヤ・プロトコルなどにみる詐欺マニュアルの矛盾など  次が今後の予定・継続案件になっています。 しばらくはシオニズムの調査を進めますので、集スト関連はあまり進める予定はありません。 集スト関連はフライング共謀罪の動きが読めませんので静観する予定です。 本来ならこんなときほど戦うべきなのでしょうが、基本戦略はすでに説明していますので、今の日本でこれ以上集スト問題を攻めてもあまり効果はないのではな いかと思っています。  また集ストの監視被害の影響か私も情報発信力を持てるようになっていますので、今の状態でも世界平和に貢献していけるはずです。 私は私のすべきことをしていこうと思います。 当面はシオニストたちへシオニズムでメーソンやゴイムを洗脳できる時代は終わったということを理解させてく予定です。 2017/5/4, 2017/5/5 ・政界名珍場面集 2017/3/2 ・官僚の弱点などの調査、ひとりひとりの悪事をネットにさらすか、正式に罷免する方法もあるか? 2017/2/1 ・社会洗脳の方法となる詐欺や詐欺師の分析 2016.10.1 ・被害改善ガイドラインの提示 2016.9.18 ・個々の被害者への支援 2016.10.1 ・医療不正の改善(特に精神医療) ・不正選挙の防止(アンチガスライティングによる被監視拡散活動中) 2016.10.1 ・環境利権、エコビジネスの社会洗脳詐欺(地球温暖化も海面上昇も本当は起こらない) 2017/2/2 ・金融債起動に向けた世界統一電子通貨案の検証(すでに検討されているであろう内容の調査など) ・社会不正の構成図作成(社会不正全体、情報マスコミ、日本やアジア、政治・宗教関連) ・社会不正、裏社会の導入記事作成(社会不正の理解を広めるため記事、説明サイトの紹介など) 2016.6.4 ・元NSA職員、カレン・スチュアート裁判 2017/1/1 ・モラルが低く稚拙にみえる朝鮮人の歴史的な反モラル独立戦略、嫌われることで侵略を防ぐニダ 2016.6.8 ・人口削減計画を阻止するための食品・日用品の危険性周知 2016.7.3 ・ASKA事件の検証 2016.7.3 ・スポーツの電磁波被害を防ぐ 2016.7.3 ・電磁波対策の製品や生活環境の調査、対策グッズと統合予定 2016/8/2, 2017/2/2 ・集団ストーカー被害の具体策の検討 2016.9.18 ・集団ストーカー犯罪の流れの図解 2016/11/5 ・裏社会と人類史(世界版・日本版)のまとめ 2016/11/5 次は、保留的に継続中の案件です。 ・集団ストーカー、強制尾行犯罪の利権構造図作成(集団ストーカー、在日利権ネット) 最後が、保留中の案件です。 ・集団ストーカー被害者団結活動  ネット上の被害者の9割は偽被害者だという説がありますが、どうやらこの説はかなり真実に近いようです。 ネットメインで情報交換が行われている集団ストーカー・テクノロジー犯罪の分野で9割が偽者となると、被害者の団結はかなり険しい道のりとなりそうです。 2017/4/2   目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク   Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明   集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)   集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)   集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)   集団ストーカーまとめサイト (Wiki) Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.

      86
      テーマ:
  • 06 May
    • 恨みの感情を静める 恨みは復讐への危険な原動力

      目次 >論拠 > Quiet-the-feelings-of-the-grudge, 2017/6/5, 評価:★★★★  時代劇などで親の仇を討って、自分も自害するような場面を見かけることがあります。 この復讐のための原動力となっているのが恨みの感情です。 時代劇では、その時代の常識や暗黙のルールとして、敵討ちが認められているような描かれ方をしていますので、やられたからやりかえす、といった程度の心境 の人もいただろうことが予想されます。  さらに予想すると、テレビドラマの敵討ちというのは、少々誇張されている印象を受けますので、支配層(※1)の印象操作が行われていたのではないかと疑われる部分もあります。  この敵討ちがドラマや小説などが作り上げた、単なる作り話であるという説に興味を持った方は調べてみても面白いでしょう。  時代劇の話はともかくとして、人がついつい持ち続けてしまいがちな悪い感情に、嫉妬や恨みという感情があります。 嫉妬や恨みという感情は、生き物としての人間にとっては心の底からわいてくるような自然な感情です。 人が嫉妬や恨みを感じてしまうのは仕方のないことです。 そのせいか、それらが悪い感情であるとは、自分ではなかなか気付きにくくなっています。  嫉妬や恨みはどちらも自然に感じてしまうものですが、人の心を惑わし、よい人生から人を遠ざけるものとして、仏教などでも批判しています。 仏教ではさらに、これらの感情は乗り越えるのが特に難しい煩悩であるとして、戒めています。  原始仏典のダンマパダに「恨みは、恨みを返すことでは静まらない」という教えがあります。 恨みの感情がなくなるのは、恨みを晴らしたときではなく、恨みの感情を自分で抑えたそのときなのです。  そのため人を恨み続けるようなことはやめるように諭しています。 人の感じるそのほかの負の感情の多くも同じ仕組みになっていますので、これを心に留めておくとよいでしょう。  また恨みや復讐心はさらなる不幸を招いてしまうので、抑えるべきものだと理解できれば、そのときこそ争いが終わるのだとも説明されています。 仕返しは一瞬の爽快感が得られるだけで、後には不快感を残すものです。 仕返しは新しい仕返しの原因となり、苦しみは永遠に続いてしまうということです。  そうとはいえ、恨む気持ちがおさまらないという人もいるでしょう。 そういう場合は、相手を許すのではなく、自分の人生のために恨みを持ち続けることに無駄な時間や労力をかけないようにする、と自分に言い聞かせ、忘れるのがよいそうです。  相手を許さないまま自分の恨みを静めるという考え方です。 相手を絶対に許してはいけないという考え方は、恨みを持っている人の中にある心のルールにすぎませんから、これを自然に変えてしまおうというものです。  現実的に考えると、他人から受ける何らかの被害や損害をすべて許してしまっては、最後にはすべての権利を奪われてしまうことにもなりかねませんので、当 然得られるべき補償や償いは要求すべきでしょう。 何かを盗まれた場合は、それを取り返すための行動くらいは起こすべきです。  それでも恨みの感情自体は無駄に長く持ち続けないようにするというのが、賢い生き方となるのでしょう。  最後にこのサイトで扱っている集団ストーカー・テクノロジー犯罪での恨みや嫉妬心について考えてみます。 これはどう考えても非常に難しい部分が出てきます。  被害者は日常生活のほぼすべての場面で心身を害するような周囲から有形無形の被害にさらされています。 この被害では常に悪意が演出され、悪意を意識せざるを得ない状況が作り出され、被害者を心理的に責め、追い込むようなかたちにシステム化されています。  常に演出され続ける悪意と高まり続ける被害意識のせいで、多くの被害者は加害者を強く憎むようになる傾向があります。 この強い怒りは問題への理解が進むと徐々に和らぎ、問題解決への活動を続ける原動力となっていきます。  私は、被害がひどい人ほど絶望し、人生をあきらめたりしてしまうものかと予想していましたが、 私が調査した限りでは、被害がひどいほど犯罪全体や加害者を許さないという気持ちが強く、このエネルギーを問題解決に注いでいることが多いようです。  日本人の道徳意識は社会全体を対象にする傾向がありますので、自分の命よりも、世の中全体にとって大きな問題となる集団ストーカー問題の解決を重視しているという人が多くなっているようです。  加害者への恨みは、加害行為による悪意の演出に慣れてしまうと、それほど感じなくなるのですが、これには個人差があり、いつまでも強い恨みを持ち続けている人もいます。  加害行為には色々な方法があって、細かい組み合わせを考えれば無限のパターンがあるのでしょうが、本質的な部分ではそれほど多くのパターンはありませんので、慣れたり、その手法を理解してしまうと、あまり不快感を感じなくなってきます。  このサイトでも犯罪の仕組みを分析した記事を大量に掲載しているのはそのためでもあります。 防げない攻撃もたくさんありますが、手法が分かってしまえば、それほど恐ろしくはないというのが集団ストーカー・テクノロジー犯罪の特徴でもあります。  被害者の強い恨みが問題解決へのエネルギーになっている部分もありますので、一概には否定できませんが、より冷静な活動を続けるためには、できれば恨みの感情を静めてから問題に対処していくほうが望ましいでしょう。  集団ストーカー・テクノロジー犯罪が続いている直接の原因は、すでにシステム化され、日々進化し続ける監視や洗脳のシステムそのものにあります。 このシステムを解体させないことには、被害者が加害者個人に対していくら強い恨みを持ち続け、実際にその恨みを晴らしたとしても、問題が解決され、被害が なくなる可能性は低いでしょう。  恨みを晴らしても問題が解決しない原因のひとつは、首謀者が被害者の前にはまったく姿を現していないという点にあります。 私たち被害者が加害者だと思っている人間が本当に加害者であるかどうかも、実際のところは怪しいもので、単に一時的に頼まれ演じている人など、犯罪の自覚 の無い人を加害者だと勘違いしている可能性もあります。  被害者のみなさんには、恨みを静めて、冷静になることで、問題に対して、より効果的な対処ができるようになってほしいと思います。  被害者に恨みや怒りを感じさせるということ自体が、加害者や加害システムの手法や目的のひとつになっています。 この点は十分気を付けなければならないでしょう。 < 参考 > (※1)支配層・秘密エリートネットワーク・国際(世界)金融マフィアとは?  世界財閥情報網・グローバリスト・シオニスト・メーソン・偽ユダヤ金融・世界王侯貴族情報網・NWO勢力   目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク   Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明   集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)   集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)   集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)   集団ストーカーまとめサイト (Wiki) Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.

