ホッと一息

テーマ:

ニュースで、發哥が香港の夜市に現れたと報道されました。


http://www.recordchina.co.jp/group/g7432.html


「批判などどこ吹く風」は余計だと思う(-_-;)けれど、元気そうでホッとしました。

テレンス・チャンが發哥批判の片棒担がされる(といっても、本人も不本意なんじゃないかと思いますが)状況で、報道は一貫して發哥が悪いみたいな書き方で、おいおいって思っていたのです。


そもそもの発端はどうやら、『満城盡黄金甲』が終わったあと、『赤壁』制作者(これがだれのことを指すのか、よくわからないけれど、ジョン・ウー監督とプロデューサーのテレンス・チャンではなく、どうも投資家集団ないしそのトップのようですね)が、チョウ・ユンファサイドと契約を結べなかったということらしいのです。

この契約は、『満城~』の時には問題なく結べたし、ピーター・チャンもジェット・リーとの契約が似た様なものだったよとコメントしていますから、結ぼうと思えば結べないシロモノではないはずです。というか、チョウ・ユンファ側は契約が結ばれてはじめて、仕事にはいるということになっていたと思います。というか、ハリウッドの俳優は例外なく俳優組合にはいっていて、一定の契約とか決まってますから、それ抜きで撮影にはいってしまったら、彼自身が俳優組合から追い出されてしまいますよね。そうなったらもうハリウッドでは仕事できないわけですから。

ところが制作者サイドのアメリカの保険会社が、チョウ・ユンファサイドと契約が結べないと言ったらしいんですね。

この「アメリカの保険会社」というものがよくわからないわけですが、ほかの保険会社とはふつうに契約を結んでチョウ・ユンファがこれまでにも大陸で仕事をしている以上、問題のありかはチョウ・ユンファ側ではなく制作者サイドの保険会社にあることは、なんとなく見えてくると思います。

それなのに「ネチズンはチョウ・ユンファが周瑜役には年がいきすぎているといっている」というのは、どうにもこうにも的がはずれているというか、こんなことテレンス・チャンに言わせなくちゃならない状況というのが、おいおいな感じなのですよね。


ところが、チョウ・ユンファより前に脚本が理由で諸葛孔明役を降りたトニー・レオンが、「それならおれが」と名乗りをあげて、どうやら周瑜役になりそうな予想になってきました。トニー・レオンには、ジョン・ウーがラヴ・コールをかけたようなのですが、諸葛孔明はダメで周瑜ならイイというのもよくわかりませんが、とにかく、主役が決まらないことには撮れないわけですから、トニー・レオン偉い!と思うわけです。

で、トニーが降りた諸葛孔明には、さきに金城武が決まっていたわけですが、ここで、台湾のほうでは、金城主役で撮ろうとしていた孫文映画が宙に浮いちゃったらしいんです。

で、いきなり、「孫文は英語をしゃべるシーンが多いから、英語の流暢なチョウ・ユンファでなければ」とチョウ・ユンファにオファーを差し出したそうで。

これをチョウ・ユンファ側が受けるかどうかはとにかくとして、なんだか前代未聞の三者トレードとなる模様です。


いや、正直な話、もちろん、ジョン・ウーで『赤壁』はとてもみたいのだけれど、チョウ・ユンファの周瑜よりは、チョウ・ユンファの孫文のほうを見たいと思うわたくしでした。

この顛末がどう転がっても、役者にとっても監督にとっても観客にとっても、よりよい結果になってくれることを切望してやみません。

AD

トニーの降板で、あれれ?と思っていたら、こんどはどうもチョウ・ユンファが赤壁から降りた(降ろされた?)ようです。

制作側は、ユンファが多額の金を要求したとか、無礼なことがあったとか、いろいろいってますが、「周瑜の年齢にあわない」って、クランクイン目前にしたいまごろに、三大宗罪とか並べるネタじゃない気がします。ましてや、金城武(トニーのあとの諸葛孔明役)に嫉妬してるってネタは、あまりにもお下劣すぎる……いやまぁ、中華系の新聞の芸能欄はいつだってそうなんですが、なんだかなぁ。

あれ?それとももうクランクインしたの?

たしか最初は三月末クランクインとかいってたんですよね……。


そもそもこれは、周潤發で赤壁、という話だったと思っていました。なにがなんでも呉宇森が周潤發で撮りたいのだと。

ここしばらく本拠地をハリウッドにおいて活動している周潤發ですから、制作も含めてハリウッド的であることは当然であって、そういう問題がいまさら飛び出すなら、なぜ、周潤發で赤壁なのでしょう。

それに、周潤發が周瑜っていう配役だって、当初からすでに年齢的にどうよって言われていたわけだし、直前の『黄金甲』だって、いい年したおぢさんの役です。だから、劉備だ曹操だって言われるならわかるけど、周瑜はどうよってのは、もういまになっていうようなことではないはず。


