【劔岳 点の記】

テーマ:


日々のつぶやき-点の記


監督:木村大作

出演:浅野忠信、香川照之、松田龍平、仲村トオル、小澤征悦、宮崎あおい、國村隼、役所宏司、笹野高史


誰かが行かねば、道はできない。


「明治40年、地図の測量手の柴崎芳太郎は陸軍参謀本部から呼び出されてある指令を受けた。

日本地図最後の空白地点、劔岳の頂点を目指せと。

前人未到の登山口さえ見つからない山厳しさを訴えるも、強い要請に断ることはできなかった。

案内の宇治長次郎の力を借りて、動き出した。

一方、立ち上げたばかりの日本山岳会のメンバーも登頂の計画を始めていて、新聞ではどちらが先に登頂するかという記事で話題になっていた」


とても美しい映画でした。

苛酷な撮影だったとのこと、「これは撮影じゃない苦行だ」という監督のコメントも何度か見ました。

CGなし、オールロケで順撮りだったそうです。妥協を決して許さないその姿勢がスクリーンに現れていたと思います。

迫力ある映像美。

木村監督はこれが映画監督デビューのカメラマンさん。

本当にどのシーンが切り取られても写真として完成されるようなシーンの連続でした。


ものすごこ~~~く綺麗でした!

雲の上に見る山頂~大自然~立山連峰、富士山・・なんとも言えません。圧巻!


登山の趣味はないし、これからも山を上ることは生涯ないと思うので、こんな景色を見れただけでも大満足。


命の危険さえあるのに軍のプライドにかけて登らなければならない、しかも山岳会よりも先に・・

登山口さえ見つからない中で、何度も行ったり戻ったりしながら危険な目にあいながらも進んでいく一行。

しまも身軽じゃない!

測量の装置を持ってるし、今と違うから服装も荷物も大変そう~

仲村トオルさん率いる山岳会チームなんかスーツにコートだし!


ドラマティックな展開はないし、静かにただ黙々と登っていく男たち。

見た人の中にはドキュメンタリーを見ているようだったという人もいましたが、私は男たちのドラマを感じ結構感動しちゃいました。


最後の山岳会との手旗信号が良かったな~

結局あれだけ無理を強いた軍ではなく、ライバルだったもの同士が認め合う。何だかあまりにもな軍のやり方にうんざりしつつも、あの手旗でのやり取りにラストは涙涙でした。。。


そして何と言っても素敵だったのがエンドクレジット!

仲間たちなんですもの

キャストやスタッフ、監督という文字さえなかった


全員で一丸となって作り上げた作品。

この苦行を一緒に味わった仲間っていうのが伝わってくるじゃないですか~

これ見たら又又涙。

流れる音楽もピッタリで良かった~


静かで地味かもしれないけれど、味わいある良作です!





AD

コメント(18)