      1
      テーマ:
  • 05 May
    • ホンマでっか! TV 【誰でも美味しく作れる麻婆豆腐のマル秘情報】フジテレビ 2017/2/22

      目次 > 社会不正 > テレビ放送批評 > Telecast_criticism_20170222_honma, 2017/5/26, 2017/6/5   リアリティの演出  ホンマでっかTVの3月8日放送分もそうでしたが、どうやらこの番組は観客が本当にいるという演出や、あまり編集していないということをアピールするための演出を行っているようです。  たとえば司会のさんまさんが、明らかに再生された観客の驚きの声などに、すぐに反応する場面が見受けられました。 撮影現場でディレクターなどが機械で再生していたのでしょう。 これが観客のいない場面で再生された音声であることは、音声を注意深く聞けば、誰でも簡単に聞き分けることができるはずです。  テレビでは、観客の笑い声や驚きの声などを、あらかじめ作成された音声データを再生することで、後から入れ込むことがよくあるのですが、これらの音声に は無個性なひとかたまりの音声、といった印象になっているので聞き分ける際には参考にしてください。 作り物の声は、声がするタイミングが同じで臨場感がないのが特徴です。  観客の声が作り物であることは、出演者はよく知っているそうですが、視聴者は知らない人が多いようです。 よく聴いてみればすぐに聞き分けられるようになりますが、あまり裏事情を知ってしまうとテレビがつまらなくなってしまうので、聞き分けるのはほどほどにし たほうがよいかもしれません。  私自身はテレビ局が作らせた番組に特に面白さを求めたりはしていません。 いくらでも嘘を付く洗脳装置としてのテレビを批判し、テレビが日常的に嘘を付く媒体だと世間に知らせる都合から批判しているだけです。  そのいくらでも嘘をつくテレビがリアリティを演出し、まるで生放送でもしているかのような演出をしていました。 お笑い芸人が、わざとボケを間違える場面もありましたが、あれもわざとらしかったので、リアリティを演出しようとしていたのだろうと思います。  テレビ側としては、まずはテレビが本当のことを放送しているように、視聴者に思い込ませなければいけませんから、今後、観客の声はもっとリアルなものになっていくことでしょう。   悪玉コレステロールが高いほうが記憶力が高い  ここからしばらく麻婆豆腐の話になります。  この説は老人への調査で分かったそうです。 澤口さんによると、脳の60%がコレステロールで出来ていて、体全体のコレステロールの25%が脳にあるそうです。 コレステロールも体にはけっこう大事だとも言っていました。  この話は、実は、かなり正しい話です。 ホンマでっかTVでは、いじられ役として若干人格攻撃を受ける役回りになっている澤口さんですが、正しいこと言う代わりに損な役回りを引き受けているのか もしれません。 正しいことを言っても、人格攻撃によるイメージダウンで、間違っているような印象操作がされるので、支配層戦略上(※1)も問題ないということなのでしょ う。 今の歪んだテレビ業界は歪んだバランス調整をしています。  コレステロールが体に悪いという情報は、主にNHKが力を入れて拡散している印象操作です。 善玉・悪玉というコレステロールの分類もあまり正しくないそうです。 そもそも卵やマヨネースなどはコレステロールが多いからあまり食べないほうがよいというのがあまり正しい情報ではありません。  例えば、コレステロールの多い食品を食べなければ、体内のコレステロールが減るのかというといと、特に過剰に摂取していたのをやめたりするのでなけれ ば、それほど大きな変化はないそうです。 コレステロールは人の体にとって必要なもので、不足すると体内で作られる仕組みなっているので、外部から取るか、体内で作るかの違いで、結局コレステロー ルは体内にとどまるようなかたちになっているそうです。  それではNHKを主とした偏向報道陣は、なぜコレステロールの善玉・悪玉説を普及させようとしているのでしょうか。 これは澤口さんの言うように、コレステロールは体に必要なものですので、これを減らすことで日本人を不健康にしようとしているようです。 日本人が不健康になると、世界最大の医療費を使っている日本の医療利権が潤い、周辺業界の生命保険なども利益が増えます。 NHKも単に金儲けのために嘘を日本にふりまいているようです。 テレビの宣伝効果の悪用といったところです。  私は過去にNHKの健康番組もかなり見ていたので知っていますが、NHKも視聴者から苦情がきていて、嘘を放送していることを自覚しています。 その証拠に、番組で紹介しているのはNHKやその番組の説だと説明し事実とことなることの言い訳にしています。  NHKも誤った自説を無理やり主張するのではなく、正しい情報を発信できるよう健全化してほしいものです。  この記事に書いてあるような内容は、私が特別分析力が高く、本質を見通す目を持っていたから分かりました、ということではありません。 ネットで調べれば割と簡単に分かるようなことです。 多くの視聴者が私よりも先に指摘しているような内容です。 テレビ業外人は、とっくの昔に嘘がバレていることを自覚すべきでしょう。  自覚したうえで下手な嘘をつき続けているとしたら、驚きですが、将来的に訂正する必要が出てくることは確実ですから、はやく訂正しておいたほうが無難でしょう。  マスコミが健全化されていく過程では、各局・各新聞社がお互いに、あそこは何年までこんなひどい嘘を付いていたなどと、批判し合うようになる可能性があります。 週刊誌であれば、確実に各社の嘘報道体制がどれくらい続き、いつ変わったかといったことを特集するはずです。  フジテレビは利益が100億円から50億円まで1年で半減してしまった、まさに落ち目の斜陽テレビ局ですから、槍玉にあげられ、もっとも強い批判の対象となってしまうのではないでしょうか。  ちなみにこのサイトがフジテレビの番組批判をしているのは、利益が半減したことが発表される前からですから、落ち目のテレビ局を狙い撃ちしている訳ではありません。 サイコパス誘導など、もともと番組内容に不審な点があったので批判しています。   トウガラシのカプサイシンは内臓脂肪を減らす  今回のホンマでっかは麻婆豆腐のマル秘情報ですから、最初のほうは料理関連の内容となっていました。 このサイトでホンマでっか批判をはじめたのが2月11日でしたから、この22日の放送では、批判されないように逃げたようにもみえますが、この番組では定 期的に料理を扱っていますので、通常営業だったのか臨時営業だったのかはよく分かりません。  内容はタイトルの通りですが、以前のテレビは、トウガラシが胃に悪いとしきりに放送していました。 それが今回は、嘘の情報を垂れ流していたという公共性の欠如した放送態度に対する謝罪や反省は一切なく、あたかも偽情報の被害者であるかのように、違う情 報を出してきました。 日常的に嘘を垂れ流しているテレビですから、自分勝手なものです。  今後もテレビという媒体は、過去の放送内容にはほとんど責任をとらずに、被害者顔で異なる情報を流し続けそうです。 このあたりの事情を多くの国民の方々が理解するようになれば、日本全体がマスコミにだまされないようになっていけることでしょう。  今回、麻婆豆腐やトウガラシを扱っているのは、中華料理や中国文化を広めようという中国寄りの意図と、トウガラシを多用する韓国の食文化を広める意図、 あるいはそれらの全体イメージアップをはかる意図があったとみられます。 支配層の日本支配には在日朝鮮人や中国人が使われることが多くなっていますので、その影響でしょう。  これは一見するとこじつけのように感じられるかもしれませんが、よく注意して見れば、日本のテレビやネットなどでも、いたるところで中国・韓国びいきの宣伝がなされていますので、よく調べれば誰もがこの流れのひとつだと判断できるはずです。  そうとはいえ、料理パートは全体的に支配層の作業奴隷であるライターやディレクターによる誘導が少ない傾向があるようです。 この料理パートでは観客を入れているので、歓声の偽装などがやりにくいのかもしれません。  ちなみにタレント全体では、以前は在日朝鮮・台湾系が多かったのですが、今は中国系やユダヤ系など支配層系統の人種に入れ替える流れにあります。 在日勢力は日本支配ための道具に過ぎませんので、ある程度まで支配が進んだ今では、より完全に支配するため、在日系をどんどん切り捨てて本来の支配層系統 へと入れ替えている訳です。  支配層戦略の大枠としては、民族対立や反対勢力を利用した分断工作(※2)も兼ねていています。 支配層には、反対勢力・アンチ在日勢力などのには、工作活動をさせている在日勢力を監視させようという意図もあります。 支配層は、勢力を対立させることで、お互いの勢力を監視させ、それにより情報を集め両方をコントロールしようとしています。  反シオニズム勢力なども偽ユダヤ勢力を監視する都合から、勢力を滅ぼすほどの強い弾圧の対象にはなっていません。 特定の勢力の力が強くなりすぎると、私腹を肥やすようになり支配層の利益が減ってしまうので、反勢力を支援している振りをしながら、反勢力を批判する勢力 にけん制させているという訳です。   辛いものを食べると死亡リスクが減る  アメリカの調査では13%リスクが減ったそうです。 どういう条件での調査かはよく分かりませんが、寿命とは言っていませんので、長生きするのとは違う可能性があります。 死亡原因となる病気にかかった人の割合を調べたら、辛いものをよく食べる人のほうが、かかりにくかったといった調査だったのではないかと予想されます。  また、辛いものは刺激物ですから、胃に入るまでの、口、のど、食道などではガンになりやすくなるとも説明されていました。 これはなかなか親切な説明です。 おそらく長生きできるとは限りませんよ、と伝えたかったのでしょう。  日本だけではありませんが、政府の発表する死亡者数や平均寿命などのデータはいくつかの基準から予想された推定値にすぎません。 問題となるのが行方不明者の扱いで、これは政府の都合で死亡あつかいにも生存者扱いにもできます。 寿命も正確に判断できるのは人が亡くなったときですから、一年間で亡くなった人の平均を計測するべきですが、これも発表者側の都合でいい加減な推定値と なっていることがあります。  今の日本では特に警察・公安・自衛隊・特務機関などが、政治目的や保険金・臓器移植目当てなどで、かなり暗殺を行っていて、臓器を取り出した遺体を家族に返す訳にもいかないので行方不明者扱いをしているとみられています。  実際に、葬式会場などにある遺体を焼く施設がこみ合っていて、遺体の焼き待ちで遺体を預かるホテルが繁盛しているそうです。 焼き場の許容量を超える遺体は、いったいどこから運ばれているのでしょうか。 日本の平均寿命は毎年延び続けているのだから、増えた遺体は病院で亡くなった正式な死者とは違うということではないでしょうか。  焼き場が足りないということは、この日本で死んでいる人が増えているということです。 そこで疑われているのが、警察・公安・自衛隊などの特務機関です。  遺体の出所はさておき、これらの影響から、本当の死者数や平均寿命はよく分からなくなっています。  それでも日本の平均寿命が延び続けているのは、単に日本が世界一医療費を使っている国であることから、他国が発表する数字より多くしているだけだそうで す。 その証拠に平均寿命が世界2位、3位あたりの国が平均寿命を発表した後に、日本の平均寿命が発表されているそうです。 医療のお金をかけたあげく寿命が縮んでいてはつじつまが合わないので、政府がそうして隠しているとみられています。  日本はほかの先進国に比べて、唯一ガン患者が右肩上がりで増え続けていますので、本当に平均寿命が伸びているかは、たしかにあやしいものです。  近頃、抗がん剤に効果がなくむしろ有害であることを政府系機関などが認めはじめていますが、抗がん剤という毒で民衆を減らそうとしていた計画は世界中で バレてしまっているので、売れなくなった抗がん剤が日本に押し付けられているそうです。 抗がん剤を使ったばかりに亡くなられた方々にはとても気の毒な話ですが、日本政府は抗がん剤の危険性を知りながら隠していたのです。   辛いものを食べるとアルツハイマー病の予防になる  これは純粋によい情報でした。 ボケ防止には多少の刺激があるほうがいいようです。 フジテレビのような日韓分断工作ツールであって、なおかつ在日・創価・統一・メーソンなどカルト支配がはなはだしいテレビ局で正しい情報を伝えてしまうと いえば、今回もあの人の活躍があったという訳です。   路チュー許せるか?  またどうでもいい、しょうもないテーマでしたが、こういった下世話な話を議論させるのが、支配層が求めるテレビなど下流メディアの仕事でもあります。 たしかに国会で議論の対象とする訳にもいかないでしょう。  路チューというのは路上でのキスのことで、路上といっても主に歩道や街灯の下などのことのようでした。 これをモラル的には許せる派と許せない派に分かれて評論家先生のお話を聞くという内容でした。  先に支配層戦略を説明しておくと、社会のモラルを低下させるのが大目的となっています。 支配層の支配術は主に印象操作や思考誘導・洗脳などによる詐欺術ですから、モラルが低いほうがやりやすくなります。 支配層は在日やメーソンなどの詐欺用の作業員の確保や、詐欺の実行がやりやすくなるように社会全体のモラルを低下させようとします。  路チューを使ったモラル低下作戦ですから、番組でも路チュー許せる派のほうが多数派となっていました。 マスコミが韓流ブームを捏造しようとしていたとき、韓流アイドルのCDをやたらと配りまくっていたというほどの、分かりやすい韓国びいきの在日系タレント の「劇団ひとり」さんも路チューを全面的に擁護していました。  在日勢力というのは日本支配や日本と朝鮮の分断工作のための要員という側面がありますので、気にせず堂々と自らの務めを果たしていたようです。  ここで私の感覚で路チューを許せるかどうかと考えてみます。 私は以前、かなり小奇麗で見た目もそこそこよい若いカップルが路チューを見たことがあります。 見た目としては平均よりかなり上のほうにあたるであろう二人でしたが、私の印象としてはあまり美しいものではないと感じました。 どちらかというと、生々しく、下品な印象を受けました。  夜中にホステスとお客さんらしき人たちが路チューしているのも見たことがありますが、これは当然、下品な印象しかありませんでした。 それでは日本のドラマや映画などではどうかというと、こちらも残念ですが下品な印象を受けました。  路チューするのであれば、一瞬触れるくらいの軽いものでないと、下品な印象になりやすいようです。 世間的にも、年の若いカップルが少しはしゃいでいるくらいが、許されるギリギリのラインとなるような気がします。  路チューの仕方にもよりますが、法的には準猥褻行為のような扱いを受ける可能性もあるので、やめておいたほうが無難でしょう。 また支配層戦略によるモラル低下策でもありますので、これを避ける意味でもやめておいたほうがよいでしょう。  支配層のモラル低下策は路チューを広めるのに成功したと判断すれば次の段階に移り、もっとひどいことを社会に認めさせようとするはずです。 そうなる前に路チューあたりで止めておくべきでしょう。  番組内で説明されていたことに、路チューを認めないのは、自己基準の人、というのがありました。 これは自分でルールを判断できる人のことで、モラハラにつながりやすいと、法律の人が言っていました。 法律の人はあいかわらず支配者都合を全力で代弁していますが、このテーマのときはルールを自分勝手に決め付けないようにといった印象操作をしていました。  法律家、特に弁護士や検事は裁判など仕事でも、日常でも、いかに勝てる根拠を示すかという考え方をする傾向があります。 ルール上勝てれば、どんな理屈を持ち出してもかまわないという人もいて、これが弁護士・検事などの法律家がサイコパス傾向が強い職業といわれる原因となっ ています。  議論に勝つことを仕事としてしまうと、良識を忘れて、議論を優位に進めて相手を言い負かすという発想に人生が支配されてしまいやすいようです。 いわゆる詭弁家になりやすくなってしまいます。  一般的にルールというのは細かいところまですべて決まっている訳ではありませんので、自分で判断する必要があります。 自己判断できないような人はつかいものになりません。 この番組に出演している法律家の人は法律家なのでサイコパス傾向が強く、他人をすぐにサイコパス扱いして喜んでいるようにみえますが、この番組テーマでは ルールを他人に強要しないのがよいことだといった理屈を振りかざしていました。  路上の他人に厳しい人は、家族にはもっと厳しいという話もでていました。 これは当たり前の話ですので、路チュー擁護にはなっていないように思います。 蛇足でしょう。   認知科学的には路チューを許せないほうが得  自分に関係のない人を責めるのは社会秩序を守ろうとする人ですから、正義感が強い人と判断できるそうです。 このタイプの人は愛情が深く、仲間を守ろうとするので路チューを許せないほうが得だということでした。 たしかに路チュー許せる派の人たちは、社会秩序に対して無責任で、無駄に冷やかしているような人が多かった印象があります。  いまさらですが、路チューというのは、今の日本のモラルでは許されない部類に入ります。 そもそも人前でキスする文化は日本にはありません。 そもそもNGです。 ダメなことですから、他人がしていてもダメだと思うのが正常な日本人の反応であって、許せる派などという考え方自体がフジテレビによるあきらかな印象操作 だったと言ってよいでしょう。  なぜ一見客観的な雰囲気のあるホンマでっかTVでこんなことをテーマにしているかというと、民衆が科学的知識に疑いを持たずに受け入れてしまうという習 性があるのですが、これを支配層が悪用しているからです。 科学知識の誤用や偽装は、支配層がよく使う支配術である詐欺術のひとつです。 これは支配層のだましのテクニックの代表と言ってもよいでしょう。  科学知識の偽装については、結果の確認や客観的な調査をやり直すことで、嘘を見破ることができるのですが、面倒なのであまりやる人はいません。 この面倒なので確かめずに信じてしまうという人々の心の仕組みが悪用されています。   急に得た特権階級はモラルを低下させる  路チューの話からモラル全体へとテーマが移っていきます。 植木さんが仕掛けた変化です。  心理学や精神分析といった学問は、支配層の2大メインスキルである詐欺と金融支配の片方である、詐欺術に悪用される重要な学問となっています。 心理学の分野で若き英才として活躍する植木さんという人は、支配者層のエージェントである可能性が高いでしょう。 偶然選ばれてテレビに出ているのではなく、テレビに出すならこの人だ、といったように必然的に選ばれた可能性があります。  その支配層の代理人とみらえる植木さんは、成り上がり者がモラルを低下させるというアメリカのデータを紹介していました。 人が急に幸せになるとモラルが低下する傾向があるそうです。  これは常識的に考えてもおそらく正しい分析と言えるでしょう。 成り上がりというとイメージが悪いですが、努力して結果を出したのだから自分に自信を持っているはずです。 自分に自信があれば、自分を特別な存在だと思い、社会のルールをいちいち守るような細かいことは疎かになってしまうこともあるでしょう。  このサイトで扱っている集団ストーカー問題でも、公安らしき組織の新人などが違法監視に参加し始めると、監視対象のすべてを支配したかのように誤解し、 急に強い力をもったかのように錯覚して、普通の人なら思いもつかないような下らない犯罪を楽しそうに行ってしまうのと同じようなものです。  しかし、ここで支配層の代理人が言おうとしているのはそこではありません。 植木さんの主張には、成り上がり者、つまり新事業に成功した人などの新しい実力者が生まれてくることや、彼らの活躍を阻害する意図が隠されています。  なぜ新たな成功者の活躍を抑制しようとするのかというと、支配層は既存の権力者集団なので、新しい勢力が生まれると敵やライバルが増えてしまうことにな るので困るのです。 少数者による寡頭支配が基本ですから、新勢力に対しては、常にけん制したり、つぶしたりしているのが支配層の実情です。  今の世界では全体的に支配層の支配・影響範囲が大きくなりすぎているため、新勢力への妨害よりも、支配層同士の内部争いが表面化していることのほうが多いかもしれません。  植木さんの態度は、逆に考えると、支配者層の代理人としてはとても正しい態度だと言えます。 植木さん自身も、表社会の一般の人たちからは、あの説は間違っている、偏っている、あるいはひどいときは嘘だ、などと言われているのでしょうが、裏社会の 支配層の奴隷であるメーソン仲間などからは、良い仕事をしている、メーソンのかがみだ、などと賞賛されているのかもしれません。  植木さんのような人は、私たち一般大衆にとっては、残念ながら危険な要注意人物となります。 彼女の思考誘導は一貫していて説自体には迷いがありませんが、中身の大半は有害なはずです。 一般大衆が知って損するホンマでっか情報になっているはずです。  テーマに戻りますが、人が何かの原因を考えるとき、自分の行為は状況のせい、他人の行為は性格の問題(内面の問題)と考える傾向があるそうです。 ここに自分と他人との間に温度差が生まれる原因があるそうです。 なかなかよい分析ですが、真実に嘘を混ぜることでだますのが詐欺術です。 だますために信用させているだけでしょうから、やはり気をつけないといけません。  植木さんの言動をみたかぎりでは、やはり支配層戦略を正しく代弁していますので、CSISなど支配層のシンクタンクなどでしっかりと教育を受けて育てられた支配層エージェントとみて、まず間違いないでしょう。  あの言動で日本の国益を重視しているはずがありません。 植木さんが重視しているのは支配層上層部からの指令や支配層の利益となっているはずです。 まだあまり疑われていない分、政治家や官僚などよりも危険かもしれません。 このサイト一押しの要注意人物です。 仮に、植木さんにこの文書を読ませれば、「ゴイ、ゴイ(※)」などと言って、文句を言い出すかもしれません。 ※ゴイ・ゴイムとは … ブタ・家畜・奴隷・獣などの意味で支配層やメーソンが一般市民や仲間以外の人類を呼ぶときの呼び名。ゴイが単数形でゴイムが複数形の単語。ハリー・ポッターで人間をマグルと呼ぶのと同じパターン。   路チューした人はアルコールを飲んでいた人が多かった  今まで損か得かというテーマで話を進めておきながら、番組の最後のまとめはこれでした。 損得論は何だったのでしょうか。 損得論を無視したフワッとした終わり方でした。  支配層戦略では計画実行そのものが目的となっていて、ほかに別段目的がないことがありますので、こういうことが度々起こります。 言いたいことは言ったので、終わる、といった感じです。  それはさておき、たしかにこれは正しい調査結果のようにみえます。 路チューは他人の目を気にしないことや、それも含めた高揚感などに後押しされて行われているようです。 不潔な印象があるのもアルコールのせいかもしれません。  共謀罪が成立しようがしまいが、防犯利権の拡大路線から、今後、防犯カメラがどんどん増えていくことが予想されます。 防犯カメラで下手に路チューの証拠を押さえられると、一生弱みを握られるような危険もあります。 弱みを握って相手を支配することは、支配層の常套手段です。  政財界人に工作をかけるときは、まずは公安や特務機関に監視させて、愛人のひとりもいないか調べるのが今の日本の現実だそうです。 私たち庶民にとっても弱みを握られるのはあまりよいことではありませんので、路チューに限らず、公衆の面前での行動には気を付けましょう。   座右の銘:持っている人のほうが年収が多い  座右の銘を持っている人は全体の24%となっていましたが、年収1000万円以上の人では31.6%となっているので、座右の銘を持っている人のほうが 年収が多かった、という話です。 どういう調べ方をしたかにもよりますが、パーセンテージだと7%くらいですが、比率的にみると3割増しくらいですから、かなりはっきりとした傾向があるよ うです。 以下、座右の銘の話題になります。   認知科学的には座右の銘を持っていたほうが得  認知科学評論家の中野信子さんによると、ラベリング理論というのがあり、周囲からのレッテル貼りにその人の行動が規定されるので、座右の銘の内容が実現 されやすくなるそうです。 人はレッテル貼りされたイメージと同じ自分の行動を許容してしまう傾向があるそうです。 これを予言の自己成就とも言うそうです。  ほかにもアメリカの囚人に傷やタトゥーを消すという整形実験をしたところ、再犯率が下がったそうです。 このように人は周りの視線に行動が影響されるということでした。  公正な情報のようなので、なかなかよい情報だったようです。 座右の銘の内容は本人が自由に決めるべきものですので、格言などのにはこだわらず、自分の夢や目標、問題の解決などポジティブな目標を座右の銘として掲げ、それに近付けるよう心がけていくのがよさそうです。  このサイトでも集団ストーカー問題という公権力犯罪らしき社会問題の解決を掲げてから、これが座右の銘や活動全体の目的となり、ささやかな使命感や義務 感が生まれ、次第に高まっていき、問題解決にむけた活動を後押ししています。 なるべく早くこの予言を自己成就したいものです。   心理学的には座右の銘は持たないほうがよい  出ました、心理、植木さんの主張です。 今回も支配層戦略を遺憾なく拡散し日本人への印象操作をしていました。  座右の銘は生きる指針となるので、生きるの楽になるそうです。 合理化、いわゆる責任転嫁が楽になり、意思決定が楽になるそうです。 これのどこが損なのかというと、人格形成の幅を狭めてしまうから損なのだそうです。  人格形成の幅を広げるなどという美徳は日本には存在しないように思いますが、将来的な可能性を狭めてしまうのでよくないということを言いたかったようです。  日本では「三つ子の魂百まで」、「40にして迷わず(不惑の年)」などと言って、人の人格は三歳から基本的には変わらない、また40歳までに生き方を定 めるのがよい、などと考えら得ています。 日本には人格形成の幅を広げるなどという価値観は一般的にはないに等しい少数派の意見です。  当たり前の話ですが、人格などは途中で変えないほうがよいと思われています。  日本では生き方を定めて、ひとつの道を着実に進んでいくような生き方がよい生き方とされているからです。  それではなぜ植木さんは、番組の最後のまとめのような時間帯に、あえて人格形成の幅を広げるのはよいことだなどと言い出したのでしょうか。 植木さんの説としては、思考にフレーム(枠組みや固定観念)ができてしまい、それに縛られてしまうので、座右の銘がないほうが、人格形成に幅ができるのだ と、また同じようなことを主張していました。  この人格形成の幅が何の役に立つかというと、支配層戦略のひとつである、一般大衆に暗黙の奴隷支配を受け入れさせるのに役に立つということではないかと 思います。 常識的な一般の方々は、自分たちが奴隷化されてようとしているとは、まったく感じていない人がほとんどでしょう。  しかし、実際には超格差社会による一般市民の奴隷化が水面下で進行しています。 しかも先進諸国で世界同時に進行しています。 これは偶然、自然の成り行きで起こったとは考えがたく、意図的に引き起こされているとみられています。  派遣労働による賃金低下からの超格差社会化や、教育格差からの職業格差などによって、知らないうちに一部のお金持ちである経済貴族と、その他の貧しい貧困層、つまり労働奴隷のような一般大衆とに、社会の身分が別れつつあるのです。  お金持ちは裕福な暮らしを続け、子供に高い学費をかけ、よい学歴を与え、高収入な職業につかせることができます。 しかし、その他の一般庶民は貧しい暮らしを続け、子供を塾に通わすこともできず、学費の高い大学などに進学させることができません。 そして結果的に収入のよい職につくことは難しくなってしまいます。  この状態が何世代か続くと、一部の富裕層とその他大勢の貧困層という社会的な身分や階層は固定化されていき、貧困層から富裕層へ這い上がれるようなチャ ンスはどんどん減っていきます。 人の価値はあたかも家柄や学歴・職業などで決まっているかのような常識が広がり、本人の能力や努力で挽回でっきるチャンス自体がなくなっていくのです。  この貧困状態を自分の学歴や能力のせいだから仕方ない、自分で選んだ人生だから、自己責任で生きていかなければならないのだという意識を、貧困層となる 私たち一般庶民に、自分から思わせ、心から受け入れさせようというのが、人格形成の幅を主張する真の目的となっていたのではないでしょうか。 一般大衆の暗黙の奴隷化を進めるための土台作りがなされていたのではないでしょうか。  座右の銘の話に戻りますが、座右の銘とはそもそも何らかのよい格言や文章が選ばれるものですから、よいものに意識が固定されることや、よいものに近づくことは何ら悪いことではないはずです。  これを否定したうえで、幅をもたせろとは、つまり、悪い方向への変化を受け入れさせようとする印象操作が行われた可能性が非常に高いでしょう。 植木さんの主張は常に支配層都合にのっとっていますので、支配層戦略が実現されつつある現実を理解すると、危険なものばかりだと気付かされます。  繰り返しになりますが、植木さんの発言が番組の最後に放送されていますので、番組全体の結論であるかのような印象操作にもなっていました。 番組の最後というのは制作サイドのディレクターなどの意向でしょうが、彼らもすっかり支配層のエージェントとなっているようです。  テレビ局全体が支配層戦略を代弁するものとなっている可能性が高いですので、植木さんの発言も、当然、私たち一般大衆にとって利益となるようなものではないことが予想されます。  最後に私の結論としては、座右の銘は持ったほうが得だと判断しています。 みなさんも、必ずしも立派な格言でなくてもよいので、何かよい目標や指針を掲げておいたほうが得でしょう。 その言葉は常日頃、自分で意識するようになっていきますので、結果的によい状態に近付いていけることでしょう。   番外1:フジテレビドラマのヒロインの平均年齢が高すぎる CMを見ていて気付きました。 20年前のヒロインが今でも活躍している真相は… フジテレビへのタレントの出演拒否とテレビ局としての衰退 2017/5/28   今回、この記事で扱った出演者のヤバイー(危険度)ランキング  実名をあげたほうが読者の興味を引きやすいでしょうからあげていますが、私も集団ストーカー被害者なので公安らしき加害者からの妨害が入り、一部見落としてしまいました。 気になる人は各自で調べてみてください。  公安の都合かかどうかはよく分かりませんが、このテレビ番組批評の記事はかなり警戒しているようです。 今後は加害者をあまり刺激しないよう地味に続けていく予定です。 1位 植木理恵、心理評論家。もっとも危険な印象操作を行っている可能性が高い。 2位 法律評論家の人。支配層というより代理人となる番組側への熱心な協力者といった印象。 3位 その他の評論家。支配層寄りの人と公正な人がいる。全体としては支配層寄りが多い。 4位 その他のタレント。個人の意見というより、番組からの都合に合わせた発言をしている模倣。 5位 武田邦彦、環境評論家。おおむね公正な人。 6位 中野信子、認知科学評論家。公正な印象。 7位 澤口俊之、脳科学評論家。おそらく善意の人。 < 解説者について >  解説者の多くは学者であるのに評論家扱いになっているのは、学者として学説を説明しているのではなく、個人として意見を述べているだけだという逃げを 打っているようです。 「ホンマでっか」の印象操作には、さすがに多くの国民が気付いて、本人たちに意見や注意をしているのかもしれません。 あるいは学会側からの苦情があったのかもしれません。 2017/5/25 < 注釈と参考 > (※1)支配者層、金融マフィアの詐欺的な世界支配  下書きを読む前に(1)用の説明 (※2)分断統治  人々を民族・宗教・身分などで分断・対立させ支配する方法 社会的な不正や政治腐敗の仕組みの簡単な説明 超富裕層や裏社会の詐欺支配理念の批判  シオン長老の議定書、イルミナティアジェンダ、ユダヤ・プロトコルなどにみる詐欺マニュアルの矛盾など   目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク   Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明   集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)   集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)   集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)   集団ストーカーまとめサイト (Wiki) Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.

      テーマ:
  • 04 May
    • 集団ストーカー関連の被害・被害の種類 そのハラスメント、集スト・テク犯じゃありませんか?

