【告白】

テーマ:

日々のつぶやき-告白

監督:中島哲也

出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃


  先生の娘を殺したのは、誰?


「ある中学の1年B組、終業式の騒がしいホームルームで担任教師の守口が語り始めた。

自分の小さな娘愛美が死んだのは事故ではなかったこと。そして犯人はこのクラスの生徒だということ。でも警察が事故と断定したからには彼らから聞いた真実を告げるつもりはないこと。でも犯人を許せないという思いは・・・」


原作面白かったです!

語り手がどんどん変わり、ひとつの事件が違った方向から違う面を見せていく。

でも、少女殺害というとても痛ましい事件のために映像はちょっと・・・映画はスルー予定。

ですが、見てきちゃいました。


原作は第一章の衝撃がものすごかった。

あのラストのゾクゾク感といったら・・・

その分その後の章が蛇足に感じてしまって。


でも映画は全部をミックスさせてとても巧い構成だったと思います。

原作のようなひとつずつの章に分けながらもミックスさせていて、見ていて単調じゃない。引き込まれましたー

そして心配していた事件のシーンは、覚悟していたからか予想していたよりは嫌悪感がなくそうそう引きずることなく見れました。

とはいえ、やっぱり切なすぎます。結果をしっていても誰か助けてあげてーって思っちゃった。


あと意外にウェルテルが原作よりもいい奴っぽく感じられたかな。

岡田くんがビジュアル的に好青年っていうのもあるのかもしれないけど、あまりにも熱血漢で空気読めないお馬鹿で自分に酔っている教師という風には写らずに、熱意が空回ってしまっている若い経験のない教師という感じだったー


松たか子さんはとても雰囲気がピッタリ。

独白のシーンもラストの携帯での声のトーンも淡々と感情のこもらないしゃべり方が合っていました。


これは見ない!って思っていた作品だけど、見てよかったです♪


そうそう、「女の子ものがたり」でとっても可愛くて大好きになった三吉彩花ちゃんが出ていて(こちらの中では意地悪なクラスメイトでしたが・・)嬉しかったーやっぱり可愛いなー!



AD

コメント(10)