神戸市のホームズスタジアム神戸で7日にあったサッカーJ1、ヴィッセル神戸対京都サンガ戦で、応援の振動を電力に変える「床発電システム」が試みられた。

 神戸側ゴール裏の12席で、サポーターの足元にそれぞれ40センチ四方の発電シートを設置。試合中、跳ねるなどの熱烈な応援で生じた電気を蓄積し、専用の掲示板に表示した。

 発電量は一般家庭の1日の使用量を少し下回る8400ワット。今後、売店などで利用する。サポーターは「力強い応援は試合の盛り上げだけでなく、エコにもつながる」。【米山淳】

【関連ニュース】
手作り太陽光発電を贈ろう ナイジェリア大使も視察
太陽電池:変換効率の向上競争激しく
甲子園球場:「銀傘」に太陽電池パネル設置 エコ球場へ
ソーラー飛行機:2年後に世界一周に出発 スイス人が挑戦
エネルギーの優等生ではあるけれど・・風力発電を建てる前に

風船が一瞬で破裂…出回る違法「レーザーポインター」 (産経新聞)
濃霧でも離発着可能へ、羽田の誘導装置精度アップ(読売新聞)
体長7センチ!度胸試し? 90種を一堂に「ゴキブリ展」(産経新聞)
自宅に放火、母親を殺害容疑で男を逮捕 父親の葬式めぐりトラブルか(産経新聞)
体長7センチ!度胸試し? 90種を一堂に「ゴキブリ展」(産経新聞)
AD