ちょっと待て!な映画ネタ

テーマ:

ひさしぶりに、映画ネタです。このところ、くちこみネタばっかりだったもんなぁ。


その1は、アレですよ。ジェイ・チョウがまともにコン・リーの胸を見られなかったと発言した『満城盡帶黄金甲』の邦題が『王妃の紋章』と決まったこと。

いや、なにがどうということはないんだけど、でもその題名はどうよ、と突っ込みたくなりませんか?

……「ゴールデン・ヘルメット」よりはましか?

たしか舞台は戦国時代の中山王国で、背景がきちんとしていたら、相当に面白そうだと思っていたんですが、そこはチャン・イーモウ、歴史的な考証は二の次っぽいです……ぐすん。

中山国が遊牧民族国家としてきちんと描かれている……なんてことは、まちがっても期待しちゃいけなさそうです(をい。

それはさておいても、コン・リーが絶賛したというジェイ・チョウの演技はみたいと思っていたので、ちゃんと日本で公開されるのは嬉しいなぁ。

ジェイはとにかく『イニシャルD』でぶったまげて以来のファンなので、作品はぜひともみたいですよ。


そして、チョウ・ユンファつながり(ってか、『満城~』のネタだしながら、發仔について言及しないのはどうかと思ったが)で、実写版ドラゴンボールの話。

亀仙人に發仔が決まったと聞いて、どっひゃーという声があちこちからあがっているのも、故無きことではないとおもいます。

まぁねぇ、もう、海賊映画における發仔の扱いからして、どうしてくれよう、ですからねぇ。

ほんと、よりにもよって亀仙人ですか?とは思うんだけど。

こう、キャスティングをみると。

韓国人も一人いれてみた、日本人も一人いれてみた、だから中国人も一人いれないとまずいよね。

とりあえずハリウッドで……こんなネタでジェット・リーが脇役にでてくれるわけはないから……チョウ・ユンファ。

そういう展開で決まったっぽい気がひしひししますよ。

それにしても、武術指導は誰がするんだろう?

一応、チャウ・センチーがプロデューサーにはいるってことになっているわけですが。

『カンフー・ハッスル』のハリウッド版を作る……というわけでもなかろうけれど。

發仔の熱烈ファンには申し訳ないけれど、わたしは彼が、女とみたら鼻の下のばしてデレデレしたり、大笑いしてカメハメ波飛ばしたりするシーンをぜひともみたいです。

コメディ役者としての發仔がとても好きなの。あの『タイガー・オン・ザ・ビート』の、生卵飲むシーンとかね。

情けない發仔も大変に好きです。なので、亀仙人でもこの際許す(をい。

……少なくとも海賊映画よりはましな気がする……。

AD

ブログネタ:どこのフライドポテトが好き? 参加中

その昔、屋台でフライドポテトを作るバイトをしたことがあります。
えぇ、粉を練り練りして、ところてんのように押し出して、油に落として揚げるんです。
まぁ、屋台のそれですから、油の質も悪いし、匂いでおかしくなりそうで、それもあって、ファーストフードでフライドポテト食べるってことが、全然まったくできなくなりました……がっくし。

あの手のフライドポテトって、いったん粉状にしたじゃがいも粉末を練って作るので、なんかちがうんじゃないかという気もしますが、そこがまた秘伝なんでしょうな。

そして最近は、自家製のフライドポテトに凝ってます。
これは簡単。
じゃがいもを適当な大きさに切って、電子レンジでチンします。皿に並べて少し水分を補って、表2分、裏2分。
そのあと、フライパンにオリーブオイルを、炒めるより少し多めにいれて、弱火にして、じゃがいもを両面ゆっくり焼きます。
仕上がりに岩塩をぱらぱらふります。
あ~ら不思議。世にも美味しいフライドポテトのできあがり。

じゃがいもは、きたあかりがいいとか言いますが、わたしはあまり品種にこだわりません。男爵でもなんでも、美味しくいけます。
オリーブオイルを使うのは、まぁ、単純に、自宅で料理するときに、オリーブオイルをメインに使っているから、なんですけど、ごま油使ってみたらどうなるか、試してみたいかも。
岩塩は……趣味です。味わいが深くなる感じ。

そんなわけで、フライドポテトはきちんとじゃがいもを切って作ったものがいいです。
ファーストフードの粉から練り練り(いまはもうそうじゃないかもしれないけど)はごめんこうむる。

AD

ブログネタ:今までもらった高額なプレゼントは?

そもそもあまりプレゼントもらわないのは、あまりさしあげないからだと思います。

面倒なんだ、考えるのが。

もらっても、さてお返しどうしようって悩んでしまうタチだし。

そんなわけで、まぁ、夫からもらったプレゼントあたりが妥当ですな。でも、服ばっかり。

バーバリのウールのコート(実に綺麗なオレンジピンク。バーバリにしては珍しい、生地はイタリア製)と、フェラガモのニットのスーツ(これは少し地味めな赤系)。

これ、どちらも現役です。重宝してます。

……金額は、イギリスと香港で買ったから、そこそこ。でも我が家的にはかなりの高額。日本で買ったら……いや、きっと買えませんね。そもそも日本にはいってくるタイプじゃないと思うし。

そんなわけで、いろいろな意味で高価なプレゼントなのは、旅行つきだからですな♪

AD