イラストレーター・陽菜ひよ子のブログへようこそ!
ゆっくりごらんになって行って下さいね☆


Web連載『ニッポンの県鳥さん』
毎週金曜日更新!
(KKベストセラーズBOOKS様Website)

$着物でお帽子 $着物でお帽子
私のWebsite&マンガブログです。よかったらこちらもどうぞ☆
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
January 07, 2014

小さな「いいこと」。

テーマ:デザイン・思考のもと
新年の抱負をブログに書こう! ブログネタ:新年の抱負をブログに書こう! 参加中




お砂糖は身体によくないから極力取るなと言う説と
頭を使ったら糖分は必要と言う説。

どっちを信じるも自由だけど、どうせ取るなら
少しでも世の中の役に立ちたい。


と言うわけで、森永のカレンドショコラを何年も買い続けてる。
コーヒーやチョコレートは貧しい国の子供たちから搾取されて
作られていることはよく知られてるけど、実際フェアトレードが
本当にどこまで役に立ってるのか、私達には知り様がない。

それでも、こうして数字が出ていると安心する。この中には
私の支払ったお金が含まれていると思うと、ちょっと嬉しい。




そんなわけで、新年の抱負は、やせる!



って、全然説得力ないですが(^e^;



やせるというよりは、きちんと運動して
健康的な生活を送りたいと思います。




精神的にも健康的にね♪


怒らない、怒らない・・・(笑)
AD
いいね!(8)  |  リブログ(0)
July 23, 2013

怒濤の似顔絵イラスト。

テーマ:イラストレーション
$着物でお帽子


先日のEXPOに来て下さったお客様にお礼状を描いたのだけど、ふと思い立って
似顔絵を描いてみたらば、喜んで下さる方が多くて、ホッとしているのでした。
コレがその一覧。こうやってみると、我ながら、なかなか壮観な眺めですよねぇ。

せっかくのお礼状なので、記憶に残るものを、と考えましたよぉ。

でもねぇ、人によっては、失礼にあたるかもしれないし、怒らせてしまうかも
・・・とも思いまして、ちと悩みました。
とはいえ、うじうじ悩んでるほどの時間もなく、描き始めた頃は風邪をひいていて
頭がうまく働かなかったのもあって、ともかく描くことにしたのでした。
えいやってね。


そしたら、喜んで下さった方が多くて、FBでご紹介下さったり、FBの
プロフィール画像に使って下さったりする方までいらっしゃって、感涙。

いやだってね、お仕事がら皆さん、他にもイラストレーターとのお付き合いは
あるわけで、それを差し置いて、こんなワタクシめの絵を大事なプロフに使って
下さるなんて、これが涙しないでいられましょうか。


この世の何より絵を描くことが好きで、絵の才能はあるかどうかわからんけども
絵を好きだっていう才能ならば負けないって気持ちで描いていて、とにかく
その絵で人に喜んでもらえるってのは、本当にうれしいわけです。

ありがたいことに、お仕事の話もいくつか舞い込んできていて、それが、水彩と
ボールペンで描くことになりそうなので、この評判のよい色鉛筆はちょっと
オヤスミなのが、ちと残念なところ。ま、腕慣らしにまた描きますけどね♪

本当にみなさま、ありがとうございました!月並みですが、人と人とのつながりで
生かされてるなぁって本当に感じます。
AD
いいね!(0)  |  リブログ(0)
July 21, 2013

ボールペンにはまる。

テーマ:イラストレーション
$着物でお帽子

画材をいろいろ試すと、新しい世界が開けて楽しい。

一番長く使っているのは透明水彩で、仕事で使ったのもコレが一番多い。

次に長いのがアクリルで、アクリルでも結構仕事してるな。今までに三度
装画(書籍の表紙)を描かせていただいたのだけど、そのうち二回は
アクリルなので、アクリルは意外と評判がよいようだ。

最近は色鉛筆が気に入って、ずっと描いていたのだけど、イラストブログの
アクセス解析を見てみたらば、ペンカテゴリを見ている人が意外と多くて。

んでもね、ペン画、少ないししょぼいし(自分で言っちゃう?)
これはあかん、と、ペン画をガリガリ描いてみることにした。
そしたら、結構楽しくてはまってしまった。いいじゃん、ペン画。
しばらくはスッキリクッキリクリアなペン画で行くことにする。
AD
いいね!(0)  |  リブログ(0)
June 19, 2013

