日々のつぶやき-カイジ


監督:佐藤東弥

出演:藤原竜也、香川照之、天海祐希、光石研、山本太郎、松尾スズキ、佐藤慶


考えろ、裏をかけ。


「伊東カイジはコンビニでバイトをする人生に何の目的も目標もないフリーター。そんなカイジの人生が一転、数年前に友人の借金の保証人になったことから悪徳金融会社の社長に負債額202万円の返済を迫られた。

当然返す当てのないカイジに、その日出航する豪華客船に乗れば借金が帳消しになるチャンスがあると言われ、その賭けに乗ることにするが・・・」


もうちょっと違う感じの話を期待していたのですが・・

予告とかコピーの印象でもっと頭脳戦かと思っていたのです。

意外に成り行き任せだったっていうかー


でも、全く飽きさせずこの世界観楽しませてくれました。

こういうスリル感あるの好きですー。


クルーズ内での勝負が個人的には一番好き。単純なんだけど、スリルたっぷり!ここは裏をかくというのもあり、なかなか楽しく見れたのですが・・

でもおっさんのカードを二人で勝負しちゃダメだったんじゃないのかな?自分の持ち札は全て誰かと勝負するんじゃなかったのかな~?カイジと二人で使い切ったのがちょっとあれ??って感じ。でもきっと私の理解力不足だと思います(汗)


その後の地下世界は、苛酷っていうより何か笑っちゃう感じ。あまりにも漫画チックな世界。

独自の通貨で地上の10分の1の価値。そこから借金を返していく・・一生ムリだから!

でもあの給料日のビールは・・本当に美味しそうでした!「悪魔てき~♪」

そしてその中にある診療所みたいなとこで出会ったのが~!!

松山くんの出演全然知らなかった私には嬉しいサプライズでした♪

Lとライトのこのご対面♪

なんてワクワク~


長かったのはあの鉄骨渡り。

私きっと高いとこ相当苦手なんだ。だって本当には絶対にあんな場所で撮影してないって解っていても見ていられなかったものー

もし自分なら・・・って想像すると、立った瞬間気絶して落ちるな・・とか。

そしてこのシーン長すぎ!

いい加減渡ってよーって思っちゃって、とってもとっても長く感じました。

でもおっさんとの友情は良かったー

「あの怖がりのおっさんが俺を動揺させないために・・・」のところでは思わずジーン。

何となく全体にクドイ感ありな印象でしたが・・。


ラストのカードゲームでの香川さんとの対戦は迫力満点。

「蛇かー」って心で叫ぶ香川さんのそれはもう恐ろしい顔といったら!香川さんは本当にすごい俳優さんです。その時々で顔が全然違う!

今回は強い者には媚びへつらい、弱い者を蔑みトコトン叩き潰す嫌らしい利根川がピッタリ。


かなりあり得ない!という現実離れしたストーリーですが、原作が漫画ですからねー

これはこれでいいのかと納得しつつの観賞。


ワクワクできて、最後はカイジと一緒にやっと自由になれたような気がして、カラリと明るい気分になれる楽しい作品でした!

AD

コメント(14)