○羊の編みぐるみを掲載
していただきました。
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー






ご訪問、ありがとうございます。



    

はじめまして。hitujiです。


かぎ針編みのひつじ雑貨やニット小物を製作しています。

ほっこり・心癒される・かわいい羊グッズを作れたらと思います。

そして、いろいろな方と交流できれば嬉しいなと思います。


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

        

        <雑誌掲載>

       

         $かぎ針編み・ひつじ雑貨でほっこり一息しませんか?

        

『ニットマルシェ vol.13』に掲載していただきました。


ヒツジ作品カタログ・ショップは・・・hitujiショップ よりご覧いただけます。  


ヒツジ作品についてのお問い合わせ・オーダーは・・・お問い合わせフォーム よりどうぞ。^^

ヒツジ新作情報などのメルマガは・・・メルマガのご登録は、パソコンの方はこちらから。
                   
                携帯の方はこちらから。









1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-09-21 15:09:41

アキさんからの言葉で心が変わった。

テーマ:お気に入りブログ

こんにちは。hitujiです。

 
こちらは、無事に台風が去り、水も引きました。
木も折れてなくて、なんとか立て直すことができました。
 
***

 今日は、ずっと感謝を伝えたかった方について。

メレアキさん

子育てや将来に希望が持てず、一番悩んでいた時期に、アキさんのブログを知りました。


アキさんとの出会いでした。


ブログやスカイプ、自分軸プロジェクトの講座など、たくさんお世話になりました。


 アキさんのいろんなところから影響を受けたので、何を書いていいか迷うくらい。


今回だけでは書ききれないので、少しずつ書いていこうと思います。

{8ED0F243-4A16-43C9-BE35-A969800536D3:01}

 若い時にパリに立ち、世界中の女性を幸せにしているアキさんの姿や生き方。女性として、ほんとに憧れてます。


 最終的に、アキさんに会いたくて、セミナーに参加したこともあります。


 外国人のような顔立ちのきれいな方。白いジーンズをすらっとはきこなされていて、颯爽とした雰囲気が素敵でした。

 何よりお話していると、エネルギッシュで言葉に輝きと力があり、あるものすべてを惜しみなく与えてくれる方でした。

また、思いを引き出せるよう歩んでくれる方でした。


私は、アキさんのブレークスルーコーチングで、『3か月後、どうなりたい?』と聞かれた時、


なりたくない自分はよくイメージできるのに、なりたい自分がなかなかイメージできないことに気づきました。


 ただ、アキさんと、なりたくない自分でいる時の色のイメージや自分の表情をイメージすると、声のトーンまで落ちていることに気づかされました。


 決断とは断つと決めること

アキさんの言葉で、なりたい自分になると決める。同時に、なりたくない自分になる道を断つ。

この潔さが大事なんだと思いました。


3か月後の自分がどうなっているかの分岐点は今なのだということ。

今の選択(今からどう過ごすか)が未来を作ることに気づかされました。


『できない』という思い込みが行動することにブレーキをかけていたこと。 

 思い込みが現実を作ってしまうこと。

一度、うまくいかないことがあると、もうダメと全てに対して否定する自分がいたのです。やってみなければ分からないのに。


今の自分は自分が選択してきたこと。何を選択するかは自分次第であるということ。自分の人生に責任をもつこと。

アキさんの言葉、行動、姿から沢山学びました。


ありがとうございます!


次回は、めしょんさんのKOTOBAスクールの3か月前に受講したメレアキさんの自分軸プロジェクトからの学びを書きたいと思います。


メレアキさんの出会いからすべては繋がっていたと感じることになります。


私を変えてくれたメレアキさんのブログはこちらから(^^)

読んでいただき、ありがとうございました。

hitujiでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-20 22:26:20

もう立ち上がれないと思ったら。

テーマ:子どもからの学び
こんばんは。hitujiです。
台風が来ていましたが、みなさんのところは大丈夫だったでしょうか?

私のところは、昼からの雨と風で、夕方には、うちの前の道路が冠水して、川のように流れてました。

水が引かないかなとヒヤヒヤしてました。

今は雨もやみ、一安心です。

{7EBA953A-34FD-4AAA-9862-D8987D1983D9:01}

(花壇にある木の一つ。今年、やっと楽しみにしていた花が咲きました。)


でも、ショックなことが!


