友人が試写会あたったけど一緒にいく~?と誘ってくれたので、見てきましたよ。


監督はジェイコブ・チャン。主演がアンディ・ラウ。さらに韓国の俳優や中国本土の俳優、台湾の女優なんかも混じって、香港の俳優はアンディ一人かと思ったら、ティミー・ホン(サモハン・キンポウの息子)がでていました。


さて、物語の原作は日本の漫画です。

この漫画には、実は小説の原作があって、これが『後宮小説』を書いた酒見賢一さんなんだけど、漫画のほうの『墨攻』は小説版とはかなりちがうらしいです。


物語は戦国時代末。戦国時代といっても日本の戦国時代じゃなくて中国の戦国時代ですから、紀元前のお話です。

そのころ、群雄割拠していて、城塞都市がひとつの国家みたいな状態だったわけですが、弱小国の梁は、大国趙(これって、『HERO』で秦国に滅ぼされた国ですよね~)の大軍に押し寄せられ、このまま降るか、それとも籠城するかで悩んでいます。

たとえ降伏したところで、王族ばかりか臣民にいたるまで、殺されるか奴隷にされるか、いずれにしても今までの生活は保証されないので、悩むわけです。とはいえ、あまりに戦力に差がありすぎて戦ってもどうにもならないっぽい。

唯一の頼みが、墨家というわけです。墨子の思想のもとに集まったこの集団は、どうもこうした都市国家同士の戦いにでかけていく助っ人というか傭兵みたいな存在だったらしく、墨家の助けがあれば……ってことですね。

ところがやってきたのは、たった一人の墨家、革離(アンディ・ラウ)だけ。これには梁王(ワン・チーウェン)も王子(チェ・シウォン)も唖然。

実は墨家は梁国を見限って仲間を送らないと決めていたのに、それは信義に反するといって、革離一人でやってきたわけです。

で、紆余曲折はあったものの、とりあえず梁王が革離に軍事をまかせて、その天才的な軍事力で10万の大勢を相手にするわけですが……。


帰宅してから相方に原作の話を聞いたところ、もう少し原作の部分を取り入れたほうが話が分かりやすいよなぁと思いました。

まぁ、主人公を英雄にせざるを得ない部分はあるのかもしれないけど、梁王を気まぐれでやる気のない王さまに改変する必要がどこにあったのだろうかと。

そもそもあんな王さまでは、城下の臣民が従うわけもなく、そもそも籠城もできるわけないだろうと小一時間……。


趙国の大軍を率いる将軍を、アン・ソンギという韓国の俳優さんがやってるんですが、このじーさんがかっこいい。

ただ、彼の立ち位置がわかりづらいんで、なんでそこで我を通しちゃうのか、いまいちわかんないんですね……。


ファン・ビンビンちゃん、紅一点でがんばっているけど、いや、あの、鎧つけたまま水に落ちたら、たとえ泳げても助からないから……。

じゃなくって。

いや~、最後どうなるかと思ったら、それですか……。


全体的に、夜間の戦闘シーンが多く、どっちがどっちかわからないのも困りました。

せめて色分けしてくれないかな……って、それはそれでちがうのかしら(^_^;)。


墨家は頭を角刈りにして、冠もつけず、裸足だ、ということで、アンディもそういう格好なんですが、それが王侯貴族にとっては信頼に足る姿ではないんですね。

そのあたり、もう少し説明してくれたらよかったのになー。


あと、原作では革離はとーーっても頑固な人なんだそうですが、映画だとそのへんの頑固さが中途半端な感じもしました。

なんのために墨家の理想に殉じる(結局はそういうストーリーだと思うのだけど)のか、こう見えてこないというかね。

原作ですと、彼が墨家の中でも浮いた存在で、だから余計に頑固に一人で守りに来ちゃうらしいんですけど……。

そういう話にはできなかったんだろうなぁ。


アンディが渋くていい男です。

あと、趙軍の穴掘り奴隷で革離に助けられた背の高い男が、気になります。彼は誰?

それと、ティミー・ホンがでていたらしいんですが、わたしはいつもティミーを見分けられません……(; ;)。子団という弓の名手の武将かなぁと思ったら、こちらは呉奇隆君だったようですね~。

アン・ソンギ演じる将軍配下の武将だったようですが……。

なんとなく、この世界が『HERO』につながるんだなぁと思いながら見ていました。

時代からいっても、戦国末期のあとが、秦の始皇帝の統一ですものね。

漫画の『墨攻』では、革離はこのあと、秦の始皇帝に挑みにいくらしいです。

続編、ありますか?

AD