『李克勤演奏廳II』

テーマ:

映画ブログではありますが、大変に映像が浮かんできそうな香港ポップスを紹介します。

ハッケン・リーというのは、日本ではまだあまり知られていないと思いますが、実力派のお一人です。

といっても私も実はハッケン・リーを聴くのははじめてなのです。このアルバムが香港のいろいろな街の情景をうたった連作のような作品だと聴いたので、香港に旅行にいったお友だちに頼んで買ってきてもらいました。


いや~、香港ポップスなんですが、いかにも香港テイストなメロディ・ラインなんですが、ハープとバンドネオンの味付けで不思議なできあがりです。

とにかくハッケン・リーのソフトボイスがものすごく生きる選曲で、しかも歌詞がすごくいい! 中文がいい加減にしか分からないので翻訳はできないんですが、なんというか、香港の町々の情景が浮かんでくるようなそんな作品です。


2006年といいますから、昨年でたばかりですね。それにしても、CDと同じだけ、いや、それ以上を収録したDVDがおまけについていて、ジェイ・チョウの影響かしら? まだDVDのほうを見れてないんですが、二倍楽しめる作りです。


あと、収録はソウルのコンサート・ホールって書いてあるんですよ。でも、コンサートではなく、コンサート・ホールを使ったスタジオ録音(?)みたいな感じです。たぶん、コンサート・ホールの反響をうまく使っているんでしょうね。バックにオケもはいっているし。

バンドネオンのはいったラテンな味付けの楽曲が面白いです。

そして、ハープの伴奏で囁くようなハッケン・リーの、こう、綿あめのようなソフトで甘い声を堪能してください。

AD

あいやー>トニー降板

テーマ:

毎度「赤壁」の続報ですみません。

当初っから諸葛孔明に内定していた(というのだろうか?)トニー・レオンが、クランク・インを直前にしたこの期に及んで降板だという情報がはいってきましたよ。

毎回、nancixさんとこにお世話になるんですが、ほんとーのほんとーらしい(T_T)。


いや、そりゃね。

諸葛孔明は背が高いだろーっつー突っ込みがあったのは知っておりますよ。

でも、チャウ・センチーも諸葛孔明やりたがっていたし(夕張映画祭でそんな話って、どこかでうかがった気がしますよ)小柄な諸葛孔明が悪いとは思えない。撮りかただってあるだろうしさ。

何より、わたしはトニーの演技の幅の広さが好きなので、こーんな諸葛孔明やあーんな諸葛孔明や、いろいろ想像できて、それだけでもたのしかったんですが。

金城くんかー。

いや、ガムセン・モウはなかなか面白い役者だと思いますが。

周瑜も若い役者なら、大変に面白いと言い切れるんですが、周瑜が發仔で、孔明にガムセンモウって、わたしの感触としては、かなりバランス悪い感じがあります。

いや、もちろん、若くして死んだ周瑜をチョウ・ユンファですかっつー突っ込みも、存じあげておりますけどね。


「赤壁」といいつつ二部作になって、周瑜と諸葛亮との対決をメインに、前後の戦をいくつも描くつもりらしく、そりゃぁ長丁場にもなりやしょう。

さきにスケジュール決まったものがはいっているから、無理だよ~んというのは分かります。

てか、二部作だって決まったの、かなり直前でしたよね。

脚本書き直しているうちに、どんどんふくらんじゃって、一作じゃおさまらなくなったってーんだろうけど。

そりゃぁ役者のほうも、「予定と違うじゃん」といいたくなるだろーし。

役者個人がやりたいと思っても、所属事務所の思惑もあるだろうし。


ま、それはさておいて。

ここはひとつ、チョウ・ユンファに劉備をふって、周瑜に若い役者連れてくるなんてこと、できませんかね?(^_^;)

どうしても、ジョン・ウーは、映画の中でチョウ・ユンファを死なせたいのかね?(←ジョン・ウー作品におけるチョウ・ユンファの役柄の死亡率の高さからの、わが家の意見)

ニコラス・ツェの周瑜なんか、みてみたいんですけど~。


AD