刊行書籍100%増刷、すべて1万部突破のClover出版会長&『9つの質問』コンサルタント 小川泰史

Clover出版、会長、また合同会社The Agent代表の小川泰史の公式アカウント。出版事業とプロデュース、販促プロデュースのエキスパート。また、問題解決のプロ、本田技研工業、公認書籍『9つの質問』コンサルタントとして多岐に渡る事業を行っております。

<最近の情報>

HONDAの技術革新を支えた
“超”目標達成法 「9つの質問」

がおかげさまで好調です!

HONDAの技術革新を支えた?超?目標達成法「9つの質問」




4/21 東洋経済に掲載されました!
4/21 Yahooニュースに掲載されました!
4/24 本のソムリエさんに「92点」の高評価!

4/28 3刷達成!大増刷 Amazon2部門1位!72時間連続キープ


テーマ:


皆様のおかげさまで、拙著『9つの質問』が増刷からの3刷目が刷り上がってきました。帯を大幅変更し本来の姿である問題解決のイメージを強調しました。刊行元の産学社様ありがとうございます。


私がなぜ著者であり続けるか、自分のClover出版でなく、他の出版社で出すことにこだわるのかというとやはり著者の気持ちがわかる出版社であり続けた いからです。やはり著者様への対応もこれまでの出版業界のように上から目線であったり、ルーズすぎる対応ではいけないと感じています。(すべての出版社が そうというわけではないです)

著者さんが「Cloverから本を出して本当によかった」と感じてくれたら、こちらが著者を探さずともみなさんの紹介でどんどん良いコンテンツをもってい て、人間的にも素敵な著者様との出会いが増えます。編集の小田の本作りがうまいことももちろんですが、著者をできるだけ大切にしていることが、だからこそ 弊社は100%重版、すべて1万部を突破できている理由でもあるのだと思います。

出版社は著者をないがしろにしすぎだと私は思うことがあります。売れればヒーロー、売れなければゴミ扱い。それは商業ですから仕方のない基準は確かにあり ますが、どれだけ著者が頑張っても台無しにしてしまうようなオペレーションも見受けられます。機会損失をしているだけだと感じることがあります。売れない 原因は著者ばかりにあるわけではありません。出版社も自力で売れる仕組みや力を身につけなければならない時代を迎えていると思うのです。

著者であり続けることは、常に現場を知ることになります。だからこそ、経営にも活かせることがあると思っています。自分が著者であると、もどかしい思いをたくさんします。しかし、それを活かしてよい出版社にしていきたいものです。

個の小川泰史として、そして、Clover出版の経営陣として、ちいさくても出版業界に影響のある存在でいたいと思っています。

みなさまの支えのおかげです。感謝!

AD
いいね!(34)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

齋藤ひとりさんに質問できる!

只今より累計納税額日本一の斎藤一人さんが
書いた誰でも必ずなれる“お金持ち”のすすめ!

『お金の真理』大富豪が教える
「お金に好かれる5つの法則」(サンマーク出版)


ご購入者のための
特別なキャンペーンを開催いたします。

◆【期間限定キャンペーン】
5月18日(水)~6月17日(金)まで

http://cloverpub.jp/hitori/

 “一人でも多くの方に読んで頂きたい…”

心底そう思える良書が誕生いたしました。

キャンペーンの内容は未だかつてない内容です。

*******************

斎藤一人さんに直撃!! 【教えて一人さん】
あなたからの質問を大募集します。

「一人さんに、聞いてみたい・・・」

あなたの、その願い、叶えます!

*******************

当キャンペーンにご参加の皆様へ、
もれなく斎藤一人さんの
Q&A肉声音源をプレゼント致します。

お近くの書店や、ネット書店で
本をお求めいただいた後に

以下の専用WEBページに
アクセスしていただき

詳細をご確認くださいね。

http://cloverpub.jp/hitori/

斎藤一人さんに質問をすることができて、
そしてのその回答音源をゲットできる
当キャンペーンだけの特典になります。

※当キャンペーン参加者様から
寄せられた斎藤一人さんへのご質問は、

多くの方に共通する悩みや、
皆様一人ひとりが自分事に

置き換えやすい内容を
厳選して回答いただきます。

すべての方のご質問に
お答えは致しかねますので予めご了承ください。

この本には、斎藤一人さんが
全力で生きてきた中で

培ったお金の真理と
森羅万象に通ずる本質論を

全て詰め込んでいるため、
あなたのお役に立てることと思います。

そして、更にスペシャルサプライズもあります!

