つーか、どの記事もネタバレ満載なんですが、いまさらですか。

冒頭、警察署の警部席に置いてあるネームプレートが「探長」。うはは~。幇辧(ぽんぱん)でなく、探長ってとこが、古めかしい。(本当は時代的にはどうなんでしょうね?)
このシーン、『鬼馬智多星』を思い出してしまいましたよ。林子祥ジョージ・ラム、泰迪羅賓テディ・ロビン、麥嘉カール・マッカ、曾志偉エリック・ツァンなどがでていた、新藝城(シネマ・シティ)の作品で、監督は徐克ツイ・ハーク。こちらはカール・マッカ好みのコメディですが、あの匂いが紛々。そう、建物全体に木材が多くてしっとりした感じ。これが昔の香港です。
あそこにでていたテディ・ロビンがやはり警部役で、ネームプレートが「探長」だったなぁ、と。
いや、本当はダニー・リー作品でいやというほど「探長」のでてくるシーンを観ているはずなのに、なぜか一番印象が強いのは『鬼馬智多星』なんですねぇ。
あの作品で、刑務所からでてくる組長の麥嘉もなかなかダンディでしたが、こちら斧頭会のサム君、その上前をさらに撥ねるようなダンディさで、うっとり。しかも踊る! これには負けましたな。いやー、やってくれるじゃないの。
全編を通じて敵役で出ずっぱり、出世です。

のどかな豚小屋砦の日常風景。
粥麺屋で朝飯食った挙げ句、ただ飯で油条までおまけしてもらった大家さん、キターっ。
元華ユン・ワーの登場です。
かつて『イースタン・コンドル』や『覇王卸甲』でのキレた悪役で印象強かったユン・ワーさんですが、最近のテレビ・ドラマで好々爺をやらせてピカ一とは聞いていたんです。
テレビのバラエティでも、終始にこにこしていて、飄々としていて、人柄が滲み出る感じで、こういう人が悪役やると、あんなに切れるんだー、というのは、たとえば、周比利ビリー・チョウとか、于榮光ユー・ロングワンとか?……実は案外多いんだな、そういう役者さん。
あ、成奎安セン・フイオンもそうですな。
かの呉孟達ン・マンタッも、テレビ時代は悪役で鳴らしたそうですし。
話はそれましたが、もう、ユン・ワーさんみるためにいったようなものですよ、『カンフー・ハッスル』(そこまでいうか?)

で、実物そのままに飄々と動く大家にあわせて豚小屋砦の日常が展開されます。荷物担いでるあの人とか、「スリット深くして」と言われてるあの人とかが、そのあと重要な役割を演じるとはね。いや、粥麺屋のオヤジもですが。
そして泣く子も黙る大家夫人、キター。
ユン・ワーや元彪ユン・ピョウ、サモハン・キンポウやジャッキー・チェンと同じ京劇学校に所属し、七小福の一人だったという、映画に出るのは28年ぶりの元秋ユン・チウ……え、えっと、ブランク全然感じさせない、すさまじい登場っぷりなんですけど。
んで、トラックバックに、30年前のユン・チウさんの写真のっけてる「人形姫のアジト」さんをゲット。ぜひ、ボンドガールなユン・チウさんをみてくださ~い。(てか当ブログからトラックバックした先を、当ブログの読者さんはみれるのかしら? いまいち、ブログとトラックバックがよく分かっていない香港巡礼協会です)
いや、正直、いまの彼女からは想像つかない姿ですが(爆)。
健康的なハワイ焼け娘って印象ですね(^_^;)。

さて、黒社會の弱いもの苛めに敢然と立ち上がる三人の勇者が使うカンフーは、それぞれ、人足が十二路譚腿、粥麺屋が五郎八卦棍、仕立屋が洪家鐵線拳とあります。人足は足技、粥麺屋は棒術、仕立屋が拳法で、それぞれの仕事と通じているのが面白いですな。
人足を演じているシン・ユーさんは、少林寺で十年間修行をしたというモノホン。粥麺屋はショウ・ブラザーズの武打星の一人、ドン・ジーホワ。オカマな仕立屋がチウ・チーリン。いずれもすごい面子ですが、この三人が手合わせするシーンがとても好き。
互いに相手の腕を知り、「出会えてよかった。またどこかで逢おう」なんて展開は、江湖ものにはよくあるんですが、やっぱり、ほろり。
ところがどっこい、この三人が三人とも、やられてしまうなんて!
いや、大家夫婦を呼び出す手筈とはいえ、勿体ない勿体ない……。