      目次 > 一般分析 初心者向け説明 > 集団ストーカーの基礎知識 > 集団ストーカー関連の被害・被害の種類 そのハラスメント、集スト・テク犯じゃありませんか?     Damage_related_to_gang_stalking, 2015/10/7, 2017/6/4, 動画版, 音声DL・再生 2016/9/28 < 目次 > はじめに  偶然を装った監視、言動予測による嫌がらせ被害と監視圧力による心理誘導被害 代表的な被害 比較的珍しい被害 < 参考 > 集団ストーカー行為の被害集計 -- 集団ストーカー問題を克服する  音声被害、尾行など人による被害 テクノロジー犯罪の被害集計 -- 集団ストーカー問題を克服する  科学技術を悪用した機器による被害、五感・三欲・自律神経への干渉など 集団ストーカー|ウォーカーのブログ  「集団ストーカーの手法」などの記事で紹介 2017/2/5 全国被害者トップページ  最下部の「テクノロジー被害『電磁波』を受けると以下の症状がでる」 2016.6.16, 2016.9.28 集団ストーカー.info  [大規模分析 犯罪手法データベース] 集ストの人為的な部分を扱っているサイトの中で最も優れたサイトのひとつ 全般的な被害と対策 個別の被害と対策             はじめに 偶然を装った監視、言動予測による嫌がらせ被害と監視圧力による心理誘導被害  集団ストーカー・テクノロジー犯罪は日本でも1980年代から行われていて、30年以上の歴史があります。 この間に加害者側もノウハウを蓄積し、今ではより発覚しにくい、偽装した加害行為が行われるようになってきています。  元々、証拠の残りにくい犯行を続けるのが基本的な犯罪手法でしたが、今では、被害者の心身の弱み、過去の病歴・事故歴、あるいは年齢・性別・職業別でおちいりやすい病気や症状を狙う、便乗型偽装攻撃へと変化しつつあります。  骨折したことのある被害者であれば、その付近に痛撃電磁波を送信したり、特定の内臓機能に不安を感じている人には、その内臓に対して痛みを送信すると いった具合です。 体の痛みは、一箇所に対して数年から数十年といった長期に渡って痛みを送信し続ける被害例がありますが、これはその痛みを電波送信されたものではなく自然 な体の痛みだと被害者に勘違いさせようという狙いがあるようです。  次にあげる事柄に身に覚えがある人は、集団ストーカー・テクノロジー犯罪・強制尾行・カウンターインテリジェンス(コインテルプロ)などの監視被害を受 けている可能性があります。 被害が悪化してくると、加害者は監視対象者が監視されていることを気付くような方法で嫌がらせをするようになります。  被害者に謎の威圧感や謎の攻撃などによる、悪意の演出を行い、被害者自身を被害意識過剰な状態に追い込むのが、加害者の第一の狙いです。   加害者は、それぞれ人為的な嫌がらせやテクノロジー犯罪などで監視や威圧、または直接的な攻撃を行うことでさらなる目的を達成しようとします。  被害者への嫌がらせ犯罪の基本的な目的は、次のように分類できます。 ・精神不安へ誘導する(精神攻撃、精神病・統合失調症などの誘発) ・肉体を弱らせる(肉体攻撃、病気の誘発) ・周囲の人とトラブルを起こさせる(風評被害、離間、監視圧力の強化) ・あらゆる持ち物に不都合が生じさせる(物への被害、物品の破壊・消耗・紛失・移動・交換) ・社会や組織から排除する(風評被害、収入の制限、ライバルの排除、財産没収など)  これらの被害は、基本的には、なるべく気付かれないように偶然に見せかけたり、被害者の体に元からあった不調や、元々周囲から聞こえてた環境音などを悪 用した便乗攻撃として行われることが多くなっています。 そのため、それぞれの被害者は、自分しか受けていないような珍しい被害にあうこともあります。  監視被害が基本にありますので、過去の言動が知られていてさらに予測されるので、相手にはじめて話す内容でも、相手は知っている様子でつまらなそうな対 応をされるなどのことが起こります。 被害全般は、被害者の過去の行動パターンから予測して行っていますので、前回と違うパターンやタイミングになると、加害者も対応できない場合があります。 このような予測ノイズキャンペーンはアラーム程度のものだと考えておくのが健全な精神状態を保つコツとなります。  全体としては、その監視・嫌がらせ状態を継続することも目的のひとつとなっています。 その方法として加害者は、被害者の考えや行動を先読みして、騒音やほのめかし・咳払いなどの音声や、特徴的な人・乗り物などを被害者に見せることで監視・支配圧力をかけようとします。  集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害とは、偶然を装った監視、言動予測による嫌がらせ被害と監視圧力による心理誘導被害と言ってよいでしょう。  加害勢力にとって、これらの先にある目標はとして予想されているのは、治安維持や監視を名目とした防犯利権、精神病などの医療利権、健康不安の増長による生命保険などの保険利権などの利益拡大があるとみられています。  さらにその先にあるより大きな目標はとして予想されているのは、何らかの監視・検閲・弾圧などの支配実験です。 説明のつかない被害が継続することから、個別の目的を達成するための活動というよりも、全体として何らかの大目的があり、そのためのデータ・ノウハウを収 集するようなイメージが活動全体からはみてとれます。 2015/10/7, 2017/6/4             代表的な被害  被害全体に言えることですが、ひとつの理想的な対処法、至高の対処法といえる方法は、加害行為と被害の黙殺です。 加害行為は黙殺や無視をし続けることで沈静化させることができる可能性があります。 加害者の嫌がらせ犯罪の相手をしないことで、加害者に嫌がらせ犯罪を続けることをあきらめさせるという方法です。  加害者でも末端の人間は、知識も経験も少なく、ネット掲示板などに、集団ストーカーの加害行為がうまくいかないことを相談していることがあります。 加害者のとっての加害行為の成功というのは、嫌がらせ行為で被害者へ精神的、あるいは肉体的にダメージを与えることですから、黙殺されると、加害者にとっ ては嫌がらせ行為に失敗したということになるのです。 加害勢力にとっては、嫌がらせ行為が成功しない以上、別の方法に変えるか、嫌がらせ行為自体をあきらめざるをえなくなるのです。  実際に加害行為を行っている加害者は、同時に思考盗聴で被害者の意識を読み取っています。 具体的な加害行為を行う本人が直接思考盗聴しているとは限りませんが、その行為を行っている本人にも伝わるかたちで、誰かが思考盗聴し、その本人に伝えら えることになります。 そのため、嫌がらせ行為、たとえば、ばらまかれたゴミを片付けるときなどは、なるべく不快感をあらわず、心や頭のなかにもイメージや言葉を意識しないよう にすることで、その加害行為には効果がないことということを知らせることができるのです。 < 参考 > 犯罪の沈静化  嫌がらせなどの被害を無視する被害軽減法・黙殺法       < 代表的な被害 >  多くの被害者が毎日受け、感じているような代表的な被害には次のようなものがあります。 全体的に偶然を装って行われ、被害者の不安や監視被害を助長するような被害意識の強化を目的としている傾向があります。       イメージ関連不安、怖い、眠れない、悪口を言われる、周りの人が冷たい 移動中や会話やなどに自分の考えや行動を先読みされたような出来事が多い(偶然を装った嫌がらせ)。       集団ストーカー被害関連(主に人為的なローテク被害)音声が気になるように仕向けらる被害全般、隣人の不振な動き、監視、尾行、待ち伏せ、電磁波、一般人や警察官などの人やパトカー・消防車・救急車・その他 の一般車両・バイク・スクーターなどによるつきまとい、自分の乗り物へのいたずら、仲間はずれ、テレビ・ラジオ放送によるほのめかし、職場での不振な動 き、不審なメール、罵倒、家宅侵入、自宅内への不法侵入、敷地内進入、パソコンの動作不良、電気製品の動作不良、にらみつけ・つば吐きなどの敵意のある行 為、不振な言動、電話機の異常、無言電話、呼び出しに出ようとすると切れる、盗聴、盗撮、思考盗聴、考えが読まれる、ほのめかし、嫌がらせ、騒音、咳払 い、嘲笑、脅迫、暴力、睡眠妨害、人間不信、蛍光灯の点灯不良、豆電球が長持ちしない、物やお金がなくなる、郵便物の未着・紛失・無断開放・庭へのばらま き、物が移動している、消耗品の減りが早い、家や庭へゴミを入れられる(まかれる・投げ込まれる)、住居の門やポストなどの破壊や落書きなどのいたずら、 家の中が荒らされる、住居や敷地内への動物や昆虫などの死骸や糞尿の投棄、車の操作不能、車のドア開閉などの不良、脅迫電話、ビラまき、強姦、頭痛、頻 尿、店員・役人・警察官などの対応が悪い(自分への態度が悪い、失礼な態度が多い、精神病院への診療をすすめられる)、店内で万引き犯扱い、交通マナーの 悪い運転者によく出会う、交通事故に巻き込まれそうになる、駅のホームで転ばされる、赤青黄の創価三色やオレンジなど色の服を着た人を多く見かける その他いろいろな不安・恐怖や不幸・破滅などの暗示や被害妄想への誘導。 2017/3/4       テクノロジー犯罪被害関連(主に科学技術を悪用したハイテク被害)考えが読まれている、思考盗聴、睡眠妨害・不眠(目がさえる)、人の声や音が聞こえる、原因のない音声被害全般、頭痛(頭のしめつけ・しびれ・痛み)、腹 痛、心当たりのない身体感覚の緩慢・または急激な変化(神経障害性疼痛、神経性疼痛、線維筋痛症、筋肉が勝手に動く、体の振るえや振動、頻尿、恐怖感、不 安感、倦怠感、疲労感、脱力感、あせり・焦燥感、怒り、機嫌が悪くなる、精神的な興奮状態、活動意欲の低下、絶望感、猜疑心、執着心、鬱症状、躁症状、躁 鬱病(双極性障害)、陰部の挿入感、性的興奮、精力の減退、性的な快感)その他いろいろな不安・恐怖や不幸・破滅などの暗示や被害妄想への誘導、心臓など の内臓の痛みや異常、電気が走った感覚、不自然な夢(怖い夢や特定の分野の夢をよく見る)、思考送信(頭や心の中に声が聞こえる、意識への干渉)、脳活動 の抑制や活発化、精神を支配される不安、睡魔・睡眠不足からくる眠気、ブレインジャック、神経過敏や神経質になる、鼻炎・咳・くしゃみなどの風邪症状の悪 化・長期化、体のチック(ピチピチ)感、異臭、映像が見える(光や点が見える)、下痢、毒などのガスの発生・室内への流入、周囲の振動、陰部の接触間、排 泄操作・排泄機能の操作(下痢・不自然な食あたり、便秘・尿失禁・便失禁・肛門の弛緩や挿入感)、体を突き抜ける痛み(痛覚攻撃・痛撃電磁波・レーザー攻 撃)、遠くの声が聞こえる、過食・食べ過ぎ・飲みすぎ、粗食・小食、衝動が普段よりも抑えられない・我慢する力の低下、多汗、霊的とも感じるような異様な 空気感(電磁波照射感)、空気弾のような衝撃波、目が見えなくなる、声が聞こえなくなる、金縛り、眼球の裏が焼かれた感覚、眼球の痛みが続き膿のようなも のが出てくる、体臭の悪化、体内にマイクロチップなどがインプラントされている(埋め込まれている)ような感覚、やけど、味覚異常(味がしない、まずい味 がするなど)、目がズームのようになる、食後の口の中の違和感、嗅覚異常(匂いがしない・わからない)、酒酔い(悪酔いの悪化)、乗り物酔いの悪化、失 神・気を失う、呂律が回らない、電磁波、盗聴、盗撮、ほのめかし、騒音、パソコンの動作不良、ハッキング・アカウント乗っ取り・使用不能、パスワードを盗 まれる、不正ログイン、ネット監視、電気製品の動作不良、睡眠妨害、毒物被害  同じ内容も含まれていますが、検索ヒット率を上げるため、「テクノロジー犯罪・集団ストーカー全国被害者」のほうからも転載しておきます。 声が聞こえる (耳を塞いでもきこえる)『音声送信』 『テレパシー送信』 声による    誹謗・中傷   『音声送信』 考えが読まれる(心の解読)   『思考盗聴』 24時間365日、遠隔から監視されている。 家の中が遠隔透視技術により見られている。 盗聴・盗撮を遠隔技術により行われる。 身体の痛み      『身体攻撃』 身体のかゆみ     『身体攻撃』 身体の痙攣      『身体攻撃』 内臓が押される    『身体攻撃』 内臓がきりきりする  『身体攻撃』 頭部の圧迫(頭に膜くが張る感じ)『身体攻撃』 頭部に腫瘍があるような感じで神経を圧迫される   『身体攻撃』 まぶたの痙攣 歯の痛み 肩甲骨の奥に痛み・激痛 息が苦しくなる 鼓動がはやくなる 痰がつっかえる              『高周波を浴びすぎる』 目を閉じて瞼を押すと青い光が無数に見える 『高周波を浴びすぎる』 性器の痛み・チクチク感・性的興奮  『身体攻撃』 手指の痙攣・全身の痙攣      『パルス波のピンポイント攻撃』 体が以上に重い          『電磁波を全身に浴びるため』 記憶を忘れる  忘れやすい     『電磁波にて頭部圧迫のため』 電化製品の誤作動、勝手に動き出す、または壊れやすい 家電製品から異常な音がする     『電圧を上げられている』 家の天井、電化製品など色々なものがパンパンなる『ラップ現象は嘘、電磁波』 自分の考えにあわせてパンパン音がする 金縛りにあう (電磁波照射で動かなくされると同時に脳だけ動かされる) 冷蔵庫・クーラー室外機など自分が通るときだけ音が大きくなる 蛍光灯が光過ぎる    『電圧を上げられている』 金縛りになると必ず幻覚をみる人の影など色々『家の中に電磁界を張られてる』 へんな夢を見る 異常に感動的な夢を見る 何度も同じ夢をみる 目を閉じると映像が見える。  『映像送信』 心霊写真が写っている。『特にPCに保存していると心霊写真をつけられる』 意識を失わされる。 過去の自分の羞恥心をあおられる。 音声送信 脳の中の恥ずかしい考えを人に言うぞと脅される。 強制的に射精させられる。夢精をさせられる。 射精時に性器に激痛を与えられる。 決まった時間に繰り返しおこされる。 決まった時間に家の中の物がパンパン音がなる。 血圧を上げられる。鼓動を早くされる。 階段を降りるときに足の同じ場所に痛みをあたえる。 体が脳がゆらされ地震と勘違いする。 自分の考えに反応するように家の中がパチパチなったり身体がチクチクする。 強制的に電磁波で腹痛を伴い排泄させられる。 小便時に性器に激痛をあたえる。 2017/3/4  被害と関連が疑われる症状。 こちらは目覚よ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家! 復讐代行と闇の商人より。 心身症 慢性疲労症候群 不安神経症 うつ病 更年期障害 自律神経失調症 皮膚のヒリヒリ、チクチク痛み 灼熱感焼けつくような熱さ 顔面への湿疹 虫刺され症状蚊・ノミ・ダニ症状集中力のテイカ 立ちくらみ 軽いめまい 回転性めまい 白内障 緑内障 失明 白血病 耳鳴り 難聴 耳痛 動悸 痔肛門が切れて排便が困難となる便秘ヤギの糞のような便下痢突然起こり数時間で止まる 下痢と便秘の繰り返し 胃痛心配事もないのに胃が痛む 両手足のしびれ、起床時。軽くもむと数分でなくなる。 呼吸が浅く息クルシい 喘息 咳 クシャミ、鼻の中の神経を共振 歯痛虫歯はないのに歯が痛む歯が浮く歯が浮いてご飯が食べられない 歯周病 頭痛 膝や肘の痛み 成長痛  昔は子供10人産んでも成長痛なんて病気はなかったのだが。 尿失禁年齢関係ない 悪夢同じ夢を数週間も続けて見る 視力障害白内障・緑内障・視力テイカ 目が疲れる 目がゴロゴロする目に小石が入ったような感覚鼻づまり・鼻水(鼻炎)顔がほてる、むくみ、口内炎栄養不ではなく電磁波照射 異常な喉の渇き 短期テキ記憶喪失一瞬の物忘れ 異常な疲れぐったり感 めまい、気を失いそうな感覚 吐き気慢性テキ・吐き気急性  夜中に目が覚めるさわやかに目が覚め眠くない 集中力の欠如 (イライラ感・難聴) まっすぐ歩けない平衡感覚障害 ふらつき 瞬時の揺れドンッと音がして地震が起きたような感覚腕の筋肉や関節の痛み 呼吸困難、動悸 (不整脈) 手足のしびれ、麻痺 肩や首筋の執拗なこり 背中の痛み ふくらはぎの引きつりこむら返り・・神経の共振 ヘルニア ギックリ腰 五十肩 寝違い 狂気じみた激怒 大脳の活動テイカ まぶたが垂れ下がる まぶたが腫れる 目を閉じたとき紫に動く物がミエる 2017/3/14  さらにこちらは、アメリカの集団ストーカー被害者と銃乱射事件 - オリュウの独り言、止まったと思われる被害より 低周波振動音、耳にキ~ンとくる音、バイクや車の暴走音、ヘリの飛来音、湿疹、歯痛(虫歯はない)、背中の痛み、強力な肩こり、部分冷え性(背中・片方の 肩・足先)、ノミ、ダニ、蚊症状、めまい、立ちくらみ、ふらつき、回転性めまい(沖縄街宣で1ヶ月間やられました。後遺症が1年以上続きました。まっすぐ 道を歩けない、ふらつきなど。病院は一度も行ってない。)、横隔膜の痛み、疲労感、アトピー、凍傷、耳痛、難聴、動悸、低血圧、息苦しさ、だるい、手先の しびれ、鼻水、鼻つまり、タン、のどの痛み、花粉症症状、眼球の痒み、飛蚊症、閃光、目がごろごろ(石ころがはいっているような)、便秘、便意、下痢、胃 痛、膝痛、オーガズム症状、痔、悪臭、鼻のムズムズ、頭痛、口内炎、金縛り、肘の痛み、寝違い、ぎっくり腰、金縛り、悪夢、焦燥感、手先の痺れ、貧血、イ ライラ感、異常な疲労感、皮膚の痒み、不眠、手足の関節の痛み、吐き気、骨粗しょう症、疼痛、歯が浮く(歯槽膿漏症状)、ぐったり感、無気力、切傷(お尻 とか指先とかが切れる)、顔にシミ、髪が抜ける、薄毛、蕁麻疹、瞬時の揺れ(地震を作り出す)、発声困難、平衡感覚、貧血、切り傷、 電車内、ホーム、あ らゆる場所で手や足の甲などに痛み、 ブライティング攻撃(夜間運転中)、家宅侵入、しぐさや癖を真似る、駐車場へ先回り、駐車場を同時に出る。冷蔵庫がコンコン鳴る、誰もいない上階からモー タ音。PCのハッキング、ネットバンクから引き出し(10年前)、咳払い、大声、大笑い、酔っ払い、警察官のコスチュームを着けて立っている、家の周辺で 頻繁に工事(電気、水道、ガス、ケーブルなど)、ストリートシアター(奇人変人登場、ホームで誰かが倒れて駅員が介護など、)、人身事故の電車内放送、意 味不明の電車の遅れ、カルトナンバー登場、時計を狂わす、手で頭をなでる人、手で鼻をさわる人、手で髪をさわる人、家の中の道具を微妙に動かす、洋服にシ ミをつける、同じ服の人と鉢合わせ、留守電の内容変更、メールの配信を遅らせる、匂いの送信、靴下が片一方だけなくなる、よれよれのパンツが置かれる、玄 関先にねずみの死骸、玄関先にタバコの吸殻、外出時に頭上にヘリ、外出時に近隣も同時に出る、隣のおじさんが玄関先で倒れている、カメラを取りにいってる 間にいなくなった、間違い電話、間違いFAXが沢山届く、床がミシッミシッと鳴る、電球が切れる、ラジオの電源のON、OFF、携帯電話の電池切れが異常 に早い、コンビニに入ると店員が側に来る、電車のホームでいつもあと数秒で乗り遅れる、パトカー、救急車、消防車とのタイミング合わせの遭遇、キューリを 買うと中が腐れている、表面は青々としてきれい、エレベーターの乗り降りで対話の中に仄めかしを入れる、自分が気にいってる商品が店頭から消える、または 発売禁止となる、自分が尊敬している男女が早死にする、 ●この被害に遭ってから、「下肢静脈瘤」の手術、「白内障」の手術を受けました。下肢静脈瘤は電磁波照射による毛細血管の破壊で脚の静脈の血行障害で起こる現象です。白内障は電磁波照射による網膜攻撃によってしだいに視力に障害が出る現象です。2017/4/5       目的関連思考誘導、支配洗脳、防犯パトロール、リストラ、不正隠蔽、おどし、圧力、威圧、(ライバルの)排除、監視洗脳実験、テクノロジー犯罪記述の実験       実行犯や組織探偵、創価、警察、警備会社、不審者、精神病者、防犯パトロール車両、パトカー、青パト(青いランプのパトカー)、ヘリ(ヘリコプター)、トラック、軍用車両       説明 もう少し詳しい説明です。 ・原因のわからない、あるはずのない知覚や心身の変化がある(テクノロジー犯罪全般、電波・音波・放射線・毒物などによる被害) ・衣服から日用品、家具・建物・庭などあらゆる物が破壊・消耗・紛失・移動・交換などされ、不都合が生じる(物品への被害) ・自宅にいるときや外出中に、いつも監視されている気がする(尾行・監視圧力) ・自分の行動や趣味・考えなどが他人に知られている気がする(思考盗聴、風評被害) ・外出時に誰かに後をつけられている気がする(尾行) ・外出時に誰かに待ち伏せされている気がする(待ち伏せ) ・知らない人が、自分に向かって同じ動作や内容の発言を繰り返し行っている気がする(アンカリング) ・自分しか知らないはずのことを知人または他人が話しているのを耳にする(ほのめかし、風評被害) ・夜、寝た後に毎日同じ時間に目が覚める(初期睡眠妨害) ・いつのまにか自分の悪いうわさが広がっていて、周りから悪者扱いされていたある(社会的信用の低下、風評被害) ・公共の場や職場、電車・バス・飲食店内などで同じような物音や台詞をよく耳にする(ノイズキャンペーン) ・どこへ出かけても同じ人の声や咳払いを聞かされる(聴覚への音声送信、または実際の音声再生) ・店内で万引き容疑者犯扱いされ店員や客を装った万引きGメンなどから尾行されたり、自分に対する警戒を告げるような店内放送などがある(店舗内での万引き容疑圧力)           < 屋内 >  被害を場所別に分類すると、おおむね次のようになります。     睡眠妨害 被害者が眠りに就いた直後や、深夜帯、目覚める前の時間などを狙い、物音や電磁波攻撃で目覚めさられる被害です。 被害の初期では、深夜2時など特定の時間に毎晩、目を覚まさせるという手法が使われます。       家屋などへの不法侵入 窃盗やゴミのばらまき、物の位置移動や向き変更、パソコンのパスワード解除などの被害です。         < 屋外 >   尾行 被害者に見つからないように後をつける行為です。 1人から3人以上で行われることが多くなっています。       つきまとい・待ち伏せ 被害者に見つかるように尾行や待ち伏せを行い、騒音や音声によるほのめかし、同じ動作の繰り返しなどで嫌がらせを行います。       第三者を利用した嫌がらせ 防犯目的の監視、あるいは伝言ゲームやサプライズのような平和的ないたずらなどを装って、無関係な人間に嫌がらせを代行させます。 創価学会員が代行されている姿も度々目撃されています。         < 共通 >  全体としては、偶然を装った監視圧力で、被害者への持続的な監視支配状態の容認と被害対策の観念、さらにそれらを強要するという傾向があります。 また、多く場合これ自体が目的となっています。   監視・洗脳 尾行・待ち伏せもそうですが、24時間監視している、かのように被害者へ意識付けを行い、監視圧力を与え、監視威圧を行うのが集団ストーカー犯罪の基本 的な犯罪方法です。 集団ストーカー犯罪は、運用面では利権の維持拡大を目指していますが、犯罪思想としては色々なイメージを刷り込むことで思考や行動をコントロールする洗脳 を目指しています。       風評被害 悪い噂を流されます。 被害者を誹謗・中傷する情報とともに、それを補強するような情報が周囲の人たちへもたらされます。 これらの情報によって周囲の人たちは加害者に洗脳され、被害者を悪人や素行の悪い人、変質者、精神病者などと誤解するようになります。  尾行・盗聴などの監視行為によって集められた情報の中で、特に具体的な情報、被害者の行動予測などをの情報を周囲の人たちに知らせることで、周囲の人は 簡単にだまされてしまいます。 何を欲しがっているか、どの店で何を買うか、どんなことをインターネットで検索しているかなどの情報が周囲の人を洗脳するのによく悪用されています。       嫌がらせ目的の騒音 被害者の行動や思考・生活パターンに合わせて物音や音声を聞かせる騒音被害です。 ノイズキャンペーンと呼びます。 睡眠妨害、風評被害と共に三大被害と呼んでも過言ではないほど、長期間、継続的に行われます。       思考盗聴 テクノロジー犯罪のひとつです。 脳内の音声イメージを解析することにより、被害者の思考を予測するし、この予測結果を共犯者の間で共有し嫌がらせに悪用しています。 電車内や自動車内でも可能で、さらにトイレや個室などでも可能です。 思考の音声イメージだけを読み取るのではなく、意識・五感・三欲などをすべてコピーしているとみられる被害も確認されています。       テクノロジー犯罪 電磁波、音波、毒物、放射線など科学技術を悪用した攻撃です。 軍事技術を転用したもので、主に公安警察や自衛隊情報部(防衛省、自衛隊のスパイ・諜報部門)、暴力団、創価学会などが使っています。  電波系攻撃(電磁波、EMP兵器)では、脳神経系の生物的な感覚、触覚・聴覚などの五感や体内の臓器感覚などを狂わせ、痛みや様々な感覚を誤解や異常を引き起こすことができます。 五感・三欲・その他の神経などへ干渉して、精神や肉体にダメージを与えます。  被害が悪化すると屋内外、時間を問わず、可能な限り被害者へ痛みやかゆみなどの不快感を与える攻撃が行われることもあります。 また、快楽被害というものもあり、性的快感を与えることで痴漢行為などを誘発しようとしているとみられています。 2015/10/7, 2017/2/28             比較的珍しい被害  集団ストーカー・テクノロジー犯罪の加害行為には、被害者の社会的な排除や精神病・犯罪・自殺などに追い込むこと、またそれらの活動を続けるとことで防犯利権を維持拡大することなどの大きな目的があります。  しかし、その大目標を実現するために行われる具体的な加害行為には、おおむね共通している部分はありますが、細かい決まりはなく、加害者が各自の判断で行っているような、例外的で特殊な嫌がらせ加害行為もあります。  それらの少し珍しい嫌がらせ犯罪からくる被害には次のようなものがあります。 ・気付かない間に衣服がぬれている(冬場、上着などへ水滴や水蒸気を浴びせられる)  コップでも水差しでもできますが、超音波による水滴の空中移動技術が悪用されている可能性があります。 自由に命中させられる水鉄砲のような技術がすでに開発されています。 2017/1/26, 2017/2/28 < 参考 > 超音波で物体や水滴を空中に浮遊させて操作する技術を日本人が開発 | BUZZAP!(バザップ!) 「水滴 空中移動」 - Google           目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク   Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明   集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)   集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)   集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)   集団ストーカーまとめサイト (Wiki) Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.