抽選で3名様に

「斎藤一人さん直筆サイン色紙」

をプレゼントです。

http://cloverpub.jp/hitori/

ぜひ、あなたもひとりさんに
質問してみてくださいね。


AD
いいね!(34)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
【結局、心に響いた場所に人は集まる】

昨日は超トップコンサルタントの臥龍先生とお食事の機会をいただきました。本格的なコンサルタントとしての経験は、まだ2年に満たない私ですが、世界ナンバー1企業や上場企業を何度も輩出している臥龍先生と同じ時間を共有できるのは本当に光栄です。

{93D348FB-7DED-44E4-AF00-82FAF54C04B7}


感動経営コンサルタントの臥龍先生が選んでくださったお店、オーシャンカシータ

適切に表現する言葉が見当たらないくらいの接遇。私の来場前に私の書籍や会社のことを調べてくださり、なんと!乾杯のシャンパンのラベルは“9つの質問”、ふと目を移すと棚には私の書籍が!さらにデザートの時間には、キャンドルとプレートにはClover出版をチョコで手書きしてくれていました。

{8CD24ACF-071D-46B6-A8FB-47F0AE76021F}

{BC2E5973-D2DF-4738-A2BD-DC9043D68AF8}

{D545C18A-446F-42C5-9AAD-49E70C424430}

{FA869C03-D8F9-4F5E-80BA-C780B91EA340}

全てを覚えきれないくらいの気配りと、そして、顧客ひとりを全力で知ろうとする姿勢に、まさに感動の連続でした。最近は、目の前のことをこなしていく日常に追われ、このような心に響く体験の機会になかなか触れてこなかったのですが、結局いつも人は心に響いた場所に足を運ぶものです。ぜひ、再来店したいと思います。

思えば、私に依頼をくださっているコンサルのクライアント様も、私よりも実績の高い人はたくさんいるのに、わたしに依頼してくださっています。それは何かわたしの生き方であったり、価値観であったり、共感をしてくれているからだと思いますが、私ももっとクライアントさんの心に響くことを心がけていかなければ…と商いの原点を振り返るきっかけとなりました。

臥龍先生(角田 識之先生)、このたびは本当にありがとうございました!
AD
いいね!(22)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【いつも問題は内側にある】

すぎおかクリニックでの精密な血液検査の結果、ガンの再発と脳梗塞や心筋梗塞のリスクを感じたので血中ビタミンCの濃度を高め、αリポ酸との組み合わせ、ミネラルの安定摂取、さらに抗酸化力を高めることにしました。たぶん、いまわたしがなんとか生きていられるのはNK細胞のおかけだと思われます。

{F01C037C-49FD-4D03-966A-66E4C1BEA73F}


身体のなかの細胞同士仲良くやってほしいものですが、バランスの崩れが原因なわけです。ガンもそれそのものが悪いわけではなく、ガンの大好物ばかりを与えるからバランスを崩し、悪者になってしまうわけですね。切り取れば済むわけではない。また再発するわけです。

これはビジネスも一緒ですね。社内の人間関係だっり、経営者の家庭であったりが、会社を狂わせてしまう原因だったりします。ビジネスを取り巻く世界を1つの身体と見立てると、内側のどこかの歪みやバランスの悪さが全体に影響を及ぼすわけです。

ビジネスであれば公共であったり、ミッションに忠実に行動できているか?というバランス。財のためでも事業そのものでもなく、人や社会という観点に従っているか、でも、綺麗事を言っても財がなければ事業は継続できず、事業をしっかりしなければ人が育たず、常にこれもバランスの世界なわけです。(後藤新平さんの言葉を一部引用)

