原題:霍元甲

監督:ロニー・ユー

出演:ジェット・リー

    中村獅童

    スン・リー

    ドン・ヨン

    ネイサン・ジョーンズ

    コリン・チョウ(特別出演)

    原田眞人(特別出演)

    ネイサン・ジョーンズ(特別出演)


公式サイト

1910年9月14日、中国、上海において、世界史上初の異種格闘技戦が開催された。

日本人の武術家、田中安野(中村獅童)を含む外人四人を相手に、ただ一人立ち向かう中国人武術家の名は霍元甲(ジェット・リー)。欧米人に、病人のようだと揶揄された中国人の誇りを取りもどすため、彼は不公平と分かっていながら試合に臨む。だがそこにはさらにどす黒い罠が仕掛けられていた……。


著名な武術家の息子として何ひとつ不自由なく育てられた霍元甲は、父の諫めも聞かず、武術家に憧れ、天津一と呼ばれるために武術に明け暮れます。

しかし己の傲慢から、友の忠告にも耳を貸さず、試合相手を殺してしまい、その身内に自分の母と娘を報復で殺されてしまいます。

失意のあまり、川へ身を投げた(?)彼は、とある山村で目の不自由な娘に助けられ、農村の暮しになじむうちに、自然の音を聞き、謙虚な心を身につけて、再び戻ってくるからと娘に約束して、父母の墓参りのために天津に戻ります。

そこで列強の侵出により中国人同胞が虐げられているのを目の当たりにした霍元甲は、ただ勝つためではなく、武の精神を見せるために、異種格闘技戦に参加することとなります。

四人の異なる武術家と一気に試合うという、彼には不利なこの試合、最後の相手は日本人の武術家、田中安野。田中は試合の前に霍元甲と会談し、彼の深い精神に触れ、尊敬の念を抱いていたため、この不利な条件での試合をやめ、日を改めるよう申し出ますが、霍元甲はそのまま試合を続けます。

が、この異種格闘技戦を裏で操り、賭博もしている日本人黒幕(原田眞人)の手により、試合の途中で毒を盛られ、最後は半ば毒に侵されるようにして倒れるのでした。

しかし、田中は敢えて霍元甲を助けおこし、彼の勝利をアピールするように、彼の右腕を高く掲げたのです。


という感じで、中村演じる田中が、とてもいい人なのは、今風なのかもしれないけど、ちょっとできすぎな感じはしますが、中村が大変にアクションをがんばっているため(ジェット・リーのアクション指導があったそうな)緊迫したいい場面になっています。ほんと、中村がんばった、と言いたい。

私はアクションについては詳しくないので、素人目には、十分に戦っているように見えましたよ。

もっとも、本当の武術家同士が戦ったりしたら、おそらく映画の場面としては映えないでしょう。

演技者だからこそ見せられる武術っていうものがあるように思います。

ただし……剣道としてはどうよって突っ込みははいりそうだけどな(^_^;)。


あと、母と娘を失った霍元甲が川に身を投じて、どうして山村で助けられるのか、こればっかりは疑問だ~。

しかもなんか苗族っぽい感じの村なんですよねぇ。それ、川が逆さに流れないと無理だろーとか、そういう突っ込みしちゃいけませんか(^_^;)。


全体にちょっと抹香臭いのは、仏教徒であるジェット・リーの哲学が前面にでているためだと思いますが、それをもって、アクション映画っぽくないと考えるか、ジェット・リー作品として優れていると考えるか、見る人の好みだと思います。

私は……ちょっと倫理の教科書っぽいテーマは辟易しちゃうんですが、ジェット・リーの言いたいことはなんとなく分かるように思いました。


この作品は運良くプレミアで見ることができたので、生のジェット・リー、ロニー・ユー監督、中村獅童、原田眞人の話を聞くことができました。

ジェット・リーは始終ご機嫌という感じで、すっごくいろいろしゃべっていました。なんだろう、とても自分らしさがでた映画を作れたんだなぁという感じがしましたね。

ロニー・ユー監督が、いい感じにバックアップしてたのだろうなぁ。

中村&原田の話も面白かったし、これから映画を見るときに「見どころはここ!」っていうのがあって、気合はいりましたねぇ。

そのおかげでか、テンション高く見ることができて、ちょっと得した気分でした。

公開になったらもう一度見に行きたい、そういう映画です。

AD



タイトル: 蜀山奇傳 天空の剣






原題:蜀山・新蜀山劍侠
英題:Warriors from the Magic Mountain
83年香港
第一回東京国際映画祭「蜀山」の題名で上映

監督:徐克ツイ・ハーク
指揮:鄒文懐レイモンド・チョウ
企画:何冠昌レナード・ホー
出演:元彪ユン・ピョウ、鄭少秋アダム・チェン、洪金寶サモ・ハン・キンポウ、林青霞ブリジット・リン、

