2006年11月20日 00時16分46秒

デイ・アフター・トゥモロー

テーマ:映画
ポニーキャニオン
ドニー・ダーコ
タイトルはデイ・アフター・トゥモローで、テレビでやってるの見たんですが、別に親父が助けに行く必要は無かったんで、ドニー・ダーコの話をします!!

この映画は超究極リバースムービーと銘打たれておりまして…、いや、意味が、全然、分かりません。

でも、ちょっとなんか良かったです。忘れられません。ジェイク・ギレンホール見ると (あ、そういう名前なんだって今知ったんですが…)、この映画の事思い出します。

なんか、このネタ書いた気がする…。

気ぐるみのウサギが出てきて、話しかけられて、衝撃のラストを迎える話です。

アマゾンのレビュー評価が、何気に高いのが気になります。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年10月21日 20時06分43秒

パズラー

テーマ:映画

パズラー ビデオメーカー
パズラー
微妙に更新していますが、まぁ、最近は胃炎に苦しんでいます。

オレは SAW みたいな映画が見たかったんだよ。アマゾンのカスタマーレビューに良い事が書いてあります。

そろそろホントに面白かった映画のレビューを書こうかと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006年09月25日 03時06分54秒

JIGSAW

テーマ:映画
ビデオメーカー
JIGSAW ジグソー ~EYES OF CRYSTAL~
2004/イタリア
あんまり良くない。というか、かなり良くない。

ルームメイトが意味も無く怪しかったり、意味も無い描写があったり。

殺されてしまう女医の今夜の予定を偶然にも聞いてしまったり、偶然できたあざのおかげで助かったり…。

も~、雑だなぁ…。

なんか日本の映画で、ちょっと小説でヒットして、でっちあげで作ってしまった映画の様でした。残念。

つか、これで \.5040って高過ぎ…。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005年06月06日 01時01分46秒

ロスト イン トランスレーション

テーマ:映画
見た事多分無いけど、巨匠コッポラの娘、ソフィア・コッポラ監督作品ロスト・イン・トランスレーションを見てみました。CM 撮影の為に日本に来た映画俳優と、夫の仕事にくっ付いて日本にやってきた妻が出会う話です。

私は常々、中身の無い話、先に進みそうで進まない話が好きだと言ってきているのですが、まぁ、そんな話でした。

新宿と渋谷が舞台で、なんか良く行ってるところなのに、カメラを通してみると、なんとなく違った風景に見える。外国人から見た視点で見ている自分に気が付く。これが感情移入から来る先入観で無く、脚本と技術でそう見せられているならすごい事だなぁと思った。結構、外国の人の撮った日本って偏ってたり、間違ってたり、一部をクローズアップし過ぎて変になってたりするけど、現実に近いというか、自分の見えてる東京に近かったと思いました。

友達の知り合いに外国の友達がいて、前にちょっと会った事があるんだけど、なんかその人もこんな二人の雰囲気を持ってました。退屈と不安とノリとがないまぜになった感じ?なんかそういう行間が良く撮れていたと思いますよ。勝手にそう見てるだけかもしれませんが…。他の映画批評見ているとこんな日本は無いとか、コメディとか書いてありましたけど、私はそうは思いませんでした。なんか、こういう雰囲気を見た事がある様な気がする。

描写が多いので、勝手に想像してしまう効果もあるのかもしれません。全体的にセリフ少な目ですし…。
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005年06月06日 00時30分33秒

デンジャラス・ビューティー

テーマ:映画
今度2も DVD で発売されるサンドラブロック主演デンジャラス・ビューティー を見てみました。

サンドラ・ブロック扮する FBI 捜査官ハートが、ミスコンに潜入操作する話です。

子どもの時のシーン、いじめっこをコブシで撃退し、いじめられっこの方に告白するのですが逆にフラれ、やはりコブシを見舞ってしまう。そんな描写から始まって、ツカミは結構OKでした。

次のカットもロシア人のなんかの取引現場をおさえるシーンで、展開もいい感じ。まだまだ、ミスコンが出てきません。

まぁ、いろいろあって最初はブサイクなのですが、美人に改造されてミスコンへ参加。…と、この辺までは良かったのですが、おおーいっ、そろそろアクションが欲しいぞっ!てな感じで、中盤ぜんっぜんアクションの無い空虚な時間が過ぎていくのでした。

ジャブの様なユーモア(?)はそこかしこに詰められていて、また、展開も良いので見れない事は無いのですが、ミラ・ジョボビッチばりのアクションを期待していた私達としては、ちょっと表紙抜けした感じでした…。まぁ、勝手に期待してる私達も悪いのですが…。てか、じゃあデンジャラスじゃねーじゃねぇかっ!?って思っていたのですが、原題は Miss Congeniality でして、あぁ、なんか勘違いして見てた?って感じですね。ミニミニ大作戦 の逆を行く感じとでも言いましょうか、まぁそんな感じです。

まぁ、サンドラ・ブロックが可愛かったので良しとします。

と思っていたのですが、先週金曜ロードショウでやってたんですね…。DVD をわざわざ借りてしまいました。無念。
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005年05月29日 17時52分34秒

ヴィレッジ

テーマ:映画
『ヴィレッジ』を見てみました。シックス・センスの監督作品という事で、結構怖いかなぁと羊姫とビビリながら見ていましたよ。昨今のホラー映画って、コマーシャルだけで十分うなされてしまうくらい怖いじゃないですか。そんな中、羊姫は大の怖がりなので、中々ホラー映画を見てくれないのですが、まぁ、ヴィレッジくらいだったら大丈夫でしょうという事で、借りてみました。

