有川浩『キケン』

日々のつぶやき-キケン

久しぶりの有川さん。

やっぱり楽しいーー!!!

とっても好みです♪


「成南電気工科大学機械制御研究部・・通称キケンにいきなり入部することになった1回生の元山と池谷。

個性的で対照的な二回生の先輩上野と大神に鍛えられ、部に馴染んでいく」


部長・上野直也という男

福部長・大神宏明の悲劇

三倍にしろ!前編

三倍にしろ!後編

勝たんまでも負けん!

落ち着け。俺たちは今、

当時のエピソードを振り返り語るという形で構成されている6編。


一つ一つの間に現在の会話が挟み込まれていて「あーこのやんちゃ振りは過去のものなのね・・」とちょっと寂しい気持ちにもなったり。


どれも有川さんらしく軽快な会話とテンポで面白くサクサクと進んでいきます。

私が一番好きなのは「三倍にしろ!」

この学祭の話はとーっても面白かったー。そして、読んだ人には同調してもらえると思うけど無性にラーメンが食べたく・・あー食べたい!!


この楽しかった時代は過去のこと。

話が進むにつれそういう気持ちは大きくなっていく。

懐かしんで笑っているだけの夫婦の会話からも何かノスタルジックな感情が湧いてきてー


夢中になっている時期には解らない青春

大人になって振り返ると、もう同じ仲間と同じ時間を過ごすことはもう二度とできないって解るから、だから余計に輝いて見えたりして。

卒業したらもう二度とこのクラスメイト全員で机に向かったりバカ話することないとか、サークルだったり部活だったりそれ以外の仲間だったり・・・

「キケン」ではないけれど、誰もが同じような気持ちを味わったことがあるんじゃないのかなー


ベタかもしれないけど、ラストは思わず微笑んでしまいました。ちょっと感動ー

なんか・・

同じじゃないけど、それでもその時の仲間はやっぱり大切な存在でー。

あー面白かった!!!!


今までは有川作品マイベスト1は「阪急電車」だったんだけど、恋愛要素なくてこれだけキュンとするの・・・

こちらの方が上になったかも。

すっごくお気に入りです!!!

AD

コメント(18)