伝奇映画、といってしまっていいだろう。特撮は今の目から見たらちゃちいだろうけれど(当時でもすでにちゃちかったのかもしれないけれど)、荒唐無稽な物語とカンフー・アクションが楽しい。
ツイ・ハークの作品としても、かなり初期に属するし、ブリジットもきわめて若い。いや、最後にでてくる仙女さまは、ジュディ・オングですよ。
ストーリーは、説明しようとするとかえって混乱しそうだけど、とにかく軍隊を脱走した若者、これがユン・ピョウです。
当時の蜀山は魔王に支配されているんだけど、ユン・ピョウ、その魔の山に紛れ込んでしまって、そのときに助けてくれるのが、アダム・チェンの仙人(とはいえ剣士姿)。
そこへやはり蜀山の乱れを嘆く僧侶とその弟子があらわれて、四人でこの危機をすくわなければというところへ魔王軍団来襲。
あわや全滅かと思われるところを、長眉真人(サモ・ハン・キンポー)があらわれて、魔王を磐に閉じ込める。
もっとも魔王は四十九日で甦ってしまうから、本当に魔王を倒すためには、紫青双神剣という一組の剣を使わなければいけないというのね。
で、この剣を探すために、四人組は旅立つわけです。
四人がまず訪れたのは瑤池で、ここで女主人である姫(ブリジット)に傷ついた僧侶の治療を頼むのだけど、姫は剣士仙人に恋してしまい、一方、仙人は魔物の毒のせいで魔物と化して、魔界へ旅立ってしまうのです。
そこで、姫に僧侶をあずけ、ユン・ピョウと、僧侶の弟子(マン・ホイ)は、姫の弟子(ムーン・リー)と共に剣を求めて旅を続けるという次第。
最後は天界で仙女(ジュディ・オング)から剣を授かり、姫の愛もあって魔物と化した仙人もすくわれ、みんなで力をあわせて魔王を倒しました、めでたしめでたし、というわけ。

まず音楽が、その昔の怪獣映画みたいで、すごく笑える。
そして古装の剣士姿のアダム・チェンは、異常にかっこいい(←すみません、私は東映チャンバラ映画のファンです)。
ブリジットは、まるで古代壁画の仙女のような、(つまりはアブナイ)格好ででてきてくれます。領巾を使った攻撃がすごい! そうか、領巾はあーやって使うのか(それは違うぞ)。
ユン・ピョウは昔も今もあまり変わらんぞーという切れ味のいいカンフー。サモハンが出場ってきているということは、武術指導がサモハンなわけです。だからあまり大仰ではないのだけれど、スピーディで小気味いいという感じ。

ツイ・ハークという人は、宮崎アニメの香港版を監修したりしてるから、たぶん、日本のアニメ特撮映画のマニアなんじゃないかと勝手に推測しているんですが、どことなくそういうテイストが残っていて、そこにカンフー・アクションを当てはめるのが、当時はまだ画面的にも違和感があって辛かった記憶があります。
これがある程度までこなれてきたのが『風雲』で、究極が『マトリックス』というところかな。いや、究極を『少林サッカー』にしてもいいんですけど。

でもこれが作られたのは83年。
香港映画で特撮そのものが珍しかった時代です。
一方で、この手の伝奇古装というのは、香港映画にはお手のもので、カンフー・アクションもまた然り。
どうせワイヤーで飛ぶんだから、特撮と合体、と考えたツイ・ハークに先見の明があったのではないかなぁ。

香港の特撮は、目から特殊光線ビビビとか変な方向に走っちゃう嫌いもあるんだけど、でもまぁ、これがひとつの出発点ではあったわけです。

ツイ・ハークは最近、この作品をリメイクしたようですね。
こっちもみてみたいな。




タイトル: 天上の剣-The Legend of ZU-
AD

『聖戦』

テーマ:
原題:聖戦風雲
英題:Undeclared War
公開:91年香港

監督制作:林嶺東リンゴ・ラム
製作総指揮:游定漢ウェリントン・フォン、張權リチャード・チョン
脚本:龍添武ティモシー・ロン、魯亦詩ルイ・C・ロス、門迪芭デボラ・グラント、南燕ナム・イン(リンゴ・ラムの兄)
撮影:劉鴻泉ラウ・ハンチュエン
音楽:陸崑崙ノエル・キンラン
編集:周國忠トニー・チョウ

出演:李修賢ダニー・リー(ボン)
   ピーター・シビス(ゲイリー)
   ヴァーノン・ウェルズ(ハンニバル)
   オリヴィア・ハッセー(レベッカ)
   關之琳ロザムンド・クワン
   黄光亮トミー・ウォン