      9
      テーマ:
  • 03 May
    • 支配層戦略、支配洗脳詐欺術の概要 詐欺術の向上による究極の世界支配とその勢力分類

      目次 > 社会不正(裏社会) > 超富裕層や裏社会の詐欺支配理念の批判 > Summary-of-the-rule-layer-strategy, 2017/4/24, 2017/6/3, 評価:★★★★  詐欺手法についての説明はいろいろとありますが大きく分類すると、政治や法などの国家や社会システムの改変と民衆や個人への印象操作、心理・思考誘導と なっています。 個人や社会全体を詐欺にはめて思い通りに動かすという支配方法です。 個人や集団への心理操作術と言ってもよいでしょう。 これら究極目的は世界全体の完全な支配であり、そのための手段が支配詐欺術や心理操作術の知識です。  世界支配には莫大な資産が必要となるため、社会寄生型詐欺による利益追求が基本戦略となっています。 資本を独占した後は、社会の政治・経済・国民生活などを破壊しつくし混乱させ、莫大な資本を使い救世主としての地位を獲得し、世界統一政府を樹立し永続的 な支配権を手に入れるというのが彼らの描いている詐欺支配戦略です。  詐欺師たちの世界支配はかなりの段階まで進んでいて、支配とそのための知識を備えている彼らに残された課題は、いずれ実現する世界王国で誰が王となるか ということくらいだと主張しています。 実際にそれが実現に向かっている部分も多々ありますが、すでに世界的に暴露されてしまっている彼らの詐欺手法で世界を支配することはできないでしょう。 彼らの詐欺手法はトリックの知られてしまった手品のようになっているので、人々を洗脳するという手法本来の目的を達成することはできないでしょう。  これについては個々の詐欺師や全体の支配者である人間はすでに理解していることでしょう。 私たちが知ることができるシオニズムなどは、おそらく実際にはメーソン員やカルト団体員を支配する支配者が利益追求のための詐欺作業員であるメーソンたち を洗脳するために作り上げ続けている欺洗脳手工作にすぎないでしょう。 < このサイトで扱うメーソンの説明 > メーソン  支配層の勢力拡大のための詐欺犯罪作業員  ユダヤのタルムードやシオニズム手法が詐欺奴隷への洗脳書だとすると、キリスト教の聖書は一般奴隷への洗脳書だと解釈することもできるでしょう。  シオン長老の議定書などで使われている「我々」とはユダヤ人のことで、ユダヤ人が管理する秘密結社がメーソンとなります。 メーソン員(メイソンリー)は元々はユダヤ人でしたが、非ユダヤ人であるゴイム(一般大衆)もメーソン員として仲間に引き入れ利用してきたことから、 「我々」に含まれる範囲はユダヤの教義を守り実行する仲間たち(兄弟)という意味となり拡大されています。  このようなことから、社会寄生型詐欺犯罪組織の構造はおおむね6つに分類できます。 大きく分けると秘密結社と一般大衆の2つで、それぞれ権力層・管理層・一般層に分かれているイメージです。 (1) 秘密結社全体の頂点で決定権を持つ支配層(王族やその末裔、表社会の長者番付などにはでない莫大な資産家、裏超富裕層) (2) シンクタンクメンバー、金融・政治エリート、超富裕層など戦略立案・実行管理担当の秘密結社員 (3) 実行犯や情報収集用の洗脳奴隷であるメーソンやその他の関連カルト勢力などの秘密結社員 (4) メーソン・カルト勢力と一般人の間で王族・金融家・政治家など主要な地位を占める特権ゴイム(自称メーソン) (5) 生活や産業・経済に必要な労働や詐欺洗脳支配を助ける労働者や警官・軍人などの生産管理ゴイム(主要な地位は自称メーソン員が占める) (6) それら以外のすべての支配対象となる一般大衆であるゴイム(一部は自称メーソン)  ゴイムも利用できればメーソン員扱いしますし、メーソン員自体も必要であれば殺害してよいというルールになっているため厳密に区別するのは難しくなっていますが、おおむね次のようになっています。  特権ゴイムや生産管理ゴイムは、彼ら本人にはメーソン員であると洗脳して利用しますが、実質的にはゴイムと同じ扱いになっています。 正式なメーソン員になることができるのは白人系ユダヤ人とその血縁者のみで、その他の白人やすべての有色人種は正式な会員にはなれません。  正式なメーソン以外は、実質的には自称メーソン員といった状態になります。 支配層と有色人種の王族の間に生まれた子孫が正式なメーソンになれるのか特権ゴイム扱いになるのかなどははっきりしません。 また支配層が自分たちのことをメーソン扱いしているかもよく分かりません。  秘密結社員はメーソンやカルト団体などに属し、一般社会の上流から下流まで全階層に潜り込んでいます。 彼らは一般人を装いながら、必要に応じて情報収集や仲間の利益権力の拡大、その他の作戦実行に協力し合っています。  次に紹介する詐欺手法は、詐欺洗脳の対象がおおむね社会システム、社会集団、個人という順の並びになります。 2017/4/24, 2017/5/7   秘密結社員・(自称)メーソンの日々の活動は、スパイ・諜報工作員  (2)から(5)の秘密結社員、メーソン、自称メーソンのゴイムは秘密ネットワークのスパイ・諜報活動員を兼ねていて、支配層戦略にのっとった情報収集や上位者への報告、個人または集団・世論への思考誘導などが日常的な役目となっています。  Mi6・モサド・NSA・CIA・日本の公安などに所属するメーソンは、秘密結社と所属組織の命令をダブルスタンダードとする二重スパイということになります。 2017/6/3   目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク   Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明   集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)   集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)   集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)   集団ストーカーまとめサイト (Wiki) Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.

      テーマ:
    • 犯罪の沈静化 嫌がらせなどの被害を無視する被害軽減法・黙殺法

      calming_of_crime, 2016/1/17, 2017/6/3< 目次 >被害軽減には黙殺が有効具体策< 参考 >嫌がらせの抑止と沈静化 嫌がらせ犯罪の行為は防ぎ、効果は黙殺被害者の心得:被害と加害者のバランスコントロール被害軽減には黙殺が有効 犯罪者の引き起こす集団ストーカー犯罪やテクノロジー犯罪、それらによる被害を減らす対処法として、最も有効であるとされている対策法のひとつが、それらを無視・黙殺するという対処法です。 加害者や加害行為がある程度特定できている場合は、個別に説得したり、防御するなどの対処法も考えられますが、不特定多数を相手とする集スト犯罪においては、個別に対処するには限界があります。 全体的な対処として最も効果的なのは、無視すること、黙殺することだということは、多くの被害者の共通する認識となっています。 加害行為にあまり強く反応してしまうことは、犯罪者の挑発に乗ることにもなります。 犯罪者を喜ばせても仕方ないでしょう。 被害者が強い反応を示したという事実を、犯罪者は効果が出たと判断し、その後はしばらくの間、その嫌がらせを、より強い方法で、しつこく繰り返す傾向があります。 この対策として、嫌がらせ犯罪を沈静化させるには、無視・黙殺を続けることが有効な対処法のひとつとなっています。 嫌がらせ犯罪を沈静化させる際には、その嫌がらせを、犯罪者が「効果なし」と判断するまで、無視や黙殺を続けることが重要となります。 理想としては、すべての嫌がらせを、風が木の葉を揺らすがごとく、無視・黙殺し続けられるような境地にいたり、それを維持し続けられるようになることでしょう。 犯罪者は嫌がらせを行うとともに、その効果も監視や直接の観察によって確認しています。 この監視や観察の結果として、効果がないと判断させるような努力を続けることになります。 それは、延々と繰り返される嫌がらせに対して、延々と無視・黙殺を繰り返すという、気の長い対処となります。 2016/1/17具体策 犯罪者に、「この嫌がらせは効果がない」、と判断させる、無視・黙殺にはコツがあります。 おおむね次のようになります。テクノロジー監視対策 … 体をリラックスさせる テクノロジー犯罪による監視は被害者の様々な心身の状態を高度に生体観察が行われています。 生体観察技術を利用した人体の状態の観察と判定は、すでに医療福祉機関などで導入されていて、患者などへの尿意や睡眠状態が判定できるようになっています。 集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者への生体観察ではさらに高度な観察が行われていて、おそよすべての生体活動が観察されているのではないかとみられています。 そのため被害者の精神状態、心の動きなどから、あせりや不安感なども、加害者に観察されている可能性が高くなっています。 テクノロジー犯罪でこのあせりや不安感の判断する目安として、呼吸の間隔や脈拍数なども観察されているとみられています。 そこで、深呼吸や瞑想法などで呼吸を落ち着かせ、心拍数を整え、心身ともにリラックスした状態を保つことで、あせりや不安などから加害行為の効果を知らせにくくすることができるはずです。 管理人が実際に試したところでは、瞑想のゆっくりとした呼吸法を行うことで、加害者一同が静まり返ってしまうほど効果があったこともあります。 そのときは特にすることもなかったので、管理人はそのまま眠ってしまいましたが、大きな物音などで眠りを妨げられることもなく、平穏な時間を過ごすことができました。 2017/6/3監視(カメラ)対策 … 目に見える反応をしない 動きや素振りで効果がないことを示します。 コンクリートから鉄筋、ピラミッドの中まで透視する技術がすでに存在します。 家の中でもなるべく反応しないように注意しなければなりません。音声録音対策 … 声を出さない 音声の録音は監視の基本です。 なるべく声を出さないようにします。思考盗聴対策 … 被害を意識しない 頭に思い浮かべるだけでの思考盗聴によって被害の効果が判断されてしまいます。 言葉の音声イメージを頭に浮かべないことが重要です。 嫌がらせをされていることを論理的に分析したり、「痛い、つらい、悲しい」などの気持ちや、「あ、お、え」などの擬音まで、頭に浮かぶ言葉や念のようなものを、一切イメージしない、意識しないようにすることで、犯罪者は犯罪の効果を判断できなくなります。 コンピューターのパスワード入力など、どうしても文字や数字を意識してしまう場合の、思考盗聴対処法としては、鼻歌や単純な数字や文字、アルファベットの並びを意識するなどで、思考盗聴に対処することができます。 多少訓練が必要ですが、具体的には、1、2、3などと頭の中で数えながら、パスワードを入力するようなやり方になります。 2016/1/17

