『ヤッターマン』

テーマ:

ちょっと間があいてしまいました

忙しくて映画もみれなかった……って、ちょい恥じかも。

でも、実際にみられなかったんですね、しくしく。


それが偶然ぽっこりあいたところへ、お誘いを受けて、『ヤッターマン』の試写会にでかけてきました。

蓋をあけてみたら、出演者一同舞台挨拶というプレミアで、それはそれは贅沢な試写会でした。

誘ってくれた友人に感謝感激。


さて、わたくし実はアニメの『ヤッターマン』をみたことはありません。

だから、特に思い入れもなくみたのですが、なんか妙に面白かった。

こういう言いかたは失礼かもしれないんですが、アニメ的なギャグをそのまま実写にしたら、ふつー、つまんないと思うんですよ。

それが、つまんなくない!

むしろ、「実写にしたんだ、どうだ!」という監督の思い入れが随所にあらわれていて、世界が広がった感じでした。


特に細かいところまで造形にこだわっていて、ヤッターワンやヤッターキングなどのメカ類もCGではなく小道具で作ってみせるというこだわり。

そのヤッターワンにのって出動するヤッターマン1号と2号の出撃シーンなども、アニメそのままに作っているのだそうですけど、それがまた、すごくかっこいい。

主役の二人、嵐の櫻井翔くんと福田沙紀ちゃんが、半端ないいれこみようで、みていて気持ちよかったです。


わたしのお目当ては、実はドロンジョさまの深田恭子さんでした。

深キョン、さいこ~\(^o^)/。

いや、あのセクシーなお姿もさることながら、あのお衣裳で、アニメまんまの滑稽な踊りを、見事に演じているんですよね~。すんばらしい。

コメディというよりもギャグなんですが、それを真剣に演じていて、だからこそ、ギャグが際立つというか、とにかくたのしかったのです。


そして、ボヤッキーの生瀬勝久さん。

ここまでやってくれて、ありがとう、といいたいぐらいの演技。

なんかもー、この演技がみられただけでも、でかけていった甲斐がありました。

つーか、もう一度みたいぐらい。

迫真の演技でしたよ。


トンズラーのケンドーコバヤシさん。

生瀬さんとのからみ、深キョンと三人のからみ、すごく呼吸を読みまくった演技で、ボヤッキーへの愛がすばらしかったです。


それとオリジナルキャラの翔子ちゃんを演じた岡本杏里ちゃん。

蒼井優ちゃんを彷彿とさせる憂いを帯びた美少女で、美しいあんよを惜しげもなくさらけだし、実に好演でした。

先が楽しみです。


そんなこんなであっというまの二時間。

本公開ではこれに、あっとオドロクおまけ映像がつくようです。どきどき。

また見に行っちゃいそう。


でもまだ、『レッドクリフ』もアンディ・ラウの三国志も見に行けてないのです。

ぐすぐす。

そしてまた、忙しい日々が復活しそうなので、またぞろ、しばらく見に行けないのかも。

ほんと、ぽかんとあいた日に、運よく試写会でよかった~。

AD