株式会社ひとりのブログ

『株式会社ひとり』代表取締役の足跡


テーマ:
私は

ハロウィンを盛り上げるため

ずっとFlashAirを使い方を考えてきました。

結果的には

TransferJetを採用しましたが

TransferJetをハロウィンで使用していて実感したことは

やっぱり私の使い方ならFlashAirの方が合っている

ということでした。

この写真のように胸ポケットにスマホとTransferJet端末を挿し



デジタル一眼レフで撮った写真をすばやくこの動画のように転送する



それでだいぶスマートなしぐさで転送できるな

と思いましたが

実際やってみて

やっぱ転送時の格好は間抜けでダサかった

こちらのFlashAirのように



撮ったら何もせずスマートフォンに写真が表示されてほしいワケです。


それでもTransferJetを使ったのは

あの渋谷ハロウィンの混雑時でWi-Fiは無理だと判断したからです。


それでも

アプリの工夫次第ではFlashAirでいけるんじゃないか、ってのは

今回のハロウィンを経験してもなお、頭の片隅に残りましたね。


私が今回の件で思ったことがありました。

ハロウィンでFlashAirを上手く使うために色々なアプリを探し続けた中で思ったこと

それは

FlashAirの公式アプリであれ個人でFlashAirのアプリを作っている人であれ

『女の子にモテたい』

という気持ちでアプリを作っている人がいない

ということ。

そのことがすごく悲しかった。


私は過去にEye-Fiを使ってハロウィンに参戦しました

現場ではWi-Fi電波の混雑によりスマホやタブレットになかなか写真が転送されてこない。

それでも写真は撮り続ける

やっとWi-Fiがつながった、と思ったら

今まで撮り溜めた写真データを古い順から転送開始

現場では、いま撮った写真のほうがすぐに転送されてほしいことの方が多い。

目の前に写真を欲しそうな女の子がいるのに

「全部転送されるまで30分待ってー」とか馬鹿な事いえるわけがない。

その点

FlashAirは良かった。

最新の写真を最大表示させることができるから。

しかし

この表示はWi-Fiの電波状況が悪いと表示されなくなる。

私としては

いま表示されているものはWi-Fiの電波が切れてもキャッシュかなんか使って表示し続けてほしいし

最新の写真を表示しつつ、裏ではWi-Fiの電波がつながってる時にどんどん転送をしていてほしい。

表示可能なものだけでも表示しておくことはエンターテイメントの部分で

全部のファイルを自動転送するのは裏方の仕事

で、転送終わったものは(電波が切れても)表示できるようにしておく

これが

女の子にモテる仕様だと思う。

いろんなアプリを観てきたけど

自動転送できます(でも格好良く表示することは考えてない)

とか、そんなのばっかりで

何一つ、モテそうなアプリが無かった。


ここまで私が書いてきたことは技術的に不可能なことじゃないと思う。

実際

FlashAirの公式アプリとFlashAirのWevDAVとFolderSyncというアプリを併用することで近いことはできるから。

ただ、それをかっこよく表示するとなると、両方のアプリの特性をもった1つのアプリが必要になってくる。

いや

もっと単純だ

最新のデータから自動転送すればいいだけじゃないか。

そして、表示も最新の写真を最大表示する仕様でいい。

そう

プログラムを作る人はなぜか当たり前のように

自動転送といえば古いファイルから順次転送させるけど

女の子にモテたい、って気持ちがあれば

最新のファイルをまず先に転送させる、そして表示させる

って思うハズなんだ(そうか?)

そういう意味では

Eye-FiもFlashAirも女の子にモテない。

ただ

Eye-Fiは仕様で、女の子にもてるようにするのはできないけど

FlashAirは努力次第でモテる。

でも

FlashAirを提供している東芝にも

FlashAirで色々アプリとか作ってる人たちにも

FlashAirを使用しているユーザーにも

女の子にモテたい

って気持ちが足りない

今年は、ハロウィンに同伴してくれた方がいました。

その方は

モテたいがために私が工夫した色々な作戦に感心していました。

結果

モテませんでしたけど

そういう気持ちを

FlashAirにも持ってほしい

今のままでは俺はモテない(ん?