それをバランスよく行うためには、何よりもまず、心を整えなくてはならないということです。判断を誤ってしまう原因の多くは心にあります。欠乏感です。嫉妬、比較、恨み、過去の手放せない悲しみ…。

『今、自分は満たされない気持ちのために行動していないだろうか?』

完璧な人間などいませんが、一瞬一瞬振り返ると、深みにはまる前に軌道修正できますね。

さて、サプリに頼らず運動と食事も気をつけていこうと思います。
イジけるな。おまえの人生は長いから。今日は久しぶりに夜を自宅で過ごしています。


<小川泰史は5~6月ここに出没します>


【東京】5月22日

【東京】5月28日 

【東京】6月5日

【札幌】6月11日 

【札幌】6月11日 

【札幌】6月12日 


いいね!(47)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は告知です。
北海道の方はぜひ、ご覧ください。


当、イベントは
株式会社Clover出版 会長 小川泰史の

=====================================
1年で出版を実現する5STEPセミナー
         &
大手メディア掲載テクニック!ワーク付き実践会
======================================

第一部と第二部で参加をお選びいただけます。


フェイスブックをされている方はコチラ


◆第一部
1年で出版を実現する5STEPセミナー

◆第二部
大手メディア掲載テクニック!実践会


<このセミナーに最適な人>
・出版を実現したい
・出版をしたいが何をどうしていいかわからない
・出版ってどんなものか、ちょっと知ってみたい
・大手メディアに掲載されてコンテンツを広めたい
・大手メディアに掲載されてブランディングをしたい
・出版社の経営者と縁をもちたい!
・プロフィールの効果的な作成法を知りたい!


