hits-keyの先天性PTSDってヘンですか?

先天性PTSDの たにぐち"hits-key"明生が,うつ病や依存症などと言われる症状をはじめとした 心の問題の対処法を語ります。宗教を科学的に解明します。宗教は「本物です」。そして、人生に必要です。また,独特の切り口で社会問題をみていきます。


テーマ:
いまのひとたちは、生きるのに必死だから溜め込むのです。
生きられないのが怖いから、溜め込むのです。

運動もしていないクセに、肉をガツガツ食いたがる。
足腰が立つクセに、己の脚で移動しない。
カネをケチって溜め込もうとし、少しでも安く買おうとし溜め込む。

そうやって、経済が、全員が失敗していることはもちろん、
自己自身もやられちゃってます。

これは、いわば「精神障害」であって、「メンヘラ」です。
日本人全体が精神障害なのであって、誰かが精神障害者なのではありません。
常識とか社会通念とか普通とか言われているものが、狂っているのです。


そもそも、そんなに生きるのに必死だけど、なんのために生きてんですか?
どうせ必ず死ぬのに?
ハッキリ言って、自分のことなんてどうでもいいんじゃないですか?


みんなが自分を相対的にみつめなおすことができていたら、こんなにひとりよがりな世の中にはなっていません。
ひとりに重荷が集中することもないし、抱え込むこともありません。
過労とか起こらないし、一方的にハラスメントを受けることもないし、いじめもないし、
わざわざ自死することもありません。そんな必要ないし。

たとえば過労だって、世の中全体のワークシェアリングが機能していれば起こりません。
ところがいまん世の中は、過剰労働と雇用不足が同居してるじゃないですか。なにそれ。

たとえばいじめだって、加害者のほうがメンヘラで、そして彼らがメンヘラになったのにもわけがある。
それがわかっているから、被害者のほうは一身に、自分のところで負の連環を断ち切ろうとするのです。

たとえば自死するのだって、直接原因の多くは、健康上の理由や経済上の理由とされていますが、
直接原因がなんであれ、実際には原因が総合的にからみあって、いよいよ生きていけなくなったときに死にます。
生きられないということは、死ぬということです。ただそれだけの事実です。
なんで、ひとりんとこに、生きられなくなるほどの事情が集中して、抱え込まなくちゃならなくなって、溜まるんでしょう?

みんなで、みずからの荷物を共有して背負って、消化する、昇華するということをしなければなりません。

ところが、いまのひとたちはなにかにつけて、ひとりで溜め込もうとします。
そうやって、偏って、蓄積して、焼け太ります。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 治療方法へ にほんブログ村 科学ブログ 人文・社会科学へ  
PR

[PR]気になるキーワード