今のままじゃハロウィンは

スマホ+自撮り棒

のほうがモテて

デジタル一眼レフ+FlashAir+スマホの必然性がまるでない。

ってのが

今年のシモキタ&渋谷のハロウィンを経験した私の感想です。


え?

ハロウィンでその感想?


やっぱ、FlashAirが好きやねん




こっちもそろそろ修正加えていかないとなあ

http://nepad.shaberizon.jp/index.php/cwi/ipad-tablet.html
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:


街中で撮影してて痛感するのは

短時間で間違えの無いようカメラをセットして撮る

という人物撮影特有のスキルでしょうか。

今回のように

街中で

普通の人を相手に写真を撮る場合

「写真、撮らせてもらってよいですか」

と聞いた後

「ちょっとカメラ出すから待ってね」

とか

「あ、ちょっと待ってね」

とか言うだけで

凄く微妙な空気と間ができあがっちゃうワケです。それで表情が変わってきちゃったりも。

だから

OKもらったらテンポよく撮り終えたいワケですが

そうなると

カメラの設定に時間をかけられないんで

事前にある程度設定は済ませておくもんですが

それでもその場に応じた設定の変更は必要だったりもするんで

今回でいうなら

奥行に対して「絞り」が上手く設定できず

前の人がボケたり、後ろの人がボケたりした写真が多かったです。

今回はほぼほぼ

35mm単焦点F2.8で決め打ち撮影してました。

F4とかに絞る必要があった写真は多かったですね。

ここら辺は

焦らず

間をつなぐ相手とのコミュニケーションとか

そういうのも大事になってくるんですよね。

場の空気が楽しければ

設定を考える心の余裕も生まれたりね。



今回

その間をつなぐために色々用意した小道具もあったんです。

この写真には1つを除いた小道具のほぼすべてが写っています。



さて

【問題です】

用意した小道具の中で、一番、場を盛り上げるのに役に立った小道具はなんでしょう?

1.オモチャの手錠

カンタス 手錠 ダブルロック ハンドカフ ブラック [4802B]

2.ワルサーP38の電子ライター

WALTHER 電子式ガスライター P-38 マットシルバー 58380047

3.アタッシュケース

エツミ アルミケース/ハードケース EボックスアタッシュLL 31L E-9036

4.お菓子

業務用 カラフルゼリー (500g 約250粒)