クリエイターEXPO東京、出展しますっ

テーマ:展覧会・イベント
着物でお帽子

タイトルの通り、クリエイターEXPOというのに参加します。

日程:7月3日(水)~5日(金)
場所:東京国際会議場(東京ビッグサイト)。

毎年恒例のブックフェアのお向かいの会場で開催されます~

私はイラストレーターゾーンのG-12というブースにおります~~~
イラスト(クリックで拡大)にもありますが

「え?ブースNO?そんなの じ い に 聞かないとわかんないわぁ~」
                   G 1 2

と覚えていただけますと幸いです♡


図で見てわかるとおり、割と奥の方なので、もし来ていただけたら
サクサクっと奥に進んで会いに来ていただけると泣いて喜びますっ

詳細はコチラ→■クリエイターEXPO2013


こう言ったモノに参加するのは初めてな上、遠方からの参加なので
あとで追加したりできないので、ガッツリイロイロ準備中っ


会場の位置関係はこんな感じ。
着物でお帽子
いいね!(0)  |  リブログ(0)
June 14, 2013

instagram。

テーマ:デザイン・思考のもと
$着物でお帽子

昨年の11月からmy365というiPhoneアプリに毎日絵日記を載せていて
ありがたいことにフォロワーがなんと1400人超え、いいねがほぼ毎日200~500くらい
ついて、ちょくちょくコメントもいただくようになってきたのですよっ。
そんなわけで、my365には無事コミュニティを作ることができたようなのなのです。


しかし、お約束のinstagramの方は、もう何年もやってるのに、ぜんっぜん人気なくて
同じ絵載せてるのに、いいねが、毎日20くらいしかつかなくて
あまりに閑散としてるのが切なくて、1月くらいにあきらめて放置プレイに。

ふと、今日覗いてみたらば、なんかめっちゃいいね付けてくれてる人が2名ほどいて
しかもコメントが!
でも全部英語なのっっっ!!

I don't know what it says - but your drawings are always so very cute!!
(ここになんて書いてあるかはわからないけど、あなたの絵はいつもすっごくかわいい!!)

I really like your works:) I wish they are written in English.
(あなたの絵が本当に好きです。英語で書かれてたらいいのに!)

You are very talented. Do you have website?
(あなたは非常に才能があります。Websiteはありますか?)

これらのコメントは二週間ほど前のもので、放置して半年も経ってからこんな風に
見に来る人もいるなんて面白いモノですね。
下二つのコメントをくれたのは、建築とデザインを勉強されてる学生さんらしく
なかなかイケてる投稿をしていて、フォロワーは1000人近くいる模様。

英語で書くのは・・・ちょっと難しそうだけど?んでも、文字なしでも楽しめる絵を
中心に載せて行こうかなぁ、と思ったりするのでした。
生まれて初めてできた、海外のファン(?)のためにw

いいね!(0)  |  リブログ(0)
June 03, 2013

力の抜き加減。

テーマ:イラストレーション
$着物でお帽子

自分の絵、デッサンはなかなかイケてるのに(正確ではないけどw)
本番を仕上げるとイマイチになるなーと前々から思っていた。
でもそんなことありえないし、気のせいだと思いこもうとしていたのだが
ある日、ふっと符に落ちることを言われた。

「陽菜さんの絵は、丁寧に描き過ぎるより、さらっと描いた方が魅力がある」

それから、あまり力を入れ過ぎないように描いてみると、なんだ、以前より
断然いい絵が描けるじゃんか!どうも私は、自意識過剰すぎるんだな。
だから、絵を描くときにも異様に緊張してしまって、線が固くなるんだな。

これも、約一年前にさらさらっとペンで描いたモノにPCで色を入れたモノ。
どうかしら?

しかし、力を抜き過ぎて雑にならないようにせねば。その辺が一番難しいのだなぁ。
いいね!(0)  |  リブログ(0)
June 02, 2013

その人の本質に迫ると言うこと。

テーマ:デザイン・思考のもと
$着物でお帽子

この絵を、iPhoneアプリmy365に載せたら
「イラストレーターは人の顔の特徴をとらえるのが得意そうなのに意外」
だと言われたのだけど、イラストレーターと言っても、私の場合
仕事では似顔絵描かないからなぁ。

実は似顔絵も苦手はないのだけど、相手をよく知らないとムズカシイかも。
だから芸能人とか付き合いの長い人とかは描けるけど、イベント会場で
いきなり描くのには向いてないのかもしれない。やったことないからわかんないけど。

そんなわけで、私の「顔が覚えられない」は初対面限定なんだけど、重症な人は
毎日自分の顔が覚えられなくて、鏡見て驚くんだって!ホラーだ!!

