完成

テーマ:


完成



完成

四回ぐらいで仕上がりました。


一回の作業にかけた時間は、約1時間づつ。


さすがに素人技だってことで完成までに

とても時間がかかkりました。


早速、母にプレゼントするのでラッピングします。


母にプレゼントと言っても

誕生日とか、何かのお祝いとかではありません。


このバッグは、試作品なのです。


自分用のをこの大きさよりちょっと大きいのが

欲しいので綺麗にしたいし・・・

母には、練習用を(ここだけの話です。)


がはは

AD

誕生日だったりした

テーマ:

11日に誕生日でした。

バイト先の方たち数人がお祝いしてくれました。

ちょっとしたプレゼントを頂いてとても嬉しかったです。

お祝いしてくれてありがとう。



そして、なかなか日記を更新してなかったのですが

こんなこともしてたので・・・


裁縫ですよ。


かれこれ取り掛かってから何週間もすぎてますが

昨日が3回目の作業をしたところでして・・・


ばっぐ

完成は、まだしてないんですね。


とりあえず、途中経過の画像です。



バッグ

形は、「カクテルバッグ」です。


へぇ、一応ですが;;


後は、装飾のレースを付けると完成になります。


大きさが私ごのみでは、ないので

せっかく作っても母にやろうかと思います。


完成後に自分の好きな大きさと柄で再チャレンジするつもりです。


AD

五月四日と五日

テーマ:


ニシナ

四日


天気曇り


雨が降りそうな中でしたがニシナさんの二回目のステージを

見ることが出来ました。

場所は、某公園内です。

ニシナさんのステージ拝見は、このときが初めてです。

いつも見かけるあの場所での迫力とは、

また一味違ったパワフルな印象を受けました。

ドラムさんが一緒で楽しかった。


ニシナ







五日


天気曇り


この日も天気が良くありませんでした。

夕方、松本圭介さんが出演されるライブへ行ってまいりました。

出演された方々は、

アリモトタカヒロ/
ダイナマイト☆パンチ /

言えればいいのに・・・/

松本圭介 /


松本圭介さんの[サイト 松本圭介の心に響く唄] にて

詳細が明かされるのではないでしょうか?





忙しくて連休と言っても

楽しむ時間がかぎられてましたが

まぁまぁ楽しい日々を過ごせました。



AD

始動

テーマ:

津軽三味線の練習を怠ったための証です。


水ぶくれ


昨日は、久々にお稽古したなぁ的気分でした。

師匠の体調がすっかり回復してはいないものの

厳しいときには、とても厳しく接してくれます。

その甲斐あってか、ぼんやりと忘れててる曲が

がんがん思い出してきてべんべん♪弾けました。


「あいや節」のほうは、相変わらず覚えが悪いですが

どんどん先へ先へと進むので

猛特訓しなければいけないなって思ってます。


しかも、ボランティア活動もそろそろ始めるそうです。


予定がついたらまた、感想でも載せます。





※ちなみに指の水ぶくれは、練習してないと皮膚が

弱いので練習してないよってアピールしまくることに

なっちまってます。

練習をたくさんしてると自然と皮が厚くなるんですね。

まぁ、それもどうかと思いますが;;

余談でした。


なんとかね

テーマ:

無事に進級できることとなりました。


津軽三味線やベースヤエレキの

練習したいのにできないストレスがたまるたまる。


今年もあちこちでボランティアで津軽三味線の演奏を

させられますのでみかけたら応援よろしくw


ではでは、楽しい春休みを過ごします。




エレキギターも欲しい

テーマ:

欲しいものがたくさん。


私的に使用してみたいって思うエレキギターがなかなかみつからなくって。

予算とかの関係上そうなってます。

ですが付属品については、まとまりつつある。


ケーブルやらなんやら・・・代表的なものは、下記のもの。


あとは、エレキギターだけか・・・かもん。


BOSS RC-2


BOSS DN-2


BOSS TU-2


Marshall AVT SERIES AVT 20X


MONSTER CABLE



どうにもこうにも

テーマ:

なんとか津軽三味線の稽古復帰が出来たので

忘れたテクニックを思い出しつつ練習に励んできました。

帰りには、いつも練習場にしている場所で

練習してきました。

左手の薬指には、水ぶくれがぼっこりできてしまったんで

めっちゃ糸がひっかかるんで

じゃまくさくて潰したんです。

そしたら痛くてたまんない。

潰さないほうがよかったんかな?

どっちにしろ下手なままなんで・・・

練習あるのみ。



いつもの