      2
      テーマ:
  • 30 Apr
    • ホンマでっか! TV 【日本はこのままで大丈夫?危険な現実が次々と】フジテレビ 2017/3/8

      目次 > 社会不正 > テレビ放送批評 >   検証のあまい説を悪用したNWO推進派のフジテレビ   Telecast_criticism_20170308_honma, 2017/5/23, 2017/5/31, 評価:★★   日本人はネット犯罪に関する知識が世界最下位!?  ロシアのネットセキュリティ会社が世界16カ国で行った、ネットを安全に使う知識についてのテストによる調査で、日本人が最下位になったという調査結果が扱われていました。  これは一見すると、親切な注意の呼びかけのようになっています。 しかし、実際には、ネット関連の振り込め詐欺などの被害が、日本で多い仕組みを間接的に説明することで、日本人が被害に合ってしまうのは仕方がないこと だ、自己責任だ、といった印象操作を行っているものとみられます。 間接的に犯罪を追求する動きを抑制しようとしているのではないかという疑いがあります。 < 参考 > 犯罪捜査をあきらめさせるためのマスコミの印象操作  民衆に犯罪が逮捕できなくても仕方ないと思い込ませる世論誘導  そうとはいえ、ネットをきっかけとした怪しい料金請求などには、私たち庶民としては、お金を払わないように気を付けるのことは大切なことです。 まだまだ一般的には誤解があるようですが、普通にネットを閲覧しているだけでは、ネットユーザーの個人情報が直接漏洩することはありません。 そのため、氏名などの明示的な登録をしないことには、ネット経由で何かの契約や取引が成立することはありません。 ボタンをクリックしただけで契約が成立することもなければ、個人情報が直接漏れることもありません。  漏れるとすれば、怪しいサイトを閲覧していたパソコンやブラウザからどこかのサイトに入力したIDやパスワードくらいではないでしょうか。 ネット通販や仕事などでネットを使うパソコンと趣味で使うパソコンを別に用意するなどすれば情報漏えいは簡単に回避できます。 近頃は中古で1万円くらいのパソコンでもなかなかの性能がありますので、大きさ的には少し邪魔ですが、2台用意してしまうのもよいでしょう。 クレジットカードを使わないという手もあり、これはなかなか強力な自己防衛方法となります。  どうしても不安だという場合は、ネット経由の取引を一切行わないというのが一番安全です。 自分の個人情報を含むデータをパソコン上に保存しなければ、すべての情報が盗まれても経済的には何の被害もありません。  ネットきっかけの怪しげな料金請求はほぼすべて詐欺とみて間違いありませんので、一切料金を支払う必要はありません。 本当に支払いが必要なものは催促の書類などが郵送されてきますので、それまでは相手にする必要はありません。  ネット世界の流れとしては、ネット利権は莫大ですから、閲覧や取引が停滞しないように広告業界や通販業界が犯罪防止策を講じるはずです。 つまらない犯罪者のために全体の利権が損なわれては大変ですから、時代の流れとしてはつならない詐欺は減っていく可能性が高いでしょう。  ちなみに、その他のネット全体の利便性も向上していくはずです。 2000年頃でしょうか、当時、流行っていたブラウザクラッシュのような誰が得をするのか分からないようないたずらも、2017年現在ではほとんど見かけなくなってきています。 (※ブラウザクラッシュはブラウザ自体に防衛機能が付いていて防げるようになっています)   日本は集団パニックに対応できない恐れがある  日本は、集団パニック・集団ヒステリーの研究が遅れているので、東京オリンピックなど事件が起きた場合、対応できないのではないかという説が紹介されて いました。 これは警察の警備に心理学をもっと取り入れるべきだという主張で、オリンピックを利用した防犯利権拡大のための印象操作にあたります。  監視などの防犯利権は、監視カメラなどの設置費用や人権費で莫大な利権となっています。 関係施設の周辺に、値段のよく分からないような価格に対する判断の難しい高いカメラを設置させて、何を監視しているのよく分からない警備に大金が投じられることになります。  防犯活動は、何も起こらないことが成果となりますので、極端な話、何もしなくてもお金が儲かる、今、各国の政府にとても注目されている巨大利権となっています。  防犯利権はロンドンオリンピックからその費用が高騰していますが、これは保険に代わる、楽に儲かるビジネスモデルとして、今、世界中で盛んに拡大されて います。 たいした仕事をしない警察の監視に莫大な税金が使われ、その多くは裏金として関係者で山分けにされてしまいますので、ぜひ食い止めたいところです。   日本人男性は世界で最も家事に非協力的!?  テレビの発表するデータは番組の都合で扱われているもので、それほど信頼できない情報もたくさん含まれています。 調査結果というものは範囲を限定するなどすればいくらでも都合のよい結果を出すことができます。 しかし、実際に同じ調査をして、その結果が正しいか確かめる人がいないのでバレていないだけです。  近頃はちゃんと調査する人が増えてきていますので、テレビのインタビューに答えている一般人に、実はインタビュー役者や劇団の役者が含まれていたことが バレたりしています。 テレビには同じ人物がときにはOL、ときには主婦として映っていたりします。 また、同じ場所で違う時間帯に行われたということになっているインタビューにもまったく同じ人が同じ服装で答えているようなことがあります。 これは常習犯的な確信犯のやり方ですね。 視聴者を馬鹿にするのもいい加減にしてほしいです。  また日本ではニュース番組でテレビに映る人をえり好みする傾向があり、見た目のよい人が映りやすくなっています。 海外のニュースなどをみるとあまり清潔感のない人が普通に映っていますが、日本では小奇麗な人が映ることが多くなっています。 テレビ映りなどの都合も分からなくもありませんが、テレビ局の嘘もなかなか堂々としたものです。  たとえば公正な報道を行うよう法で定められているにもかかわらず、内閣支持率などは明らかに偏った数値が報道されています。 新聞・テレビでは60%などと発表されていますが、地方紙やネットでは軒並み10%以下で、低いときは2%ということもあります。  なぜこのようなことが起こるかというと、直接的に政府が圧力をかけているからです。 特定秘密保護法の施行後の政府は警察・公安などを使った示威行為を堂々と行うようになっていますので、マスコミとしても支持率ひとつ正しい情報は報じられなくなっているのでしょう。  これらの原因としては、マスコミ自体がそもそも大衆洗脳ツールとして真実ではなく印象操作のための情報を流しているともみられています。  テーマとなっていた男性が家事に非協力的というの話も、日本が世界一などということはないでしょう。 フジテレビらしい、いい加減なデータです。 なぜそんな嘘を付くのかというと、これは戦後長らく行ってきた、日本人男性の弱体化・軟弱化という計画が背後にあるからです。 マスコミは、強い父親ではなく優しいけど少し情けないパパというふうに印象操作してきました。 これの延長上にあるのが家事に非協力的という印象操作です。  ついでに家事をする男性のほうが出世しやすいなどという、アメリカから持ってきた怪しげな説も紹介されていました。 目的は同じです。 説明としては、家事を手伝うとセルフコントロールができるようになり、人間関係がうまくいきやすいそうです。 これも別に悪いことではありませんが、家事を手伝うことが夫婦喧嘩の原因になることもあるでしょうし、一概にそうなるとは言い切れません。 あまりベタベタとコミュニケーションをとらないことで、よい関係が保たれるようなこともあるでしょう。  戦時中の神風特攻隊など、とても大胆な日本人男性の精神気質に恐れをなした欧米、正しくは英米ですが、彼らが日本人男性の精神的な弱体化を計ってきまし た。 そろそろ十分ではないかと思いますが、民衆を従順な奴隷のように飼いならすのが政府や背後の英米・天皇グループなどの目論見だとみられています。   近年バンザイができない子どもが増加!?  これは子供の身体機能が低下してきているので、大事に扱いなさい、という印象操作でしょう。 目的は、子供を過保護に扱わせることによる、子供の心身の弱体化です。 弱い子供を作るための世論誘導になっています。  紹介されていたデータを全体的に見れば、それほど致命的な状態とも言い切れませんので、大げさに驚くべき事態とも言えないでしょう。  支配層は国家全体の弱体化のために子供の弱体化も進めようとしています。 体に害があるにもかかわらず効果のほとんどない過剰なワクチン接種などもこれと同じ一連の流れです。   ブラックマヨネーズ(お笑いタレント)のツバを吐く嫌がらせ  お笑いタレント同士で、実際にツバを吐くしぐさをしている場面が映されていました。 これにアイドルも加わることで、これを見た人たちがマネをするようするための思考誘導が行われていたとみられます。 2010年頃でしょうか、「死ねばいいのに」、「死んでほしい」などといった、強くモラルに反する言葉を、テレビが流行らせようとしていたことがあります が、これも同じ流れです。  目的には日本社会のモラルの低下にあります。 この回の番組放送後には、子供や気の強い大人であれば、ツバ吐きのマネをしていたのかもしれません。 公共性の問われるテレビ放送においては、当然、やってはいけないことであり、放送していはいけない内容でした。  さらに番組では、ツバを吐きかけるしぐさに、出演者一同大喜びというひどい内容が放送されていました。 テレビでなくともやりすぎであり、普通は日本ではこんな下品なツバ吐き行為は行われていませんし、笑顔で迎えられることもありません。 フジテレビはフリーメーソン支配が進んでいて、日本人のモラルの破壊もひとつの目的となっているというのは、なかなか真実味のある説を言わざるをえませ ん。  フジテレビに関しては、会社の利益が100億から50億へと激減するというひどい評価を日本国民から受けていますが、もっと強い反省を促す必要があるよ うです。 首相夫人の安倍昭恵さんが土地ころがしのインサイダー取引で問題視され、家族が経営する森永製菓への不買運動も盛んに行われていましたので、フジテレビに も気を付けてほしいところです。 2017/5/23   逆境力の弱い人が増えている!?  子供の運動機能の低下で、運動の実行力が下がると、精神的な逆境力も下がってしまうと放送されました。 幼少期に危険な遊びをしたほうがよいとまで、脳科学評論かの澤口さんが言っていました。 危険回避能力が身に付かなくなるという主張でした。  危険な遊びの程度によっては、取り返しのつかない事態に発展する可能性もありますので、気をつけないといけません。しかし、少し危険ではありますが、正論です。  ホンマでっかTVで正論がどう扱われるかというと、実際には難しいとか、澤口さんへの人格攻撃が行われ、間違っているかのような印象操作が行われます。  政治統治方針の関係で、日本人は弱体化させられていて、今もその最中ですから、日本人は弱体化へ誘導されています。   世界に比べて日本は年代別心理学の研究が遅れている!?  心理学の集団への分野の研究が遅れているという指摘は、この分野への研究を喚起する意図があります。 政治的な統治、民衆支配で最も重要な学問分野は経済学と心理学となっていて、心理学の遅れている部分を強化しようとしています。 特に日本は文化が独特ですから、日本文化を集団心理の観点から研究し効率的な統治を行おうという意図が隠されています。  ちなみに経済学は一般の学問では本質を教えないという学問全体での誤誘導や隠蔽策が取られていて、日本文化のよい点は宗教に依存しない高い道徳性にあります。 日本は宗教が腐敗してもモラルが維持できる社会になっています。  話は戻って、日本との比較の例としてあげられていた、スペイン、アメリカ、イギリスについてですが、これらの国はどれもかつての覇権国家です。 覇権国家というものは支配層が背後から意図的に作り出し、意図的に衰退させることで利益を得ていた国家という側面があります。 その過程で年代別心理学の研究も盛んに行われてきたのでしょう。  年代別心理学の研究は医療にも役に立つ研究だと心理学の植木さんが説明していました。 しかし、本当に医療の質を向上させるのであれば、副作用の強い、ほぼ毒を薄めて投与しているだけの抗がん剤治療をやめたり、医療大麻の認可、社会毒を排除 するなど、ほかにもっと優先すべきことがあります。 植木さん個人の心理学評論家の主張としてはそれでよいのかもしれませんが。   日本の風邪の治療法は約40年間変わっていない!?  諸外国からすると日本の風邪治療はかなり遅れているそうです。 中国人に葛根湯を処方したら、拒否され、アスピリンが欲しいといわれたという経験を梶本さんが話していました。  ほかの欧米の人も日本の医者から抗生物質を処方されると受け取り拒否し、まともに診察するように苦情を言い、その医者を藪医者扱いするそうです。 海外の方は風邪の主な原因はウィルスだと理解していて、ウィルスに効果のない抗生物質が処方されると間違った治療が行われていると気が付くということで す。 そこまで医療に詳しい人ばかりでもないでしょうが、日本人よりも格段に先を進んでいます。  葛根湯のような漢方薬は日本が主に使用しているだけで(世界シェアの90%が日本)、本場と思われていた中国ではあまり使われていないそうです。 漢方薬は中国では古臭い民間療法と考えらているそうです。  中国人は全体的に商人気質ですから、自分たちで使うより日本に売ったほうがもうかるのでそうしているだけという可能性もあります。  日本の風邪医療の状況は、保険制度の問題で、実質的には治療で抗生剤か葛根湯を出すしかくらいしか選択肢がないそうです。  風邪の話はここまでで唯一といっていいほどまともな情報に見えますが、医療利権から漢方の使用をやめさせようとする意図が隠されています。 漢方薬や民間療法はやめて儲かる化学療法に変えるよう印象操作をしています。 また、風邪関連の医療制度を変更し利権の拡大しようという意図もあります。 < 参考 > 風邪  重症でなければ医者にかかる必要はなかった   日本のCO2削減意識が日本の経済発展を妨げている!?  CO2削減はエネルギー消費を制限するので日本の産業発達を妨げているという話でした。 おとなりの中国が60億トンも増やしているので、日本で1億トン削減しても誤差にすぎない、CO2を削減したいなら中国に削減を求めるべきだとも言っていました。  これは知っている人は知っている話ですが、かなりの正論です。 これは武田さんの発言でしたが、なぜ武田さんだけが正しい正論を述べることが許されているかというと、武田さんは東大で博士号取得後、ウラン研究所の所長 となり、天皇が持つというウラン濃縮特許の開発に携わっていた、というのが影響しているようです。  また、武田さんは中世・近世の歴史を自らまとめて発表していますが、最終的には誰かが国をまとめる必要があり、天皇陛下が必要だといったことも主張して いますので、フジテレビを支配するメーソンなどの裏社会も手が出せないようです。 あるいは単に天皇グループ出身の英才だったということかもしれません。  武田さんと天皇家やメーソンとの関係はよく分かりませんが、正しいよい情報を世の中に広めてくれる分には何の問題もありませんので、今後も活躍が期待されます。   日本に風俗店が多いのは日本人男性がつまらないから!?  風俗店は管理の必要から国家が厳しく統制していることが多く、店舗数などは国策に準じている傾向があります。 単純な話、規制の厳しい国では少なく、緩やかな国では多くなりがちです。 日本人男性の性質が店舗数を決める主な要因とは乱暴な推論となるのではないでしょうか。  これはかなり嘘に近い情報ではないかという印象を受けます。 梶本さんの発言でした。 仮に多かったとしても元々都市部に少しあるくらいのものです。 田舎のほうではほとんどありませんし、足を運ばない人もたくさんいます。  男性がつまらない国として日本とドイツが紹介されていました。 日本人男性がつまらないという、つまらない批判は、日本人男性が劣ったものであるという印象操作や日本社会全体への弱体化、たとえば結婚・出産を抑制しようといった意図が隠されています。  ドイツ批判は日本のマスコミが常々行っていることで、日本のマスコミはイギリスやアメリカ、その他の欧米諸国に対しては賞賛したり、寛容な姿勢を見せますが、ドイツや中国・朝鮮は強く卑下する傾向が明らかにあります。  NHKラジオも注意深く聴いてみると、ドイツ関連ニュースの部分に緊急情報や渋滞情報をかぶせて放送しないということをよく行っています。  なぜドイツを過剰に敵視するのかはよく分かりませんが、日本の支配がイギリス・アメリカ系なので、それ以外のライバルになりそうな国はどこも非難する論 調が強くなっているようです。 たとえば、中国・ロシア・韓国・北朝鮮などに対する日本のマスコミの評価はかなり厳しいものとなっています。 国というのはどの国も文化などが違いますので、よい面も悪い面もたくさんあります。 それにも関わらず悪い面だけを誇張するのは、何らかの政治的な意図が隠されているということでしょう。  一説によると、ロシア・中国・朝鮮などが日本との間に英米よりも強い友好関係を持つことがないようにけん制しているそうです。  直接的にはアメリカの影響が強くなっているとみられています。 今、アメリカが一番恐れている日本の行動のひとつに日米同盟の終了があります。 アメリカが世界で生き残るためには、日本との同盟関係がどうしても必要なので、マスコミに圧力をかけ、同盟関係が続くよう世論誘導しているのでしょう。 米軍が日本から撤退しない件は天皇が引きとめているという説もあります。   ヤバイ親戚  これはフジテレビお得意の過剰演出で、例外的な事柄をおおげさに取り上げた内容となっていました。 次のようなものが扱われていました。 ・親戚の名義を借りた借金 ・親戚の暗証番号を盗み見て口座から現金を移動 ・未亡人が一方的に姻族関係終了届けを出せること ・本人の家族に承諾をえないで代理家族を依頼 ・姑が複数の息子夫婦の嫁へ、その場にいない方の嫁をほめ嫁たちを争わせる  全体としては、わがままやおせっかいなど迷惑な親戚との人間関係に気をつけましょうといった内容となっていました。 これは支配層の目指す家族の解体に向けた印象操作で、結婚を抑制し、離婚や離縁を促すような内容のものが多くなっていました。  ほかには、モラルの低い人々の話しを繰り返すことで、日本全体のモラルを低下させようとする意図があったのでしょう。 支配層戦略では社会のモラル低下による混乱が利益のチャンスとなっています。 モラルの低い社会になったほうが詐欺などの犯罪がやりやすくなるということです。  噂話程度としてみれば問題ありませんが、どの問題も親戚という仕組みや制度の問題というよりも、個人の気質や道徳意識の問題ですので、フジテレビの演出にだまされないようにしないといけません。  親戚関係にあっても刑法や民法などの多くの犯罪は適用されますので、あまりにもひどい親戚には法的対処もやむをえないでしょうが、その前にお互いに注意し合えるのが親戚関係というものの本来の姿でしょう。 2017/5/24   番外1:歯磨き粉のCM 歯磨き粉は飲み込んではいけない   番外2:映画「PとJK」の宣伝  テレビ朝日のような左翼に見えるテレビ局や、110億円の利益が50億円に落ち込んでいる、文字通り落ち目のフジテレビなどで、よく警察関連のドラマやドキュメント風宣伝番組が放送されています。 この宣伝も警察関連の内容です。 なぜ警察関連のテレビ番組が多いのか   番外3:上戸彩は「飢え」と「綾」の暗示?  「上戸」という漢字を日本語で読む場合の標準的な読み方は「ジョウゴ」です。 「上戸」を逆変換すると「ジョウゴ」になります。 お酒で酔い安い人を下戸(ゲコ)、酔わない人を上戸(ジョウゴ)といいます。 苗字としても「ジョウゴ」もしくは「ウエト」という読み方が多くなっています。 パソコンで「ウエト」変換しても「上戸」とはならないように、読み方としはマイナーです。(※変換と逆変換にはWindowsのIMEを使用)  タレントの名前としては、音の響きからして「ウエト」のほうが上品なイメージがありますし、有名人の名前ですので聞きなれてしまっていて、ほとんど違和 感は感じません。 タレントは目立つ必要がありますので珍しい苗字を使ったのだと言われれば、そういうこともあるだろうと思います。  そうではありますが、もしかすると、「飢え」とは貧困であり超格差社会、「綾」とは斜めに交差する模様のことで国や民族が交わっていくこと、つまり国家などの統一という意味を表しているのではないかと思い当たりました。  貧困による社会や国家の転覆、その後に作られる統一政府、つまり、NWOへの流れを暗示しているのかもしれません。 単に上戸さんが人気女優で需要があるということなら分かりますが、人気アーティストと結婚した30歳を過ぎた女優にそれほどの人気や世間からの需要がある とは考えにくいでしょう。  単に芸能界の実力者、在日暴力団のお気に入りであるとか支配層グループの血族であるとかいった理由も考えられますが、すべてに当てはまっているような可 能性も考えられます。 単に朝鮮顔、朝鮮系の骨格の人物をテレビに露出させることで民族対立をあおっているだけかもしれませんが。   我思う、「ホンマでっかTV」の刺客  支配層戦略やシオニズムを理解してから「ホンマでっかTV」を観ると、印象操作や思考誘導があまりにも多いことに気付かされます。 同じベクトル、一定の方向性があることから、最上位には支配層が存在することが予想されますが、現場はどうなっているのでしょうか。  私がここまで「ホンマでっか」を観てきた印象では、出演者たちには自分の言動に躊躇している様子が見受けられます。 おそらく出演者たちがフジテレビから求めらている言動を行うことに、彼ら自身も抵抗を感じているのでしょう。 私が批判している側の人間であるせいか、地デジの高画質やライトアップの関係か、レギュラー出演者のみなさんの目にはうっすらと涙が浮かび、瞳をうるませ ているように見えます。  出演者たちにとってフジテレビとは、もはや落ち目のテレビ局で、フジテレビに出演すると在日扱いされ人気が落ちる、世間の評判が下がるというのが常識と なっているようです。 出演するだけでもリスクがあるのに、さらにおかしな言動を強要される訳ですから、出演者としてはたまったものではないのかもしれません。  誰がそんなことをさせているかと考えると、現場でそれを行っているのは番組ディレクターやその上司にあたるプロデューサーである可能性が高いでしょう。 現場で空気を読んでそのような番組内容にしているか、上司のプロデューサーが命令しているかといったところでしょう。  そう考えると、日本のテレビで盛んに印象操作や思考誘導、偏向報道などをさせている主な実行犯はディレクターやプロデューサーとなるのではないでしょうか。 当たり前の話ですが現場監督がそのような内容にしているということです。  彼らは支配層の代理人となるとメーソンや関連カルト団体メンバーということになります。 日本のメーソンは全人口の2%程度という話ですから、少ない代理人をずいぶんとうまいことテレビ局に配置させているようです。   今回、この記事で扱った出演者 植木理恵、心理評論家 澤口俊之、脳科学評論家 梶本修身、疲労評論家 武田邦彦、環境評論家  解説者の多くは学者であるのに評論家扱いになっているのは、学者として学説を説明しているのではなく、個人として意見を述べているだけだという逃げを 打っているようです。 「ホンマでっか」の印象操作には、さすがに多くの国民が気付いていて、本人たちに質問したり注意をしているのかもしれません。 あるいは学会側からの苦情があったのかもしれません。 < 参考 > 支配者層、金融マフィアの詐欺的な世界支配  下書きを読む前に(1)用の説明 社会的な不正や政治腐敗の仕組みの簡単な説明 超富裕層や裏社会の詐欺支配理念の批判  シオン長老の議定書、イルミナティアジェンダ、ユダヤ・プロトコルなどにみる詐欺マニュアルの矛盾など   目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク   Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明   集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)   集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)   集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)   集団ストーカーまとめサイト (Wiki) Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.

      1
      テーマ:
    • なぜ警察関連のテレビ番組が多いのか

      目次 > 社会不正 > マスコミの世論誘導の実例 > Why-are-there-many-police-related-TV-programs, 2017/5/31, 評価:★★  なぜ警察関連の番組が多いのかというと、警察の不祥事、不正や犯罪が増加しているのを誤魔化すという意図があるとみられています。 たしかに、今、日本は秘密保護法や共謀罪などで監視・警察国家への道をひた走っている関係で、警察全体のモラルは低下し、市民弾圧のようなことも平気で行 うようになってきています。  挙句の果てには、警察官がトイレで自殺をしたといった常軌を逸した報道が定期的に繰り返されています。 これは警察官に対して、組織を裏切らないようにする脅しという意味が隠されています。 以前であれば、警察官の自殺のようなある種の不祥事はマスコミのニュースとしてはあまり扱われていませんでした。  マスコミ報道は警察の一方的な発表を情報源にしていますので、情報を発信する側の警察はマスコミに何を報道させるかある程度コントロールできます。 そのため以前は意図的に隠していたのでしょう。 それを隠さなくなったというのには理由があるはずで、その理由が、警察内部への脅しだろうとみられています。  ストーカーなどで直接警察へ相談に行ったことのある人であれば分かると思いますが、実際の警察はテレビドラマや映画に出てくる正義感の強い良心的な人物 であるとは限りません。 中にはそういう人もいますが、ストーカー問題のような扱いにくい問題に対しては、何かと責任逃れをするような体質となっていて、多くの警察官が市民に対し て自分の名前も名乗れないほどやましい状態にあるようです。  ちなみに、このサイトで扱っている集団ストーカー問題を警察に相談すると、ほぼ間違いなく、警察官は口を閉ざし、自分の名前は名乗らず、名乗っても偽名 を使い、最後には精神病院へ行くよう勧めてきます。 そんな被害はなく気のせいだから、精神科医に相談しなさいといった説明をして、犯罪をまともに取り扱おうとはしません。 これには集団ストーカー被害者の多くが、警察へ相談へ行く前に、すでに公安などの特務機関から虞本人などとして犯罪予備軍や精神病者扱いされて、実際に相 談にいくと、公安などが現場の警察官へ指示を出しているとみられています。  公安らしき加害者は被害者のことを、防犯パトロールなどの地域安全活動を妨害する左翼活動家やカルト宗教メンバー・精神病者などであると、現場の警察官 に説明し、相談に来た被害者を追い返すように指導されているのではないかとみられています。 必ずしも警察官本人が悪意のある集団ストーカー加害者であるとは限りません。  これらの悪いイメージを払拭するため警察の態度を改めるのではなく、テレビを使った印象操作だけで済ませようとしているのが、警察関連のテレビ番組が多 くなる理由とみられています。 共謀罪が施行されるようになれば、多くの日本国民がこの事実を自分の体験や知人の体験から理解できるようになることでしょう。  警察や自衛隊などの軍隊は、元々、庶民を守るための組織ではなく、国体を守るための組織、つまり、支配者となる政府や王族などを守るためのものでした。 共謀罪の成立が迫った今、それが今も続いているという事実に多くの日本人が直面しようとしています。   目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク   Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明   集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)   集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)   集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)   集団ストーカーまとめサイト (Wiki) Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.

      1
      テーマ:
    • 歯磨き粉は飲み込んではいけない

      目次 > 健康問題 > You-must-not-swallow-the-tooth-powder, 2017/5/30, 評価:★★  2017年現在、クリニカというフッ素配合の歯磨き粉のCMが放送されています。 このCMはよく放送されていますが、フッ素は核廃棄物でもある人体に有害な物質です。 フッ素を歯磨き粉に入れることで、口から体内へ吸収されてしまいますので、フッ素配合のものは避けたほうがよいでしょう。  クリニカの歯磨き粉には、2014年から高密着フッ素処方というのが採用されていてフッ素が配合されるようになっています。  フッ素で歯が白くなるというのは事実ですが、一番安い歯磨き粉にも研磨剤が入っているので、お茶やコーヒーなどの色素が付着した汚れは、少し念入りに磨 けば取ることができます。 あえてフッ素を使う必要はありません。 歯磨き粉にはフッ素のほかにも人口甘味料などが入っていることがありますが、こちらも発ガン性物質ですのでなるべく避けたいところです。  以前、ほかのバラエティ番組で歯磨きした後は、歯磨き粉の混ざった口内の液体は飲み込んでもよい、と紹介されていました。 実際に飲み込んでしまうことでフッ素などの危険な物質が体内に取り込まれてしまうので、本当は体にはよくありませんので嘘情報ということになります。  なぜこのような嘘がテレビで推奨されているかというと、医療・保険利権が背後にあることが予想されます。 日本人を病気にして病院が儲け、健康不安から生命保険が儲けようという意図があるとみられています。 日本人の健康を害して外資系の製薬会社や保険会社が利益を上げようとしているのです。   目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク   Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明   集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)   集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)   集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)   集団ストーカーまとめサイト (Wiki) Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.

      テーマ:
    • 風邪 重症でなければ医者にかかる必要はなかった

      目次 > 健康問題 >   cold, 2017/5/30, 評価:★★  風邪について調べたところ、主な原因はウィルスで次が細菌となっていました。 細菌は冬場、ウィルスは年間を通して風邪の原因となっているそうです。  ウィルスの特徴は、咳・のど・鼻など複数の場所に症状が出ることとなっていました。 細菌の場合は、のど・鼻・肺など特定のひとつの場所に症状が集中する傾向があり、これに対して、風邪の原因となるウィルスは200種類以上あるので、どの ウィルスか判断するのが海外での医者の仕事となっているようです。  日本の医者が風邪で処方する抗生物質や葛根湯は風邪の大半の原因となっているウィルスには効果がありません。 日本の風邪医療は40年前のレベルとなっていて大変遅れているそうです。 日本の医療行政は、真面目に風邪を治すつもりはないようです。  抗生物質は細菌を退治するので冬場の風邪には有効な可能性がありますが、原因を特定せずに薬を処方してしまうのは、医師としては、藪医者扱いされても致 し方ないところでしょう。(※ウィルスは細胞に入り込んで感染する病原体で、細胞を持たない非生物のため、自分で生命活動を行ういわゆる生き物ではないの で抗生物質は効かない)  風邪の予防は手洗い・うがいが有効で、風邪をひいてしまった後は自然治癒力を高めるため、水分と栄養をとり、暖かくして寝ているのがよいということですから、こちらの日本の常識は正しいようです。  さらに付け加えると、風邪は特に重症な場合(強い痛みや39度以上の高熱など)以外は寝ていれば治りますので医者にかかる必要はないそうです。 また、どのウィルスか特定できたとしても、必ずしもすべてのウィルスに対して有効な薬が発明されている訳でもないそうです。           目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク   Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明   集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)   集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)   集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)   集団ストーカーまとめサイト (Wiki) Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.

