【TAJOMARU】

テーマ:

日々のつぶやき-tajomaru


監督:中野裕之

出演:小栗旬、柴本幸、田中圭、やべきょうすけ、池内博之、本田博太郎、松方弘樹、萩原健一


「乱世の時代、代々官領職を継いできた畠山家の次男直光は兄の信綱が家を継ぐと小さい頃から理解していた。しかし将軍に大納言家の阿古姫と結婚する者が継ぐよう命じられ納得がいかない。阿古は直光の許婚なのだ。何とかならないものかと兄弟は話し合っていたが、兄弟のように育った家臣桜丸の画策によって兄弟は嵌められてしまい信綱は殺害、直光は家を追われることになった。

それでも阿古さえいればと思っていたら盗賊多襄丸に襲われ・・・」


どうも予告からこれは好みじゃないな~って思っていて・・

でも小栗旬くん主演は逃せない。

見てきました。


思っていたよりは・・まだ大丈夫でした~

芥川龍之介「藪の中」のオリジナルということで、ラストが曖昧なのかと想像していたので。


時代物だけれど、全然時代っぽくはなかったですね~

アクションも時代物っぽくなくて・・喧嘩っぽかったし。

何となく全体の雰囲気が「クローズZERO」系なんですもの。

キャストもかぶってるし・・

やべきょうすけさんの口から「かしら~」じゃなくて「源治~」って聞こえてきそう


誰かが何かを主張するたびに話が二転三転していく様子が面白く・・っていうのが狙いだとは思うんだけどあまり面白く感じられなかったな~。

だって~

多襄丸が全然格好よくないんだもん。


阿古さえいればって言いながら

結局家に戻って自分が官領だって主張したり

もうどうでもいいと言いながらペラペラ話し

そうだったのか~と慌てて阿古を追う

泣き虫すぎるし。


小栗旬くんは格好いいよ~でも多襄丸はね・・・

ダメです。

ちーっとも素敵に見えず


桜丸はとにかく憎たらしい奴だった。

子供の頃助けてもらった上に兄弟同然に育ててもらった恩を忘れて、なんて嫌な奴!

欲が出たって・・・十分だろうって思うけど、桜丸にしてみたら幼い頃から将軍の慰めものとしてきて、何の苦労も知らずそんな嫌な役をしなくても全てを手に入れられる兄弟が羨ましく憎く思ってしまうのも何となく解る気もするかな~。


退屈はしなかったけど、面白いとは言えない映画でしたー

まだ「あずみ」の方がよかったよ・・なち格好よかったし♪


AD

コメント(6)