5.胸に挿した「デジタル一眼レフで撮った写真が転送されて表示されるスマートフォン」



6.上の写真には写ってないが、下の写真には写ってる「バラの造花」

ポピー 造花 ローズキアノ ワイン FA-6824WI



Thinking timeは300日!来年のハロウィンまで。

ゆっくり考えてください。





















































では、答えです。

正解は

【アタッシュケース】



アタッシュケースを開けただけで

「えー、なになにー?」「どうした、何が始まるんだ」「何が入ってるんだ」

ってその場が笑いでにぎやかになりました。

それに気づいた後は

ワザとアタッシュケースを乱暴に扱いワザと音を立てて開けたりしましたね。

やり過ぎて

アタッシュケースを開けただけで人が集まってきちゃいましたが。

集まるのはいいんだけど、アタッシュケース開けてる時は頭頂部のハゲが無防備になるんで、準備中の私の写真撮るの勘弁してください。

とにかくまあ

アタッシュケースを開けてカメラを準備する

とかいう一連の流れが

普段であれば微妙な空気を作るんですが

今回は、それが演出みたいになった。

他にも

アタッシュケースの上に足を置いたり座ったりポーズを作るのにも役に立ちました。

まさかのアタッシュケース人気に驚きましたね。

そもそも

カメラを取り出す時間なんてカメラをクビに下げていれば発生しないだろ

という意見はあると思います。

まあ

こういう日なので、この格好の雰囲気を壊さないようにカメラを首にはぶら下げず

こんな感じで腰にカメラをぶら下げていましたが

シモキタハロウィン2015

自分が写るときはカメラをアタッシュケースにしまっている時もあり

取り出す時間とかも発生することがあったんですね。

そう

今回のこの格好だからこそ

アタッシュケースが盛り上がったんでしょう。

そういえばこのブログでも書きましたね。

この格好での世界観を壊さないためにこだわったカメラバッグなんです。

全ての道具を入れるためにもっと大きなものを買いたかったけど

自分の身長に合わせるために小さいので我慢したりね。

そんなこだわりが実戦で役立った

とも言えるわけですが

ここまで盛り上がったのは計算外でした。


私としては

一番チカラを入れてた「デジタル一眼レフで撮った写真が転送されて表示されるスマートフォン」

表示されてる楽しそうな写真をみて

「えー、なにそれー」とか話題づくりにしたかったワケで

このためにTransferJetとかFlashAirとかイッパイ試してたワケなんですが

そこに触れた人はたったの一人もおらず

なんのために今日まで頑張ったのか

アタッシュケース人気に嫉妬しました。


さてさて

祭りが終わった後、はしゃいでる自分の写真をみると

顔から火が出るんじゃないか、というぐらい恥ずかしいですね。

なのでまあ

あんまり写真は載せませんが一応、渋谷ハロウィン2015の様子

渋谷ハロウィン2015

渋谷ハロウィン2015

渋谷ハロウィン2015

渋谷ハロウィン2015

渋谷ハロウィン2015

渋谷ハロウィン2015

渋谷ハロウィン2015

カオナシは俺の頭頂部のハゲに興味津々でした。私が背中に入れたホカロンで温まってた。飴を上げたら喜んでた。ここまで「おもてなし」したワケだから、最近ハゲの進軍の速さに苦戦気味の私に笠地蔵みたいな感じでカオナシの御加護あるかも。俺の毛を生やすご利益に期待。

渋谷ハロウィン2015



こちらもよろしく

http://nepad.shaberizon.jp/index.php/cwi/ipad-tablet.html
AD
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
FlashAirに関しては

