テーマ:

昨日19時に会社を出発

その前に…土砂降り

う〜ん

ということで、迷っててもしょうがないので

車で会社まで一瞬考えたけど

もし、雨だったら

どうせ濡れるし…ということで

 

まあ、出発前は

こんなに元気

でも、終わり間際には

みんなして

うなだれることに(笑)

 

20時前には桜島フェリーを降りて

いざ桜島を

フェリーのおっちゃんも応援してくれ

写メまで撮ってもらい

 

雨も上がりまずまず

みんな勢いよく

60キロほどの地点で晩御飯を

ここまでは

みんないいペースで走って

 

しかし

ここから地獄が待っていた(笑)

ひたすら15キロの登り

まずは、Oくんが、そしてBくんが

大幅に遅れだし

 

霧島神宮に着いたのは0時

そこから御池に行く道もダラダラと登りで

段々と遅れが

しかし、みんな下りは得意そうなので

そこで挽回

小林についた時には、予定通りの2時に到着

 

ここからが最難関

20数キロひたすら登り

しかも

 

標高1200メートルのえびの高原目指して

 

勢いよく飛び出したOくん

予想通り撃沈

ここから1時間単位で遅れ出す

頂上まで数キロでSくんと先にたどり着いたのが4時

みんながたどり着いたのが4時半から5時

 

10キロの登りざか

確かに私でもきつかった(汗)

 

路肩でライト点滅させて仮眠を

その寒さと

でも、オリオン座などの星空の綺麗さ

これに感動しつつ

ようやく、みんな揃い

改めて

 

あと5キロ

 

ここからは

もう待たずに一気にてっぺんへ

 

20分ほどして続々と登場

寒いのなんのって

汗をかいていたのもあるかもしれないけど

みんなが来る前に

しみじみと景色を眺め

 

もしかしたら

こんな風に

先に登って、みんなを待ってるのかもしれない

一人で

 

HCDも

仁誠塾も

仁プロも

 

違う場所にいて

いろんなことを考え

でも、登ってくる人は登ることしか考えていない

そりゃ

必死だもんな〜

 

走り方が違う?

気力が違う?

リーダーシップ?

 

それも当然あるんだと思う

でも、それって長い歳月かけて培ったもの

 

いくらアドバイスしても

いくらノウハウ教えても

いくら手ほどきしても

 

やっぱり

自分のやり方で

あがいて

苦しんでしまう

 

その開きが数キロで30分、1時間と

210キロで

合わせ4時間近くは

 

待ちじかん(汗)

 

それも嫌ではなく

いつも、そうやって待ってきた

何年も

10数年も

 

待つ

 

のは嫌ではないけれど

待ってもこない時もある

 

道を間違って

そっち行っちゃダメだって言ったのに

行ってしまう

追いかけられない

そっとしてやることしかできない

 

だって、こうやって

信じて登ってきてくれている人らがいること

そして

必ず登ってたどり着いてくれる

こんなスタッフらとずっとやってきた

 

周りの関わる人らも

そんな人だらけ

7年、10年、12年、15年、20年、25年

さらに36年

ずっと、こうして

ずっと、関わっている人らがいる

 

そこから生まれた

ヒューマンケアドリームや仁プロジェクト

 

また、登ってくるんだと思う

また、待っていよう

そう思った

 

ということで

準備不足のBくんは凍えながら

私はぬくぬくと30数キロひたすら下る

 

隼人のセブンを8時30分に出発

 

現地解散(笑)

 

きっと途中から

みんなばらけてしまうだろうと思い

案の定

Sくんとかなり先に

 

ゴールは一緒ではなかったけれど

みんな

本当によくやった

あの上り坂を本当によく登りきった

一睡もせずに

よくたどり着いた

 

きっと

今回のこのブルベは

日常体験できない貴重なものになったと思う

 

あきらめない

一人じゃない

やればできる

 

でも

次回は、もう少し待たないで済んだらなぁ〜

 

9月の誕生日までに

40代最後に

ちょっとした冒険でもするかっ

 

一人旅でも(笑)

 

でも、よく考えたら

私が…一番年寄りで

一番、膝も悪くハンデあるはずなんだけどなぁ〜(笑)

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日は5時30分過ぎには

自宅を出て北九州へ

 

次男との夏のお約束

子供らをスペースワールドにおろして

その足で

 

宗像のFのところへ

 

彼と出会ったのは

宮崎リハ学院の3年の時だから…

 

27年前

 

になる

普通なら、縁もなくなりほとんど会わなくなった

人らが多い中

しかも3年時の1年なのに

こうやって定期的に会ってきた

 

お互い福岡大学体育学部に籍を置いていた

そんな偶然もあるかもしれない

1期後輩ってこともあるかもしれない

お互いスポーツトレーナーをしていた

ってこともあるかもしれない

 

でも、それらすべてひっくるめて

こんな仲にってことなんだと

 

