日々のつぶやき-パラノーマル・アクティビテイ


   これ以上の映画を作ることはできない。


あれれれれ???

全くの拍子抜け。


「ケイティとミカのカップルはある一軒家で同棲中。

ここ最近寝ている間に何か変な空気を感じビデオカメラを購入、撮影しておくことにする。

二人が眠りについた真夜中何が起こっているのか、ビデオに残っていた映像は・・・」



基本オカルト系は苦手なのでこれスルー予定だったのですが、話題だったし時間的にもこれしか合わないし・・と見に行ってきました。


前半はとにかく退屈。

ハンディカメラでの映像ということなので、どちらかが撮影している意外ないし、同じような映像ばかりが続く。

夜中の映像も、音が鳴ったりドアが動いたりとちょっとだけ変化するもののほぼ大きな動きはなし。

徐々に瞼が重くなって・・・・

台詞もそんなにあるわけじゃないから目をつぶったら最後、完全に落ちるな・・と必死で起きていました。


徐々に動きがあってからは退屈せずには見れたのですが、やっぱりハンディカメラで二人しかいない登場人物のうちのどちらかが撮影してるって、緊急時にはかなり違和感あります。

そんな時にカメラもっていく???

撮る????

どうもスンナリいかないですよねー


家じゃなくてケイティに獲り付いてる(?)としても、とりあえずこんな場合出て行くのが普通だと思うけど・・

ホテルの方が安全って気が何となくすると思うし、とにかく一刻も早くこんな場所離れたいって思うはず。

呑気に眠るのも無理。どちらかが起きてどちらかが眠るっていうのを交代するんじゃない?

狙われてるのがケイティなんだからとにかく眠る位置変わるでしょう!

あとドアだって閉めておくべき。


あまりにも不自然すぎて恐いというよりもイライラしちゃう。


そして結局は・・・

何だったの????サッパリ解りません。

ホラー系ではいきなりの音とか映像に「わっ!」と椅子の背にぶつかるように驚いてしまうタチだけど、今回は全くなし。

全然恐くなかったですー


そしてラスト・・・・あの闇は何?

同じ劇場で見ている人みんな居心地悪そうにモゾモゾ・・・

そして灯りがつくと・・失笑でした。

恐かったーという声やため息じゃなくて、失笑ですよ!



「これ以上の映画を作ることはできない」って・・・コピー大げさすぎ。実際オリジナル超えられないからってリメイク断念したそうですが、何故???

ガッカリです。

日本人向きじゃないだけかなー?



AD

コメント(4)