日々のつぶやき-インビクタス


監督:クリント・イーストウッド

出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン


ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。

「1994年、ネルソン・マンデラは南アフリカ共和国初の黒人大統領に選ばれた。

しかし未だ強く残る人種差別を失くすため、ラグビーチームを建て直すことに力を入れる。翌年ラグビーワールドカップ開催地とな自分の国のチームのキャプテン、フランソワ・ピナールと力を合わせることにー」


良かったです!

イーストウッド監督作品にハズレなし♪


でも、もうちょっと盛り上がりが欲しかったかなー

史実を基にしているから仕方ないのでしょうけど、割と淡々としていた印象がありました。

あとラグビーのルールやらが全くわからないのが痛い。どうもラグビーシーンは私の中で盛り上がれなくて~~


モーガン・フリーマンのマンデラ大統領はとってもピッタリでした。

27年間投獄されていたのに赦せる心を持ち、国をひとつにしようとただそれだけのために動く。

その姿には何度も感動させられました。


最後まで予想がつく展開なんだけどジーンとさせられる。

私が一番好きだったのは黒人の子ども達に選手がラグビーを教えにいったシーン。

生き生きと喜んでいる子ども達と選手、白人と黒人が混ざっているあの瞬間はこれがマンデラの見たかった光景なんだなーと思わず涙が出ちゃいました。


いい映画です~

でも、正直「グラン・トリノ」の期待をしちゃったため、そこまでじゃなかったなーって。

イーストウッド作品、ついハードル上げてしまっているようです。


そういえば、見たかった「マンデラの名もなき看守」のマンデラはマンデラ大統領のことなんですね!!益々見たくなりましたー早くDVD借りられないかなー


AD

コメント(8)