      テーマ:
  • 29 Apr
    • 犯罪捜査をあきらめさせるためのマスコミの印象操作

      目次 > 社会不正(マスコミ) > マスコミの世論誘導の実例 >   民衆に犯罪が逮捕できなくても仕方ないと思い込ませる世論誘導   Impression-operation-of-media-to-let-you-give-up-the-crime-investigation, 2017/5/29, 評価:★★  2003年頃から市民生活を脅かしているオレオレ詐欺ですが、逮捕されるのは受け子と呼ばれる末端で利用された人ばかりで、主犯格の人間はほとんど捕まっていません。  そもそも日本の金融機関の振り込みシステムは素人がだませるような簡単なシステムにはなっていません。 誰の振り込んだお金が、誰の元へ移動しているかということは調べれば分かるにようになっています。  例えば日本の紙幣にはID番号が付いていますので、どこの金融機関で引き出されたものが、どこの金融機関へ振り込まれたのかといったことを調査することができる用心深いシステムになっています。  私たち庶民は千円札が何枚あろうが、どれも同じものだと考えていますが、厳密に番号管理されています。 同じように使うことはできますが、厳密には違う千円札なのです。 そのため大きな犯罪で盗まれたお金はいくら盗むことに成功しても、使うときに出所がバレてしまうようになっています。  ときおりニュースなどで、大金がゴミ箱などから発見されることがありますが、あれは普通には使えない汚れたお金が捨てられた結果、見つかったものなので しょう。 盗まれたお金は持っているだけでも、犯罪の証拠となってしまいますので、犯罪者としては、せっかく手に入れたのに捨てるしかなかったのでしょう。  それではオレオレ詐欺などの特殊詐欺で盗まれたお金はいったいどこへいったのでしょうか。 もしも使っていれば、その多くがすでに発見されていることでしょう。 なぜ発見されないのかというと、汚れたお金をきれいにするマネーロンダリングが行われているか、あるいは金融関係者側もグルになって隠蔽しているかのどち らかでしょう。  私たち一般市民がオレオレ詐欺の被害にあって、警察に被害届を出したとします。 この時点で警察が認知したことになりますから、捜査ができるようになります。 警察や金融機関が本気で犯罪を捜査する場合、この時点で各金融機関のシステムに対して、被害者の引き出したお金のIDが窃盗された紙幣であること、汚れた お金であると登録することができます。  この汚れたお金がどこかで使われ、金融機関の口座に入金されると、犯罪逮捕の手がかりとなります。 盗まれたお金がどこかのお店で一度でも使われれば、いずれはお店の金融口座に入金されるはずですから、後は監視カメラなどを使い捜査を進めていけば、犯罪 者までたどり着けるはずです。  紙幣のIDなどを見なくても、詐欺の犯行は主に電話を使って行われていますので、通信記録をたどれば関係者を突き止められる可能性もあります。 通信記録は呼び出し元と応答側の電話番号が関連付けられたデータですから、犯人が普段使っている携帯電話などが犯行に使われればすぐに身元が判明してしま います。  携帯電話・スマートフォンにはGPSが付いていますから、犯人が今どこにいるかも分かってしまいます。  電話は公衆電話を使ったり、ホームレスの人たちや借金苦の人などを使い、新規登録以後、一度も使っていない携帯電話などを使えば、身元が分からないようにすることもできます。  しかし、実際のオレオレ詐欺では、詐欺に引っかかる人が現れるまで、延々と電話をかけ続けているでしょうから、公衆電話を長時間占有したり、新規登録電 話を新しく用意し続けることは現実的には難しいはずです。 そのためおそらく同じ電話が使われているはずなので、電話の通話記録という安全装置を突破することは難しいでしょう。  ちなみに、今、ホームレスの人たちは日本から減っているそうです。 暴力団などが彼らを生活保護詐欺に使っている関係で、今では彼らは少しよいアパートやマンションに住み、頻繁に医療機関に通うなど、少しはマシな生活を 送っているようです。 しかし、最後には保険金詐欺や臓器売買などの被害に悪用されてしまうそうですから、これはこれで対処しないといけません。  以上のように警察が捜査する方法があるのに、なぜ逮捕者が少ないのかと考えると、意図的に捜査していない、あるいは逮捕していないという可能性が浮かび 上がってきます。 たまに逮捕されるのは、政府・警察・金融機関などととは関係ない、一般の犯罪者による模倣犯などで、その数はかなり少なくなっているのでしょう。  このような政府・警察・金融機関を含めた犯罪の仕組みがあるから、犯罪者はいつまでも逮捕されずに特殊詐欺が続いているのではないでしょうか。  盗んだお金が盗まれたものだと知られないように隠すことを資金洗浄、いわゆるマネーロンダリングと言います。 マネーロンダリングはギャンブルで換金したり、財団へ寄付するなど、金融機関を直接通さないことで可能だと言われていますが、お札についたID番号が消え てなくなる訳ではありませんので、ちゃんと調査すれば見つかるはずです。  マネーロンダリングが出来るという事実の裏には、競馬・競艇などの公営ギャンブルや赤十字などの財団と金融機関が共謀して、犯罪を隠蔽している可能性も考えられます。  特殊詐欺で奪われた人たちのお金が、なぜ見つからないかと考えれば、はやり警察や金融機関、さらには政府や財団・ギャンブル運営者までもが共謀している 可能性が疑われてきます。 彼らの協力なくしては、お金を盗むことができても、肝心の使うということができません。 これまで盗まれるだけ盗まれたあげく、被害者の元へはほとんど戻っていない、何千臆というお金はどこへ消えたのでしょうか。  特殊詐欺で盗まれた金のほとんどすべてがきれいにマネーロンダリングされているというのは不自然なことです。 普通なら金額が大きくなればなるほど隠すのも難しくなるはずです。  人をだましてお金を盗むような詐欺師が、盗んだお金を後生大事に隠し続けているはずありません。 隠し続けてもきれいなお金に変わることもありません。 詐欺師のような犯罪者であれば、盗んだお金をすぐに使ってしまいそうなものです。 特殊詐欺はどう考えても民間の犯罪組織だけで出来るような芸当ではありません。  こういった政府・警察・金融機関などを巻き込んだ巨大な犯罪から、庶民の注意をそらすということができるのが、犯罪の仕組みや理由の説明報道が持つ力で す。 特殊詐欺を扱ったテレビ番組では、深刻そうに犯人を捕まえるのは難しいと説明されています。 しかし、これは非常に説得力の低い説明です。  仮に主筋からの圧力に勝てないと言われれば、一応の説明になるのかもしれませんが、警察や金融機関の調査レベルを考えれば、限りなく嘘に近い情報だと言わざるをえません。  特殊詐欺だけの話ではありませんが、マスコミの犯罪報道には、背後で庶民に犯罪を防げないと思い込ませるための印象操作、世論誘導が行われていると考えておいたほうがよいでしょう。  マスコミの特殊詐欺に関する報道では、犯罪を黙認し、警察による特殊詐欺の捜査や犯罪への対処に、これ以上力を入れなくてもよくなるように、捜査が進まない理由をもっともらしく説明することで、被害をあきらめさせようとする意図が隠されているのでしょう。   目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク   Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明   集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)   集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)   集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)   集団ストーカーまとめサイト (Wiki) Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.

      テーマ:
  • 28 Apr
    • 在日朝鮮人と日本人 在日問題を考える前に

      目次 > 在日利権ネット > Korean-people-residing-in-Japan-and-Japanese-people, 2017/5/28, 評価:★★  在日という言葉を使うときにもうひとつ出てくるのが、日本人と在日の違いは何かという疑問です。 私の考える日本人としては、日本政府のために命を捧げろとはいいませんが、すべての国家のなかでは、自分の属する日本の平和や利益を最優先する程度の愛国 心は備えているべきだと思います。  その人が日本を優先できないということは、その人が日本という国に属していない証拠だと言ってもよいでしょう。 安倍内閣の売国政治などはその典型と言えます。 誰の利益を重視しているか見れば、その人や所属組織が自然と分かってくるものです。  在日問題、あるいは日本人への融和問題では、祖先が誰かといった人種的なことは、本人が選んだことでもありませんので特に重要ではないでしょう。 たとえば黒人系の日本人がスポーツだけでなく政治・経済の分野で大活躍したとしても一向に構いません。 むしろ日本人として活躍できる人材であれば、いくらでも活躍してほしいところです。  移民問題となると反対する人もいますが、よいものは受け入れて自分の文化に取り入れるといった懐の深さが本来の日本文化の特徴でもあります。 日本のために活躍している外国出身の人たちに対して、マスコミが「青い目のサムライ」という言い方をしています。 これは結果的にマスコミが広めている言葉ではありますが、多くの日本人の間に違和感なく広がっていった言葉です。 これには優秀な人に対して、優秀である点から正しく評価できるという日本人の懐の深さが現れています。  日本にも、個人レベルや庶民レベルでは海外であっても国内であっても新しくやって来てた人を差別するということはあります。 しかし、これは世界的にある、人にとってある種の普遍的な防御反応のようなものにすぎません。 日本文化全体で見れば、知らない土地からやってきた新参者であっても、何らかの実力さえ認められれば人種や民族の違いを超えて評価されてきました。  あまり活躍しすぎると嫉妬され、人種や民族を非難の理由にあげるような人もいますが、これはその人のモラルの問題で、底意地の悪い人はどこにでもいますので、日本文化の責任ではないでしょう。  そうとはいえ、実際には海外の文化で育った人がすぐに日本人になれるかというと、なかなか難しいものがあります。 私のイメージでは3世代程度日本で日本人として暮らすと、元々いた日本人とほぼ同じレベルの日本人になれるのではないかと思います。  ところが日本人対在日朝鮮人の問題は、3世代目に入っている朝鮮系の日本人がいまだに日本人化していない点にあります。 これは民族学校などで朝鮮文化や反日文化を教えているというのもありますが、背後のエリートネットワークが意図的な分断工作を行っている影響が強いとみら れています。 日本人と在日と呼ばれる朝鮮系日本人の対立の原因はここにあります。  在日朝鮮人の子孫にあたる人ではなく、韓国で育ってから日本へやってきた、ある種の本当の在日韓国人の人であっても、エリートネットワークに属していな い、あるいはその影響を受けていない人もいて、彼らは韓国文化人でありながら日本文化人と融和し、日本文化になじんでいます。 彼らの子供であれば、2代目くらいには韓国系日本人として日本人になれるのではないでしょうか。   目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク   Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明   集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)   集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)   集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)   集団ストーカーまとめサイト (Wiki) Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.

      テーマ:
    • 2017年2月1日 フジテレビ ホンマでっか! TV 自己中心的過ぎる…NEWS手越への不満を真

      目次 > 社会不正 > テレビ放送批評 > 2017年2月1日 フジテレビ ホンマでっか! TV 自己中心的過ぎる…NEWS手越への不満を真剣相談! 在日手越を優遇する在日ヘイトの助長や民族対立を誘発する日本国内への分断工作     Telecast_criticism_20170201_honma, 2017/2/11, 2017/5/28, 評価:★★ < 目次 > フジテレビの在日ひいき、在日朝鮮人、在日ユダヤ系勢力からの支配問題 このサイトでも扱ったサイコパス問題のきっかけとなった番組 芸能界は在日の血や在日勢力に近いタレントが優遇される世界 サイコパスおばさんが主役級の扱いに  誰も出たくないテレビ局で輝く在日文化人? その他                           フジテレビの在日ひいき、在日朝鮮人、在日ユダヤ系勢力からの支配問題  はじめに断っておかなければいけませんが、在日といっても、悪いことをしているのはごく一部の人間だけで、ほとんど人たちは普通の暮らしをしています。 特に悪いこともしていません。 これから在日と呼ぶのは一部の悪徳派の在日の朝鮮人・中国人・その他の移民で、特に偽ユダヤ人として利用されている人たちやメーソン・創価・統一など関連 するカルトのことを表します。 在日外国人全体への批判ではないことを理解しておいてください。 2017/5/28 < 参考 > フジテレビ  韓国支配から偽ユダヤ支配に切り替わりつつある反日テレビ局 在日朝鮮人と日本人  在日問題を考える前に     このサイトでも扱ったサイコパス問題のきっかけとなった番組  ホンマでっかTVというのは、以前、このサイトで扱っていたサイコパス問題でも、集団ストーカー被害者を洗脳するための、放送が繰り返されていたその番組です。  「ホンマでっか」とは「本当ですか」という疑問文の関西なまりの表現です。 この番組は元々、本当の話をするというよりは、本当かもしれない、といった程度の情報を紹介する番組でした。  それが、以前、このサイトで扱っていたときは、そのときだけ緊急放送などとして、サイコパスという概念を、犯罪者と同一視するような、偏った内容を放送 していました。 結局、番組の最後では、本当かどうかわかりませんので気をつけてください、といった注意書きも放送されていたと思いますが、本当かどうか分からないことを 断定するような番組ではなかったのに、急に、サイコパスは犯罪者だと決め付けるような内容を放送していました。  集団ストーカー犯罪では被害者に対して、似たような監視やおどし、ほのめかしや音による嫌がらせを行っていますので、私だけというよりも多くの被害者を 犯罪者扱いしようとしていたのではないかと思います。 これは同時に、集団ストーカーの加害行為を正当化するという意味もあります。 被害者に対して、相手はサイコパスの犯罪者だから何をしてもよいのだ、といった具合に加害行為が正当化されることになります。  当時は、ほかのテレビ局でも、オードリーという芸人グループの若林さんなどが、サイコパスを扱ったネタを盛んに披露していました。 NHKも、当然、参加していて、NHKラジオ放送などで、「サイコさん」というペンネームをせっせと放送していました。  テレビや新聞しか見ない人には所詮分からないことですが、ネットで正しい知識を得れば、NHKを初めテレビ局や新聞が公正なメディアだというのは、メ ディア自身が偽装した嘘に他ならず、実際にはいくらでも嘘や思考誘導を繰り返しているということが分かるはずです。 2016年もアメリカ大統領選でも絶対的に優勢だったヒラリー候補が負け、結果も8対2程度の大敗だったという事実をひとつとってみても、テレビや新聞な どの旧メディアがいかに嘘を垂れ流しているか分かることでしょう。  サイコパス誘導放送が、集団ストーカー被害者のためにだけに、本当に行われていたのかどうかは、詳しく調査してみないと分かりませんが、実際にはテレビ 局員などのほうがその情報発信力の強さを悪用するようになり、サイコパス化しやすい職業となっています。 他人の痛みを無視できるテレビ局だから、サイコパス誘導放送ができたのだということでしょう。 < 参考 > 10.150419- サイコパスは罪名にならない  正式な記事ではなく下書きなので注意してください 15092901.20 テレビ・ラジオ経由の被害 メディアと共に歩む未来     芸能界は在日の血や在日勢力に近いタレントが優遇される世界  前置きがずいぶんと長くなってしまいましたが、ここからが本題です。 とはいえ、テレビ放送批評はこれが最初の記事となりますので、もう少し説明しておきます。  芸能界やテレビ業界は、戦後のアメリカの意向で、後に民族問題を悪化させるための分断工作が行われていました。 それが在日の朝鮮人や台湾人、あるいは中国人などによるメディア支配です。 アメリカはテレビや新聞など当時の主要メディアの人事で在日を優遇し、メディアを支配させ、また在日を批判する内容を伝えることも禁止しました。  この状態が長く続くことで、在日勢力は着々と勢力を伸ばし、日本社会を支配していき、この状態が現在まで続いています。 日本では明治以降、天皇陛下すら、すべて在日や在日朝鮮人や彼と偽ユダヤ人とのハーフなどが成りすましているのですが、これはまた別の問題ですのでここで は、これ以上説明しません。  歴史的に在日勢力と日本人勢力の分断工作が進み、より一層在日支配が悪化してしまったのが今の日本です。 在日勢力は日本社会のあらゆる分野に進出し、彼らが「お人よし」として馬鹿にしている日本人をだましては利益をむさぼっています。  そのひとつが芸能界でありテレビ業界です。 テレビ業界の在日支配もかなり完成の域に近付いていて、出演者・テレビ局員・制作関係者などの8割が常に在日勢力に占有されている状態にあるとみられています。  この状態で在日支配メディアであるテレビが何をするかというと、あいかわらずの民族の分断工作を行っています。 それがNEWSというアイドルグループの手越しさんという在日タレントを優遇するという、今回の「ホンマでっか」のしつこい在日優遇の放送内容となってい ました。  何かにつけて手越さんがよい、正しい、加藤さんが悪いという構図のまま番組は進行します。 出演者も空気を読んでそのように演出します。 過剰演出でおなじみのフジテレビですから、そういうシナリオを意図的につくっているのは明らかです。 笑い声や観客の驚いているような声も放送されていますが、あれもすべて別に録音した音声で、よく耳を澄まして聞けば、とても白々しい音声の再生だと理解で きることでしょう。  実際には、すでに在日勢力に近付かないとテレビに出ること自体が難しくなっていますので、悪者にされてしまった加藤さんも、在日関係者である可能性はあ りますが、在日勢力のなかでより優遇されている手越さんのライバルとなってしまったせいか、強い批判をしつこく受けることになってしまったようです。 この番組を日本人が見たときになるべく理不尽に感じて、在日朝鮮人を嫌うように仕向けるというのが、在日勢力の分断工作のやり方です。 少し劣ったタレントを優遇し、優れたタレントをおとしめるというのはそこに目的があります。  ちなみにNEWSというグループのメンバーはアイドルですから顔立ちは整っていますが、全体的に在日朝鮮人に近い顔立ちですので、初めから在日勢力のなかから選ばれた人たちなのでしょう。  NEWSというのはジャニーズ事務所という男性アイドル業界を裏から独占している在日タレント事務所に所属している、4人組のアイドルグループです。 ほかのグループのメンバーも兼任していて、いろいろなセットで活動しているそうです。  今や人気も地に落ちた、完全な落ち目のフジテレビに出演しているくらいですから、一番人気のグループということではなく、中堅どころのグループが不買や在日批判におびえながら、本当は出演したくないフジテレビにやってきたとうのが実情だったのではないでしょうか。  手越ひいきのあおりを完全にくらうかたちになった加藤さんは、たしかに美男子であり、いわゆるイケメンで手越さんのような少しいやらしい感じのあるタレントよりは、日本では評価が高くなっているべき人材です。  同じ事務所の嵐という男性アイドルグループの松本さんなどもテレビでセクシーだなどと必死にほめていますので、人気はあるようですが、日本では本来はあ あいったセクシーさはいやらしさと評価される風潮があり、人気ナンバーワンホストのような人であれば問題ありませんが、男性アイドルとしては、それほど評 価されるべき人材ではありません。 それでも人気があり、評価されているということは、テレビ業界や芸能界が在日タレントとして、必死にスター扱いして優遇した結果ということでしょう。  嵐というグループは有名ではありますが、実際には悪い噂も絶えず、ひとりのAV女優と5人全員が性交渉して、子供ができたら、自殺扱いで殺したとか、 リーダーの大野さんも強い大麻使用疑惑があります。 松本さんの結婚が話題となっていましたので、在日勢力としても、そろそろ次の世代へ交代させたいといった都合もあるのでしょうが、暴力団が支配的な影響力 を持つ芸能界は、特に下品なやり方が横行しているようです。     サイコパスおばさんが主役級の扱いに 誰も出たくないテレビ局で輝く在日文化人?  ホンマでったTVのコメンターに堀井亜生という法律評論家という肩書きで出演している人がいます。 フジテレビは基本的に演出過剰なので、学者のような肩書きにしていますが、実際にはフラクタル法律事務所に所属する弁護士の先生だそうです。 心理分析も得意なようで関連の講演などもやっているそうです。  この堀井さんという人は中央大卒で弁護士になっているので、頭はよいのでしょうが、そのわりに見た目や話し方に説得力がありません。 せっかちな話し方や普通の主婦のような見た目から、安心感よりも若干の不安感を感じるような、人間的に不安定なイメージがあることは、堀井さんを実際にテ レビを見た人であれば、多くの人が感じていることでしょう。  日本社会の弁護士としては、あまり日本人が弁護を頼みたい雰囲気ではないので、おそらくあまり人気もないのだろうと思います。 そこでテレビ出演をきっかけに、本業の弁護士の仕事が増えているのではないかと思います。 テレビの周知効果を使った個人の信用創造のようなことが起きているはずです。  堀井弁護士はテレビ出演のメリットを大いに受けているせいか、番組作成側の意図をしっかり理解して、フジテレビが放送したい内容を的確にサポートしています。  それが2年前くらいでしょうか、メディアが必死に行っていたサイコパスへの思考誘導のときにも現れていました。 普通の学者などのコメンテーターは自分の学者としての立場あるので、間違った主張を自分の口から、それもテレビ放送で話してしまうということには、強い抵 抗があります。 頼まれてたまに出ているだけのテレビ局の都合で、自分の学説を曲げる訳にはいかないのでしょう。  それに引き換え堀井弁護士は、学者ではありませんので、自分の学説にとらわれる部分が少なくなっています。 法的なことには、たしかに専門家らしく、細かい配慮した発言をしているようですが、サイコパス誘導のときは、いの一番に、大きな声で、大げさにサイコパス という単語を連呼していました。  これは弁護士自信がサイコパス傾向の強い職種であるという背景もあります。 弁護士は法律の専門家ですから、法的に問題があるかどうか、つまり不道徳なことをやっても犯罪になるのか、簡単に逃げ切れるのかといった、微妙なさじ加減 をよく理解しています。 そのため、多少悪口のようなことでも、安全に言い放つことができるのです。  サイコパスのような心理学や精神分析学などでの概念はあいまいなものですから、いくら言っても何の問題も起きないということをよく理解していたのでしょ う。 堀井弁護士のサイコパスという言葉の使い方も、当然、間違っていました。 小さな嘘でも、何でもかんでも、嘘つきはすべてサイコパスだといったような強調した言い方をしていました。  だからといって、サイコパス誘導罪のような罪がある訳でもありませんので、私のような庶民としては、また心理学を悪用した思考誘導をテレビがやっているなと思って眺めているだけでした。  数年前は堀井弁護士はあえて悪役を買って出るようなサイコパス誘導を続けていましたが、今回の放送では、それが評価され、法律とは関係ない心理分析の分野で、正論を堂々と主張するというテレビ上の役割をまわしてもらえるようになっていました。  彼女はそれで有名になり、仕事が増えて、満足しているのかもしれませんが、単にフジテレビ自体の信用がなくなって、誰もが出演拒否をするようになった現 状が背景にはあります。 今回の彼女の活躍は、フジテレビも本当に終わりに近付いているのだなという感覚をひしひしと感じさせる光景となっていました。 フジテレビは利益が100億円から50億円程度に半減しているので、出演料も社員の給料も半減しているはずです。 もはやテレビ放送としての名誉を取り戻すのは難しいでしょう。 それでも出演してくれているさんまさんなどには感謝しなければならないでしょう。 出演者側はメディアがテレビからネットに移行したら、次はネット番組で出演するだけなので、あまり危機感はないのかもしれません。 滅ぶのテレビ局だけですから。  日本国民としては、すっかり在日朝鮮人勢力や在日ユダヤ勢力に乗っ取られてしまったテレビ局など、なくなっても何も困りませんが。  最後に、この項目の内容は堀井弁護士批判のようになってしまいましたが、彼女はテレビなど旧メディアの思考誘導には積極的に加担しているだけのようで す。 それ以外の部分ではそれほど間違ってことは言っていませんので、話している内容自体は、注意すればそれなりに役に立つでしょう。 そうとはいえ、基本的には思考誘導や大衆洗脳という事実を理解していない一般の人たちが、テレビや新聞から情報をえるのは、危険ですのでおすすめできませ ん。 彼らは常識を変更したり、かなり大規模なことを気付かれないように続けていますので、彼らの洗脳情報には触れないほうが安全です。 これを書いている私自身も、気付かないうちに、今でもだまされ続けているようなこともあるだろうと思います。 2017/2/15     その他  フジテレビには本当はかかわりたなくないさんまさん 消極的な参加具合  司会のさんまさんがあまりテレビで発言していませんでした。 もしかすると、あまり関わりたくないのかもしれません。   社会毒が心配なマツコさん 日本の食べ物は発ガン性物質の割合が高く危険  マツコさんは体が大きいので食べ物をたくさん食べているのではないかと思いますが、今の日本の食べ物には社会毒と呼ばれる添加物などの体に悪いものがたくさん入っています。  社会毒は脳にたまって精神病の原因になったりもしますが、基本的には栄養分といっしょに脂肪としてたくわえれるようです。 体の大きな人は脂肪も多いですから、社会毒がかなりたまっている可能性があります。  ただしガンについては太っているほうがなりにくくなっています。 太っているほうが脂肪が多く体温を維持しやすくなり、体温が高めに維持されやすくなります。 体温が高いと免疫力が上がるのでガンの発生を抑えやすくなるそうです。 たしかに私も太ったガン患者はみたことがありません。 太るのも悪いことばかりではないようですね。 もしかすると、肥満を病気扱いして大々的に常識を書き換えているのは、太っているほうが病気になりにくいからかもしれません。   加藤アナが何者かに狙われている 暴力団員からの愛人要請?  日本だけではありませんが、テレビ界や映画界、アメリカのハリウッドなどもマフィアが得意の少数者へのおどしで実質的に支配しているそうです。 日本ではバーニングやKダッシュなどの半暴力団組織が強い影響力を持っているそうです。  暴力団、いわゆるヤクザが芸能界を支配するとどうなるかというと、タレントの接待などへの悪用が悪化します。 また芸能ヤクザ事務所の幹部がタレントを愛人にしたりして問題になっています。 たまに女性タレントが頭を丸坊主にしてしまうことがありますが、あれをする理由のひとつが、ヤクザからの求愛を逃れるためだということだそうです。  局アナからフリーに転進した加藤アナであれば、元々人気がありましたので、今頃はヤクザ事務所から盛んに愛人になるよう求愛(?)されていて、困っているのかもしれません。  なぜかというと、司会のさんまさんが定期的に、加藤アナにバックを買ってあげたなどの親密な関係性をアピールしているからです。 もてるのも面倒なことがあるようですが、加藤アナについては元々見た目を売りにしている部分がありますので、致し方ないでしょう。 他にも色々とうまくかわす方法などを心得ているでしょうし。 2017/5/21   目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク   Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明   集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)   集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)   集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)   集団ストーカーまとめサイト (Wiki) Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.