株式会社Clover出版 会長の小川泰史です。

お世話になった札幌のみなさんに、
東京に移転をしてから、

2年間培かってパワーアップした

出版ノウハウ、そして、メディアに出演、掲載されて
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
一気に自分のコンテンツを広める方法
~~~~~~~~~~~~~~~~~

を札幌の皆さまには、
「特別な価格」で、提供したいと思います。

====================
※過去、私が主催のセミナーに多く参加してくださった方や、
私のクライアント様は優遇させていただきます。
====================

私自身は、出版社の経営者でありながら、
直近1年で10人以上の著者を輩出し、
プロデュースしてきた出版プロデューサーでもあります。

また、私自身が2冊の著者であり、
現在、3冊目に着手しております。

出版社の経営者、
著者でもあり、出版プロデューサーでもある。

この3つの視点をもっているのは、
おそらく業界でも珍しい存在です。

そして、何よりも、

出版をした後の書籍販促だけでなく、
自分やコンテンツを広めていくための
ノウハウも熟知しているのですが、

そんななかで、今回、

=============
最短で出版を実現する方法
=============

そして、

=============
大手メディアに掲載される方法
=============

を体系化しました。


出版の実現は、大手メディアへの掲載は、
偶然の産物なのでしょうか?

実は、出版の実現、
そしてメディアに掲載されるコツがあります。
つまり方程式があるのです。


◆直近の掲載参考ページ

http://toyokeizai.net/articles/-/114024

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160420-00114024-toyo-bus_all

東洋経済事例2
http://toyokeizai.net/articles/-/117406?display=b

SNSを頑張って積み上げることも、
もちろん有効です。

しかし、SNSは限りのある範囲の人にしか、
知ってもらうことはできません。

世の中の10%程度の人にしか、
届かないのです。

交流している相手の多くは、
人間として繋がっていても、

自分のコンテンツに興味が
あるとは限らないのです。

一気の世の中の多くの人に知っていただき、

・ブランドUP
・認知度UP
・ブログなどのアクセスUP

を目指しませんか?


以下、セミナーでお伝えする内容です。


<第1部:出版セミナー> 

◆出版の流れと基本
◆出版できる人、できないで終わってしまう人
◆え?!この人でも出版できた!?出版に成功した事例

◆1年で出版を実現する5STEP

STEP1
魅力的なプロフィールの完成

STEP2
出版社に一発で興味をもたせるコンテンツ

STEP3
出版社から会ってみたい!と言わせる企画書づくり

STEP4
出版社に確実にアプローチする方法

STEP5
出版社に企画を採用させる7つのポイント


<第2部:大手メディアに掲載されるテクニック>

◆どんなネタが求められているのか。
◆どのように記事を書くと掲載されやすいのか。
◆ネットニュースの構造とPOINT
◆効果的な興味付けタイトル
◆どうやってメディアに接触するのか。
◆掲載された事例と効果。
◆ワーク

あなたのネタを構造に当てはめて書いてみよう!


続いて開催概要です
==================
日程】6月12日(日)
【時間】
第1部:13:30~14:50(受付13:15~)
第2部:15:10~16:30(受付14:55~)
※完全撤収17:00

※終了後、懇親会を行います。(場所未定)
参加希望の方は、申込時に申込ください。

懇親会では、小川泰史の3冊目の書籍
の自己啓発書籍の情報や、

出版社として公には言えない話も、
させていただきます。


【セミナー開催場所】
場所:まなBiz
住所:北海道札幌市中央区南1条西8丁目6番地2 SITYビル4F

地下鉄南北線 大通駅より 徒歩5分
地下鉄東西線 西11丁目駅 より 徒歩5分
札幌市電   西8丁目駅 より 徒歩1分



【価格】
第1部のみ 4,000円
第2部のみ 4,000円
どちらも参加 6,000円

※私が過去主催した有料セミナーに
3回以上参加された方、

私のコンサルのクライアント様
は、下記の料金設定にさせていただきます。


第1部のみ 2,000円
第2部のみ 2,000円
どちらも参加 3,000円

【定員】20名

【支払方法】
当日、現金払い

【キャンセルポリシー】
当日の連絡なしキャンセルについては、
一律2000円請求させていただきます。


【参加申し込み】
フェイスブックイベントページに
参加クリックください。



===========


いかがでしょうか。

