1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-05-17 16:59:07

歩道橋。

テーマ:ブログ

とある歩道橋。

男女のカップルらしき二人のケンカをしている声が聞こえてきた。

時間は夜も23時をまわっていた。

閑静な車通りのうえに、人通り少ないその歩道橋での男女のやりとりは、歩道橋の階段を登り始める数歩手前から聞こえてきた。

これがもし男同士の怒声が聞こえてきたならば、爪先を逆方向に向けて、少し手前の信号を渡り、目的地へは遠回りをしていただろう。

見知らぬ他人が感情を露にしているときほど、関わらないようにしようと思うことはない。

そして何やら男性が浮気をしたらしく、それに対し女性が物申しているようだった。

この修羅場なら、ただの通行人の僕はいけると思い、慣性的に動かしてきた足の方向を変えるでもなく、進んだ。

階段を一歩、また一歩とのぼる。


二人の歩んできた人生が、歩道橋という交錯点で交わり、歩道橋の真ん中で口論をしていることに、なにやら人生の分岐点を感じていた。


現場に近づくに連れ女性の感情の籠った声は更に明瞭さを増して、二人のやりとりの内容が耳に入ってくる。

『あいつと一緒に嘘ついたんでしょ?あたしのこと騙したんでしょ?』


おっと。彼女の知り合いと事が起きてしまったようだ。

しかし僕は冷静かつ白布である。

天秤座としての白黒を見極めたい性分と、ただの通行人という僕のポジションは、実に気楽だ。

男は声が小さく、話してることはあまり聞こえなかったが、女性の怒りは収まらない。

だが、僕は通行人。

通行するからにはそれなりの目的地があるのだから、先を急ぐ身としては、そんなやりとりへの興味に終止符を打った。



そして、目的地に着き、懐かしの再会を果たし、グッと心にエネルギーを充電し、元来た道を進む間およそ20分。



歩道橋には同じ二人の姿があった。

しかし状況は変わっていた。

女性の悲鳴にも似た怒声は格段にボリュームを上げ、声が小さくて聴こえなかった男性の声は、普通に聴こえる程になっていた。

『仕事の付き合いでそんなんなるんなら一生やってろよ。』

と女性の痛恨の一撃。

あとになって気付く諸刃の剣。

そんなやりとりを横目に、僕は二人の目の前を歩く。

終電時間に間に合うか?間に合わないか?な時間はこの二人のやりとりには変えられない。

さささっと階段を下りながら僕はふと考える。

二人がどのようにして歩道橋という分岐点を降りていくのかなぁと。




日和は元気です。

みなさんも元気だったら嬉しいです。

それではこのへんで。

歩道橋日和
日和佑貴さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
同じテーマ 「ブログ」 の記事
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-04-27 14:32:45