周潤發側の問題点というのは、結局、脚本が遅いの一言につきるようなのです。

制作も二部作に変わって、より拘束時間がのびたのも飲んだのだ、といってます。金額に関しては、減額すら飲んだ、と。

でも、何度も書き直していると言われていく脚本が、ハリウッド的感覚でいうところの、役者の手許に届くべき時間までに到着しないというのは、母国語でない北京語での演技を要求されている周潤發には大変なことなのだ、と。

これはトニーも同じことをいってましたね。

なんとなく、期せずして、脚本まわりのゴタゴタが主な理由のような気がしてきましたよ。


たしかに香港の映画界っていうのは、演技する前に、ぴらっと紙一枚渡されて、それでアドリブで演技なんてのもあるわけだし、監督から口伝えにその場でセリフあてられてがんがんやってくシステムも健在のようです。

演技つけることについては定評のある呉宇森だから、現場でどうにかしてやるぜという意気込みなのかもしれない。

でも、周潤發より前にすでにトニーが降板していた時の説明からしても、役者の側はそういうスタンスではない。

古典であること、古装であること、北京語のセリフであること、特に朗々たる台詞回し(これはおそらく、京劇的という意味じゃないかと邪推)を必要とすること。

したがって、演技の前にまずセリフがすべて入っていないと……とトニーが渋った一件がよみがえるわけです。

彼我の撮影システム云々からいったら、トニーはいまだハリウッドに進出しているわけではなく、香港スタンスの役者なわけですから、そのトニーがさきにギブアップしたものを、ここへきてユンファもとうとう……というほうがふつうな気がするな。

それに対して、やれ、年があわないの、報酬の要求が高額すぎるだのって、制作サイドが遠吠えしているような気がするんですが、トニーと違ってユンファの時にはここまで詰るということは、まだほかにも何かあるのかなぁ。


別に周瑜でなくてもいいから、赤壁っていう映画の枠の中でユンファをみたいという気持ちは満々なのです。

泣き虫劉備なんて、ほんとーにユンファが演じたら面白いに違いない(とはいえ、ジョン・ウーはそんな劉備を撮る気はないだろーけど)。

年齢にあわない周瑜でって言い出したのはユンファだとは思えないし、そもそもユンファ夫妻が無礼だなんていう報道、これまで聞いているお二人の人柄からは信じられません。

う~~~~~ん。

もう完全に決まっちゃったことなのかしら?(; ;)

AD

失業続きのラリーがようやくついたのは、博物館の夜警の仕事。これがもう、居つかなくってね、といわれるゆえんは……?

ベン・スティラー主演の楽しい楽しいコメディ映画であります。


アメリカには、スタンダップ・コメディというジャンルがあって、これはまぁ、一人漫才というのかしら。そこで修行してコメディアンになるというケースが多いらしいです。

この『ナイト・ミュージアム』には、そんな形でスタンダップ・コメディアンとして名前をなしてコメディ俳優としても評価の高い、あんな人やこんな人がぼこぼこ出ていて、これがまた面白いんですね。


私はベン・スティラーをはじめてみるのですが、この人がシリアスやったら、はまりすぎるだろー的な顔なのに、なぜかコメディなんだなー。これはもう彼のお家芸のようなものらしく、両親がそろってコメディ役者なのですね。ママはこの映画にも出てます。


もとネタは、ミラン・トレンクの『夜の博物館』(講談社からでているけど、現在、入手できないみたいです)、博物館の夜、恐竜が展示されていたはずの場所には骨が一本あるだけ……という出だしだそうですから、もう作風からしてちがっていますけど、これも読んでみたいな~。原作ってことで復刊しないかしら~。


私個人がとても面白かったのは、セオドア・ルーズベルト。なんか見覚えあるなぁと思ったら、ロビン・ウィリアムズでした。あの『グッドモーニング・ベトナム』のマシンガン・トークなDJです。なるほど、あれがスタンダップ・コメディなのね、と納得。


それから、ラリー(ベン・スティラー)の先輩となる三人の年寄り夜警役は、どうやら往年のコメディ役者らしく、お年寄りがみても懐かしい仕立てになってます。


そのうえ筋立ては、失業ばっかりしてどうにも困ったパパと、いかにもこういうパパにはこういう子だねぇという、ちょっと気がききすぎて頭もよすぎて、でもパパにいいとこみせてほしいなぁな息子との、信頼復活ストーリーなのですね。

いや、しかし信頼復活のために、博物館の夜はむちゃくちゃだよ……(^_^;)。

しかも雪降るニューヨークに博物館の住人が逃げ出して、しっちゃかめっちゃかやったのがニュースになって……それが話題になって客がいっぱいはいってきたから、それでいいんですか?という突っ込みはあるんですが。


まぁ、楽しいからいいんじゃないですか♪

ミニチュアサイズなら、骨をおっかけるティラノなレックス君、ペットに欲しいとこですね~。あの大きさじゃ、自分ちにはいらないけどねっ。


出演:ベン・スティラー、ロビン・ウィリアムズ、カーラ・グギーノ、ディック・ヴァン・ダイク、ミッキー・ルーニー、ビル・コップス。ほかにオーエン・ウィルソンがノー・クレジットででています。

監督はショーン・レヴィ。

AD