日々のつぶやき-アリエッティ

監督:米林宏昌


「古い家の床下に両親と暮らしているアリエッティ、14歳になりお父さんと一緒に借りをする日がやってきた。

その家には丁度病気療養にために翔という男の子が来たばかり。

夜中出かけたアリエッティは姿を見られてしまった。

人間に姿を見られたからには引越しをしなくてはいけない。自分のせいで心地よい家を捨てなければならない、両親まで危険に晒してしまったと自分を責めるアリエッティは・・・」


やっぱりジブリ作品でも宮崎映画とはちょっと違うんでしょうねー

オリジナルじゃなく元々児童書ですし。


綺麗な色彩たっぷりの御伽噺。

なかなか良かったです。

子供の頃って絶対に小人さんがいるって思ってたもんなー

小さな道具を色々駆使して借りをする様子はとっても微笑ましかったです。


声は、志田未来ちゃん、神木隆之介くん、この二人はとても自然で良かったと思います。

で、大竹しのぶさんと三浦友和さんが・・・どうしても声を聞くとお二人の姿が浮かんでしまって・・普通の声優さんだった方が良かったなーって思っちゃいました。


見られたのは自分のせい、そう思って翔に近づくアリエッティですが、ここがちょっとイラッとさせられる。

気持ちはわかるけど、たまたま無事だから良かったけど、もし相手が悪い人だったら・・・

もっと両親を悲しませることになっていたかもしれないのに。

ちょっと浅はかな行動がねー

大人目線で見ちゃう私です。

ポニョの時もそうだけど、これは子供目線で見る映画なんですよねー。

その方がずっと楽しめると思います。


でもこの映画、映画大好きな甥っ子ですが全く惹かれないようで、予告を見てもいつも感想ゼロ。行きたいという反応なし。私が誘っても「ぜーったいに行かないからっ!」と叫んでいました。

これあまり子供には受けないのかな?

主題歌がちょっと大人向け?

見られてはいけない・・のコピーがちょっと怖かったのかも。


あ、でも希林さんの声のお手伝いさん?の迫力ぶりには劇場内の子供たちの笑い声聞こえていました♪




AD

コメント(10)