庭の木が2本、倒れてしまったのです。

そのうちの一本が、ほんとに私の好きな木だったのです。

ドドナエアという木で、
葉の色も季節で変わり楽しませてくれる。

立ち姿もきれい。

葉っぱもしゅっと長くて、ステキ。

もう一本もミモザで、葉の形が丸くて、銀葉のかわいい木でした。

台風前から、用心して、棒で支えたりもしていたけど…

この植えた場所が風の通る場所で、2本とも、木の幹が細かった。

だから、仕方ないことなんですが、落ち込んでました。

晩ごはん時に、私が3才の息子に
『雨と風で、木が倒れちゃってね』と言ったら、

『すぐなおるよ』『またなおせばいいよ』

と『なんくるないさ♪』くらい明るい声。

私は、『ありがとう』と言いつつ、
心の中で『そうなんだけどね…』と思ってました。

でも、待てよと。

たしかに、木が倒れたら立てるしかないよねと。

倒れたままにしておいたら、ずっと倒れたまま。

立てたら、元気になるかもしれない。

とにかく、倒れたら立てる。


人もそうだ。

何か落ち込むことがあって、もう立ち上がれないと思う時がある。

自分を責めてしまう時もある。

疲れるほどに泣いて泣いてしまう時もある。

何もする気力が起きなくなる時もある。

そんな時があってもいい。

気持ちを整理すること。
気持ちを全て出し切ること。
心も体も休めること。

それも大切。

だけど、立ち上がらなければ倒れたまま。

どこかで気持ちを切り変えること。

どん底まで行ったら、あとは上がるしかない。立ち上がるしかない。

倒れた木と同じで、立ち上がっても元気になるかどうかは分からない。

ただ、倒れたままでいるよりは、動くほうが物事も動く。

やってみなければ分からない。
手を尽くせることは尽くしたらいい。

あとは神頼み…

なんの解決にもなってませんね(^_^;)

それでもいい。精一杯やったのなら。

…と、息子の一言で思った母でした。

明日、息子が幼稚園の間に、木を立て直しまーす。

立て直したら、今度は写真も撮っておこう。今まで見るのが当たり前で、撮っていなかったから。。

読んでいただきありがとうございました。

hitujiでした。
























AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-19 16:01:39

”終わりが先か始まりが先か”

テーマ:KOTOBAスクール

こんにちは。hitujiです。

 

夏の終わりを感じ、少しさみしくなっていた私です。

 

秋は、とても好きな季節です。

私の大好物の栗が食べられたり、気候が気持ち良かったり、何かやる気になったり。

 

ただ、なんとなく気持ちがせつなく?なる感じもするんですよね。

 

たまたま、KOTOBAスクールで出会った素敵な仲間 なおみさんのブログを読んでいたら、

終わりもいいものだなあとワクワクしてきましたよ。

 

なおみさんの言葉は、私の心をほっこり和ませてくれたり、笑わせてくれたり、楽しくて目が離せない私です。

 

なおみさんの素敵な言葉、よかったら読んでみてくださいね♪

きっと、あなたも言葉の力を感じると思います!

 

読んでいただき、ありがとうございました。

 

