日々のつぶやき-フィシュストーリー


監督:中村義洋

出演:伊藤淳史、森山未來、浜田岳、高良健吾、多部未華子、大森南朋、石丸謙二郎


「1975年セックス・ピストルズがデビューする1年前、「FISH STORY」を最後に出して消えたパンクバンド“逆鱗”。1982年、いつか世界を救うと予言された、同級生の運転手をさせられている気弱な大学生。2009年、シージャックにあった女子高生と、正義の味方になるよう父親に言われそう育てられたフェリーのコック。まったく接点のない彼らが、2012年間もなく彗星が地球に激突し滅亡するという瞬間に向かって繋がっていた」


伊坂幸太郎さんの同名原作の感想はこちら →

原作は短編だったのでとても短い話だったのですが、これを映画にどう膨らませるのか・・

同じ伊坂作品「アヒルと鴨のコインロッカー」 の映画化が素晴らしかったの中村監督ですので、期待できそうです♪


面白かったです~~


原作からはかなりアレンジされていました。

フィッシュストーリーという曲が時代を超えて繋がっていくことやその時代時代での設定もかなり原作に近くはしてあるのですが、どうしてこう変えたの??という部分も。


全体のリンクが映像の方がとても解りやすいしドラマティックでした!

逆鱗のパートも好きだったし、オリジナルの彗星パートも好き。シージャックパートは・・どうかな~?あれは元の設定の方が迫力あったし流れ的にも良かったと思うのですが。

大学生パートも浜田岳くんいい味だしていて良かった。

あちこちに話が飛びながらまとまっていく感じはとっても好きです。


感動的だったのは、逆鱗パート・・

「俺の孤独が魚だったら~」この曲・・何度も聴いているうちに馴染んできたようで、アルバム収録の時は何だか生のライブ見ているような感覚にさえなってきて、鳥肌立つような感動も。

一番は原作でもちょっとウルウルってきたあの間奏のシーン。

映像だとより伝わってきてもう涙涙。。。。

「伝わるかな?」・・伝わったよ~~って教えてあげたい。

でも音楽性とかには一切関係ないっていうのが微妙なんだけどね~



気になる点、疑問点

1、ラブホテル前で消えたあの女の子どうなったの??もっと絡むのかと思ったけど・・しかもあの後記憶にないってどういうこと??

2、ハイジャック(原作では)に遭遇した女性は社会人だったのにどうして女子高生にしたのでしょう?その方がラストに繋がったときにもっとリアルだったと思うのですが。あれじゃ・・ちょっと。

3、ゴロウは結局どうなった?どういう選択したのか気になる~

4、滅亡間近パートの石丸さん、どうして病人のフリしてたの?フリじゃなくて本当に病気ではあったけど冒頭ああいう姿でいる必要なにもないかと・・


「アヒルと鴨~」には全然及ばなかったけれど、とても楽しめました!

AD

コメント(18)