以下、感想、ネタバレを含みます。

実はあまり怖く無かったです。要所要所でビビらせるところは数箇所あるのですが、シックス・センス程、センセーショナルな怖さじゃないって言うか、そんな感じです。

主人公達の村は森の奥深くにありまして、自給自足で生活していますが、森には「語ってはならぬ物」、いわゆる怪物が住んでいまして、村人と怪物お互いに協定を作り不可侵の関係を保っていました。

で、最初は森の中から気配がしたり、咆哮が聞こえたりして、禍々しい感じを醸し出しているのですが、中盤普通にこの怪物が村を襲いに登場します。これがまたなんか引っぱるだけ引っぱって、普通に登場してくるので、なんか拍子抜けしたというか、「じゃあ、戦えよ」 みないなツッコミが入りそうでした。なんか CM だと見えなさそうじゃ無かったですか?敵って…。

で、まぁ、いろいろとありまして、町に薬を取りに行かないとならない状況になってしまうのですが、主人公の盲目の少女(?)が深い森を歩いてくわけなんですよ。「なんで?親父が行けよっ!」 と羊姫からするどいツッコミ。また、最初は村の男集が2人付いて行くのですが、途中でビビって帰ってしまいます。「男としてありえないっ!おかしいっ!」 とは、羊姫の談です。

悪口はそのくらいにして…、総合的な感想ですが、上品なロジックのお話を突きつけられた感じ?そんな感じですね。シックス・センスの時もロジックがあって、ネタというか、えーっと…、タネ明かしの妙技というかは、かなり冴えていました。そのあたりが、この話の楽しみ所なのかと思います。なんでっ?っていう見ている人の引き付け方と、その答えが上手くて良かったです。まぁ、上手すぎるので、というか、なんか上品過ぎて逆に腑に落ちない感じなのかもしれません。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005年04月28日 23時45分16秒

花とアリス

テーマ:映画
岩井俊二監督の『花とアリス』 をやっと借りる事ができました。ウチの近所の TSUTAYA には何故か、1本しか無かったので。

さすが岩井氏の作品という事で、絵は本当に綺麗でした。内容は、よく分からなかったと、羊姫が言っていますが、まぁ、私もあんまし分かりませんでした。

KitKat の CM の企画で、映画製作がされたのですが、殆ど、KitKat が出てきません。ホンの一瞬でした。そして、あれは、KitKat だったのだろうかと、思案する感じでした。

岩井氏の作品は、もうずっと前に見まして、衝撃を受け。毎回毎回フシギな感じになって行くなぁ…と思いながらも見なければいけないという、使命感があり見てしまいます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年04月27日 02時27分22秒

キューティーハニー

テーマ:映画
佐藤江梨子のキューティーハニーをやっと見ました。監督は庵野秀明氏で、オープニングはかなりの飛ばしっぷりで面白かったです。

但し後半に行くにつれてボルテージは下がって行った気がします。まぁ、一応最後までみれましたけど。

佐藤江梨子氏の演技もなかなか堂に入った物で、その演技っぷりも面白かったです。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年04月04日 01時33分39秒

コラテラル

テーマ:映画
 
タイトル: コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション

トム・クルーズが悪役のサスペンスって理由だけで見ました。まあまあ、面白かったです。

タクシーの運転手が、殺し屋を乗せてしまい、事件に巻き込まれるという話。「コラテラル」は巻き添えの意。

タクシー運転手は本当に良いヤツで、トム・クルーズ扮する殺し屋ヴィンセントが、徐々に心を引かれていく姿を描きたかったらしい。監督のマイケル・マンは。

見所はコヨーテと、コヨーテが出てきた後のトム・クルーズの顔。もう、すごい顔してましたよ。あとは、椅子に注意。そんなところですね。

全部は見なかったけど、監督のマイケル・マンが映画にあわせて音声・字幕で、解説をしてくれるモードがある。DVD のタイトルで変更が可能。これが何気に面白くて、暇だったら映画が終わって、また2時間、見てしまいそうだった。2時間しゃべり続けているのかと思うと、ちょっと衝撃的ですが…。

全体的には、やっぱり、まあまあですかね。もっとドンパチがあったら面白いのですが、ちょいメンタルよりの映画でした。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005年03月14日 03時01分29秒

SAW

テーマ:映画


タイトル: SAW ソウ DTSエディション

ネタバレの可能性がありますので、もうホントなんの先入観も無しに見たいという人は読まないで下さいね。

…というわけで遂に SAW を見ましたよ。痛い痛い、怖い怖い映画でした。羊姫が大変ショックを受けられている様ですので、あんまりみなまに書いてしまうと、彼女もこのページを見ていて、思い出させてしまうので細かい描写はさっぴきます。

さて、前情報だとずっと公衆トイレの中で物語が進んで行くのかと思っていましたが、違いました。犯人を追う刑事さんの話がサブストーリーとして展開してまして、これも物語に味を加えてますよね。ずっとトイレの中だと、2時間もたすのに大変だなぁと思ってました。

あとは全体的にざっくり作られているような気がしました。なんというか、時間背景とか設定とか付いていけない所とかあった様な気がします。ストーリーに頑張って付いていかないと置いていかれるみたいな…。

ストーリーの序盤で、アダムが何の情報も無しに名前を聞いただけで、妻子の事を心配したりしますが、これって前から知っているって事の布石ですよね。でも、それがつっこまれる事が最後まで無かったり…。そんな感じで随所にストーリーのトリックみたいな物が見られるのですが、その種明かしが少ない気がしました。また見たくなるという気持ちを助長させますが、なんか若干押しに欠けるような…。

まあ、そうは言う物の結構面白い部類に入る映画だと思います。いろんな人の批評と同じ様に、あの終わり方はどうなんだろう…、と思いながら。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。