hitujiでした。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-09-18 23:12:20

勇気が湧くひつじのお話 ❤︎ 第3話

テーマ:勇気が湧くひつじのお話

〜第3話《お月見》〜

*・★.・*・★.・*
 
今夜は、1年に1回のお月見だ。
 
ひつじたちは、大地に『いつもありがとう』とお団子を作るのだ。
 
メイコが空を見上げる。
ピンクの夕やけから、うっすらお月さまが顔を出していた。
 
ひつじのママとパパは、お団子作りに大いそがし。
 
メイコやメー吉も、お団子を丸めた。
『わーい!お団子ができた!』
 
メイコのママ
『メイコ、メー吉。お団子をあそこに置いてきてくれる?ママたちもあとで行くから。』
 
『メー!』
2匹は、ワクワクしていた。
 
メイコ
『今夜は、一番きれいなお月さまが見られるわね。たのしみ♪』
 
メー吉
『そうだね!ぼくは、お団子がたのしみ。あーん。』
お団子を食べようとしていた。
 
メイコ
『こら!メー吉!』
メー吉からお団子をとりあげた。
 
メー吉
『あ…。そうだ!ママたちが来るまで、山のうさぎさんのとこに行ってみようぜぃ』
 
すぐ近くに、小さな山がある。『うさぎ山』だ。
夜になると、いつも、2匹のうさぎがおもちをつくのが見える。
晴れの日も。くもりの日も。寒い日も。暑い日も。
 
メイコもいつも気になっていた。
『そうね!行ってみましょ』
 
メイコとメー吉は、茶色のすっと伸びたススキがゆれる草原を走り、山へ入った。
 
メイコは、ブルブルふるえた。
『暗くてこわいわ。うさぎさんのとこに行けるかしら』
 
メー吉
『大丈夫さ。あのお月さまだけを見て。まわりをみると、こわくなるよ。あそこにうさぎさんがいる』
 
『お月さまの光が、ぼくたちを守ってくれるよ。お月さまの光がぼくたちの光になるんだ』
 
メイコ『そうね。お月さまは私たちの味方ね』
 
メイコとメー吉は、お月さまをめざし、暗く細い山道を走りぬけた。
 
うさぎ山に着いた。
ホッとした。
 
『ペッタン、ペッタン』
 
山のてっぺんで、2匹のうさぎがおもちをついていた。
 
ふっくらした真っ白なうさぎだった。
うさぎのじぃじとばぁばだった。
 
いつもは月明かりにうさぎさんの黒いかげが見えるだけだった。
 
ひつじたちの中には、『黒いおばけ』とおそれる者もいた。
 
メー吉『こんばんは。お月見なので、あそびにきました!』
 
うさぎたちは、もちをつく手を止めた。
2匹のうさぎは、ニコニコしていた。
 
うさぎのばぁば
『勇気のある子たちね。よく来てくれたわ。みんな、山をこわがって来ないのよ』
 
うさぎのじぃじ
『わしたちは、黒いおばけとこわがられてのう』
 
ばぁば
『さあ、そこにおすわり。おもちを食べていきなさいな』
 
メイコとメー吉は、山の上にすわって、ビックリした。
 
目の前に、どーん
まんまる大きなお月さまがみえた。
 
メイコ
『こんなに大きなお月さまを見るのはじめて!ほんときれいね』
 
メー吉
『ほんときれいだなあ。ここで、おもちを食べれるなんて幸せ』
 
うさぎのじぃじとばぁばは、もちを葉っぱのお皿に入れて持ってきた。
 
『さあ、めしあがれ』
『いただきます!』
 
おもちは、ほかほかしていた。つやつやでぷるんとしていた。
『わあ!ありがとう!おいしそう』
 
メイコはずっと気になっていたことを聞いた。
『どうして、うさぎさんたちは、いつもおもちをついているの?』
 
メー吉も言った。
『そうだよ〜こんなきれいなお月さまが見えるなら、夜はゆっくりしたらいいのに』
 
うさぎのじぃじ
『いつもありがとうと伝えたいから、いつもおもちをついているんじゃ。』
 
うさぎのばぁば
『お月さま。お日さま。大地。私たちは、みんなのおかげで生きているの』
 
メイコ『お月さまがいなければ、ここまで来れなかった。』
メー吉『お日さまがいなければ、何もみえない。食べ物も育たないや』
 
メイコは思った。
うさぎさんのもちつきは、『いつもありがとう』のメッセージだったのだ。
 
暑い日も。寒い日も。
どんな日もおもちをついていたうさぎさんの姿を思い出した。
 
お月見の日も、それ以外の日も、みんなのおかげで生きてる。
毎日がキセキだ。
 
『今日もありがとう』
と言いたくなった。
 
『わしたちには、みんなに伝えていく役目があるんじゃ』
 
