日々のつぶやき-クリスマスキャロル


監督:ロバート・ゼメキス


「スクルージーはケチでお金だけが全ての町の嫌われ者。

あるクリスマスイブの夜、かつて一緒に仕事をしていたマーレイが亡霊となって現れた。

そして彼はこれから三人の精霊がやってくると伝える」


ディケンズのクリスマス・キャロルをディズニーが今更映画?

と思っていたのですが・・

この有名なお話知らない人結構いるみたいですね。

うちの妹(2児の母、結構いいお年)も全くストーリー知らない!読んだことない!って言っていて、大抵の子供が読む本と思っていた私は軽く驚きー


ディズニーだし楽しみにして見たのですが、時間が合わず残念ながら2D吹替版の観賞。


面白かったです!!

ストーリーを知っていても十分楽しめる♪

実際に一緒に空を飛んでいるような感覚になりました。アトラクションみたい!

これは3D版で見たかったな~~~


大人はとても楽しめると思う、心温まるクリスマスのお話なのですが、子供はどうなんでしょ?

この映像結構恐いんじゃないかと思うのですが・・・

吹替版だったので小さな子を連れた家族連れが沢山いましたが、泣いている子供や途中で出たいとぐずる子も・・やっぱり恐いのか?


でも、クリスマス前のこの時期沢山の人に見てもらいたい映画ですねー

楽しめるし、人に優しくあろうと思えるし。

思わず涙ぐんでしまうところ何回かありました。

原作を知らない人にこそ見てもらいたい!


あ~やっぱり3D版でもう一度見たいかも。

AD

コメント(4)