第三世代を何度かイベントで実践投入してきましたが

TransferJetは先日のシモキタハロウィンが初でした。



両方使ってみて、どうだったか

というお話。


その前に

私がどんな用途でTransferJetやFlashAirを使うか

ってことなんですが

撮った写真のJPEGファイルを全てタブレットやスマートフォンに転送し

最新のファイルを表示させることと

タブレットやスマートフォンに映し出された写真を観た人が

「それ欲しい」

と言ったら、すぐにその写真をシェアできること

ですね。

例えばこんな感じ

http://nepad.shaberizon.jp/index.php/cwi/eye-fi.html


で、本題

もし

Wi-Fi電波状況が良ければ

FlashAirが使いやすいでしょう。

そう思う理由

同じ容量、同じ枚数を転送したとしたら

転送時間はTransferJetの方が圧倒的に速いと思う。

しかし

転送している時間、私は身動きがとれない。

FlashAirならデジタルカメラの電源を入れっぱなしであれば、工夫次第でずっとタブレットやスマートフォンに転送し続ける。

カメラの電源を入れっぱなしだと当然バッテリーは速く無くなるのだが、それは予備を持っていけば解決する問題。

先日のシモキタハロウィンでいえば

次から次へとめぐってくるシャッターチャンスに対して

何度もTransferJetの転送を中止してシャッターを押す。

するとスマートフォンやタブレットにエラーメッセージが出るんで、OK押して再転送、という手間。

しかしまたすぐ、シャッターチャンスが来て、転送中断して

の繰り返しで

結局、イベントが終わるまでTransferJetの転送が終わることは無かった。

先日のシモキタハロウィンのブログを読んでもらえば解りますが

胸ポケットにAndroid端末を用意し、撮ったらすぐTransferJetで片手で転送できる状態にしているにもかかわらず

それでも転送中は歩くことすらできないです。

しかし

FlashAirは歩こうが走ろうがカメラの電源がONの限り(工夫次第で)転送し続けます。

全ての転送が終わる前でも、必要な1枚だけ急いで転送することも(工夫次第で)可能です。

写真を撮る人間からしたら

なんだかんだでFlashAirの方が使いやすい、というのが個人的な感想です。いや、使いやすくなるよう工夫したんだよ、色々と。


ってか

なんで全ファイル転送にこだわってるんだよ

って話ですが

まず

カメラの液晶で写真を探すよりもスマホやタブレットで探した方が探しやすい

というのが1つ。

カメラの液晶で相手に写真を見せるより、スマホやタブレットの液晶で見せた方が綺麗、というのが1つ。特にiPhoneやiPadで高画素高画質の写真を相手に見せると、相手に与える感動が段違いです。

そして

最後の理由は、それがカッコイイから(笑)


ことの発端は

知人の結婚式でカメラマンを頼まれた時の事

ちょっとでも盛り上げようと思い

首からiPadをぶら下げて

撮った写真がすぐに自動で首から下げたiPadに表示されるように工夫したことが始まりでした。

それだけのことでしたが、結構もありあがりましたね。

写真はその場ですぐ渡せるしね。Wi-Fi対応プリンターを用意しとけば、即印刷も可能だし。スマホでチェキとかね。

今では多くの結婚式場でもっと大掛かりなサービスがありますよね

会場に配ったデジタルカメラで撮った写真がWi-Fiで1か所に集まり

それが会場のモニターにオシャレなレイアウトで表示され

結婚式に来ることができなかった人たちにも

サーバ経由で様子が伝わるとか

100万円を超えるような大掛かりなもの。

私はそれの簡単なものを

手持ちの道具使って始めただけです。

だから

自動で全転送にこだわっていたわけです。

別に

各自スマホ持ってるんだから、スマホのカメラで十分な話ですが

スマホ画質じゃないデジタル一眼レフの写真を

いかに手軽にオシャレにシェアできるか、にこだわったワケです。


その過程でWi-Fiの電波の混雑ぶりに頭を悩ませました。

大規模なイベントや混雑した場所では

どんなにFlashAirが便利だとしても

TransferJetしか選択肢はないでしょう。


渋谷のハロウィンはイベントではないので

撮ったらTransferJetで転送する時間的余裕はある。


つまり

こういうことです


スケジュールが決まっていて、次から次へとイベントが発生する状況ではFlashAirが便利。

時間に縛られず自由に撮れるならTransferJetが便利(ただし、RAWとJPEGファイルを別に保存できる2スロットモデルじゃないと、一括転送&Android端末の組み合わせではRAWも転送されるので面倒)。

どうやってもWi-Fi無理な状況もTransferJetが活躍します。

以上が使い分けの目安になると思います。



【SDカードタイプ - ワンランク上のSNSへの写真投稿を狙うならベストな選択肢。ただし、自分のデジカメが対応してれば】




【USBタイプ(パソコン用)、MicroUSB(Android用)タイプのセット - Android用は、自分の端末で公式による動作確認が不明なら博打になりますね】