で、世界で二番目に強い(笑)という古琴波動拳の使い手のお二人。フォン・ハックオンとジア・カンシー。
ここで琴を奏して暗殺技を繰り出すというシーン、いかんなく発揮されるCGにびっくら。
いや、古琴を奏でて剣のような波動が飛ぶのはいいんですけど、最後に出てくる妖怪は……まるで指輪物語に出てくるオークかゴブリンのような(^_^;)。あの造型、もってくるかーーと思いつつも、ナイスでしたわ~。

いやはや、あまりにも長くなったので、ここで中断。
AD
原題:功夫

監督・主演:周星馳チャウ・センチー(チンピラのシン)
共演:元華ユン・ワー(豚小屋砦の大家)
   元秋ユン・チウ(豚小屋砦の大家夫人)
   林子聰ラム・ジーチョン(シンの相棒の太っちょ)
   陳國坤チャン・グォックワン(斧頭会組長)
   林雪ラム・シュッ(斧頭会副組長)
   田啓文ディン・カイマン(斧頭会付弁護士)
   ドン・ジーホワ(麺打ち職人)
   シン・ユー(人足)
   チウ・チーリン(仕立屋)
   フォン・ハックオン、ジア・カンシー(古琴殺手組)
   梁小龍ブルース・リャン(火雲邪神)

豪華スター、というのとはちょっと違う顔ぶれ。
冒頭から懐かしさ爆発の世界観。
華やかでヤクザな繁華街と、汚くて喧騒に満ちたボロアパートの対比。
本来は繁華街を牛耳っているはずの黒社會が、ぼろアパートに乗り込んでくる。
手に手に斧を持ち、こわいもの知らずの黒社會、斧頭会の横暴に、弱者であるアパートの住人たちが踏みにじられようとする時。
お約束のように、野にくだっていた功夫の達人が、義に感じて助けにくるのだ!

香港映画で繰り返し演じられてきたストーリーを、さらにベタにこれでもか、と展開する手法は、チャウセンチー監督にはお手のもののはず。
それなのに、これまでになく温もりを感じるのは、たぶん、チャウセンチー自身の郷愁がしっかりと表にでてきているからなんじゃないだろうか。

何もかも、懐かしい。

便利になってしまった代わりに、希薄になった人間関係を懐かしむのは、日本人ばかりでなく香港人も同じだと思う。
「貧しかったけど、楽しかった日々」という意味では、そう、『月夜の願い』の印象にも似ていますね。

数と武器を頼りに圧倒的な破壊力で簡単にぶちのめせると思っていたおんぼろアパートが己の権力に屈しないと見るや、殺し屋を雇う組長、チャン・グォックワン、出世してます。(『少林サッカー』でゴール・キーパーをやっていた人だ。ブルース・リーに似ていると言われた人だ。しかし、オールバックに髭、スーツで踊る組長、ナイスです)
冒頭、睨みを聞かせていた林雪(ラム・シュッ、しかしついつい「はやしゆき」ちゃんと覚えてしまうおっさん。コメディもいけるんですな、と突っこんでしまいたくなるほど、シリアスな作品ばかりみていた。お時間の関係でしょうけれど、冒頭だけで残念~)はあっさり撃退されてしまうのですが、ディン・カイマンがお調子ものの弁護士ってことで、お笑い役続行、がんばっています。

