11月に横浜市で開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に備え、警視庁は16日、JR東京駅で爆発物処理訓練をした。首都玄関口でのテロ想定に、駅員や警備員らも参加して真剣に取り組んだ。
 訓練は、午前10時ごろに「周辺に複数の爆弾を仕掛けた」との110番があり、前日には新宿区内で爆発物が見つかる連続テロを想定した。
 駅地下1階の京葉線改札付近では、通勤客らが出入りする中、丸の内署員や駅員らが周辺を捜索。不審な紙袋を見つけ、機動隊の爆発物処理班が対処した。
 直後には、地上の東京国際フォーラム広場でも不審なバッグを発見し、処理班がX線検査でリード線や乾電池を確認。小型機械でバッグを持ち上げ、処理車両に回収した。
 丸の内署の山崎暁署長は参加者に「APECに伴い、不審物処理は増えてくる。いかに避難させ、処理するかが重要だ」と呼び掛けた。 

【関連ニュース】
裁判員対象除外を申請=暴力団幹部の爆発物事件
日本人ジャーナリストが死亡=デモ隊強制排除で治安部隊と衝突-9人犠牲・タイ
ビジネス用小型機の利用促進=羽田で10月に規制緩和へ
「サミット以上に厳しい警備」=APEC対策委で副総監
手配写真を更新=日本赤軍メンバー

「首相は統治能力欠如」と自民総裁=無党派層の動向注視-時事世論調査(時事通信)
「ドミノなかった」離党4人で自民に安堵の声(読売新聞)
My Little Loverが雑誌サイズシングル&ベストアルバム発売
<茨城信者に性的暴行>牧師が起訴内容を全面否認(毎日新聞)
医学部などの新設、意見集約できず-全自病(医療介護CBニュース)
AD