【Lightningタイプ(iOS用)- Android用に比べたらきっと安定して使えるでしょう】

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
※写真は全て、クリックすると大きく表示されますよん




今年もシモキタハロウィンを観てきました。去年より3kg太っての参戦なのが悔しい。

2015年はスターウォーズの年ということで

ダース・ベイダー(Darth Vader)と念願の2SHOTを撮ることに成功

とても友好的なファーストコンタクトに

シモキタハロウィン2015


ジェダイの騎士(オビ=ワン?)もいたので決闘

実力は互角

シモキタハロウィン2015


ジャック・スパロウ(Jack Sparrow)もいたので2SHOT

お互い初対面なのにまるで旧知の仲のように意気投合し、決してお互いを裏切ることない深い信頼関係を築くことに成功

シモキタハロウィン2015


素敵なお嬢さんには即プロポーズ。モチロン不二子ちゃんにはナイショで。

シモキタハロウィン2015


次元、五右衛門、不二子はどっかに行っちまいやがって

アッタマきたので相棒はコイツにすることに決めたぜ

シモキタハロウィン2015


パレード前のマイケルジャクソン・ショー

シモキタハロウィン2015

シモキタハロウィン2015

シモキタハロウィン2015


パレード

シモキタハロウィン2015

シモキタハロウィン2015

シモキタハロウィン2015

シモキタハロウィン2015

シモキタハロウィン2015

シモキタハロウィン2015


今年も楽しかったシモキタハロウィン

シモキタハロウィン2015


さて

今回はFlashAirではなくTransferJetを持って行ったわけです。

この動画みたいにさ



胸ポケットにAndroid端末を挿しTransferJetのMicroUSBタイプを挿し

デジタル一眼レフにはTransferJetのSDカードタイプをさし

シモキタハロウィンに臨んだワケです。

上の写真のいくつかを観てもらえばわかりますが

胸ポケットにAndroid端末があるでしょ?

このデジタル一眼レフにはSDカードスロットが2つあり、JPEGのみを記録するSlotにTransferJetを入れています。

転送方式は「一括転送」です。

良く考えたら

去年のハロウィンはEye-Fiが惨敗で、その対応策としてFlashAirを採用して最近までずっとFlashAirを検証しFlashAirでハロウィンに臨むつもりだった。

しかし、寸前のところでTransferJetにチェンジしたんだよね。


結果報告

当たり前のことですが

どんなに人が混雑していても

TransferJetは転送可能です。そして速いです。Wi-Fi技術を使ったものとは別格です。USB2.0ケーブルでの転送速度ぐらいはあるように感じる。

しかし

今回のシモキタハロウィンではTransferJetを上手く活かすことができなかった。

なぜか

パレードが始まる前のマイケルジャクソンダンスショー

ここはTransferJetで転送する間もなくどんどん写真を撮ることになる。

そして

ダンスショーが終わってからパレードが始まるまでの間にすべてを一括転送させようとしましたが

写真の枚数が多すぎましたね

177枚

1枚10MBですから1.7GBぐらいですか。

1枚の転送速度は速いのですが

1枚と1枚の間にあるタイムラグみたいなものが、割と時間がかさばる。

1ファイル1.7GBよりも10MB 177ファイルの方が転送時間は大幅に長くなると思う。

結果

177枚の転送が完了する前にパレードが始まったり撮影会が始まったりで

転送を終えることなくシモキタハロウィンの終わりを迎えることになりました。

だから

去年みたいに

撮ってすぐ相手に写真をあげる

ってことができませんでした。

選択転送しろって話ですけどね

その操作をするのはスマートじゃないんですよ、私の美学だと。

上の動画みたいにスマートに転送したいんです。


さて

こうなったのには

ファイル数が多い、という以外の理由もあると思います。

それは

私が今回使用したNikon D610は

公式ではTransferJetの無線転送機能が使えない機種であるために

電波が弱くなった等の原因で転送速度が遅かった可能性です。

使用した感じ

そんなに遅いとは思いませんでしたけどね。

動作確認のとれている機種ならもっと早いかも。

また

受け取る側のAndroid端末も古い型のものなので

それが原因で転送速度が遅かった可能性があります。


確実に言えることは

TransferJetは混雑に強い

というより

混雑の影響を受けない

と言った方が良いかもしれません

それぐらい

確実に転送してくれます。

ただし

使える機種があまり多くない

という欠点もあります。

デジタルカメラ側で動かなかったり

スマートフォン側で動かなかったり

出たばっかりなので不安定な部分はあります。

ただ

使える機種を持っている人にとっては

安心確実な転送方法としてWi-Fiとは異次元の活躍をしてくれます

※購入するなら動作確認は東芝の公式HPで必ず調べましょう。私は調べずに失敗しました

こっちもよろしく
http://nepad.shaberizon.jp/index.php/cwi/eye-fi.html


【SDカードタイプ - ワンランク上のSNSへの写真投稿を狙うならベストな選択肢。ただし、自分のデジカメが対応してれば】




【USBタイプ(パソコン用)、MicroUSB(Android用)タイプのセット - Android用は、自分の端末で公式による動作確認が不明なら博打になりますね】