彼の妹が亡くなったこと聞いて

正直、自分もショックだった

まだ何日も経っていないけど

 

いま

自分ができること

 

それがなんとなく見えた気がして

この機会を

たまたま?なのか

偶然?なのか

はたまた

 

必然?なのか

 

約5時間時間を共に

いろんな話をした

 

彼も仁プロジェクトのメンバーの一人

一人を大切に

目の前の人を大切に

コツコツ

 

先日、ケリーさんにも伝えたこと

 

私自身

次から次へと押し寄せる

新たな出会い

そっちにばかり目も、気持ちもいったことがある

でも

うまくはいかなかった

そんな時決まって

 

目の前の

これまでの付き合いのある人

 

忘れてしまう

 

それで多くの失敗をしてきたので

もう、そんなことはしないと数年前に誓った

 

慰める?

そんなことをしに行ったんでもない

彼のこれからを話し合いに行っただけ

 

人生

 

これまで理学療法士、トレーナーという

狭い、小さな領域の中だけで生きてきた

その生きる場を失ったら

何もない

 

そんな不安で怖いことはない

 

だからこそ

彼もプロジェクトに飛び込んでくれた

でも、多くの人は

これまで専門でやってきたこととは全く違うことに戸惑う

戸惑うと

 

動けない

 

そんな彼の背中を押すために

いろんなことが

この数ヶ月会ったこと

 

そんな話をしに

とりあえずは

私のリクエスでもあり、彼の気晴らしに

自宅近くの

 

宮地嶽神社へ

 

神功皇后が祀られている神社

なんか見た感じ

出雲大社?って思えるところも多々あり

不思議な感じ

 

となると

創建1600年以上も前ってこと?

確か14代天皇仲哀天皇が絡んでたっけ?

そのうち調べてみよう

 

ここは

嵐のCMで有名らしい

気持ちいいくらい風が通り

その他7社巡りも

 

その後、宗像大社へ

ここのご祭神は

三姉妹で有名な

 

この方々

 

不思議に思っていること

確か記憶では

素戔嗚尊と天照大神とのうけい(誓い?)により

生まれた三人で

天照大神の息から生まれたんだっけ

 

なぜ?

出雲系と大和系?

 

裏伊勢と云われている

 

そんな歴史に二人で触れながら

 

 

というものを考えつつ

 

彼にかける言葉というよりは

こうやって一緒にいてやること

その方がいいかな?って感じで

 

その後

コメだコーヒーにて何時間も

これから

 

について

 

人生について

仕事について

いろんなことを

 

設計図づくりの手伝い

 

家を作るように

図面を

 

まだまだ

どんな資材を使うか?

どこから持ってくるか?

そんなところで止まっていた

 

設計図

完成図

大黒柱(三つの柱)

 

これが決まれば後は動き出す

 

とりあえず

そのあたりまで

 

まだまだ喪に服していると思うけれど

きっと

前を向いて動き出す

このタイミングで

来週土曜も福岡のモリンダオフィスで

 

7つの習慣実践セミナー

 

これをお願いされている

そこから広島へ

一緒に動く中で

きっと

このタイミングが

 

転機

 

になってくれるだろう

 

今でよかった

そう思える様

お互い50歳も近い

 

でも、変わらず

27年こうしていられること

ありがたい

そう思いつつ別れ

 

子供らを迎えに行き

21時すぎに鹿児島へ

 

もう何もする気がせず

ヘトヘト

そうもいかず

今朝も4時から一気にここまで

とりあえずひと息

 

さて、今夜も

20時に桜島を出発して

明日の朝までに

スタッフら6人と

 

ヒューマンケアドリームブルベ大会?

200キロに挑戦

 

山あり山あり山あり(笑)

桜島、霧島、えびの高原

これらを制覇しに

 

また

これで

みんな一皮むけるかっ

 

事故なくが一番

明日の朝

みんな充実した達成感を味わうだろうな〜

 

さっ今日も1日充実した1日に

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日は、久しぶりに緊張した1日だった

 

10数年まえ

一人で香港とか行っている時には

さほど英語がしゃべれなくても

 

なんとかなる

なんて思って、片言英語で

テーピングのセミナー講師までしていたのに

香港も第二母国語が英語で

ビジネスの話も

 

I have big courage

 

度胸だけはあります

 

なんて言ってしのいでいたけれど

今回は

 

鹿児島へ

モリンダ社の経営責任者のケリーオルセンさん

さらに黄木社長まで

https://morinda.com/jp/shop

昨年の10月東京の本社ビルで黄木社長と約束したこと

初めて来てくださり

感動の1日に

 

1年前

こんな日が来るって思っていたか?

そう

 

いつも言っていた

そのうちくるよ〜会社まで

な〜んて

いつもの

 

アファーメーション

 

また実現した

ケリーの講演

本当に、ゆっくりした英語で

私でも聞き取れるよう

(60%は単語がわからなかったけれど)

 

でも、最初の20分で

涙が出てきた

何に共感したんだろう

 

ハート?