題して「オリヴィア・ハッセーの無駄遣い」。
いや、そういう説明ではいけないと思うのですが。
チョウ・ユンファとダニー・リーの『友は風の彼方に(龍虎風雲)』をはじめとする風雲シリーズを監督したリンゴ・ラムの迷作。
いやもう、ハリウッド俳優は使うわ、ワルシャワ・ロケは敢行するわ、街中でバスは爆破するわ、やりたい放題なのに、この地味さ……。
決して、主役のダニー・リーのせいではないと思いたい。
いや、思う。断じて違うと信じたい。いや、信じるぞ。

これは兄を殺されたCIAのゲイリーが、テロリストのハンニバルを追って香港まで突撃してきて、香港側担当のボン(ダニー・リー)とぶつかりつつも、熱い友情で最後はテロリストを撃滅するぞって作品なのです。
ボン(劉定邦ラウ・ディンボンというのが役名)が泳げないという設定なんかも、お笑い要素として完全に浮いてるし。

で、無駄遣いされているオリヴィア・ハッセーは、ボスのハンニバルにいいように使われちゃう理想家肌のテロリスト。思想先行なんで、ボンSirに説得されて投降しちゃった挙げ句に、仲間だと信じていたハンニバルに殺されてはい終わり。いくらなんでもそりゃなかろうという展開に唖然。(つか、最後の最後まで、オリヴィア・ハッセーで引っ張ってほしかったわよ。いくら男の友情を描きたかったとはいえ)

個人的に美味しいのは、大変に好きなロザムンド・クワンがダニー・リーの婚約者役ででているということ。一生懸命がんばるニュース・キャスターなんですが、ボンSirにとってはそのがんばりが心配だったり……ま、これは基本ですね。

そして、ボンSirの相棒役ででているトミー・ウォン。いい役者です。前半はボンSirを兄貴と慕っている弟分みたいな役柄で、後半は裏切り。いや~、裏切る彼の演技がなかなか萌えが入ります、はい。

ダニー・リーは、眼鏡かけて背広で、政治部という香港警察の中でもエリートの所属する部門の刑事で切れ者という設定が、よれよれ李Sirファンにはちょっと浮いてるらしいんですが、背広専科で眼鏡フェチなわたしには超ツボに入っておりまして、ストーリーがどうだろうと、拷問シーンに目をそむけようと、「西洋人俳優はいらんわい!」と叫ぼうと、何度もみてしまうという矛盾が露呈するなぁ。
いや、萌えとはそういうものです。

脚本に四人もいるのは、もしかして船頭多くしてですか? と突っこみたいのですが、まぁいろいろと萌えポイントを探しながら見ると、それなりに美味しい作品ではあります。
なんかこーゆー紹介の仕方、自分でもどうにかならんかねぇ。
AD

『スウォーズマン』

テーマ:



タイトル: スウォーズマン 剣士列伝〈デジタル・リマスター版〉





原題:笑倣江湖
英題:SWORDSMAN
90年香港
制作:徐克ツイハーク
監督:キン・フー、徐克ツイ・ハーク、程小東チン・シウトン、レイモンド・リー
脚本:ウォン・イン、レオン・ユーミン
音楽:黄霑ジェームズ・ウォン、ロメオ・ディアズ
出演:許冠傑サミュエル・ホイ、葉童イップ・トン、張學友ジャッキー・チョン、張敏チョン・マン、午馬ウー・マ、林正英ラム・チェンイン

金庸(きんよう)原作の『笑倣江湖』を映画化したもの。キン・フーが作り始めたものの、途中で制作のツイ・ハークと意見があわなくなり、後半、ツイ・ハークがまとめたといういきさつで、キン・フーっぽさはそれほど濃くない。
のっぽでヅラのあわないサミュエル・ホイであるが、なかなかかっこよくて、アクション・シーンも決まっており、ちょっとびっくりする。
男装のイップ・トンは、実に可愛い。が、演技派のイップ・トンの使い方としては、ちょっと物足りないかな。
敵方の手先を勤めるジャッキー・チョンは、まったくにこりとしない不気味な剣士っぽくってよろしい。
苗族の女酋長という感じのチョン・マンは、実にぴったしって感じ。

途中、でてくる午馬と林正英のエピソードは、全体としては余計に見えるかもしれないけれど、この作品を貫く「笑倣江湖」という謎の箏曲譜を見せるシーンで、続く爺二人の川上情死(致命傷を負った林正英とともに午馬が船を爆破して自らも死んでしまうのだが、どうも情死に見えるのはなぜ?)シーンは迫力一杯。

ちなみに、この作品の続編『笑倣江湖2』は、李連杰リー・リンチェ(ジェット・リー)とミシェル・リーに主役交替して(チョン・マンの役は、ロザムンド・クワンだった)作られているが、これにブリジット・リン扮する東方不敗がでてきて大当たりしたため、一般的には「東方不敗」という名称のほうが通っている。できれば二作続けて見て、役者を見比べてもらいたいかも。
筆者はどちらもよいので、軍配あげにくい。萌え度アップして、童顔のジェット・リーに一票、かな。