道。

テーマ:ブログ

とある方の、インタビュー記事を読んで、奮起させられたのは最近のことです。


その方とは畑違いと言うならば畑違いというものになるのかもしれません。

作物を育てる上で、お米かトウモロコシかなどとあるわけで、

もちろん時期も育て方も品種も全てが違うのだけれど、

最後に消費者の口に入るのが到着地点であることは変わらず、

そういう意味では、全くの同業者ということになると僕は思います。

その方のインタビュー記事を読んだときに、いてもたってもいられないくらいの衝撃を受けました。

具体的に何がというわけでもありませんが、

その方の芯の部分に触れられた気がしまして。

頑固とは違う、その芯の固さに、なんだか感銘を受け、最近の日和は一歩一歩を歩んでおります。

そして、僕のまわりには、背中を見せてくれる頼もしい方々がたくさんいてくださることに、これまた感謝の日々です。

歩む道はまだまだわかりませんが、歩いた道が道になるよう、日々成長していきます。

それでは今日はこのへんで。

道日和
日和佑貴さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-04-19 23:37:17

生き甲斐。

テーマ:ブログ

こんばんは。

日和佑貴です。

今日は、そう今日は、

ついにあの、あの映画を観にいきました。

東京に来てから、毎年この時期がいつもいつも楽しみで、

この映画が観たいがためにソワソワし、力を振り絞り日常を生きてきました。


この作品と初めて会ったのは、兄貴が買ってきたものをたまたま読ませてもらったとき。

それから家族でご飯を食べながら、テレビでやってるこの作品を観るのがルーティンでした。

そして、劇場版としては20作目。

スピンオフ的な作品を含めるともっといきますが、

なんともめでたいアニバーサリー作品だけに、

日和の興奮はただなりませんでした。

子供も大人もみんなが楽しめる、そして未だに主人公が関わった宿敵との因縁が謎のまま現在も走り続けている作品。

体は子供、頭脳は大人という名言を生み出したあの作品。


みなさま、もうおわかりですね。

その名も『名探偵コナン 純黒の悪夢』!!!


観てきましたよー!!!

いやー面白かった!!

過去19作品と比べても、僕は今作が一番好きです!

いやーマジで面白かった!

お話自体はいつもと違う作風とラストではありましたが、

最後の台詞にグッと持っていかれました。

コナン最高です。

もう一度言います。

コナン最高です。


皆さまもまだ観ていない方は是非。

それでは今日はこのへんで。

コナン日和
日和佑貴さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-04-14 15:14:24

きっかけ。

テーマ:ブログ

こんばんは。

日和佑貴です。

東京は雨。いつのまにか散っている桜が僕の時間の流れを表しているよう。

今年の桜シーズンはお花見もせず、環境の変化に立ち向かっていました。

舞台本番中、日暮里に咲いていた桜が今年のお花見だったように思います。

街の桜が、さも当たり前のように咲き誇っていたのに。

日が長くなっていたことも然り。


なんて少し悲しいような言い方になってしまいましたが、

これから自分はどうあるべきか、どうありたいかなど、存分に考える機会に恵まれ、

なんとも充実した時間でありました。



以前の作品で出会った言葉、

人生変えるきっかけなんてな、そこらじゅうに転がってんねや!