さて、殺し屋を否応なく迎え撃つことになる三人の勇者は、麺打ち職人、人足、仕立屋という、どれも社会の底辺で地道に生きる人々。しかし彼らが功夫を使うことによって、かえって黒社會に目をつけられるから、と、大家夫人は彼らに退去を命じます。
「功夫ができるなら、功夫使ってよそで稼いでおくれっ」
理不尽なこの言い分の裏に、実は悲しい物語があったことは、いずれ語られます。
そして大家夫人のいうがままにアパートを退去しようとしていた三人を襲う琴奏者の二人組。なんと、琴を演じてその音で相手を殺してしまうという、すさまじい暗殺者なのです。
激闘やむなく倒れる三人組を目にして、大家夫婦も目覚めます。
大家夫人の獅子吼によって、さしもの琴奏者たちもノックアウト。
しかし野にくだって功夫を自らに禁じていた大家夫婦は、これが決して勝利ではないことを知っているのでした。

前半、丁寧に描かれる安アパート豚小屋砦(猪籠城寨……九龍城寨のもじりなんでしょうけど、うまいなぁ。そういや『籠民』という映画もありましたね。この手の一部屋アパートのことをいうのかな)こそが、チャウセンチーの描きたかったものなのかしら、と思ってしまうほど。実際、彼が生まれ育った原風景を再現したという話です。

後半、ようやくチンピラのシンの出番です。「異人類研究中心」の地下奥深く捕らえられている「火雲邪神」と呼ばれる男を救い出してくること、それが彼に与えられた使命です。なんせ、ピッキングの名人だから(^_^;)。
なんとか救い出してきたのは、ランニングに短パン、便所ぞうりの、さえないおっさん(ブルース・リャン! 初の悪役!)。己を殺してくれる相手を求めて幾星霜……なのだそうだが、どこか狂っている。狂ってはいるが、自分で自分の頭に銃をつきつけて、その弾丸を指ではさみとる!
うわはは、きましたね~。

そこへ登場する豚小屋砦の大家夫妻・楊過と小龍女。この名前を聞いて胸踊らない金庸ファンはいませんぜ!
火雲邪神との対決は、思わぬ成り行きからチンピラのシンをまきこみ、なぜかシンが目覚めてしまう……このへんがいかにも香港映画。
ラストは目覚めたシンの如来神掌(←知る人ぞ知るっつーか、有名ね)でカタがつくわけで、後半はちょっと、巻いちゃったかなって感じなんですが。

なんていったらいいのかなー。
見慣れたカンフー映画の、あのシーンやこのシーンが、CGで鮮やか合成ってのも、なんだか嬉しいです。
これは『HERO』のあの雨の棋院シーンでも感じたことですけどね。
古い映画の撮影や編集は、どうしても時代に左右されてしまって、古めかしいんだけど、カンフー技そのものや、ストーリーなどは、現代でも通じるわけですよね。
そこを今風にして、でもテイストは昔のものをそのまま、っていう路線。これが案外、盲点だったんじゃないかな。
チャウセンチーが好きで好きでたまらなかった昔のものを、今にもってきても十分に通じるよってことですね。その現代的な味付けをCGがやってくれてるわけです。
あまりCGがうるさくなかったのも、モノホンのカンフー役者たちの肉体が前面にでていたからだろーな。

金像奨の主演女優賞にノミネートされている元秋(ユン・チウ)、28年ぶりの映画カムバックだそうです。全然、ブランクを感じさせない破壊的なまでの演技にどびっくり。
それにしても、羅蘭ローラン姐といい、夏萍ハーピン姐といい、悪役も辞さない女優さんたちはすごいなぁ。
これを機会に、元秋姐が活躍してくれたら、さらに楽しいですねぇ。
   
AD

『恋する惑星』

テーマ:



タイトル: 恋する惑星






原題:重慶森林
英題:CHUNGKING EXPRESS
1994年香港公開。1995年日本公開。
制作:劉鎭偉ジェフ・ラウ
監督:王家衛ウォン・ガーワイ
撮影:杜可風クリストファー・ドイル、劉偉強アンドリュー・ラウ
音楽:陳勲奇フランキー・チェン、ローウェル・A・ガルシア
出演:林青霞ブリジット・リン、梁朝偉トニー・レオン、王菲フェイ・ウォン、金城武、周嘉玲ヴァレリー・チャウ