      テーマ:
    • 分断統治 人々を地域・民族・宗教・身分などで分断・対立させ支配する統治方法

      目次 > 社会不正(裏社会) > Divided_governance, 2016/5/13, 2017/5/28 < 目次 > 分割統治の歴史 分割統治の目的 日本と特亜の分割統治 日本の領土問題はすべて分断統治工作、逆に共有化で解決可能 コラム : 分断統治は個人でも使えるがリスクが高い                       分割統治の歴史  分割統治ともいいますが、他国や他勢力の地域や組織を支配するときに、内部対立を誘発し、支配しやすいいずれかの勢力を支援することで、その地域や組織の全体を支配するという支配方法です。  歴史的には、ローマ帝国が支配下の都市同士の間に格差を設け、人々の不満を都市同士に向かわせることで、征服した都市同士が連携して反乱することを抑えることに成功した、というあたりが起源のようです。  19世紀中盤から20世紀中盤まで約90年に渡り、イギリスがインドを支配していましたが、このときも分断統治が使われました。 このときはイスラム教とヒンズー教の対立が支配に利用されました。  イギリスのインド支配以降、分断統治は様々な国家や組織の支配に積極的に利用されるようになり、それが現在まで続いています。  分断統治は、現在でもテロ・紛争などの宗教や民族対立、また、格差社会という国家内部構造を不満のはけぐちにすることで、国民を支配しやすくするという 方法に利用されています。 しかしながら、現在では、格差社会は政治の失策という認識が広がっており、人々の不満が政府に向かうことを防ぐことは難しくなってきています。  人々は政治によって格差社会を是正できると考えるようになってきていますので、実際に格差社会を改善できる可能性は日増しに高まっていると言えるでしょう。 2016.5.13     分割統治の目的  分割統治の目的を簡単にまとめると次のようになります。   対立による社会混乱  人種・民族・宗教・その他の勢力を対立させ、争わせることによる社会の混乱。   真犯人の隠蔽  偽の犯人勢力をあえて作っておくことで、真犯人、真の首謀者勢力の隠蔽を行い、人々の批判の矛先を変える。   反勢力への監視と統制の強化  反日勢力の在日勢力や、反ユダヤ主義者による偽ユダヤ人勢力自体への監視情報の収集、そこから反勢力への統制強化が可能。  社会的な混乱は、社会全体のモラルを低下させ支配層である、多国籍型の秘密エリートネットワークの得意な詐欺・洗脳犯罪の成功率を高める土壌となりま す。 また同時に、エリートネットワークが支援し、利用している反勢力自体の情報を集めることができ、反勢力への監視とコントロールを強化することができます。 2017/5/28     日本と特亜の分割統治  大局的にみると、日本の嫌韓思想誘導や韓国の反日教育なども、英米超富裕層などによる日韓支配のための不和や対立構造の意図的な構築であろうことが疑われます。  日韓はともに海を隔てた外国同士ですから、嫌いになる理由も、好きになるきっかけも、もともとの自然状態ではそれほど存在しません。 日韓友好は国益を見込んだ日韓両政府の意向であり、日韓対立はそれを拒む勢力の思惑とみるべきでしょう。  日中友好に関してもアメリカは以前から強く反発しており、親中政策を打ち出した政治家、田中角栄や小沢一郎などは、政治的失策というよりも、強引な妨害工作によって失脚させられたとみられています。 2016.5.13, 2016.5.24  これに対して米中は友好関係を深めて国益を拡大していますので、直接的にはアメリカ勢力が主導する、日本と特亜(中・韓・北朝鮮)との分断政策が、現在も行われていることが予想されます。 2016.5.13  日本と特亜の不和は、アメリカの都合で、アメリカ主導で行われているマクロ的な分断統治とみられており、日本国民が忌み嫌う核兵器の実験を何度も北朝鮮に行わせている理由もここにあるとみてよいでしょう。  日本と特亜の友好関係が築かれた後は、ロシアとの関係も改善されることになるでしょう。 日本が中東から輸入している石油は、タンカーで運ぶだけでも燃料費が2千万円などと莫大な費用がかかり効率が悪いのですが、ロシアと北海道の間に海底石油 パイプラインを通してしまえば、輸送コストは劇的に下がり、エネルギー問題も一気に改善に向かいます。  ロシアは世界一の石油産出国ですから、価格の交渉もしやすく、安定した供給も見込めます。 また、ヨーロッパ諸国の石油の多くもロシアが供給しています。  ちなみにISISテロが攻撃している地域も石油パイプラインが通っている地域ですので、石油利権をめぐる水面下での様々な戦いが存在することが予想されます。 2016.5.13, 2016.5.24     日本の領土問題はすべて分断統治工作、逆に共有化で解決可能  分断統治の分かりやすい例が領土問題です。 北方領土はロシア、尖閣諸島は中国、竹島は韓国、それぞれ日本との間に領土問題という外交問題を発生させ、互いに争わせるという100年の計が実行されています。  中韓は国策として政府が反日思想誘導を行い、政治に利用していますので、しばらく解決は難しいでしょう。 しかし、ロシアであれば、特に反日という訳でもありませんので、比較的解決しやすいでしょう。  領土問題で問題となっている島は、島自体はどれも大した価値のない島や岩ですので、つまらない紛争のきっかけとして残すよりも、早く分割なり、買取などして決着をつけてしまうほうがよいでしょう。  理想的な解決策としては、所有権紛争地域(?)は両国共有の自由貿易地域などにすれば、平和的な解決が可能で、さらに両国のさらなる発展も見込めるでしょう。  レジャー施設を充実させていけば、領土問題解決の成功例として、歴史に輝かしい名を残すことも夢ではありません。 日本だけでなく世界の紛争地域も共有地化してしまい、税収や資源などの利益を公平に分配すれば健全な運営も可能となることでしょう。  インターネットで人々がつながってしまった現在の世界で、その土地がどの国の名義であるかといった問題は、ささいな問題のようにみえます。 2016.5.30 < 追伸 2016年10月18日 >  日本とロシアの領土問題、北方領土問題への解決策として、共有方式の共同統治案が検討されていることが、日経新聞の記事となっていました。  共同統治案は菅官房長官が否定しているように、現在の日本の政治方針では、表向きは否定されています。 政府としては2島返還という2島の譲渡を求める方針で話を進めたいようです。 2016.10.18     コラム : 分断統治は個人でも使えるがリスクが高い  余談ですが、分割統治・分断統治・対立工作などは、ここであげた大きな勢力同士でなくても使うことができます。 最少人数はたったの2人です。 上司が2人の部下に、それぞれ異なる情報を与えることで対立させ、自分に有利な方向へ事態を変化させるような使い方ができます。  たとえば、お互いに対して、別の人はもっと頑張っているとか、影であなたの悪口を言っていたとか伝えることで対立させる、自分に有利な状況を作り出すこ とができます。 これは姑が嫁たちに対して使っているというのがフジテレビで放送されていたことから、今後、庶民レベルでも悪用される危険があります。  分断工作は詐欺洗脳術ですから、本当はこんなことを書くと情報が広まってしまうので、紹介すべきではありません。 しかし、そうではありますが、日本も心理戦が家族や交友関係・ビジネスなどでの、人として求められるメインスキルとなるような社会に変わりつつありますの で、対処するためにはいたし方ないことでしょう。  心理戦というのは誰かが始めてしまうと、それに対抗するためほかの人たちも使わざるをえないものですから、偽ユダヤなどが日本に心理戦を持ち込んでしまった以上は、これを理解することで対処していくしかないでしょう。  みなさんは、なるべく悪用しないよう注意してください。 分断統治を個人レベルで顔見知りの人たちに行うと嘘がバレやすいうえに、バレてしまったときは自分の信用を大きく傷つけるというたいへんリスクの高い詐欺戦略となっています。  分断統治や対立工作はあくまで人をだます詐欺術、洗脳術の一種であることをよく心得ておいてください。  このサイトのテーマとなっている集団ストーカー問題でも、被害者の周囲の人たちへ、被害者の悪評を振りまく風評被害というのがあります。 これも分断統治の理論を民間レベルで悪用したかたちになっています。 2017/5/28     < 参考 > 分割統治 - Wikipedia 人種差別はエリート層の統治手段であるという歴史的考察|世界の裏側ニュース 組織の分断工作とその対策方法を考える!|ウォーカーのブログ  紛争領土の共有化案はすでに様々な人たちによって検討されています。 領土問題は意図的に仕込まれた分断統治や対立工作ですから、両国の友好につながる対策を考えていきましょう。 領土問題 共有 - Google検索 日中領土紛争を平和的解決を実現するための具体的な提案 | 村田忠禧の現代中国研究室   目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク   Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明   集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)   集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)   集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)   集団ストーカーまとめサイト (Wiki) Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.

      8
      テーマ:
    • フジテレビ

      目次 > 分析 分類:その他 > マスコミ集スト・メディアガスライティング テレビ局・芸能関連会社の取り組み > fuji_tv, 2016/1/3, 2017/5/28 < 目次 > フジテレビ在日問題 ウリテレビ? ユダテレビ? 2017/5/28 電通との不和が予想され、集スト関連の健全化の可能性も? 2017/5/28 フジテレビの動き 2016/5/6       フジテレビ在日問題 ウリテレビ? ユダテレビ? 2017/5/28 フジテレビといえば、利益が100臆円以上あったものが50臆円にあっさりと半減しまった、経営困難のテレビ局です。 エリートネットワークの日本支配戦略にのせられ、韓国と日本の民族対立をあおる分断工作を行っていました。  フジテレビのロゴマークは、日の丸を丸で囲いまつ毛をつけたようなデザインとなっています。 この日の丸部分を韓国の国旗で使われている赤・青・黄色の三色まが玉と入れ替えたデザインにして、ウリテレビなどと呼ぶのが日本の在日・反日勢力批判を揶 揄するのに使われています。 こういったことは主に日本の偽右翼が、韓国と日本の分断工作のために行っていると見られています。  それでは実際のフジテレビがそれほどまでに韓国に支配されているかというと、必ずしもそうではありません。 仮に韓国主導でフジテレビ支配が行われている場合、支配しようとする国が何をしようとするかというと、イメージアップ作戦をまず最初にするはずです。 これは第二次大戦後、日本を占領したアメリカも盛んに行っているように、他国へ自国の商品を売り込んだり、人々を送り込むために効果的な作戦となります。  そう考えると、韓国と日本の不和を望むようなやり方は、本当に韓国主導でフジテレビが運営されているのであれば戦略としてふさわしくありません。 日韓が対立しても韓国にとってあまりメリットがないからです。 それでは誰の利益になっているのかと考えると、それはグローバリスト・シオニスト・偽ユダヤなどの国際的な秘密エリートネットワークと考えるべきでしょ う。  日韓対立という分断工作は分断統治のひとつとして明確な目的意識のもと行われているのでしょう。 分断工作や分断統治の目的には、真の敵への注目が集まることをさけることと、同時に反対勢力、アンチ勢力を使った扇動勢力の監視があります。 在日を偽造した日本人による反日勢力へ批判を集め、その批判によって反日勢力がやっていることを監視しているのです。 これによって民族対立を深め、扇動勢力をコントロールしやすくなります。  そんなやり方で利益を得られる勢力や、そんなことを本当にしている人たちがいるとすれば、多国籍マフィアのような秘密エリートネットワークくらいしかないだろうと、強い疑いがかかる訳です。  フジテレビの話に戻りますが、韓国人スケート選手であるキム・ヨナさんを猛烈に褒め称え、逆に日本人スケーターで10年にひとりの逸材といわれる浅田真 央選手の名誉を貶めるような質問やパネル作成を行ったことで、日本人から猛烈な抗議にあい、あえなく大幅減収となってしまいました。  フジテレビは利益も信用も失い、テレビ事業からの撤退が検討されているというほど、在日支配の強いテレビ局です。  そのときの日本人の猛抗議は近年類を見ないもので、フジテレビ社屋前には8千人という大規模なデモが行われました。 フジテレビ側は、それを無視したばかりか、社員がスマホで撮影して面白がるなど、民放とはいえ、公共性を欠いた、公益性に反する行為が行われたことが話題 となりました。  本来なら電波法違反などで放映権を停止されても仕方のないところです。  これに対してフジテレビ側は、しばらくは「嫌なら見るな」などと強気の態度をとっていましたが、日本人からのフジテレビスポンサー企業への不買運動やス ポンサー企業自体への抗議なども加速し、何十年も続いた長寿番組が終了に追い込まれるなど、大きな損失をこうむることになりました。  次に訪れたのは、タレントのフジテレビ出演拒否という事態です。 在日のレッテルを貼られた在日テレビ局に出演したがるタレントは日本では少数派です。 これは人種差別・民族差別に近いものがありますが、この背景には、不動産の登記情報から在日であることが発覚したタレント岩城滉一さんが強烈な在日バッシ ングを浴びてしまった事件などの影響があるのでしょう。  岩城滉一さんは日本人サッカー選手を外国人選手とくらべると「猿なのか、オランウータンなのか」と発言してしまい、これが彼に非難が集まる大きなな事件 となってしまったようです。 過去の覚せい剤取締法違反や拳銃所持による銃刀法違反容疑などで逮捕されていたという経歴まで暴露されてしまいました。 彼の一連の騒動が、在日勢力の影響が強い芸能界全体に、在日イメージや反日行動への強い警戒心を呼び覚ます結果となりました。  岩城さんは、その後、テレビ放送で何を話しても、「在日だからそう考えるのだ」、「反日発言はやめろ」などといった非難を浴びるようになってしまい、タ レント生命を大きく傷つけられる結果となっています。 この事件が起こる前の岩城さんは、世間的にもそれなりに有名なタレント・俳優という扱いになっていました。 この事件さえ起きなければ、少し不良っぽいタレントで、10年くらい前に流行った「チョイワルオヤジ」的なイメージで多少の暴言も許されていたのですが、 今では彼の暴言を許す日本人はいなくなってしまいました。   フジテレビへのタレントの出演拒否とテレビ局としての衰退 2017/5/28  そもそもテレビとは宣伝のための媒体で、宣伝を放送するのが主な業務であり、広告収入が主な収入となっています。 テレビ番組は宣伝費を稼ぐための客寄せとして重要視されているだけです。  宣伝効果は具体的には個々のテレビ番組の視聴率で決まりますが、全体としては媒体であるテレビ局のイメージや価値で決まります。 そのため実質的にはブランドビジネスに近い構造になっています。 芸能人やテレビに出演している人たちこの価値観の中で生きていますので、下手にフジテレビに出演して、価値の下がったフジテレビブランドの悪いイメージを 引き受けるようなことはしたくないのです。  今やフジテレビの連続ドラマのヒロインなどは特に引き受ける女優がいなくなり、本来は人気の若手女優が演じるべき配役をベテラン女優や誰も知らない無名 な外国人タレントや子役などが演じてるありさまです。 おそらくフジテレビドラマのヒロインの平均年齢は他局を圧倒的にしのぐ高年齢となっているはずです。  20年前からヒロインを演じているようなベテラン女優が活躍する姿には、時代の流れと、フジテレビの衰退が現れています。  市民デモを無視したフジテレビは、デモからしばらくたってから、やっと事の重大さに気付き、「嫌なら見るな」とフジテレビの横暴を擁護していたタレント に、すべての責任を押し付けようとするなど、およそ日本人にはあるまじき卑怯な責任逃れを行い、これには視聴者である日本人も、出演者であるタレントもフ ジテレビを見限り、不買運動や出演拒否が続けられました。  この背景には日韓や日本人と在日朝鮮人の間にある民族意識や先進国民の優越感などの問題もあります。 日本人は長らく先進国の地位を保ち、戦争放棄や安全神話などに誇りを持っているのはよいのですが、逆に途上国や先進国になりたての韓国などには優越感があ り、特に韓国や北朝鮮を劣った国とみる傾向があります。 そのため、韓国や北朝鮮の不正には特に厳しい態度をとる傾向があります。 この優越感がフジテレビ問題に隠れた在日批判を助長してしまった点は否めないでしょう。  逆に朝鮮側からすると、日本人の主張する正論は強者の理論であり、押し付けがましい傲慢な理屈だ、といったように判断されることもあります。  フジテレビの次の決算の結果が数ヵ月後には分かるはずですが、どれほど減収するのか、あるいは在日犯罪者特有の嘘、粉飾決算で誤魔化すのか、見ものとなっています。  視聴率を落とし、トヨタなど大手スポンサーが次々と撤退し、当然、タレントの出演拒否も悪化しているフジテレビは、現状では利益回復の見込み厳しく、テレビ事業からの撤退や身売りなどが真剣に議論されているという話です。  テレビ業界自体が自作自演の壮大なイメージビジネスであり、ブランドビジネスのような部分があります。 名誉を失った放送局が生き残れるほど世の中は甘くはないといったところでしょう。  フジテレビの在日びいきは、韓流ブームの捏造などが有名ですが、会長が在日になってから特にひどくなったとみられています。 これには超富裕層やグローバリストといわれる勢力が偽ユダヤ人などを使い、在日朝鮮人をだまして、日本で悪いことをさせている、というのが世界的な通説で す。 この企みに日本の天皇関連グループも参加していて、さらに内部抗争などもあるので、予断の許さない状況が続いているのでしょう。   電通との不和が予想され、集スト関連の健全化の可能性も? 2017/5/28  昨今、視聴率の低迷が話題となっているフジテレビですが、日本のテレビ視聴率はビデオリサーチという電通の関連会社が独占している状態にありますので、 脱電通政策を行っている反動である可能性もあります。 かつて視聴率王とまで呼ばれたフジテレビが現在のように低迷した背景には、視聴率に支配的な影響力を持つ電通との不和が予想されます。  フジテレビの低迷は、表向きは、番組内容の低下、韓流ブームの強行、若年層のネット移行・テレビ離れ、とんねるず(タレントグループ)の人気低迷などが、その原因とみられているようです。  2009年前後の韓流ブームのときに、韓国のタレントやドラマ・音楽などを盛んに取り入れていましたが、これは集スト分野からみると、在日勢力の影響で あろうことが予想されます。 韓流ブームの終焉とともに、韓国文化から距離を置くようになった現状に対して、電通・創価などの在日勢力が圧力をかけているともとれます。  在日勢力の影響が強かったフジテレビですが、その後、グローバリスト・シオニストなどのエリートネットワークが直接的な影響を強めているようです。 2016/01/03, 2017/5/28   フジテレビの動き 2016/5/6  視聴率低迷が止まらないようです。 フジテレビへの市民デモを無視し、同系列の放送では、「イヤならみるな」といったセリフがを何度も放送されいますが、視聴者は言われた通りに見ていない状態となっています。 日本語では自業自得と言います。  フジテレビは外資比率が30%近くなっていますが、20%以上を超えていますので違法状態にあります。 韓国・アメリカ・中国あたりの資本が入っていることでしょうが、違法状態というのは、本当におかしなことが起こる状態となっているようです。 政府、総務省あたりでしょうか、法令の運用はともかく、法令自体は正しかったということになります。  フジテレビのモラルの低さは番組作成や、その後の隠蔽体制にも現れています。 2016.5.6 < 参考 > 【テレビ】フジテレビ離れが止まらない…一桁視聴率だらけなのはなぜ?★3 [無断転載禁止]©2ch.net 2016.5.4 フジテレビが隠蔽した老人に火傷を負わせた番組作成   目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク   Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明   集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)   集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)   集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)   集団ストーカーまとめサイト (Wiki) Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.