って言葉が、なんともみぞおち辺りに刺さってくる。


日和佑貴、走ります。


それでは今日はこのへんで。

きっかけ日和
日和佑貴さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-04-08 15:13:32

モノクロ。

テーマ:ブログ

こんにちは。

日和佑貴です。

さて、舞台後、髪を切ったのも変化の1つとなりましょうか、

少しだけさっぱりしました。







白黒にすると、なんだか空気感が2倍増しな気がしますね。

歳の重ね方を意識する今日この頃です。

今年はきっと変化の歳。

タフにありたいものです。

それではこのへんで。

変化日和
日和佑貴さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-04-06 15:23:47

舞台『if』追記。

テーマ:ブログ

こんにちは。

日和佑貴です。

舞台が終わり、怒涛の日々が息を潜め、なんだか体感時間が日に日に長くなっていくのを感じています。

先週の今頃は前楽。

よほど充実していたのだろうと、改めて思う。


『if』の稽古に入る前に、今回の舞台の題材でもある足利事件の現場である渡良瀬川に行きました。

地図で見るのとイメージが全然違うことにも驚きなのですが、

野球場では女子ソフトボール部が練習試合をしていて、公園には親子がたくさんいました。

凄く咽かなその風景は、どこにでもある日常そのもの。

そんな日常を当たり前のように過ごせているのは、きっとほとんどの人にとっては当然で。



想像してみてください。


今回の大切な大切な言葉であり、一番に訴えたい言葉。

当たり前のことが出来なくなってしまった人がこの世界にはたくさんいて、

それらをもたらした原因や人は特定されていない、もしくは隠蔽されていることもある。

いえ、例え真実が見えていたとしても、その傷はとても深くて、当事者にしかわからないことがたくさんあって、想像しても辿り着けない程の暗闇もあって。

だから僕らには『if』しかできないんです。

たった1つの言葉を提示するために、何日も稽古を繰り返して、ときに自分の価値観や自尊心をへし折り、

たくさんのキャスト、スタッフとの化学反応を起こし、そしてお届けする。

そして、お客様の反応や感想を五感で感じられる。

とても、とても誇らしいことで、嬉しいことで、喜びで。


まだまだお話したいこと、書きたいこと、たくさんあります。

事細かに、伝えたいこと、たくさんあります。

しかしいまは胸の内に、その気持ちを留め、前を向きます。

だから、いまは1つだけ。


シーン冒頭の、
世の中に絶対なんてあるんですかね。
というセリフ。

最後の、
絶対に諦めません。
絶対に終わらせない。
というセリフ。


『覚悟』です。




少々長くなりましたが、改めて、ご来場いただきました皆様、Team6gの皆様、キャスト、スタッフの皆様、お世話になりました全ての方々へ、

本当に本当にありがとうございました。

if日和
日和佑貴さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-03-31 13:42:20

Team6g第10回公演『if』千秋楽。

テーマ:ブログ

こんにちは。

日和佑貴です。

昨日、3月30日、舞台『if』が千秋楽を迎えられました。

ご来場いただきました皆様、本当に本当にありがとうございました。

今回の題材はノンフィクションで、観に来てくださった方にこの事件について知ってほしい、そして想像してほしいという祈りがありました。

知ること、そして想像すること。

少しでも、観た後に何か御自身の中で心が動いてくださっていたら、

本当に有難いことです。



そして、お花やお手紙、プレゼント等々、ありがとうございました。

お手紙で、

僕を通じてTeam6gさんを知ることが出来て、本当に良かった。

という内容のことを言ってくださる方が多くて、

なんだかそれがとても嬉しくて。


とにもかくにも、無事に千秋楽を迎えられたという報告でございます。


ご来場誠にありがとうございました。


if日和
日和佑貴さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-03-30 10:07:24

プリン12個目。

テーマ:ブログ

こんにちは。

日和佑貴です。

Team6g第10回公演『if』も残すところ本日の千秋楽のみ。

昨日はハプニングがありましたが、観劇くださっていた皆様の温かさのおかけで、

なんとか最後まで作品を届けることができました。


大事には至らなかったとのことで、本当に何よりです。

本日14時の公演をもちまして、終演を迎えます。


まだ当日券もございますので、お時間ありましたら是非日暮里のd倉庫へ。


僕も大好きな先輩方のお芝居、心に焼き付けたいと思います。

それでは、このへんで。

プリン日和
日和佑貴さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-03-29 09:58:12

残り3公演。

テーマ:ブログ

こんにちは。

日和佑貴です。

Team6g第10回公演『if』、残すところあと2日。


ダブルキャストということもあり、本日29日のマチネで1つの千秋楽を迎えます。

僕は、今回3度目の6gさんの舞台なのですが、

改めて、本当に本当に素敵な方々が集まる場所なのだと痛感しております。

チラシにある言葉に『祈り』があります。

切実な、とても強い、願いが込められている、今回のキーワード。

これを常に持つ阿南さん、吉成さんのお二人の背中を、キャスト一同見つめていて、必死に追いかけている。

ときに見失い、歩みが止まりそうになったときには、僕らの後ろに回って、背中を押すことも厭わない。


そんな姿に何度も心を動かされています。


あと3公演。吸収できるもの全部吸収したいと思う。


そして、観に来てくださった方々の評判がありがたい事にとても良くて、これまた全員の励みとなっています。


お時間ありましたら、是非、日暮里d倉庫にてお待ちしています。

当日券もご用意できるみたいなので、急遽時間が出来た方、ドタキャンされた方、観劇の衝動に駆られている方、是非お待ちしています。

それでは、このへんで。

キセキ日和
日和佑貴さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-03-25 22:27:38

舞台『if』始まっております。

テーマ:ブログ


こんばんは。

日和佑貴です。

Team6g第10回公演『if』、昨日無事に初日を迎え、本日2日目を終えました。

とは言っても、本日はダブルキャストの方々の初日でもあり、本当の初日が本日でありました。


残り9公演、駆け抜けていきます。

お時間ありましたら、是非日暮里のd倉庫でお待ちしています。


d倉庫の看板と僕の服の一体感、良い感じです。







それでは今日はこのへんで。

初日日和
日和佑貴さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み