【Lightningタイプ(iOS用)- Android用に比べたらきっと安定して使えるでしょう】

いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
これは

ハロウィン数週間前に私の身に起こった奇跡


私は前回

1万2千円を投資してFlashAirシステムからTransferJetシステムに乗り換えようとしたのだが

購入前に公式サイトの動作確認を怠るという初歩的なミスをおかし

私のメイン機ニコンD300とD610で動かない、という事態に。

結果

ハロウィンはFlashAirでいこう

と決めたのが今日までの話。


FlashAirはWi-Fi技術を採用しており

2.4GHzの電波が混雑していると役に立たない

という欠点があり

その欠点は

混雑するハロウィンイベントの天敵でもあった。

FlashAirは初期型から既に第三世代にまで進化しており

進化のたびにWi-Fiの電波はつながりやすくなっているという話だが

それでも

ハロウィンイベントで戦うのは

ボールで戦場にでる予定だったのが「ジムで戦場に出れます」と言っているようなもので

私のような乳タイプの人間は

せめてガンキャノン、せめてガンキャノンぐらいの戦闘力が必要なのだ。


そして今日

知人からD610を借りた。

なぜだか解らんがファームウェアが最新ではなかった。

いやいや

待ってくださいよ。

D610の最新のファームウェアは2014年8月26日更新ですよ。

なんで放置してるのよ

ってことで

知人に無許可でファームウェアを最新バージョン1.01にバージョンアップしました

ついでに

ゆがみ補正データをVer.2.009にバージョンアップしました。

しかしまあ

だからと言ってTransferJetが動くわけ無いんですよね

解っていても試したくなるもので

試してみました



え?動いた。

あれ?

動いたな。前回は動かなかったのに。

公式サイトの情報は、D610の最新ファームウェア後の情報のハズだから

ファームウェアが原因なワケ無いんだけどなあ。

とりあえず動きました。

最初の音は転送開始の合図で次の音が転送終了の合図です。

TransferJetのSDカードタイプはSlot2に入れており、そこにはJPEGのみを保存している設定にしています。

なので、一括転送でもJEPGしか転送されません。

一括転送は転送済みのものは転送されず差分のみが転送されるので便利ですね。

1回転送するたびにカメラの電源をOFFにしないと、次に撮影した際、差分ファイルが転送されないので注意。1回転送するたびにカメラの電源をOFFにする必要があります。

動画を観たら解ると思いますが

そりゃもう、FlashAirとは比べ物にならないぐらい快適なんですよ

撮ったら調査兵団のポーズ(心臓を捧げよ)すれば転送されるんですよ。

TransferJetはWi-Fiとは違った技術を使用していて

詳しいことは良く解りませんが

この周波数は一般的ではないため滅多に混雑することがなく

届いても3cm程度なので、同周波数で混線という可能性も少ないゆえに

人混み等で影響を受けることがない技術なんです。

だから

混雑するイベントでは大活躍すると思います。

また

Wi-Fiを使用しないので

転送されてきたデータをモバイル回線使ってSNSやクラウドにアップロードする場合も

Wi-Fiからモバイル回線に切り替え

みたいな動作が簡略化でき、かなりスマート。

ただ

本格スタートしたばかりの技術なので不安定な部分も多く

D610で使用する場合は公式では無線端末として機能しないという説明なので

当日、いきなり動かない

なんて可能性もあるワケで(何度も試して動いてはいるんですけどね)

やはり保険でFlashAirを持っていく方が良いんだろうなあ。






とりあえず「私は」D610で動きましたが

公式がダメと言っている以上

購入するのであれば自己責任でお願いします。

私は保証できません。

D610で確実に動くのはFlashAirです


コンデジなら比較的動作する可能性が高そうな【 TransferJet 】





(TransferJetに比べれば)使いやすいFlashAir

いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。