      テーマ:
  • 23 Apr
    • NWOとは

      目次 > 社会不正 > NWO >   奴隷作業員に不正や犯罪を肯定するための洗脳理論ではないか   about_NWO, 2016/8/25, 2017/4/15, 評価:★★★★  私は裏社会事情や陰謀論についてはそれほど詳しい方ではありませんが、このサイトなどで私がNWOという言葉を使うときにの一般の人向けの説明として、今のところ私が理解しているNWOについて説明しておきます。  NWOに関係しているとみられている組織はいくつもあり、それらの動きについても諸説ありますので、調査が進むなかでより説得力のある説がみつかった ら、その都この記事を度加筆修正してくいく予定です。 NWOの実現については、どの説が正しいかのといった見方よりも、様々な方法や勢力同士の争いなどを利用しながら実現の可能性を模索している状態にあると 考えておいたほうがよいでしょう。    NWOはニュー・ワールド・オーダーの略で新世界秩序と呼ばれています。 世界統一政府による国々や個人に対する究極的な完全支配を目指して、現在進行しているとされる世界支配プロジェクトです。 戦争や人口削減計画などもこの計画の一部となっています。  超富裕層の悪徳派、国際金融マフィアなど裏社会の犯罪者が行っている巨大プロジェクトで多くの社会不正の原因となっているとみられています。  詳細はこの分野に詳しい人たちが研究・説明していますので、そちらでご確認ください。 大枠では、偽ユダヤ人を使った世界共産主義とシオニズムの二つの勢力が争っているようです。 このうちの共産主義ユダヤが世界統一宗教や世界政府による世界支配を計画していて、もうひとつのシオニズムユダヤがイスラエルを大帝国として世界を支配す ることを計画しているとみられています。  もう少し詳しく説明すると、彼ら超富裕層の目的や活動理念となっているシオンのプロトコル、シオン長老の議定書やイルミナティアジェンダ、薔薇十字団な どの方針によると、彼らのゴールは、戦争・経済危機・貧困・病気・民族紛争などで社会を疲弊させ、混乱しきった社会に巨大な富を基盤とした世界政府を樹立 し、完全なる支配を目指しているとみられています。  その過程や方法論として、世界連邦を作りこれを世界統一政府に発展させていくか、あるいはアメリカを超える超大国イスラエル帝国を作って世界を統一するか、どちらにするかで大きな内部対立が起こっているという説です。  この両方を支援、もしくは命令して実行させている勢力はまた別にいて、ベネチアやスイス・ベルギー・スウェーデンなどにいる金融マフィアではないかとみ られています。 具体的には超富裕層のトップの家系や、いわゆるフリーメーソン、イルミナティ、300人委員会、マルタ騎士団、薔薇十字団などといった組織があり、さらに その配下の天皇や世界の王族の血族、その他の金融政治エリートたちがいて、表社会で権威となっている国連やBIS、CFR、CSIS、CIA、モサド、 Mi6、三極委員会、RIIA、ビルダーバーグ会議などを支配しているとみられています。  これらのほかにも多くの家系や組織がありますが、このあたりの関係は陰謀論として隠蔽されつつある世界情勢や真の歴史の研究家の方々が調査・解説してい るのでそちらを参考にしてください。 注意すべき点は、一見すると争っているようにみえる各勢力も、それらの動きが全体としてとらえるとひとつの方向性があり、それがNWOにつながっているよ うにみえるという点です。 同時に並行して動いている動きはいろいろとありますが、どこから目的が達成されても問題がないようにコントロールされていることが予想されます。  日本の大臣の8割が属していることがあきらかになっている日本会議と外務省経由で公式につながっている世界連邦運動などが共産ユダヤの動きで、アメリカ など大国を貧困や戦争に導いて疲弊させ、その間にイスラエルを大国にしようのがシオニズムユダヤの動きとなっているようです。  ちなみに社会の貧困や病気、戦争などには超富裕層が行う不正や犯罪から、私たち一般人の関心をそらすという目的もあります。 貧困や病気、戦争などは、彼らが責任追及から逃れるための社会規模でのスピン事件となっているという部分もあります。  イスラエルの軍事・科学力は世界でも最先端にあり、またアメリカが毎年3000億円規模の援助をしているなど、イスラエルは国家として世界でも特別な位置に置かれています。  イスラエル帝国計画はすでに失敗したとみられていますが、数十年から場合によっては数百年単位で計画を実行するのが、金融マフィアのやり方ですから、おそらく計画自体は継続中だとみておいたほうがよいでしょう。  このような説明をみると、世界で起こっている様々な問題の説明としてなかなか説得力があります。 共産主義ユダヤとシオニズムユダヤの動きはそれぞれ継続していますので今後も注意が必要となるでしょう。  基本的な流れは説明した通りですが、超富裕層の最終目的が本当に達成されるかというと、実現性はなかり低いでしょう。 世の中を混乱させられるだけ混乱させたあげく、お金を少しはもうけるのでしょうが、私たち一般人にその手段や目的が知られてしまっています。 そのため私たち一般庶民も選挙や不買運動などで抵抗することができます。 何より彼らは勢力の内部を統一するのが難しいという大問題を抱えています。  彼らは金融マフィアやユダヤ詐欺師などと呼ばれるように、嘘や裏切り、おどしや暴力など何でもありの無法者の集団ですから、彼ら同士は基本的には仲がよ くありません。 詐欺師は身内や味方の人間も隙あらばだまそうとしてしまうものです。 それが詐欺師の能力や存在意義そのものですから、だませる隙があるのにだまさないでいるということは、彼らにはできないのでしょう。  フリーメーソン・イルミナティの内部は階位に分かれていて、それぞれのレベル間では上下関係はあるものの、どの位階に属するかということは変動する可能 性があります。 彼らは上から下までより強い権力やより大きな富をえるため虎視眈々と裏切りや暴力を実行する機会をうかがっています。 そんな彼らが最後に世界統一政府の頂点に立つ権力者を決める段階で、仲良く決められるはずがありません。  NWOはその完成に近づけば近づくほど、その先の未来で権力の座に座るメンバーも限られていき、誰がどういうポジションに立つのか予想ができるように なっていきます。 そのあたりで内部抗争が激化し、組織内部はまた離合集散を繰り返すことになるでしょう。 これはすでにその状態にあると言ったほうがよいかもしれません。  詐欺師が世界統一するなどという話は原理的に矛盾している実に馬鹿げた話だと、そろそろ彼らも理解し始めている頃かもしれません。  仮に世界を統一できたとしたら、次は彼らが自分たちが裏切られないようにするため、自分たちが壊してきた今すでにあるような道徳を人々に広める作り直す 必要がでてくるでしょう。 そして先にはそれに対する詐欺師の秘密結社が生まれ同じことを繰り返すことでしょう。 結局のところNWOはどう考えても無駄な努力となることでしょう。  そうなるとNWOやフリーメーソン・イルミナティなど超富裕層の狙いはNWOの達成ではなく、単に人々をだまして金儲けするための洗脳理論にすぎないと いうことかもしれません。 勢力によっていは明らかに矛盾した目的を掲げさせていますから、単に金儲けさえできれば、彼らはその富によって繁栄し続けられますので、それでよいのかも しれません。 2016/8/25, 2017/4/14   目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク   Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明   集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)   集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)   集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)   集団ストーカーまとめサイト (Wiki) Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.

      15
      テーマ:
  • 22 Apr
    • スカラー波(電磁波の一種)

      目次 > テクノロジー犯罪 > 電磁波被害と対策 >   イメージ送信や拍動変化、酸欠症状などに利用されている可能性   Scalar-wave-kind-of-the-electromagnetic-wave, 2017/4/14, 2017/4/17  テクノロジー犯罪の手段としてみると、スカラー波(S波)には人体へ次のような影響を与える特徴があります。 ・イメージや意識の送信(視覚・味覚の伝達がほぼ確認されている) ・脈拍の変化(血管収縮が原因とみられる血圧の上昇) ・体温上昇(自律神経への作用などから皮膚温度を上昇) ・低酸素血症、代謝反応の低下、呼吸時のガス交換を阻害することによる呼吸困難、それを継続されることによる窒息死(血液のヘモグロビンと酸素の結合を阻害) ・神経伝達速度の低下 ・長期的な影響としては免疫システムの破壊によるガンやDNA複製ミスなどによる遺伝子異常の誘発  人体以外には水晶時計の計測時間を遅らせる特徴が確認されています。  スカラー波は人体に電気的な影響を与えますので、イオン・分子・細胞などのレベルで人体へ被害を与える可能性があります。 そのため、その他の電磁波と同じように、長期的にはガンや遺伝子異常などを引き起こす原因になるとみられています。  テクノロジー犯罪の原因は電磁波(電波・マイクロ波・レーザー・中性子線・放射線・プラズマ)、音波、毒物などと予想されていますが、加害者の使ってい る攻撃装置は電磁波と音波の両方が使える複合型装置となっていることが加害者の会話などから知られています。 この機能の中にスカラー波が含まれていたとしても不思議ではないでしょう。  科学的にスカラー波とは何かというと、電磁波の一種でマイクロ波のように電気的な信号を送受信したり、人体の電化・イオン化などに影響を与えることができる、空気中や物体を貫通して伝わる波動の一種です。  電波やマイクロ波などいわゆる電磁波として扱われているのが横波なのに対して、スカラー波は縦波となっていて拡散されないため、健康被害が少ない通信手 段として注目が集まりそうです。 何者かによってすでに使われている周波数帯があることから、軍事目的などの秘密通信分野ではすでに水面下で活用されているとみられています。 実験では、受信側かと思いますが電力供給なしで地球の裏側(ドイツ・オーストラリア間、約1万3千キロメートル)での通信に成功しているほど高性能な情報 伝達手段として知られています。  将来的な予測としては、スカラー波がマイクロ波に代わる主要な手段となっていく可能性もあります。 しかしながら、実際には、波動が拡散しないため通信傍受が難しく、現在の監視インフラでの監視が難しくなってしまうでしょうから、一般向けにスカラー波通 信が解放されるのはまだまだ先のこととなりそうです。 電磁波による健康被害自体は医療・保険利権勢力が意図的に放置させているともみられています。 < 参考 > 電子ハラスメント 保留1 スカラー波攻撃|ウォーカーのブログ  スカラー波攻撃は実在している可能性が極めて高い 2017/4/14 人の体で使われている電気的信号や神経伝達物質  思考・運動・細胞生成などの多くにイオンが関係している   目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク   Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明   集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)   集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)   集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)   集団ストーカーまとめサイト (Wiki) Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.

      5
      テーマ:
  • 21 Apr
    • デトックス 体に入った社会毒は野菜やサプリで外に出そう

      目次 > 健康問題 > detoxification, 2017/5/21, 評価:★★★★   社会毒もデトックスできる  何者かによって明らかに蔓延している社会毒ですが、デトックスできる可能性があります。 私たちの体が持つ一般的な体の外に毒物を出す毒素排出機能は、おおむね、便(75%)、尿(20%)、汗(3%)、髪の毛(1%)、爪(1%)となっています。  この自然状態で十分にデトックスできていれば問題ありませんが、そうではなくさせるのが社会毒による病気誘発・民衆弱体化戦略であるとみられています。 これに対して、体のデトックス機能を上げるには、野菜やサプリメントに頼るのが有効です。   有害ミネラル  有害ミネラルとは体内に溜まると危険な鉱物のことです。  先進国で唯一日本だけがガン患者数が増加している現実をみれば、日本国内でも社会毒作戦が実際に行われている可能性は非常に高いと言わざるをえません。 不安な人は有害ミネラルを特に意図的に避けるようにしましょう。  アルミ鍋・アルミホイル・マーガリン・大型魚類(マグロ・カツオ・クジラ)など、意識すれば簡単に避けられるものもあります。 < 参考 > 有害ミネラル  リストで確認 社会毒のない生活は体や心を健康にする  社会毒からはなれるだけで健康になれる   目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク   Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明   集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)   集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)   集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)   集団ストーカーまとめサイト (Wiki) Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.

      テーマ:
    • 人の体で使われている電気的信号や神経伝達物質

      目次 > テクノロジー犯罪 >   思考・運動・細胞生成などの多くにイオンが関係している     The-electrical-signal-and-neurotransmitter-which-are-used-with-the-body-of-the-person, 2017/4/14 < 目次 > 人は電気仕掛けで動いている 筋肉も電気信号で動いている 脳は電気信号を利用して活動している 音は電気信号として脳に送られる 電気信号の継続的な伝達阻害による被害、放射能も電磁波被害 急激、もしくは緩やかな身体の変化の原因は?           < 人は電気仕掛けで動いている > テクノロジー犯罪の技術を考える上での基礎知識となるのが、人体と電気的な信号や神経伝達物質などの仕組みです。 簡単に説明すると、体内の情報伝達は主にイオン(電化された原子)による電気信号とそれを受け取ることで受け渡される神経伝達物質で行われています。  以下、電気信号と書きますが、これはイオンの移動した結果起こる電気的な量的な変化による情報伝達のことと考えてください。 これはあまり厳密な説明ではないので、詳しくは各自でネット検索することをおすすめします。 検索候補は、イオン、シナプス、脳神経系、電子、原子、電磁波、電離電磁波、放射線、マイクロ波、スカラー派、超高低周波、音波などでしょうか。       < 筋肉も電気信号で動いている > 筋肉が動くのはイオンの移動による電位の変化による収縮活動の結果です。 筋肉は基本的には収縮、つまりちぢむことしかできませんので、人体はいろいろなところにつながった筋肉が伸びちじみすることですべての動きを可能にしています。  筋肉で特に重要なのが心臓で、心臓は一続きの帯状の筋肉が巻かれた構造となっていて、パンのクロワッサンのような作りになっています。  テクノロジー犯罪では筋肉の収縮を強制的に引き起こせることが知られています。 フィギュアスケートの浅田真央選手など日本人選手が韓国のキム・ヨナ選手といっしょに出場する試合で毎回演技中に転ばされていたのが有名ですが、これも手 足の筋肉が急にちぢんでしまうというテクノロジー犯罪の電磁波攻撃によるものとみられています。 韓国の動きは実に分かりやすく、浅田選手の引退発表と同時に韓国の電磁波関連サイトが一気に消え去ったことなどから、演技妨害を目的とした強制的な転倒 だったと強く疑われています。  一般のテクノロジー犯罪被害者でも、本人や家族が転んで怪我をするということがよくあります。       < 脳は電気信号を利用して活動している >   人の脳は五感その他で感じたものを電気信号で伝える仕組みなっています。 様々な神経が受け取った情報が脳へ送られています。 テクノロジー犯罪の攻撃も五感三欲、その他の無意識で動いている自律神経などへの電気信号の偽信号を送ることで実現されているとみられています。 実際の被害としては、身体の各部位への痛みや不快感、排尿や呼吸、拍動などの異常な促進や抑制などが引き起こされています。       < 音は電気信号として脳に送られる > 音、音波は空気の振動ですが、これが人の耳に伝わったとき、具体的には鼓膜を振動させたとき電気信号となり脳へ伝えられていて、このときに私たち人間は 音が聞こえたと感じます。 テクノロジー犯罪の音声送信はマイクロ波を使って、鼓膜が振動したときに作られる電気信号を偽装した信号を送るという仕組みになっています。 この仕組みはマイクロ波聴覚効果として、すでに科学的に実証されています。   一般社会レベルで認知されていない理由は、テレパシー技術として軍や警察が監視やスパイ活動などに利用していることを隠すためで、マイクロ波聴覚効果が発 見された後の10年くらいは、それほど隠蔽されていませんでしたが、1970年代から隠蔽されるようになり、現在に至ります。       < 電気信号の継続的な伝達阻害による被害、放射能も電磁波被害 > 人の体は能動的な活動や無意識下での活動、また長期的な維持や成長などを電気的な信号と神経伝達物質などを利用して行っています。 そのため電気的信号の受け渡し、つまりイオンの移動が電磁波によって阻害されてしまうと、正常な機能ができなくなってしまいます。  このイオン化を急激に強制的に行うのが電解電磁波に属する原発や核兵器などで有名な放射線です。 放射線は人体の水分子などを急激にイオン化してしまうため、細胞レベルで人体を破壊してしまいます。 その細胞が網膜など再生不可能なものであればその機能は永遠に失われてしまい、生命維持に必要な細胞が失われてしまえば人の命が失われてしまうことになり ます。  電磁波被害で有名な白血病は、造血細胞が遺伝子異常を起こすことが原因で発症します。 これは遺伝子、いわゆるDNAが破壊されることで新たな造血細胞を正しく作ることができなくなったような状態です。 ちなみにDNAは二重鎖の場合、片方が壊されてももう片方がコピーして再生できますが、一重鎖のものは壊れてしまうと再生できなくなるそうです。       < 急激、もしくは緩やかな身体の変化の原因は? > 被害者はテクノロジー犯罪の攻撃装置を持っていませんので、厳密な調査や証明は行えませんが、テクノロジー犯罪で心身の状態を変化させることができること自体は明らかになっています。 原因はともかく結果は証明されているような状態にあります。  その際、次のような仕組みで被害者の心身への干渉や状態変化が行われていると予想されています。 主に電気信号への干渉と、それを受け取る受容体などの体内器官への干渉が行われているとみられています。 ・マイクロ波で人体の情報伝達に使われる電気信号が偽装されている。 音声送受信もこれにあたる。 ・その他の電磁波やスカラー波などで、身体活動に必要な電気信号の伝達を阻害、もしくは過剰に促進することで、中長期的な様々な不快感や、数年レベルでのガン誘発や遺伝子異常を引き起こしている。 ・音の超音波や低周波で人体の特定の部位や器官などへ直接的な刺激を与え、神経伝達物質の伝達能力へ干渉している。 2017/4/14           目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク   Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明   集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)   集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)   集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)   集団ストーカーまとめサイト (Wiki) Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.

      5
      テーマ:
  • 20 Apr
    • 車やドローン、無人兵器などへの自動操縦システムへのAIの活用

      目次 > 社会不正(裏社会) > AIはネット集団知には勝てない >   AIロボットを平和利用できれば人類の未来はバラ色   Inflection-of-the-AI-to-the-auto-pilot-system-to-a-car-and-a-drone-an-unmanned-weapon, 2017/4/12, 2017/4/13, 評価:★★★  自動操縦システムでのAI活用は特に注目が集まっているもので、将来的に利用範囲が拡大され、工業分野だけではなくサービス業、さらには農業・漁業などにも活用されていくことでしょう。  自動操縦の無人機による殺人や戦争行為はすでに行われてしまっていますので、危険のある地域ではそれらを禁止するなり、防御装置、たとえばEMP防御兵器や捕獲網装置などの設置などが必要となってくるでしょう。  その他の産業分野では、自動掃除機のように農作業を種まきから草むしり、収穫まで行うロボットや、魚介類や海藻を自動で採集し続け、海ではさらに食料となる海産資源の量を増やすよう海域規模での海洋生物管理まで行えるようになっていくことでしょう。  AIを平和利用できるようになれば食糧問題や労働力不足が一気に改善に向かい地球規模で人類の幸福が促進されていくはずです。 作業的な労働から解放された人類は科学や学問、スポーツや趣味、あるいは恋愛などを謳歌し、労働ではなく議論を好むような古代ギリシャ人のような生活へ移 行していくのではないでしょうか。  AIロボットがが生産やサービスなどの労働を人の代わりにやってくれる世界では、AIロボットの研究が進み、性能は上がり続け、いずれはAIロボットが作り出す食料や製品・サービスなど量は全人類の需要を大きく上回るようになるはずです。  そうなると食料・製品・サービスなどはどんどん低価格化していき金額で表される交換価値もどんどん失われていくでしょう。 来客時に相手をもてなすために出されるお茶やコーヒーくらいの気軽さで、それらがタダ同然のものとして扱われるようになるはずです。 そうなった世の中では、個人が財産をため込んだり、いろいろな争いの多くが必要のないものへと変化していくでしょう。  人々の生活も大半が保障されるようになり、老後まで安心して暮らせるようになるはずです。 そうなれば子供は有名大学を目指して勉強にあけくれる必要はなくなり、大人も出世や権力争いをする必要がなくなるはずです。 それぞれの人が興味や趣味、個人の名誉欲などに応じて何かの活動に打ち込めばよいような状態になるのでしょうが、多くの人はそれほど自分が努力することを 望まないかもしれません。 政治や詐欺対策といったものが人々の重要な関心事となり続ける状態が維持できれば、社会制度自体を健全な状態に保ち、そのころにはさらに進化しているであ ろうネット集団知によって、よりよい制度作りも進んでいくことでしょう。 この状態になれば人類は自然に発展していけるはずです。  私としても人類の歴史がこの方向へ発展していくことを願っています。 世界に悪人さえいなければ、すでに実現されていてもおかしくない世界の姿なのですが、実現にはまだまだ多くの課題が残されています。  たとえば車の自動運転化ひとつとってみても、事故が起きたとき誰が責任を取るのかと考えれば、自動車メーカーが責任をとるはありません。 それではAIメーカーが責任を取るかといえば、こちらでも責任をとったりはしないでしょう。 自動車保険は莫大な利権となっていますし、交通ルール違反の反則金も同じように巨大な利権となっていますので、事故やルール違反は車の運転者や所有者に責 任が追求されることでしょう。  そのような社会になっても自動操縦システムのエラーが原因とみられる不審な事故は、主に政財界のエリートたちの都合で多発することでしょう。 現状の社会体制ではAIが私たちの生活の質を向上させることはあまり期待できないでしょう。 まずは社会体制、つまり政治の健全化が必要となります。  実のところ、政治さえ健全化できれば、今の世界の生産力でも世界人類のすべてがもっと安全かつ幸福に、さらに少ない労働時間で暮らしていくこともできるはずです。 それを考えると今の世界はとても残念な状態にあります。   目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク   Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明   集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)   集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)   集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)   集団ストーカーまとめサイト (Wiki) Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.

      4
      テーマ:

プロフィール

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。