日吉大社公式ブログ「日々よし」

日吉大社での日常や日々のご奉仕についてご紹介いたします♪


テーマ:
毎日新聞社主催で行われています、日吉写生大会も今回49回目を迎えました。

応募総数451点から厳選された推薦41点、特選50点の作品をご覧頂く展示会を開催致します。

①日吉大社展示会
1月1日~1月4日  日吉大社境内 樹下宮拝殿
②西武大津店展示会
1月6日~1月9日  西武大津店6階特設会場

時間はそれぞれの入苑、営業時間に準じます。

保育園、幼稚園、小学校、中学校の園児、児童、生徒のみなさんが描かれた素晴らしい作品を是非ご覧ください!

{214CE004-B739-4318-9949-9B121E3F7569}

{D9B6EEE9-8690-499F-9B34-372AC742193E}

{95621A8C-8F12-446A-9DEE-1AB192B8B4E4}

{958824BA-81E5-458B-87DF-FEBE8D014691}


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

平成29年お正月の行事や拝観時間についてご案内いたします。

 


◎大戸開神事(おおとびらきしんじ)

1月1日午前5時 西本宮、東本宮

元旦の早朝、本殿の扉を開け、神様に年始のご挨拶を行う神事です。
また、この神事に併せて、観世流能楽師 片山九郎右衛門社中に能「翁(おきな)」(西本宮)、謡曲「四海波(しかいなみ)」(東本宮)のご奉納を頂いております。

 

能の中でも「翁」は特に神聖な演目で、天下泰平・五穀豊穣を祈るものであり、神前でしか舞わないことが殆どだそうです。

 

当社は能や狂言の源流である「猿楽(さるがく)」発祥の地ともいわれており(近江猿楽といいます)、特別なご縁があります。

午前5時はまだ真っ暗ですが、神聖な演目でありますので、境内の電気を全て消灯し、松明やかがり火のみを頼りとして舞われる様子は、まさに幽玄の美であり、独特の世界観に魅了されます。

また、ご奉仕される能楽師の皆さまも前夜より神社にこもられ、心身を清めてこの場に臨まれておられます。


日吉大社公式ブログ「日々よし」-大戸開神事
十世片山九郎右衛門様ご奉仕の様子

 

◎新春祈祷のご案内

 

1月1日午前0時より新春祈祷を随時承ります。(受付時間は拝観時間に準じます)

当社では「日吉大社」という社名から、「日々よし」のご利益があり、

神様のお使いである「神猿(まさる)」は厄除の象徴です。

是非年の始めにご祈祷を受けられ、神様とのご縁をお結びください。

尚、午前0時よりの一番祈祷のみ、特別に宮司が奉仕致します。

 

受付は原則、31日午後11時45分に締め切ります。

 

 

主な祈願

 

・「家内安全」:1年間、家族の皆さまが健康に過ごせますように

・「交通安全」:1年間、事故無く過ごせますように(車のお祓いもいたします)

・「商売繁盛」「事業繁栄」:1年間、お商売がうまくいきますように

・「厄除け」:厄年の厄払いをしたい など。

詳しくは、ホームページご祈祷ページ にてご確認ください。

 

◎拝観時間のご案内

 

 

◎日吉大社(本宮の拝観並びに授与所開所時間、祈祷受付時間)
12月31日=9:00~15:00、23:00~
1月1日=0:00~19:00
1月2日・3日=9:00~17:00

 

1月4日以降=9:00~16:30


※但し、ご参拝の状況により延長する場合がございます。
※1月1日~5日の間、授与品は社務所横の特設授与所でのみお受け頂くことができます。

 

※12月31日9:00~15:00、1月1日7:00以降は入苑に際し入苑協賛料をお納め下さい。

◎唐崎神社
1月1日~3日=9:00~16:00 祈祷受付、授与所開所
※参拝はいつでもできます。
※1月4日以降は通常通り日祝日のみ9:00~16:00の間授与所を開所致します

◎日吉東照宮
1月1日~3日=10:00~16:00
※1月4日以降は通常通り金・土・日・祝日のみ職員が常駐します。

以上、よろしくお願いします。
尚、正月期間中、大変な車の混雑が予想されます。公共交通機関のご利用をお勧めいたします。
遠方からお越しの方は浜大津付近の公共駐車場に駐車、京阪電車等でのお越しが便利です。
  

交通アクセスのご案内


1月1日~1月3日交通規制のお知らせ

  

多くの皆様に申年参拝として当大社にお参り頂きますことを、職員一同心よりお待ち申し上げております。

 

日吉大神様、神猿さんのご加護を頂かれ、来年1年が災い無く日々よくお過ごし頂きますことをお祈り申し上げます。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
禰宜の矢頭です。

昨日、淡路島(南あわじ市)阿万大見山にあります、全国戦没学徒を追悼する施設「若人の広場」にて、全国戦没学徒追悼祭にお手伝いでご奉仕させて頂きました。

およそ200人の方が参列され、若くしてその尊い命を犠牲にされた英霊への感謝と鎮魂の祈り、そして国の平和、世界平和を心をひとつにして願われました。

{77E71946-D900-4B74-B3B2-04BF11F0A04A}

{1BE707B9-9439-4C3A-93EA-729852E01577}

{D7009C90-22BF-4C26-8606-FC8BCD16547B}



そして直後におこった鳥取での地震。
今朝現在までに震度3を超える余震が20回ほど続いているとのこと。
地域の皆さまには、不安な気持ちが大きいと思います。
できる限り身近な方、大切な家族や友人と心を寄せ合い、引き続き大きな余震に警戒をしつつも、緊張が和らぐことを祈っています。

『目に見えぬ 神の心にかよふこそ 人のこころの まことなりけれ』
明治天皇の御製です。

英霊に祈ること、自然の恵みに感謝すること。
災害に悲しむこともあります。

それでも、私たちは誠の心、真心をもって神様に接することが大事なことだと思います。

1人でも多くの方が、戦没学徒の鎮魂を願い、鳥取や熊本・大分での地震がさらに大きなものにならないようにと、真心で神様にお祈りされることを願っています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)