こんにちは!
行政書士の木村浩康です。

急にさむくなりました。
そしてもうすぐ年末、、、(汗)

そんな中、今回のトピックスも、
夫の浮気に関するお話です。メラメラ

席を外した夫のスマホが鳴り、
何気なくそのスマホを手に取ると、




「今すぐ逢いたい。。。ラブレター
 



・・・ ( ̄□ ̄;)!! DASH!

 

絶対に許せない~ メラメラ

 

 

人の夫にそんなメールを平気で送るなど

許せるものではございませんが、

 

そんなメールでも不法行為となるかどうか、

慰謝料請求できるかどうかが気になります。

 

この点、東京地裁は、

このようなメールは性交渉の存在自体を

直接推認するものではないものの、

メールの相手が夫に好意を抱いており、

妻の知らぬ間の密会を示唆するばかりか、

 

2人が身体的な接触をも持っているような

印象を与えるものであり、

 

このメールを妻が読んだ場合には、
婚姻生活の平穏を害するものというべき!

 

と判示して不法行為を成立を認めました。
(東京地裁平成24年11月28日判決)

・・・ ひらめき電球

 

不倫相手に慰謝料請求する場合、

肉体関係までは必要とされていません。

婚姻生活の平穏が害されれば、
慰謝料請求は可能です。

不倫の証拠がそのようなメールだけでも、
あきらめるのはまだ早い~!

バッチリ責任を取ってもらいましょう!



〒720-2124

広島県福山市神辺町川南419-1

      レイクタワービル503

離婚相談&不倫相談
木村法務行政書士事務所

お電話 084-963-2351

 

事務所のホームページはこちら!