その人の人間性とか味わいがわからないと描けない、というので思い出したのだけど
昔、英語の教科書にピカソとガートルード・スタインの逸話が出て来て、ピカソが
彼女の肖像画を描くことになったのだけど、ピカソが「あなたを目の前にすると
自分はあなたを見ることができないので、描けない」と言った、と言う話。

訳を当てられた男子は、その理由を問われて「ピカソが、スタイン女史を
好きになってしまったから」と答えて、クラスの爆笑を買ったのだが、本当の答えは
「本人を目の前にすると、その人の本質を見ることができない」
と言うことなのだったのだよね。で、ピカソは一人で絵を完成させたのだけど
その絵の評判は決して良いものではなかった。でも、スタイン本人は「今までの
肖像画で一番自分らしい絵だ」と満足していたのだそうだ。

なんか今はそのピカソの気持ちがわかる気がする。(厚かましいけどw)
いいね!(0)  |  リブログ(0)
May 31, 2013

間違い探し。

テーマ:イラストレーション
$着物でお帽子

GWに東京に行った時に、年末に行う展示の件で、イラスト仲間に会ったのですが
場所が神保町でした。

何度も足を運んだことがあったはずの神保町。
でも、実際は大通りしか歩いていなかったんですね。
一歩裏通りに入ると、こんなに渋い通りだなんて!

何をいまさらと言われそうですが、私にはとっても新鮮な驚きで
待ち合わせ場所の画廊(そう、ギャラリーではなくまさに画廊)までの道すがら
写真に収めたこの風景。


絵に描いてFBにUPしてみました。

そしたらば、たくさんの反応があって驚き!私のFBの「お友達」は
やはり出版関係者の方が多いのですが、それだけにみなさん、神保町には
思い入れが深いんですね。


ところで、この絵には実は間違いがあります。それはどこでしょう?
わかるかなぁ?w
いいね!(0)  |  リブログ(0)
May 23, 2013

イラストレーションの世界を旅するということ。

テーマ:イラストレーション
$着物でお帽子

こんまりさんの本にしたがって、どんどんモノを捨てて行っております。
自分の描いた絵も例外ではなく、今見て「ときめかない」絵は容赦なく行きます!

捨てるために広げていると、思いがけないモノにたくさん再会します。


2006年を境に、描くモノがガラッと変わりました。
書籍の仕事を始めたのもこの年だし、絵のスクールに通ったのもこの年。
今思えば、この時点では「イラストレーション」というものを
ちっともわかってなかったような気がします。

では、2006年より前はどんな絵を描いていたかというと
ボタニカルアートやチャイナペイントという、「ちまちま」ひたすら細かく
花や風景などを描き続けるようなものをやっていたのです。

自分がまさかプロのイラストレーターになるとは想像もしていなくて
植物画やチャイナの先生にでもなれればいいかな―と漠然と考えていました。
(実際、先生からはなれると言われていました。)


でも、やっぱり2006年にすべてが急に変わったわけではなかったのだと
この絵を見ていて思います。

その二年前の2004年当時、植物をちまちま描くことに疲れてしまって
さらっとした絵が描けるようになりたいと、水彩画を習い始めたのでした。
でも習慣で、どうしても細かく描いてしまう訳ですが。


そこから脱却して、自分のオリジナリティを確立するための旅に出たのが
2006年だったのかもしれません。今もその旅は続いています。

ただ、植物を正確に描くことだけを考えていたあの頃との大きな違いは
よいイラストレーションとは?私にしか描けないものとは?といつも
問いかけ続けていることでしょうか。
いいね!(0)  |  リブログ(0)
May 22, 2013

星の王子様。

テーマ:イラストレーション
$着物でお帽子

2011年までは絵本の制作にいそしんでいた私ですが
ここ数年はご無沙汰。

絵本風なやさしいイラストは、得意としているところではないか
と思う訳ですが、逆に毒が足りないのではないかとはずっと言われ
自分でも思い続けているところ。

フォトレーションが思いのほか楽しかったのと、コントラストの
強い写真によって、毒というか、何か足りないモノがたされる感じがして
これで絵本風にもっといろいろ描いてみたくてたまらなくなりました。

それで、いろんな絵本やら資料をひっくり返していたのですが
これ「星の王子様」読んだ途端、その世界にとっぷりはまってしまいました。

(実はこれ一週間ほど前の話なんですが、まだ余韻が残ってます)

これ、もっと子供だましなカワイイ作品だと思っていたんですね。

それって「星の王子様」ってタイトルのせいなんじゃないのかなぁ。
現題のプチプリンスってのは、小さい王子様って意味じゃなくて
小さな国の王様=大公って意味なんですよね。

でもまぁ「王子様」だから、切ないお話なんだともいえる。
小さな星といえど「王様」だと、立派な大人感があるから
最後がここまで切なく哀しくならないかも。


とにかく、キツネが言うように、大切なモノは目に見えないモノだし
「仲良くなる」のは、他とは違う特別な何かになる事。なんですよね。

私が飼う猫は、どんなに不細工でも、世界で一番可愛い猫なんだろうなぁ。
私の描く絵は、今は私にとっては特別だけど、いつか
たくさんの人にとっての特別になれるように。

頑張ろう。
いいね!(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。