メー吉『カッコイイな。思いを伝えつづけること』
メイコ『ステキね。私もうさぎさんたちみたいな大人になりたいな』
 
うさぎさんの言葉やおもちをつく姿に、勇気をもらった気がした。
 
うさぎのばぁば
『さあ、今夜はお月見よ。みんなでおどりましょ♪』
 
メイコとメー吉、うさぎのじぃじとばぁばは、一緒に飛びはねた。
『ぴょーん!』
 
この頃、メイコとメー吉のママたちもお団子を食べていた。
『2人とも、どこに行ったのかしら』
 
お月さまを見た。
ママたちは、目を丸くした。
うさぎのかげとひつじのかげが飛んでいるのが見えた。
 
 
『あら、メイコとメー吉よ!』
 
ママたちは、月かげのメイコとメー吉を温かい目でながめた。
『あの子たち、少し大きくなったみたい』
『うさぎのじぃじばぁばのおかげね』
 
おしまい♪
*・★.・*・★.・*
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2016-09-14 00:10:33

迷いや不安を吹き飛ばす方法

テーマ:迷いや不安があるあなたへ
こんばんは(^^)hitujiです。
先週から、❤︎勇気がわくひつじのお話❤︎を書いてみました。

みなさんが、少しでもほっこりしたり。
勇気がわいたり。
前向きになれたり。

そんな風に感じてもらえたら嬉しいです。

今、イラストもペイントで練習中で、もう少し技術が上がれば(^_^;)
お話と共にのせたいと思います♪

☆☆☆

『やってみたいけど、どうしよう』
『やってダメだったら…』

一歩踏み出すことに迷っているあなたへ。

迷ってもいいのです。
ダメでもいいのです。
一歩踏み出してみることが大事です。

私は、一歩踏みだしたことで、後々、ひつじのお話の2話目が思いつきました。

私が一歩踏み出したこと。

9月始めの絢香のライブに行ったことでした。


{AC0FCD0F-F2F7-41B5-BB2B-84B32A3543D3:01}


ほんと、小さなことですが、行ったことないライブに行くのは勇気がいるものです。
(小心者です)

絢香が10周年のベストライブをやるとのことで、友人を誘い、応募してみました。

一発、当選でした。やった!

一人でこわいことは、誰かと一緒に踏み出したらいいのです。(ほんと小心者の私)

たいていの不安は、その場所に身を置いてみれば、吹き飛びます。

私の場合は、会場についた雰囲気ですでにテンションが上がってました。

何より、ライブに行ってみて、味わえることが沢山ありました。

ライブでの生歌や演奏の臨場感。
絢香は、CDで聞くよりも、声が太く、声量がものすごくあり、大迫力でした。

ライブ会場の一体感。

ライブの自然に体が動く感じ。

ライブならではの、トーク。
絢香は、関西弁でかわいい感じでした。
などなど…。


絢香の『はじまりのとき』という曲。
病気休養中に書いた曲で、

『悲しいことも辛いことも無駄なことは何もない。勇気を出して、はじめよう』という想いがこめられているそうです。

(絢香の言っていた言葉そのままではないかもしれませんが)

こういうお話も、ライブに言って初めて知ったことでした。

他の曲も聞いて、絢香の歌は、前を向いていこう、勇気をもって進もういう想いが伝わってきました。

このライブに行かなければ、気づかなかったことでした。


私がとても響いた歌詞。
絢香の『にじいろ』から。
〜〜
なくしたものを数えて
瞳閉ざすよりも、
あるものを数えた方が
瞳輝き出す
〜〜

〜〜
あなたが笑えば誰かも笑うこと
乗り越えれば強くなること
ひとつひとつがあなたになる
道は続くよ
〜〜

絢香の姿とライブで気づいたこと。

行った人にしか分からないことがある。
(いった=その場所に行った)
行った人にしか分からないことがある。
(おこなった=行動した)

ちょっと分かりにくいですね(^_^;)

乗り越えれば、どんなことも今のあなたのためになる。
勇気を出して、一歩踏み出してみよう。


『私の夢は、おばあちゃんになっても歌い続けること』

そう言っていたのが、かわいかったです❤︎

読んでいただき、ありがとうございました。

あなたにとって、ほっこり心温まる毎日となりますように。

hitujiでした。











いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。