【天使と悪魔】

テーマ:

日々のつぶやき-天使と悪魔


監督:ロン・ハワード

出演:トム・ハンクス、ユアン・マクレガー、アィエレット・ゾラー、ステラン・スカルスガルド、アーミン・ミューラー=スタール


ヴァチカンを光と闇が包み込む―


「ロバート・ラングドン教授の元にヴァチカンからの使者がやってきた。

キリスト教がかつて弾圧していたガリレオ・ガリレイが中心となって作った科学者たちの秘密結社イルミナティからの声明文が届き、手を借りたいとのことだった。

4人の枢機卿を誘拐し、1時間ごとに一人ずつ処刑するという、ずっと沈黙を守ってきた彼らが復讐を始めた。

更にスイスの研究室から実験したばかりの反水素原子が彼らによって盗まれていた。ヴァチカン市国が吹き飛ぶほどのものすごい威力の爆発を起こるという。人々を非難させたいが、丁度教会ではローマ教皇が亡くなり新たな教皇を選出するコンクラーベが開かれているため大勢の民衆が集まっているのだった。しかも候補である四人の枢機卿の不在により長引いていた。

枢機卿と反水素原子を見つけるためにロバートと科学者のヴィットラ・ヴェトラがコンビを組む」



面白かったです!

ストーリーが「ダ・ヴィンチ・コード」よりも解りやすくて、迫力もあり私は今作の方が断然好み♪


ダ・ヴィンチ・コードと違って原作は未読での鑑賞なので歴史との絡みながらの展開は厳しいかな・・?と思っていたけれどこれは大丈夫でした。

衝撃のラスト!という謳い文句は大げさな気がしますね~誰もがきっと予想できてしまうので????

一瞬だけ「あれ~違った??本当に高潔な人だったのね・・疑ってごめん・・」と思っちゃったのですがやっぱりでした。


展開もスピーディーでワクワクドキドキするのですが、ラングドンの役目がちょっと微妙な感じだったのが残念。あっちだ!とか言っても根拠も薄かったような・・

それにアッサリと謎解きしていくのが勿体無いかな~


前作よりも軽くてサスペンスな魅力ありで私は大満足です♪




AD

コメント(28)