私が王家衛作品にはまった、記念すべき一作。
とはいえ、前半は必ずしもよく分からなかった。
何しろ当時は、ブリジット・リンという役者を知らなかったのだ。そのうえ、ほぼ全編に渡って金髪ウィッグにサングラスかけたまま。これじゃあ認識しようがない。相方の金城武はパイナップルの缶詰相手にじたばたしているだけの若者(に見えた)だし。
後半、不思議な動きのフェイと、情けなさもここにきわまれりのトニーにいたって、俄然面白くなった。
たぶん、私はフェイ・ウォンという女性が、歌手としても女優としても、とても好きなのだと思う。
まぁほかに映画作品としてみたのは『恋戦沖縄』だけなので、(というか、それ以外の映画作品って『2046』ぐらいか? ちなみにこの新作はまだみていない)判断しようがあるか、と言われると困るが、この一作で完全にそのキュートさにノックアウトされた。
トニーは、とにかく芸達者な人なのだが、この警官ははまり役。情けない男のよく似合う役者は香港に多いのだけど、その中でも群を抜いていると思う。
そしてチャーミング。

前半は九龍半島先端近くのチョンキン・マンションを舞台に、後半はセントラルのサンドイッチ屋を舞台に展開される二組の恋物語(?)は、『天使の涙』を加えた三部作だったらしい。こういう、予定の半分しか一作品に入りませんでしたというのは、王家衛にはよくある話で、『欲望の翼』は『花樣年華』をへて『2046』で完成し、『楽園の瑕』は『大英雄』とセットなのだ。
香港の映画は、観客を飽きさせないために「90分」という尺を要求するということもあるかもしれないけれど、そもそも作品を完成させることに、多大な努力が必要らしい(そして撮影中も編集中も、ころころと方針が変わって、撮り直しは珍しくもないし、大半のフィルムを捨てて、せっかくでたのに画面に出してもらえないかわいそうな役者もいっぱいいる)王家衛であるから、そこにでてくる作品に完成度を求めてはいけないらしい。
いやひとつの作品に、いくつものバージョンがあるという話だし。

そんな中途半端さまでが魅力になってしまう王家衛作品であるからして、そこに魅力を感じられない大半の観客を置き去りにしてしまう。
そもそも娯楽性があまりない(娯楽作品が作れないわけではないと思う。王家衛脚本の娯楽作品って、かなり上質のものが揃っているし、面白いから)というのも、香港映画としてどうよ、とか本国では思われているらしい。
大体、王家衛作品が好きだ、というと、香港映画のディープなファンから、「しょせんガーワイものか」と冷たい目で見られるのがオチ……(笑)。

でも私は王家衛作品がすべて好きというわけでもない。
『ブエノスアイレス』は結局のところ、自分にピンとこないで終わってしまったし、『いますぐ抱きしめたい』や『天使の涙』はいまだ見ていない。
『花樣年華』も最後まで見通せていない。
それなのに、この『恋する惑星』と『楽園の瑕』は、大好きな香港映画ベスト5にはいってしまう。これは困ったことだ。
どうして好きなのか、よく説明できない。

ただ、ほかの王家衛作品を見て、あまり、と思った人も、別の作品を見てみることはお勧めします。かなり印象は違うと思う。

ところで、前半、林青霞も金城も、セリフは北京語だ。
ところが後半、トニーが広東語なのは当然として、フェイが広東語というのは、北京出身の彼女なのに、不思議だったりする。
が、そもそも林青霞は広東語をしゃべらない人で、金城の広東語は途中に電話のセリフがあるけれど、いまいちだったりする。
それに比べると、フェイの広東語は、(やはり北方出身の甘ったるさ……それは劉嘉玲に共通するものだけど……があるけれど)王家衛的にOKだったのだろう。
実際、フェイの広東語は大変に耳に心地よい。ついでにいうと、彼女の広東語のアルバムも相当にいけます。私が北京語より広東語が好きというのもあるけれど、フェイの広東語アルバムは、北京語に比べて遜色ないと思う。広東語でしか聴けない曲もあるし、彼女自身が「広東語で」作詩している曲だってあるのだ。(「討好自己」というこの曲が、また、とても好きなの~)

