アーロン・コックが惜しくも金像奨を逃したものの、金馬奨を取った作品のようです。

なんといっても監督はベニー・チャン(陳木勝)です。

この監督、『特警新人類~ジェネックス・コップ』でおなじみと思いますが、私にとっては、『衝鋒隊之怒火街頭』の監督として脳裏に刻み込まれております。と思ったら、彼はこの『怒火街頭』で金像奨の監督賞を受賞しているのですね。なのになんで公開されない……主役が濃すぎる劉青雲のせいなのか、小春がまじめすぎる役柄のせいなのか、はたまた敵の于栄光+黄秋生コンビがこわすぎるのか……。


それはさておき、原題『三岔口』の『ディバージェンス』が日本でお目見えとは嬉しいかぎりです。

私は役者としてのアーロン・コックを相当に買っております。もちろん歌手が本業だし、映像作品が少ないのは致し方ないのだけれど、なんとなく、ジャッキー・チョンやアンディ・ラウと比べて評価が低い気がする……もちろんジャッキー・チョンのあっぱれ役者っぷりには脱帽ですが、アーロンも負けないと思うけどなぁ。

あぁ、せっかく紀香ちゃんと共演した『SPY N』も、いまいち評価されてないみたいで残念です。まぁ、私自身はコメディ演技のアーロンよりシリアス演技のアーロンを買いますが。でも『小親親』のアーロンも素敵だったんだけどなぁ。


そんなわけで、シリアスなアーロン、それも刑事! ベニー・チャン監督ってことで、どうみても「やりすぎポリスメン」路線(笑)。これはもう、期待しないわけにはいきません。

それと、風雲でアーロンとコンビを組んだイーキン・チェンが冷徹そうな弁護士役。スチール写真をみるだけでぞくぞくきます。う~、イーキンにこれほど燃えるのははじめてのことだ、ごめんよイーキン。これまで君のことをあまり評価してなくって。

殺し屋ひこそ(ダニエル・ウーこと呉彦祖を、こっそりこう呼ぶ)は、いかにも、彦祖らしいキャラクターのようですな。


脇を固めるのは、ベテラン中のベテラン、エリック・ツァンにロー・ガーリョン、ほかに『ジェネックス・コップ』(というより、『香港製造』というべきか)のサム・リーもでているようです。

サム・リーといえば、李Sir作品の『四人幇』にでていて、いかにもサム・リーで、これがなかなかよかったんですけど、かなり曲者な役者として期待しております。


てなわけで、なんとかして見に行かなくは……

公式サイトはこちら

シネマート六本木か……。

AD

ダニー・リーの新作テレビ劇

テーマ:

北京での放映といいますから、国語劇ですね。



李Sir電子劇


なんと、古装で、しかもコメディだそうです。

題名は『皇上二大爺』で、「碩二爺」という、あちらでは有名な説話をもとに作られたものらしいです。

李Sirのやくどころは、この二大爺(たぶん、皇帝の伯父さんってことらしい……)のうちの一人ということで主役っぽいですね。

お相手(いや、ちがう、左側にいる人です)は王剛。なんとなく、コメディっぽい印象でしょう?


私は『悪漢探偵5』や『奪舎』におけるダニー・リーのコメディ演義を高く評価しておりますので、この古装コメディ、なんとしても見たい!

そのうち、香港でDVD売られるかしら♪

AD

第二十五回香港金像奨

テーマ:

主演男優賞は『黒社會』の梁家輝(レオン・カーフェイ)に。

主演女優賞は『如果・愛』の周迅に。

作品賞と監督賞は『黒社會』に。

助演男優賞は『頭文字D』の黄秋生(アンソニー・ウォン)に。

助演男優賞は『早熟』の毛舜[竹/均](テレサ・モウ)に。

そして新人賞は『頭文字D』の周杰倫(ジェイ・チョウ)に。


ジェイ・チョウ&李Sir

そして、新人賞のプレゼンテーターは、李修賢(ダニー・リー)と羅蘭(ロー・ラン)でした~。


いや~、李Sirとジェイのツーショット(をい)が見られるとは思いもしませんでしたわ。眼福眼福。

AD