この2年、出版業界で旬で生の情報を得続け、
そして自分自身で試してきました。

その結果を体系化して、私を育ててくれた
札幌の皆さまには、できるだけ

負担にならない金額で、
提供させていただきたいと思っています。

お会いできるのを楽しみにしております。

小川泰史


講師:小川泰史 総合プロフィール


{B1DBFB39-F456-4681-B0F0-BF7401538FF4}

株式会社Clover出版 会長 
合同会社TheAgent代表 

1975年 北海道深川市生まれ  
北海学園大学 法学部卒

<コンサルタント小川誕生>

3年前まではセールスマンでありながら、2010年本田技研工業QC(クオリティコントロール)問題解決プレゼン大会で日本1位の実績をもち、あらゆる問題を即答で解決するスキル“QC思考”を身につけて以来、コンサルタントに転身。ある日突然の辞表提出する。

<セミナーオーガナイザー>

一時はホームレスを経験するなど苦悩の日々を過ごすも、成功者との出会いから年商10億のマーケティング会社の取締役にヘッドハンティングされ、コンサル ティング事業を開始。SNSを活用し北海道にビジネスセミナーの文化を根付かせ、たった4名のスタッフで本田健700名セミナー集客を達成するなど18か 月で延べ3,000人を集客。伝説の集客と言われるほどの集客を実現する。

<インタネットマーケッター>
インターネットマーケティング分野ではプロダクトローンチの手法をリアルな実業に応用し、一つのプロジェクトあたり400万~3000万を売り上げ、1年 半で累計1億6千万を達成。プロデュースしたFacebookの教材は日本一を2度獲得する実績をもつ。また、「出版をしても、売上に繋がらない」という 著者のために「出版」と「マーケティング」を組み合わせ、コンテンツホルダーにキャッシュポイントを創り出す「出版マーケティング」に自らの使命を掲げコ ンサルティング会社を設立、プログラムや塾のプロデュースに携わり、得意とする月額課金の会員制サービスを1年で累計10,000人獲得するなど、「出版 マーケティング」分野で大きな成果を挙げている

<書籍販促のプロフェッショナル>

1人のクライアントとのストーリーから「本を売ることに悩む著者様の力になりたい」というビジョンを掲げ出版業界に進出し、独自の販促手法は最高、18刷 90,000部を達成。チームとして手がけた販促は増刷率83%を超え、関わった書籍は2年で販売累計30万部を突破。自社、Clover出版で刊行した 書籍は全て1万部を突破し、確実にヒット作を生み出し販促していくマーケティングに定評がある。

<出版プロデューサー>

独自のコンサルティング手法をもち、著者のコンテンツを生み出しメソッド化する手腕が評判となり、1年間で30名以上のクライアントを抱える。高確率で採用される企画をつくることに定評があり申し込みが後を絶たない。実績は著者の名誉を重んじ公開していないが、1万部、2万部、3万部とコンスタントなヒット作を量産している。

<QC思考コンサルタント>

独立と同時に2社を立ち上げ、株式会社Clover出版では会長職、合同会社TheAgentの代表として初年度から、合計年商1億3千万を生み出した マーケティング手腕と経営手腕が口コミで広がり、主に著名人のコンサルタントまたはエージェントとして顧問契約は半年待ちの状態が続いている。クライアン トの平均年収は2000万を超えるVIPが多く、契約金最高額300万のコンサルタント。ネット上では一切の情報を公開せず完全紹介制のコンサルティング を行っている。


コンサルタント、出版プロデューサー、インターネットマーケッター、セミナーオーガナイザー、コピーライター、起業家、著者、など見る角度によって印象が 異なる異色のコンサルタントであるが、その核はQCフレームワークで、どんな問題も即答で解決する思考法をつかった「QC思考コンサルタント」である。

{248B637A-5615-4026-88BC-993AE1830AD5}

<書籍実績>

紀伊國屋書店 札幌本店 総合1位 総合10位以内18週連続ランクイン
三省堂書店 神保町本店 ビジネス書1位 
ブックファースト新宿店 総合4位 ビジネス2位
文教堂 淀屋橋店 ビジネス1位
Amazon2部門1位 72時間継続
東洋経済 人気ビジネス書 27位ランクイン 
150以内 4週連続ランクイン

いいね!(48)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。コンサルタントの小川泰史です。

※最後に大手メディアの決裁権のある人物と会えるこじんまりとしたセミナーの案内があります。文章が長いので結論を知りたい方はコメント欄を見てください。


少し前置きをします。

【フェイスブック依存よりメディアの覇者になろう】

さて、これは、Facebookをやりすぎるなとかそういった話ではありません。フェイスブックがあたかも世界の全てであるかのようにフェイスブックに集客の命運を賭けたり、一喜一憂したりしなくても世界はもっと広いという意味です。制するべき世界はもっと他にあるという話です。