ちょい役のヴァレリーは、この時期、すごい勢いで露出してきた女優さんで、大変に背が高く、しかも頭のいい(何しろ香港大学出身!)帰国子女(そういう言葉が香港でも通用するのか?)である。しかし『月夜の願い』でも冒頭、トニーにからんでいましたね、この人は。

ところでここまで書いて、全然作品の説明にも紹介にもなっていないことに気づいたのですが、このままアップします。

AD
日本未公開作品
英題:All's Well End's Well(終わりよければすべて良し、って感じかな)
92年香港
制作監督:高志森(クリフトン・コー)


出演(キャスト)
常満:黄百鳴(レイモンド・ウォン)
常歡:周星馳(チャウ・センチー)
常騒:張國榮(レスリー・チャン)
満の奥さん:呉君如(サンドラ・ン)
歡の彼女:張曼玉(マギー・チャン)
騒の彼女:毛舜[竹/均](テレサ・モウ)

お正月映画である
監督のクリフトン・コーは、毎年、お正月の華やかな映画を作ることで有名な人。ほかに、「開心(ハッピー)」シリーズで、美少女を発掘したりもしてる。

この作品、たぶん、内容的に日本で公開されることはないんじゃないかと思う。
それは、途中、周星馳の演じているキャラが、日本的にはいろいろと抵触するような行動をするからだ。

さて物語はというと「常家には三人兄弟がいる。長男には大変賢い嫁さんがいる、次男は典型的なプレイボーイ、三男はというと、ちょいとおかまがかっている。それぞれ性格も違うから、愛情生活もまた、いろいろというわけで……」。

何が面白いといって、三男(周星馳より年下役かよ!)なレスリー・チャン演じる、おかまっぽい夢見る青年。
なんというか、しぐさのひとつひとつが堂に入っていて、それがとても自然で、すごく可愛い。
マギー演じるちょいといかれた女の子にぞっこん惚れた周星馳、鉄砲のような得意のセリフを繰り出すディスク・ジョッキーの役がまた、なかなかサマになっている。
この作品の中で、大変に好きなのは、呉君如である。まぁサンドラらしい大げさな演技もあるけれど、珍しく煮え切らない優しいタイプの女性役で、これが意外なほど嵌まっていて、芸域の広さを思わせる。
元気一杯の毛舜[竹/均](もうもう)も楽しい。モウモウもコメディエンヌなのだけど、サンドラとはかなり系統が違っていて、その比較もまた楽しいのだよ。
マギーは……えぇまだ後年のぶっとんだマギーにまで至ってません。ごく普通の若い女優に見える(笑)。

後半、サンドラが家をでて、カラオケ・バーで働いている時に、客で黄光亮(トミー・ウォン)がやってくる。ふだんはかなり目つきの鋭い、マフィアなあんちゃんなんかをやっているトミー・ウォンが、日本人相手の接待で下手なカラオケ歌うビジネスマンの役で、ちょっと出なんだが、すんごくいい味出してる。

もともとの揉め事は、レイモンド・ウォン演じる長男の浮気から始まるんだけど、調子のいいこの長男を演じているレイモンド・ウォンは、実は映画制作に長いことたずさわっていて、映画界では重鎮なのだ。
クリフトン・コーとはよくつるむらしく、お正月映画の常連である。

それにしても、周星馳と呉君如が出ているのに、二人がからまない話って、珍しいよね。

六人が六人とも、それぞれ主役張って演技ができるタイプなので、掛け合いも素晴らしく、お正月映画らしいおめでたい仕上がりになっている。

このお正月映画というと、1988年の『俺たちは天使じゃない(八星報喜)』が有名かな。チョウ・ユンファとジャッキー・チュン、それに上のレイモンド・ウォンの三兄弟が……という、同じパターンの作品だ。
制作者が全然違うけど『大英雄』もお正月映画。
私の手元には『九星報喜』というのもあるけど、これはずっとあとのお正月映画らしい。これがまた面白い映画でね。そのうち紹介しま~す。