マインド?

想い?

 

感じたし

20年前、世間に知られてもいなかったものを

ビジネスに変えた

何んもないところから

 

なのに

世界で成長率4位の会社にまで

どれだけの苦悩があったか

想像を絶することもあったんだと思う

それでも

ここまで成長させたその

 

想い

 

感じたんだと思う

思っていた通りだった

 

モリンダ社の理念に共感した

黄木社長の想いに共感した

http://shikakenin.exblog.jp/d2015-11-27/

そんなお二人が

わざわざ講演後に弊社に立ち寄り2時間も

時間を割いてくれた

迷った挙句

実は、数日前から頭を悩ませていたこと

黄木社長に通訳をお願いして

おんぶに抱っこ

してしまうか

それとも、自ら英語でも挑戦してみるか

 

怖さはない

これまでも相当な数の外国の人らと

膝を交えてきた(片言で(汗))

 

今回、用意していたもの

 

やっぱり

自分の言葉で話そう

ここにかいてあることは

発音もアクセントもデタラメだったかもしれないけれど

 

自分で伝えさせてもらった

 

次の世代へ

何にこだわり

何を作ろうとしているのか

誰のために

 

伝わったと思う

 

拙い英語だったけれど

真剣に聞いてくれ

真剣に共感してくれ

 

グレイト

 

を連発してくれた

 

別に、そこまで準備しなくてもよかったかもしれない

でも

一生に一度のチャンス

そうも思い

 

私自身、プロジェクトのリーダー

英語がしゃべれないから

そんな思いでお会いしたら

プロジェクト全体の、関わっているメンバーの

可能性を奪うことにもなるかもしれない

そう思い

でも、理解してくれたと思う

涙してくれたと思う

 

だった、私が涙したから

話しながら言語も違う

言葉は伝わってなかったかもしれないけれど

 

想いは届いた

 

しっかし、2メートル3センチ

バスケのトレーナーしている時は

こんな感じが普通だった

なんか懐かしい気もしつつ

 

さらに、弊社スクールにて

若いスタッフやメンバーの質問にも

真摯に対応してくれていた

 

普通ならありえないこと

ありえない

そう思われることを実現していくのも

 

仁プロジェクト

 

compassion

思いやり

 

私たちのチームは、これをやるんです

プロジェクトの概要までお話しさせてもらったけれど

その内容が

モリンダ社がこれから展開することと

考えや構想がほとんど一致

 

やっぱり

全てのシステム

理解できる

 

それを何のために広げようとしているのか

それも

 

全世界の全ての家庭にモリンダの商品を

 

それがビジョン

行き着くところ

 

行けるか、どうかではない

そこへ行こうとしていること

その本気さ

伝わるから感動するんだと思う

 

私は小さかった

鹿児島県内の全てのチームにテーピングの宅配を

トレーナーを

 

その想いには嘘はない

これからも目指していく

それを全国に広めていけたら

 

ケガは減る

 

でも、ケリーさんらは

本気で

みんなの健康を

みんなの経済的安定を

目指している

 

私も、自分のこだわりやプライド捨てて

彼らと共にすると決めたのも

スタッフや関わる人らのそれらを実現するため

だからこそ

始めたこと

 

その分かち合い

それができて何より

そして

何よりも嬉しかったのは

夫婦で参加してくれたSくん夫妻

いつも、広島から穴子やタコ送ってくれる彼

日帰り

二人の新幹線代考えたら

子供らが今日から新学期

その直前まで鹿児島にいてくれた

 

こういう子らの夢も背負っていること

期待を背負っていること

忘れずに

しっかりと

 

残してやりたい

 

その後も会議?みたいなことや

飲ん方?みたいなことをしながら

先に若者軍団を行かせ

合流する予定が

 

Oさんとひたすら語り

気づいたら

もう終わっていた

でも、そこからまた2時過ぎまで

生口ちゃんやてっちゃんや寺ちゃんらと

 

今日も

テツ社長と鹿屋へ走る

寺ちゃんは広島から東京へと

 

自分の収入になるわけじゃないのに

本当に

みんな

 

相手のために

 

これで動いてくれる

そんな仲間

それ自体が

 

財産

 

またケリーさんと黄木社長と約束した

本気で

1万人

やっちゃうよ

○○までに

 

先にアファーメーションしとこっ

 

昨日が

将来何年か後に

 

あの日が全てだったなぁ〜

 

語っているのが見える

そう信じて

今日も全力で

 

明日は熊本から北九州へ(汗)

走るよぉ〜

 

そうそう

ケリーも

この著者のファンで

しっかりと実践していることも分かったこと

それも嬉しかったこと

 

 

でも…ケリー

コヴィーさんに似てる?

 

最後に、ケリーさんと約束した

ケリーさんもロードバイクが趣味らしく

目標達成したら

 

一緒に東京を目指して走ろう

 

そう言ってくれた

そのためにもやっちゃおう

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。