実際にフェイスブックの恩恵で私はこの3年と9ヶ月でサラリーマンから人生を一転させてきました。だから、このSNSにはとても感謝をしています。

とはいえ、フェイスブック上で活躍している人をみれば派手に見えて、すごいなーと思うかもしれませんし活用次第では確かに有効なものではありますけど、世界のほんの一部であることを認識する必要はあるかもしれません。

現に、出版の世界においてフェイスブックの影響力はまったくと言っていいほど信用がありません。フェイスブック3000いいね!も1000いいね!の人も、出版してもことごとく壊滅的な結果で終わっています。

つまり、フェイスブックの外にはもっとたくさんの人がいるのです。フェイスブックユーザーから支持されることは、テストマーケティングとしては共感度の検証などもちろん活用できますが、やはり、本当の意味で世の中に自分を波及するしていくには、もっと異なる手段を取る必要があります。

それは、

メディアを制する


{74B34B63-AA0B-4F1E-A0C1-9D167409A435}

{46304332-FE59-4FAC-9287-AA781E3DF104}


ということです。

昔なら新聞でした。少し前まではテレビでした。しかし、テレビはすでに衰退してきています。いまなら一部の絶対的影響のあるメディアと動画かもしれませんね。

本ももちろん有効ですが、出せばそれで何か起こるわけではありません。本をどのように活用して、多くの人に届けるかが重要です。

ベストセラーを目指して多額のお金をかけてまで、やれる人はそう多くありませんし、本の信用力も徐々に低下してきています。

最近ではスマホの普及により、ネットニュースの力が急速に強まってきています。

例えば、先日、私の書籍に関する記事が東洋経済に掲載されました。

結果として、このおかげさまでAmazonでも一位、一瞬2位に下がったもののほぼ、72時間の間一位を継続し、Amazonの在庫数百冊も1日で売り切れました。

{1AE2B0A4-A421-4ADC-8022-2604FD2AC898}



また、人気ビジネス書でも27位にランクイン


{7CEE58B7-869D-4F5D-8757-64EBFB1B4528}



その他、企業から研修の依頼がきたり、Yahooをはじめ他のネットニュースにも転載され、



{75AEE91D-307C-4316-8775-11C0828F56BC}


そのビュー数は計り知れない効果をもっています。

そうです。これにはお金はかかりません。
必要なのは、人脈と掲載されるコツです。

本もそうですが、このようなネットニュースも掲載されやすい構造というものがあります。

多くの人は、掲載されるのを待っていると思います。もしくはプレスリリースをつくり配信して声がかかるのを待つかもしれません。

しかし、もっと意図的に掲載されることを実現できたら計画的に自分のブランドを向上していくことができると思いませんか?

フェイスブックをコツコツと続けて世の中の10パーセントくらいの人に向けて発信し続けても、伝えるべき人には届いていない可能性もあります。残りの90パーセントの人に一気に知ってもらえるほうが最短距離なのです。

私はネットニュースの構造を読み取り、記事そのものを自分で書いて送ったりします。すると採用する側も叩き台があれば採用しやすいのか、最近だけでも私が執筆した記事はかなりの高確率で採用され掲載されており、顧問契約のクライアント様からも大変喜ばれております。

このコツというのは、文章力が必要なのではなく、
構造を読み取れるかどうかなんです。


たまたま、私はその構造に気づいたのですが、皆さんも知っていただきたいなと思い告知させていただきますね。

今回、超大手メディアの決裁権のある方をお呼びして、急遽セミナーを開催することにいたしました。

どんなネタが求められているのか
どのように書けば採用されやすいのか
自分のコンテンツならどのようにすれば採用されそうか


単方向のセミナーではなく、双方向のセミナーで対話形式で実例を交えながら、どうすれば大手の影響を受け力のあるネットニュースや雑誌に掲載されるのかを一緒に学びませんか?

よって、定員は10名、最大でも15名とします。

学びだけではありませんね。

超大手メディアの決裁権のある人物との
人脈をつくることができるのです。

これがたったの5000円です。

なぜ、こんなに安いかというと私が出版業界に身を置いたミッションのひとつが、“初版をクリアする著者を80パーセントに引き上げる”ことだからです。

ネットニュースひとつで、計画的に予定通りに掲載されて、本が数百冊あっという間に売れてしまうのだとしたら、こんなに強力な武器はないですね。

10人集まっても会場費を払ったらトントンです(笑)

赤字必至でやってます。

偉そうに書いてますけど、
結構、いいやつだと思いませんか?(笑)

縁のある方は、お会いしましょう。


※フェイスブックやっていない方は、

hiiragi.kkk@icloud.com

まで、メールくださいね。



いいね!(66)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
引き寄せという言葉を
何にでも当てはめて、

乱用するのはあまり好きではないのですが、
人からみて、不思議な力で

願いが叶ったり、願い以上のことが
起きることを引き寄せというならば、

それを今後実況中継していこうと思う。

でも、ある一定までは、
努力でなんとかなるものですよ。

とはいえ、今回の台湾については、
引き寄せというのか、

シンクロニシテイというのか、
やはり、そんな力は感じます。

さて、29日から一週間ほど台湾に行きます。  

日本有数のコンサルタントの方に連れて行っていただくのですが、どんなことが起きるのか、何をしに行くのか、どんな準備が必要なのか全く聞かされてません(笑)そして、私も聞きません。

こういうのは考えても仕方ない。ただ、そのままに偽らずに、目の前の人に真剣に向き合うことだけに集中したいと思います。

どーなることやら、という感じですが身に起こることが、必ず最後は最善のことなのだということがわかると、多くのことが怖くなくなりますね。

そして、実はプラスもマイナスもないのだとわかってきます。何かを得ることが成功でもなく、ミッションに気づき、それを成し遂げるための努力をしていく過程こそが楽しい。

そこに集まってくる人と語り合うこと。起こる障害を共に乗り越えていくこと。最後に得た結果ではなく、ミッションの規模が大きくなることが楽しいのだなあと思う。

極端なことを言えば、自分が人生の最後を迎えるときに財産なんて、それまでにミッションのために使い切るくらいでちょうどよいと思う。

さて、台湾ですが、たった一度2年前に行っただけなのに、すっかり好きになってしまいました。なんというか、初めてきたはずなのに前にも来たことがある感覚。そんなことって、あなたにもありませんか?

15年くらい前、北海道に住んでいる時、頼んでもいないのに無理矢理占いをされたオバさんがいて、言われたことなんて信じてもいなかったのですが、
 

『南西の暖かい国に行くことになるでしょう。そこで、あなたの人生は大きく動き出します』

{969D0752-76D8-42B3-A165-AAFCFD5A67AE}



なんて言われたことがありました。当時、車の営業マンだった私は、『はあ…旅行に行く感じですかね(笑)』みたいな感じでしたが…

最近になって思い出しましたが、また数年前に別な鑑定の方にも、同じようなことを言われ、北海道生まれだから暑いのは大の苦手なんですけど( ;´Д`)

と思ったことが記憶に新しいですね。

急に台湾の歴史が知りたくなって最近になってから、調べ始めました。そこには、驚くことがたくさんありました。人生最大のミッションがそこにはあるように思いますね。

そして、それはClover出版とも密接に関わってくることになりそうです。

とりとめない文章に、今日もお付き合いいただきました。

感謝です。
いいね!(34)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【想像できるものは全て現実に変えることができる】

と言われたら。

あなたはどうように感じますか?

{4D25CD51-BFA5-467A-9180-27EDB366700E}


さて、当たっていると評判のアプリ。  
確かに当たっていますね。

{ABF42760-555B-44CD-9A8C-4230318323DD}

特に座右の銘は逆に
つくってもらえたようで嬉しい限りです。

“想像できるものは全て現実に変えることができる”

良い言葉です。
まさにそのとおりだと思う。

いつも、
私が言うことは笑われてきました。

しかし、

その多くは…シンクロ二シティ
と呼ばれる現象によって
次々に叶ってきました。

そうです。

シンクロ二シティというのは
意図的に発動させて
コントロールすることができるのです。

HONDAで日本一になるといえば、
周りのスタッフは笑ったが2年でなった。

北海道で700人の講演会をやると言えば、
リスクが高い、ダメだった時は、
責任を誰が取るのだ?

と追求する人もいたが達成した。

出版社を起業すると言えば、
不況の業界でうまくいくはずがない、
少なくとも2000万の資金がなければ
無理だと言われた。

でも、わずか200万の手元資金からはじめて、
もうすぐ3年目を迎えようとしている。

何をするかは決まってないが
台湾で起業したいといえば、
何をするかも決まってないなんて
ビジネスを舐めていると言われた。

しかし、

その話を聞いて面白い奴がいると
台湾の起業家グループに会わせてくれるために、
台湾に一緒に行ってくれる人が現れた。

台湾で1000人講演会やりたいと言った。  

いきなり無理でしょ(笑)
と笑う人がいた。

台湾に強力な人脈のある人が、
じゃあ一緒にやりましょうと言ってくれた。

このように、

必要なタイミングで、
ベストな出来事は起こります。

むしろ、

このシンクロ二シティというのは
意図的に発動させることができるのだと
最近はよくわかります。

想像できなければ何も実現しない。
想像できるものは全て現実に変えることができる。

しかし、

多くの人は想像をすることができない。
想像しても、叶うわけがないと
どこかで思っているから何も起きない。 

つまり、

顕在意識ではたくさんの夢や
願望を抱くが潜在意識では
自分には無理だと判断している。

想像力とはセルフイメージとイコールであり、
セルフイメージは小さな努力の継続した
積み重ねと、自分の潜在意識を汚さない 

言動一致の法則を守り、
日常を丁寧に過ごすことです。

例えば、コミュニケーションが
大切だと誰もがいうが、
多くの場合は取り違えている。

周囲に嫌われない、うまくやるための
コミュニケーションがほとんど、

真に相手のことを考えているのではなく、
自分を守るためではないですか?

だから、潜在意識は汚れているんです。

自分を守るために、嫌いな相手でも
合わせて相手を気持ちよくさせる。

しかし、
自分の潜在意識にはウソをついている。

だから、自分がなりたい自分をイメージしても、
いつもウソをついているから、
信じることができないんですよね。

だからといって、
喧嘩を売れということではないですよ。

適切な対応の仕方があるし、
もしくは、そもそも近づかなければいいんです。

つまり、シンクロ二シティを起こす方法は、
とてもシンプルです。


自由に生きて、誠実に丁寧に日々を過ごす

たったこれだけで、

お金も人も望むものが
イメージ通りに向こうから寄ってくるんです。

簡単なことをみんな信じれないだけなんですよ。




いいね!(41)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
【1人でできる心のヒーリング】

いよいよ弊社刊行、
第4弾が28日に刊行されます。

今回の本は、

まさに心に悩みを抱える人が、
自分1人で解決するためのタイプ別診断、

そして、さまざまなツールがあり、

14日間で1人でできる心のヒーリング

{033AA195-8A54-435D-B96F-1058C91D70DC}

を紹介しています。

サキ読みページ16ページが
すぐに無料でダウンロードできるので、
そこで自己診断も可能です。

あなたを悩ませてきた
不幸ぐせとは?

なにがあなたの幸せを遮ってきたのか。

=================
幸せはそこにある
逃げてきたのは、あなた
=================

著者の神田裕子さんの、この言葉が
心にグッと響きます。

心を治すためには、

カウンセラーやセラピストなど、
誰かに相談しなければならない
と思っていませんか?

著者の神田 裕子さんは、

企業、公庁に心理の研修や
講演を年間300回も行う
スペシャルカウンセラーです。

そんな神田さんが20年の月日をかけて、

自分で心を治していける本をつくりたい!

と満を持しておくる一冊。

ぜひ、下記ページをご覧になってくださいね。

そして、サキ読みページも
ぜひ、ダウンロードしてみてください。


{E5737CAF-F716-49BB-B426-7CF914E339ED}

最後までお読みいただき、
ありがとうございます。

Clover出版 書籍情報部

いいね!(15)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ゴールデンウイーク休暇終了
(会社はまだ休日です) 

{1F44DC4B-4C5E-4083-96A7-DF0A72C05E31}


明日からコピーライティング、
記事執筆関連、書籍企画書依頼、

クライアント様のコンテンツコンサル、 
新マーケティング企画案、

やりますよ。

やりますからね…

クライアントの皆様、お待ちくださいね。

さて、イギリスのプレミアリーグで 
レスターが奇跡の優勝を果たしました。

{0F1333EE-4294-47FF-8DFE-905E20A8032D}


日本代表の岡崎は、 

ひとつひとつ目の前の試合を全力でやる、
それが奇跡を起こす。

と話していました。

私は努力とか根性という言葉は
あまり好きではありません。

一部のサラリーマンなどがいう

プロセスのための努力、
上司に魅せるための努力は
クソ食らえくらいに思っています。

そういう、結果にこだわらない
見せかけの努力は嫌いだということです。

でも、

目の前のことに全力を尽くすことと、
そのために泥臭さくやることは違います。

失敗を恐れず、

笑われても泥を投げつけられても、
そのひと場面に真剣に生きることこそが
美しいものです。

今日は、以上です。

短かったですね(笑)
いいね!(42)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。